コミック

  • おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

oita ga sugiruwa konekochan

太淘气啦 小猫咪

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作おいたが過ぎるわ子猫ちゃん

河西越郎 ,書道家,受けの再従兄弟
小森弓太,高校生,攻めの再従兄弟

その他の収録作品

  • おいたの後始末は任せましたよ狼さん
  • カバー下あとがき

あらすじ

「寝込みを襲うんじゃねー! この万年発情エロオヤジ!」
花の男子高生・小森弓太と、その親戚・河西越郎。
ちゃらんぽらんな越郎は女グセが悪く、弓太にまで何かとちょっかいをかけてくる。
そんなある日、越郎が弓太をかばって名誉の負傷!
弓太が住み込みで越郎をお世話することになったから、さあ大変!!
果たして弓太は越郎のエロエロ攻撃をかわしきることができるのか!?
ふしだら狼さん×なまいき子猫ちゃんのドキドキ同居ライフスタート♥

作品情報

作品名
おいたが過ぎるわ子猫ちゃん
著者
緒川千世 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813031314
3.9

(297)

(109)

萌々

(118)

(43)

中立

(12)

趣味じゃない

(15)

レビュー数
26
得点
1158
評価数
297
平均
3.9 / 5
神率
36.7%

レビュー投稿数26

萌える笑える泣けるラブコメ

っはぁ~こういうラブコメ大好きです!個人的に緒川千世さんのヤンデレが苦手だったので構えて読んだんですが、今作のゆるい変態大人×年下ツンデレはものすごく好みで最初から最後までずっと楽しく読んでました。
もう最初の、エツローが家の前に落ちていた女物のパンティーを持っていた弓太に言った「くっそエロい顔にくっそエロい下着つけてやがんのかヤるぞてめえ(バッ」で、あっこの話好きなやつだ(^ω^)って確信持ちました(笑)エツローに激しく同意!!

二人の体を張った(主にエツローが)やりとりで笑えるのは勿論、エツローの世話をすることになった弓太の健気な頑張り具合や素晴らしいツンデレっぷりにも、普段ふざけているエツローの何気ない優しさや年上の包容力に萌えまくっていたのでラブコメが好きな方には是非手にとって頂きたいくらい私的にはおすすめです。

しかも萌える笑えるだけでなく、切ないところも上手く描かれているんですよね。完璧ですかありがとうございます…(拝)
過去の経験から大事な部分で臆病で押せない性格になってしまったエツローが、弓太の言動で吹っ切れて自分の想いを伝えられた時は本当に感動しました。また失うかもしれないという怖さよりも弓太とずっと一緒にいたいっていう気持ちが強くて本当に良かった;;;
濡れ場の甘々な雰囲気もすっっっっごく萌えました!弓太の可愛さと色気が融合したとてつもないエロさと、エツローの思う存分弓太を甘やかしつつ溢れ出る包容力がそれはもう大変なことになっていまして………濡れ場のニヤニヤだけで軽く3日分くらいの表情筋は使いました確実に。自分でもよく分からないくらい幸せになった。

緒川千世さんのこういう作品もっと読みたいなぁ。
すごくお気に入りの一冊になったのでこれからも何回も読み返して幸せな気持ちになりたいと思います。

10

ほのぼの、可愛いお話です。

緒川さんは「ほのぼのなお話」と「痛いお話」、両方描かれる作家さまですがこの作品はほのぼの系のお話。表紙が超ポップで可愛らしいですが、内容もとっても可愛らしいお話でした。

主人公はDK・弓太。彼視点で話は進みます。
弓太は緒川さん作品の『このおれがおまえなんか好きなわけない』に出てくる御徒町×大成と同じ高校に通っています。なので、御徒町×大成や浦田兄妹(姉弟かな?)も特別出演してて思わず笑ってしまいました。

弓太をからかってちょっかいを出すのが弓太のはとこの越郎(エツロー)。
下半身がゆるゆるで女性の影が常にあるような男性ですが、このエツローがね!いい男でした。
ちゃらんぽらんでいい加減な男に見えて、早くに両親を亡くし、そのため一人になるのが怖く、ゆえに本当に大切なものには手を出せない。
弓太を手に入れたいと思いつつも、大人としての分別や、弓太をなくす怖さから、おちゃらけてしまうエツローが、なんとも健気に見えました。
そんなエツローが、ふと見せるオスの顔とか仕事中に見せる顔に、激萌えしてしまった…。めっちゃカッコいいです。

弓太とエツローの、少しずつ進む恋。うん、とても可愛かったです。
カバー下の「えちゅろう」がこれまたかわいい!ぜひともカバーをめくって、弓太の可愛さを堪能してください。
あとカバーも。
落書きっぽい「描き込み」が、内容にマッチしてます。読後、改めてみると爆笑必至です☆

緒川さんは痛い話もとても好きですが、やっぱり、こういうほのぼのなラブいお話がツボに入るなあとしみじみ思ったりしました。

9

落ち着くレトロな背景と甘さに癒される

POPなカバーで甘さは伝わるけど(個人的にはデザインが好みでない為)どうかなぁ…
と考えたアホな自分に平手打ち( `д´)⊂彡☆))Д´) パーン

8割ほどを占める甘々な日々にキュンキュンし
2割ほど差し込まれる切なさにウルっときて
ガッツリ萌えを楽しみました♪

攻めは35歳。年の差オッさん攻め。旨し。普段ののらりくらりとした緩い性格と書に向き合ってる時の怖いくらい真剣な眼差しのギャップがカッコ良いです。んで、オッさん攻めらしく『狡い大人』な切り返しをするのですが、それがまた大人の香り(フェロモン)が漂うw(∩´///`∩)そんなオッさんが受けに完全ロックオンして、好き好きアピールしまくるのにニヤニヤしちゃいますw

受けはDK。ちょいと意地っ張りなトコはあるけど、ツンデレというほどツンツンしてないかな?思ったコトは口に出して、素直に「ごめんなさい」が言える普通の子。それがとにかくか・わ・い・い!ギャーギャー言いながらも、怪我を負わせた責任で真面目にお世話をこなし、最初は料理すら出来なかった子が攻めの為に料理を覚え・掃除して・洗濯して…と家事スキルアップに胸キュン(∩´///`∩)
そしてエッチ度もどんどん増していき、グズグズになって徐々に体を開いていくのがエロい!
攻めの手管もあるんだろうけど(経験値が違うもんね…)、敏感な体がエッチぃですw

そんな2人の同居生活。
受けは最初自覚がなかったものの恋が芽生え。両想いだとお互い分かってて甘々な毎日を送ってるのに、関係は中々進まないもどかしさに萌えで床ローリング///(ゴロゴロ)甘々なもどかしさは堪らんぐらい好きなので、恋人一歩手前でイチャついてるのを見てテンション上がりました(∩´///`∩)

とニヤニヤしてたら、攻めは大事な場面で『狡い大人』を発動。
失う痛みを知ってる者は臆病になって仕方ないんですよね。
でもそういった痛みと無縁で育った受けには攻めの笑顔の裏の臆病を読み取るコトは出来なくて。

2人が一線を超える山場には泣きました。左右違うサンダルを履いてるだけで泣いたのは初めてです。画面から攻めが持つ愛情・淋しい・怖いetc.の言葉にならない感情が溢れ、それを優しい目で見てる受けと流れる空気。このシーンはダイレクトに涙腺を直撃し、一旦本を閉じて余韻に浸りました。

当て馬はおらず、大きな事件もなく、昭和の香りがするレトロな背景の中で流れる甘々なストーリーは刺激こそ少ないものの萌えは詰まってて、キュンキュンを楽しめて大満足です(﹡´◡`﹡ )

9

持ちつ持たれつのいい関係

表面チャラくて内面こじらせイケメン×ある意味純粋培養なかわいこちゃん。
攻めのこじらせ具合がもう少し頑なだったら神だったなぁ・・・

しかし、そこは元々受ちゃんに溶かされかけていたところで
溶けきる直前からコンプリートするまでを切り取ったお話なのだから
そんな感想自体お門違いでしょう
ということで神評価です。

攻は頑なな心を溶かされて
受は文字通り心も体もトロットロにされて
イイ大人がDK相手にこの扱いでいいのか?という一抹の不安を抱えつつも
持ちつ持たれつのいい関係です。

7

完成されてる!

錚々たるメンバーが素敵なレビューを挙げておられて、なんだか腰が退けますが…。すごく面白かったので感想だけ書かせて下さい!

とにかく完成度が非常に高いです! はとこ同士のほのぼのとした日常BLですが、笑いあり、涙あり、キュンと来る展開ありで、難しい事は考えずに純粋に話を楽しめました。エンターテインメント性が高いという感じでしょうか?

なんといっても萌えたのが、数々のシチュエーション! 寝ている所を耳元にチュッだったり、水に濡れてしまった受けのシャツから乳首が透けて見えて、攻めが煽られる等、挙げるときりが無い程です。一話に一エッチとかよく言われますが、一話に誰しも必ず萌えるシチュエーション装備です!
そしてしっかりと2人の心情にも踏み込んだ、シリアスで切ない展開もありで、ウルッともさせてくれるんですね。ただキャッキャウフフと読んでるだけでは心に残りませんが、この部分が作品に重みを持たせてくれて、読み終えた後に深い感慨を持たせてくれてます。

そんな感じで読み終えた後に、趣味じゃなかった、と感じる方は極めて少ないと思うのですが…。
まさに王道なので、ちょっと気になるな〰という方は読んで損は無いとお薦めします!

5

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP