ボーイズラブ!(1)

boys love

ボーイズラブ!(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×210
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
168
評価数
39
平均
4.4 / 5
神率
59%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784396783976

あらすじ

ただならぬ3P――。

硬派むっつり・豪×平凡受・凪×美人攻め(のち受け)・悟

硬派な学年主席・豪と美人系イケメンの悟は、
天然&平凡な同級生・凪が大好き。
2人が告白してもどちらも選べない凪は、
「3人で付き合う」ことにし、初心な体をとろとろに拓かれた。

処女の凪をやさしく抱いた悟だったが、同時に
過去のフラッシュバックに動揺する。
読者モデル時代、仲間達に輪姦され、脅され続けた過去を…。

悟の〝抱かれていた側〟の気配。
そこに気づいた豪は、気持ちが揺れ動き―――?

「1人で2人なぐさめるのは、キツいぞ?」

表題作ボーイズラブ!(1)

桐島悟(読モ)・豪(学年主席)共に中学生
神林凪(悟と豪の好きな中学生)

同時収録作品ボーイズラブ! 1

豪(学年主席)
悟(読モ)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

3Pの理想型

「タイプの違う攻め二人が一人の受けを取り合って結果、三人で…」という流れが3P黄金パターンと考えていましたが、攻め二人の間でも何かあったらさらにもっと盛り上がるんじゃないかなぁ~と考えていた私にとってこの作品はまさに理想型3Pでした。

設定としては、真っ直ぐで素直で優しい受けに対し、見た目はハイスペックながらも家庭環境に問題があり内に闇を抱えている攻め二人が、癒しを求めるように惹かれてしまうというわりとありがちな設定ですが、悟に性的被害者の過去を持たせることによって話がぐっと膨らんで今後の三人の動向から目が離せなくなりました!さすが、ミーコハウスさん、おもしろい‼

気持ちはあるのに過去のトラウマから凪を抱けない悟の苦悩する姿にきゅ〰ん、凪の闇を知って劣情だけじゃない想いを持ち、唯一の理解者となった豪と不本意と見せかけながらもキスを重ねてしまう姿にまたきゅ〰ん…悟、萌える〰!

この先、家族とのしがらみや、性暴力の加害者との接触も匂わされていて、2巻が待ち遠しい!
もしや、凪と悟のリバもあるのかな…
無防備に色気だだ漏れしている悟だったら凪にさえ押し倒されそう…う〰ん続き、それはそれで悟押しの私としてはかなり嬉しい展開だけど(悶絶)さすがにないかな(笑)

1

「さすが」と唸ってしまうストーリー

タイトルが直球過ぎて手が出なかった作品。なんですが、先日ちるちるさんの3P特集の記事を拝見して興味をそそられ手に取って見ました。内容はすでに書いてくださっているので感想を。


ただならぬ3P。

帯のその文句に偽りなしでしたね。
はじめは地味っ子くんの凪(受け)を、元読モの悟と学年主席の豪を奪い合う→仲良く3Pものへ、という流れかと思ったのですが。

自分は凪が好きなはず、なのにどうしてあいつが気になる?
という、悟と豪の気持ちの変遷を軸に、3人の関係がどうなっていくのかを読ませるストーリーでした。

3人とも明るい建前とは別に、家庭にしがらみを持っている。
1巻では悟の過去がメイン。
てか、悟の過去が一番壮絶そうなのに、一番最初に描いちゃっていいんだろうか…。

個人的に悟の両親のような子どもを食い物にする親が地雷なのでちょい萎え萎えな気分で読み進めましたが、悟の地獄は「過去」のモノにあらず、現在進行形で彼を蝕んでいく様子がまざまざと描かれている。
悟を守り、救ってくれるのはいったい誰なのか。

ただ、彼らが中学生という設定はどうなんだろう。
続き個人的には高校生という設定にしてほしかったな、中学生ではちょっと幼すぎやしないかい?と思うのですが、ミーコハウスさんが描かれているわけですから、きっとこの「中学生」という設定も何か意味があるんでしょうね。

3Pあり、リバあり、児童虐待あり、レイプあり。
読み手を選ぶ作品かもしれませんが、個人的にはミーコハウスさんの作品の中で一番好きかも。

次巻が楽しみです。

1

三角関係が意外な展開に…

学年主席と読者モデルというハイスペックな攻め二人が、地味な受けに惚れて、受けがどっちも選べずって、ありがちな三角関係だなーって思いながら読んだら、違いました!

読者モデル・悟は、先輩モデルに性的なおもちゃにされたり、カメラマンに愛人扱いされたり、「受け」の経験があって、攻め二人×受け一人で3Pしていても、もう一人の攻め・豪のことを意識してしまって…
攻め同士が惹かれあってしまう、こんな三角関係っていままであったかな?

地味受け・凪は良い子だし、凪だけがはじき出されることはないと思いたいけど、2巻以降で、この新鮮な三角関係がどんな展開になっていくのか楽しみです。

2

一筋縄ではいきません

恋に目覚めたばかりの男の子達3人が、肉欲のままに3Pになだれ込む、エロエロストーリー。
だったらねぇ、、、
それだけだったら、簡単に、
「ふうん、かわいくていんじゃね」
で読み飛ばせるんだけど、そこはそれ、そうは問屋が卸さない。
あの「美しい野菜」の松本ミーコハウス先生が、その on BLUEでの次の作品として描き始めただけあって、第1話こそ若気の至りの、軽はずみな3Pの、ウフフなエロエロで油断させておいて、話はどんどん、ズンズン、重たい方向へまっしぐら。
主人公達はまだ中学生で、こんなにかわいらしくて、友達と一緒にちゃんと子どもから大人になりたいって願っていて、、、
一人で生きていく術を持たない未成年の子どもである限り、全く逃げ道のないこの3人の未来。
この先の展開を見るのが怖い。
いったいどんな着地点が用意されているのか、
そこに辿り着くのはいつなのか、
全く予想できなくて、続きが気になる。

4

まさかの展開

あまり好みの絵ではないのですが、帯に惹かれて購入しました。
3Pです。
しかし、想像とは違う展開で驚きました。さすがon BLUEって感じです。
ちっちゃかわいい子が最後まで受けなのかと期待したのですが、なんだかんだリバありなので
リバ苦手な方は注意した方がいいと思います。
個人的に帯で3P謳っているのでもっと3P感あった方がいいと思いました…結構あっさりで拍子抜けしました。最初だけ3Pです…
その点少し、帯詐欺にあったような気分です。
すごく駆け足で物語が進むので、読んでると息切れしそうになりました。スラスラ読めるということなのでしょうか…
昼ドラのようなドロドロした展開に今後なりそうだな〜と思いました。BLでは珍しいと思います。
そういうの嫌いじゃないので2巻も楽しみです。

2

なんて絶妙なチョイス!

 すばりなタイトルに「おお?」と気になって予約購入しました。

 読者モデルをやっていた(やらされていた)悟と、学年主席の優等生・豪、そして平凡で小柄な凪。読モの仕事をやめて暇になった悟に周りは気を使う中「じゃあ遊べるじゃん!」と声をかけてきた凪と、凪と仲良しの豪との三人の関係が始まって…。

 この作品、かなり衝撃的でした。悟はチャラ目のイケメンで、豪は大人っぽく寡黙で、凪は無邪気で子供っぽい男の子です。この仲良し3人組の関係が楽しくエロく描かれているのですが、えええ?そんな簡単に?と、ちょっとぎょっとしてしまうほどにあれよあれよと3Pへ展開していきます。

 過去のトラウマを抱え自分勝手な親に振り回される悟は、自分を子供に戻してくれた凪と一緒に大人になって、恋もキスもいいものだと思いたいと言い、経済的に恵まれた家に生まれた豪は、複雑な家族関係がある様で、凪が人類の中で一番好きで、悟の過去を知り悟のことも同じぐらいに好きだと気が付き「お前と一緒に大人になるのは凪と俺だ」と言います。
 一番普通にみえる凪は実は両親がいなくて、本当にどちらも選べないほどに二人のことが好きで続き、二人が自分を好きだとわかって心から喜び、豪が悟に抱いた気持ちにも理解を示します。
 豪の自分への感情を知った悟と、悟のトラウマを知った豪は関係を持ち、凪は凪で悟の中にある寂しさに気が付き「悟に触りたい」と言う。過去のことは凪には言わないと約束した豪ですが、悟との関係を秘密にする気はないようです。だからこの微妙なバランスの三角関係のままストーリーは進んでいくのだと思います。

 最初からなんとも言えない違和感があります。無邪気通り越して無知?みたいな…。3Pの描写も濃厚でエロいのにとても無邪気な印象です。今の彼らもトラウマの中の悟もとてもとても幼いのです。大人びた様と幼さの違和感。まだ「恋」を知らない彼ら。最後まで読んでやっぱりそうか!と納得してしまいました。痛みを抱えて大人びて見えた彼らは中学生でした。私はてっきり高校生だと思って読んでいたのです。だから違和感がぬぐえなかった。彼らが中学生だからこそ、この描き方だったんだなと納得です。
 『恋のまんなか』では主人公たちは高校生で、「高校生だからこそ、辿りつけた恋のまんなか」とレビューしました。そしてこちらは中学生。中学生の彼らが辿りつく先はどこになるのか、それがとても楽しみです。松本先生のそれぞれの物語の世代のチョイスはなんて絶妙なんだろう。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ