名前を呼んで

namae wo yonde

名前を呼んで
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×212
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
75
評価数
19
平均
4 / 5
神率
21.1%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックスDX(ドラコミックスDX・コアマガジン)
発売日
価格
¥666(税抜)  
ISBN
9784866530376

あらすじ

高校時代の先輩・東馬と、配属先で偶然再会した冬島蛍。ずっと憧れだった彼は、いまも人気者で頼れる上司だった。そんな東馬が自分の事を覚えているはずがないと、蛍は初対面のフリをしてしまうが、なぜか東馬からキスや、それ以上の強引なアプローチを受けて…!?



「そんなに、俺のこと好きか?」
「別に、先輩のことなんて嫌いです」

表題作名前を呼んで

東馬啓介・給食委託業務の会社勤務・受けの上司
冬島蛍・攻めの部署に配属される

同時収録作品酔わなきゃ言えません(前 後編)

北川・病院の管理栄養士
南本・東馬の同僚・26歳

その他の収録作品

  • 「予行練習」描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数2

表紙の感じそのままです

初読みの作家さんでしたが表紙の通り、可愛らしい作品でした。
特に表題作の受けの子、蛍ちゃんが可愛らしいんです!表紙からもわかるように朴訥な感じで、ふわふわした頑張り屋さん。美男美男も好きですが、こういう透明感のあるふんわりした普通っぽい子も良いですねぇ。
高校のときの先輩と社会人になってから再会するお話ですがお互いにその頃から気になっていたと言うのも大好物です。

後半は彼らの同僚のお話で、これまた違うタイプのカップルです。明るくて人懐っこい北川と怖がられやすい南本。最初のお話の二人が最初っからくっつきそうな甘い感じなのに対して、こちらは意外なカップルです。そもそも、二人とも表題作の受けの蛍ちゃんのことが好きなのかなと思ってたくらいなので、この二人がくっつくとはねぇ。でも、ツンケンしていた南本がだんだん意識し出して、振り回されていくのを見るのは面白かったし、うるさい!と言うセリフをこんなに可愛く言えちゃう人って、そうそういないなーとニヤニヤしてしまいました。

0

まず表紙から可愛らしい

作者さんの作品をいくつか読んでいて、そのむずむずする可愛らしい空気感が好きなので、今回のも良かったです!
いつもよりエロは多め、でもエロさより可愛さのが強めです。

高校生の時の先輩だった東馬さんに職場で再開した冬島。嬉しい反面、初めましてと挨拶しちゃって…。
先輩はそんな冬島のことを構ってくれて…( ˊᵕˋ )
仕事もできてみんなから好かれる東馬さんと可愛さ全開頑張り屋さんの冬島。
もう終始可愛さが滲み出てて、にやにやしちゃいます。
先輩も冬島の可愛くて構ってるようなものだし、冬島の先輩への好意も丸見えなので、問題なくくっつきます♡
上司の南本さん、委託先の北川さんが出てくるものの、何にも問題なくチュンチュンしてる感じです(*´ `*)
その北川さんと南本さんの話もありです。とっつきにくい堅物南本さんに自由気ままな北川さんが迫っていきます。

1冊通して大きな問題もなく、ふわふわあまあまな可愛らしい感じです♪
物足りないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、作者さん買いの私は満足です( ¨̮ )

電子同時配信なのも嬉しく、修正も元々あんまり関係ないのか、気にならず読めました!
前作の「中町珈琲店」がエロなしのほっこりだったので、今回のはエロ多っと思ってしまいました〜。
作者さんの優しくてほっこりな作風に癒されるし、にやにやしちゃう可愛さが好きです(*´ `*)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ