あまのじゃくラブレター

amanojaku love letter

あまのじゃくラブレター
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
じゃのめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
LOVE xxx BOYS
発売日
価格
ISBN

あらすじ

人気漫画雑誌「少年チャンス」で無駄に熱い漫画を連載しはじめ8年目の漫画家・笹春也(一部野郎どもから熱狂的に支持を受けている)と、看板作家で老若男女に大人気の連載9年目作家・重辰。なにかと因縁があり、ケンカばかりの二人だったが、笹の元に届き続けるあるファンレターがきっかけで、二人の距離に変化があって……?

あまのじゃくラブレター 2 36ページ

表題作あまのじゃくラブレター

重辰・人気漫画家
笹 春也・漫画家

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ツンが過ぎて面倒くさいのがいいです。

この短さにこの内容…もうツンに萌えまくりでした。

高校生でW受賞した漫画家の重辰と笹春也はライバル同士…
十年後、人気漫画家となった重辰、なんとか踏ん張る漫画家の笹。
何かと因縁のある二人は会えばケンカという具合ですが、
出版社前にある喫茶店の常連で、時々背中合わせで会話をする不思議な関係。

笹はデビュー時から送られてくるファンレターに支えられており、
重辰にファンに期待しても理想と現実は違うと揶揄されながら、
どこかで、自分の理解者として期待する気持ちがあることに気付く笹。

仕事が上手くいかず、若い新担当とも噛み合わずに凹む笹が、珍しく重辰にグチる。
その後、ひょんなことから笹が重辰の本名を知って、ファンレターの主であることに気付き、
本人に素直な気持ちをぶつける…。
バレてやっと気持ちを伝えることができた重辰が、そのまま笹を押し倒し…最後まで身体を繋げる。

笹は真っ直ぐなタイプで、けっこう気持ちに素直なんですが、
重辰は好きなのに本人の前では素直になれないタイプで、拗らせてツンがすぎるんです。
でも、ファンレターになると饒舌になり、本当の自分のままに気持ちを伝えることができる。

付き合ってからも重辰のツンが酷く顔を合わせても嫌味しか言わない。
笹も直球では恥ずかしくて、ずかずか踏み込んでいけない状態が続き、
結局すれ違いになり、ギリギリまで追い込まれる笹が見ていてせつない。

追い込まれた笹がプライドをかなぐり捨てて言葉にする、エレベーターでのシーンが好きです。
いつも強気な笹が弱っているのも可愛いんですが、
全てを言葉にできないツンな重辰が、言葉少なにバックハグする表情がせつない!
笹の顔を見たらそれも言えないんでしょうね…それも、なんかいいなぁ。

重辰を相手にすると、笹がどんどん可愛くなるのも最高です。
笹と休みを取る為に重辰は陰で必死に頑張っているんですが、絶対そんなところは見せない。
極限をすぎてやっと本音を少し見せる重辰に、笹もフラフラなのがたまりません。
そして、肝心なことはお手紙…やっぱり、これがツボです。

この作品はじゃのめ先生の画が、女っぽくならないのが個人的にいいです。
Hシーンはさすがエロいですね…攻め受けともに好きなカップリングでした。

※シーモア:修正白抜き。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ