珈琲店の定食が紡ぐ、教師と生徒の優しい物語

中町珈琲店

nakamachi coffee ten

中町珈琲店
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
道玄坂書房
シリーズ
MIKE+comics(電子書籍・コミック・道玄坂書房)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

お人好しの教師・西はひょんなことがきっかけで、生徒の兄が営む喫茶店の常連に。過去のいじめのせいで人が苦手な生徒・郁は西にだけは心を開く。嬉しい反面、その気持ちは西の予想を超えたもので、ある日西の家に行きたいと申し出た郁は……? 「ストラーダvol.2」収録作品。

中町珈琲店(1) 31ページ
中町珈琲店(2) 23ページ
中町珈琲店(3) 31ページ
中町珈琲店(4) 33ページ
中町珈琲店(5) 31ページ
中町珈琲店(6) 27ページ

表題作中町珈琲店

西 健次郎(32歳・高校教師)
葵田 郁(高校生→大学生)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

素敵な先生と純情な生徒

表紙のイメージ通り、純情ほのぼの系です。

カウンターの椅子に座って見上げているのが32歳、国語担当の西先生。授業で生徒が音読する走れメロスを聴いて泣いちゃう描写が冒頭にあるのですが、ああ、いいな、と。個人的にツボに入りまして人柄を見込んで読み進めることにしたのですが、最後まで期待を裏切ることはありませんでした。
カウンターの中にいるのが生徒の郁で高校三年生。分厚い前髪が示すように人との接触をする事なく学校で孤立しています。

学校裏のベンチでポツンとお弁当を広げている郁を見かけて声を掛けた西先生。そのお弁当がとても美味しそうだったので褒めたところ、お裾分けをいただいたことから毎日、お昼休み一緒に昼食を食べる事になります。
少しずつ郁と話すようになり、郁の事を知り始める西先生。やがて郁からの誘いで夜ご飯も郁のお兄さんがやっている喫茶店で食べる事になります。
日々絶賛している郁のお弁当も、日替わり夜定食も本当は郁が作っているのだけど、兄が作っていると嘘をついている郁。そこには郁の前髪とも関係する過去がありました。
ずば抜けて優秀な兄を持つ郁。弟という事で兄と同様の働きを期続き待されるもやがて失望されるという事が続いた中学時代、自信を失った挙句、人の視線が気にならないよう分厚い前髪をお守り代わりにするようになってしまったのです。(あらすじで「いじめ」とありますが、いじめはありません)
日々、郁と接するうえで郁の良いところを少しずつ引っ張りだし、一歩を踏み出す勇気を与え、学校生活でもサポートとする。これぞ教師の鏡。
郁からの告白も悩んだ挙句、出した回答はさすが西先生。私が冒頭で人間性を見込んだだけあって期待を裏切りません。
無事、大学生となって付き合うようになった二人だけど、一挙に関係性が進むわけでもなく何をするかと思ったら、毎日夕食を食べに来た後は部屋でハグですよ、ハグ!ぎゅーっとハグ。このハグがいいんだなぁ。
大学生になった郁も相変わらずスレていなくて素直で純情だし、とにかくこの二人がいいんです。
結局最後までエロはないんですけどエロが入っていないほうが二人らしくて良かったです。(紙書籍でもないようです)
美味しそうなご飯がちょこちょこ登場するので、お腹空いてるときは覚悟のうえでお読みください。
あ、郁のお兄ちゃんとその彼氏がちょこちょこ登場するんですけど、そっちもいい感じで二倍美味しい本です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ