おまえの手じゃないとイッた気しねえ

恋の足音が聞こえる

koi no ahioto ga kikoeru

恋の足音が聞こえる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×221
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
188
評価数
47
平均
4.1 / 5
神率
38.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047344648

あらすじ

サラリーマンの加藤と岩田の腐れ縁は高校の時から35歳になった今でもなくならず。
そんな二人は昔からやっていた流れで、定期的に会っては抜き合いをしていた。
お互い彼女がいた時期もあったり、お見合いをすすめられたりするものの結婚にはいたらず、この関係がまだまだ続くと思っていたが……。

表題作恋の足音が聞こえる

岩田修,リーマン,高校時代からの友人,35歳
加藤義明,別会社のリーマン,35歳

その他の収録作品

  • 足音のゆきさき(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

もっと評価されるべき!

最ッ高でした!リバ好きにはたまらない一冊です。もう、一日でも早く出会いたかった…。もっともっと評価されるべき!!

高校からの腐れ縁が続く35歳のおじさん達のお話。

二人の身体の繋がりは、最初、タチ寄りのゲイである義明が、ノンケの修の気持ちを組んで、ウケに回ります。この絡み、私はとても好きです。
「逆はあまり得意じゃないんだよなあ」と言いながら、修を受け入れる義明の深くて大きな愛が最高に格好いいです。慣れないので上手く感じることができず少し無理をしている義明と、それに気づいて義明を気持ちよくしようとする修。上手く言えませんが、男同士だからこそって感じでグッとくるシーンでした。

女役に抵抗があった義明が「今日、逆でいいぞ」と、自ら受け入れることを選び、二人は心から結ばれます。
この作品は、身体の繋がりの変化の描写がとても上手く、二人が互いを思いやり、一歩ずつ関係を深めていくのが印象的でした。

2

二度、三度と読み返すにつれて味わいが増していくお話。

あらすじの「〜35歳になった今でもなくならず。そんな二人は昔からやっていた流れで、定期的に会っては抜き合いをしていた。」という箇所。
35歳にもなって未だに抜き合いって何やってんのよ、おーい…と思ったけど、「リバ」があるみたいなので読んでみました。

二人ともゲイってわけではなくお互い彼女がいた時期があったりしつつも、気づけば35歳になってもお互い未だ独身で腐れ縁…
だと思ってたのは片方の義明だけで、もう片方の修は実は途中からゲイな自分に気づいて、義明を高3の頃から意識し始めて、長すぎる片思いをしていた、というのが途中で判明するんです。

上司から20歳の子を紹介されデートすることになった義明に対して、夜に「どうだったのかなー思って ピチピチの20歳」と電話をかけてくる修。
抜き合いも「やっぱお前の手、気持ちいいわ。」とさらっと深い意味もないように言う修。
初読み時にはさらーっと読み過ごしていた義明の言動すべてに意味があるんだなと。

ずっとノンケの義明視点でお話が進んで行くので切なさはかなり控えめだけど、もし義明視点で描かれていたら、もう涙なくしては読めないくらいめーーーーっっちゃめっちゃ切ないお話だったはず。

だって17年近い片思いなんですよ!

それがようやく成就した修はほんとはタチ専に近いゲイなんだけど、ノンケの義明に萎えられては困るからと最初は受け役に回るんです。

修の言う「幸せ」という意味が味わい深かった。
冒頭で35にもなれば周りは子供もいて…昔は当たり前に自分もそういう幸せがくると思ってたのに…とぼやく義明に対して、「幸せとは人それぞれ己の心の中にある」と酔っぱらいながらもそんな言葉を送ってた修。
後に、「義明の幸せを一番近くの友人として見守り続けようと決意していて、それはそれで俺なりに幸せだったから…」と義明に語るのだけど、冒頭の「幸せとは〜」とはという言葉がそんな諦めと哀しみと切なさが入り混じった境地の言葉だとは思ってもいなかったので、読み返すとじんわりきます。

そして、そんな修の気持ちを全部知った義明が修の全てを受け入れようと、受け側に回ることを提案する形のリバ。これは本当にいいリバでした〜。まさに身も心も受け入れてもらってのリバで理想的。

最後の描き下ろしがこれまた良かった。
本編はずっと義明視点だったけど、描き下ろしでは初めて修視点で描かれています。
恋人として義明のそばにいる修の慣れない喜びと長年の片思い故の染み付いてしまった不安が繊細に描かれていて、短いお話ではあるけれどどれだけ好きだったのかというのが伝わってきて良い描き下ろしでした。

リバ目的で読んだけど、リバ部分だけではなく全体通して読み返すにつれて味わいが増して、リバ部分の意味も浮き上がってくる良作だと思います。

4

妙齢の二人の恋模様。

リバを求めて辿り着いた漫画。
個人的な好みは役割の固定しない流動的なリバなので読む前に期待していた関係性とは違ったのだけど、とても素敵な物語でした。

大人の真摯で誠実な恋模様。
10代の情熱と行動力で突き進む恋愛物語も良いけれど、抑えて秘めていた恋心が大人(30代)で成就する様がピュアな雰囲気を醸し出していて読了後は温かな気持ちになりました。


高校生のときから続けていた抜き合い。
それは性への好奇心であり、自慰の延長。大人になってもそうしたことを続けていたのは習慣であり単なるボディタッチ。
そんな風に思っていたのはノンケの義明だけで、ひっそり恋心を隠していたのはゲイの修。
ある日、修がゲイであることを偶然知ってしまったことから関係性に変化が起こります。
修はゲイであることを義明に知られることをずっと恐れて「親友」ポジションで側に居たけれど、義明は修がゲイだと知っても全く態度を変えず普段通りに向き合います。
このリアクションは修にとって想定外であり、それと共に拒否されなかった事実にとても心救われます。
そこで(いっそのこと?)修は義明を口説く方向に軌道修正。
口説かれてもフラットに接し続ける義明は偏見がなくていいなぁ、と私の中で好感度急上昇!
修は「バレて引かれないなら押すしかないだろ? 嫌なら振ってくれ そしたらおまえの前から消えるしさ」と。
そんな風に言われて義明はものすごく思い悩みますが、修を切ることなど到底考えられず・・・。
そして義明は考え抜いた上で、心が追い付くかわからないけどセックスしたいと申し出ます。
ただし、義明は受ける側は踏ん切りつかないからタチを望み、修はネコは苦手だけれどその役割を受け入れます。
この辺りのやり取りがものすごくリアルで納得の流れでした。
抜き合いをしていた間柄といえ、いきなり受け入れる側はハードルが高いのは頷けます。
そして、修はいつもは攻めだけど義明の気持ちを最優先にして受けを担う健気さ。

その後、心がもっと近付いて本当の意味で想いが通じあったときセックスの立場が逆転します。
それも義明の方から「・・・逆でいいぞ」と言い出す様子が堪らなくよい!

一冊を通して丁寧に描かれた物語は大きな事件があるわけではなく、あくまで二人の関係性の変遷を読者に見せてくれました。
純度の高い大人の恋愛は、時に若い子のそれより初々しさを感じられるものなのだな、と。

2

先に惚れてた方が

この地味なおっさん二人のカバーイラストに、「恋の足音が聞こえる」なんていうロマンティックなタイトルのミスマッチ。
言っちゃあ悪いが表紙を見ただけじゃ、華もエロスもあまり感じられないこの本を今になって買ったのは、「リバ」の一言が目に入ったから。
腐れ縁の同級生とようやく結ばれる大人の恋。
一方は相手にずっと恋しているのだけれど、その恋を告げるよりは友達として近くにずっといることを選んで、
一方は友情以外の言葉が二人の間に存在するとは想像もしていない、例え性的な接触があったとしても、それがどんな感情を持って行われているか深く考えたこともない。
そんな二人が歩み寄っていく。
ここで無理矢理自分を受け入れさせるんじゃなくて、まず自分が相手がどこまで来れるかを受け入れてっていう所がすごくツボ。
攻めポジションを争ってじたばたするコメディも好きだけど、こうやって本来はタチでもまず自分が受け入れて、相手の感情が追いつくのを待つお話はウルっとする。

5

2人の関係性がいい

白玉もちクリーム様のレビュー1行目、「リバ」の文字を目にして速攻購入しましたよ。
リバリバ…リバに飢えている私。
私の中で、こんなリバ読みたい〜!という理想があって、なかなかそれに出会えないのです。
この作品はどうかな〜?
結論から言うと…
私の理想形ではなかった。でもこの2人の関係性はとても良かった!
さて本作のリバ・パターンは。
タチがノンケをずっと想っていて、いざ想いが叶う時ノンケは女役は決心がつかないと言う。そこでタチが受けに回るわけです。で、しばらくそのまま関係が続くわけだけど、ノンケの方の心が追いついて躰でも受け入れる気持ちになり、そこでリバ成立。
どうやらその後はタチ役は攻め、ノンケは受けの固定になりそうですね。
うん、めでたしめでたし。読後感も非常に良いです。
私の理想形は言ってみれば「流動性」の関係で、攻め受けの固定なくっていうのが一番いいんだけど、この「恋の足音が聞こえる」はそこは違うんだけど、作品としてとても良かったと思います。

「足音のゆきさき」
義明と恋人になった修。なのにそれでも不安を感じる。
だからこそ義明といることにうれしさと喜びを感じる。
そんな修はとても人間らしいし、やっぱり大人同士の恋なんだなぁと感じられて良いエピソードでした。

3

しっとり大人の可愛い恋愛

求めていたリバ…!
セックスは出来る、でもまだ受け身は覚悟が出来てない…
という相手に、ネコは不得手のタチ寄りな攻め(?)が
受け身でもいいと抱かれるところ最高すぎです
好きな相手の指が自分の中に入っている事を『夢みたい』と言う様とか
ベッドで寝顔を静かに見つめている所なんかもう…
ああ本当に好きなんだな…ってじーんと心にしみて萌えました

そんな攻め(?)に
ノンケ(といいつつ抜きあいっこはしてましたがw)がじわじわほだされて
本気の好き(恋愛感情)になっていく流れがすごく自然で、可愛いです

二人ともとんでもない美人とか、完全無欠のスパダリとかではないですが
惹かれ合うのが分かる魅力的なキャラで
なんかもう…いいなぁ…って言葉しか出てこないです
冗談言い合ったりふざけたりもするけど
二人とも思いやりがあって相手に対して真剣なんですよね
オヤジ一歩手前(20歳ぐらいの方からなら既に完全なオヤジだと思いますが)
の年齢だけど二人とも可愛くてたまらないです
このまま五年後も十年後もその先も二人で幸せでいてほしい
素敵な作品をありがとうございました

5

20年来の親友関係が恋になる瞬間

高校からの親友で、35歳になった今でも付き合いのあるサラリーマン同士のお話です。高校時代にふとしたことから抜き合いをするようになり、いまだに会っては抜き合っている仲。

他の友人はどんどん結婚し、周りからの結婚しないのか攻撃も激しく、揺れに揺れている視点キャラ・義明。
お互い彼女がいた時もあったし、上司の勧めで見合いしたりするし、いい相手が見つかれば結婚するのもやぶさかではないと思っています。でもなぜか気が向かず、もやもや。なのに、同じ立場である抜き友達・修のほうは飄々としていて、何だか納得いかない気分。
そんなある日、ゲイだと勘違いされて連れて行かれたゲイバーで修に出くわします。自分と同じくノンケだったはずの修がゲイバーにいたことに驚き、何で⁉︎ という展開です。


以降カップリングネタバレありますので、ご注意ください。

ビジュアルや体格差から、修×義明だと思っていたら、何と最初は逆でびっくりしました。(表紙の向かって左が修、右が義明です)
ゲイだった修に口説かれ、ようやく受け入れるという時に、義明が「俺が攻めるほうなら」となったのです。その時点で、多分修は受けの経験はないみたいだったのに、そんなこと一言も言わずに受ける姿にキュンとしました。飄々としている、いかにも攻めな見た目のキャラが、痛いのこらえて受けるのが健気で…。
しかも最終的には、「自分が攻めるほうなら」とか言ってた義明の覚悟も決まり、リバーシブル展開に。
個人的にリバは、地雷というほどではないけれどそんなに好きでない方ですが、このカプの「まだ覚悟が決まらないから攻めたい」、「覚悟が決まったから受ける」という流れはとてもよく理解できました。納得のいくリバでした。

35歳同士の年長同い年カプ、リバーシブルと聞いて、ツボかもと思う方はぜひ。
もともと萌える間柄だったのが、恋人になってわずかに関係性が変化し、でも根っこは変わらないのに萌え萌えしました。

2

友達からの・・・

長年の友人関係から40歳前後ぐらいで恋愛を意識する関係へ・・・という流れ、個人的には大好きな展開なので、発売がとても楽しみでした。
内容も期待を裏切らないものでしたし、2人の程よい加齢に伴う気だるげさ(そしてその気だるげな感じから醸し出されるなんともいえない色気!!!)が満載で、読んでいてとても幸せでした。
この作品にはリバがあるのですが、私、以前はリバに抵抗があった記憶があるのですが、最近大丈夫になってきたというか、妙齢のカップルにはリバがあった方が萌えるかも・・・なんて思うようにもなってきまして・・・。このリバ、とても良かったです。修は中で感じられない性質との事なのですが、それでも義明と恋愛関係になれるなら・・・と最初受けを選ぶ姿が、なんかもうそれだけで色っぽくて、激萌えしました。
最終的には、義明が受けの立場を自ら選ぶのですが、その時の誘い方もドキドキしました。

とても素敵なお話でした。

ちなみに、帯に全プレ(応募者負担有。対象コミックスの帯に付いている3枚の応募券が必要。2017年3月31日締切。)の応募券と応募要項が付いていました。人肌がテーマの、B's-LOVERY COMICS描き下ろし小冊子とのことです。

1

ピュアな大人二人の青いラブストーリー

幼なじみリーマンふたりのアダルトかと思えば青い恋模様……。
高校時代に好奇心で抜きあいっこしてからウン十年、同級生たちは結婚したりハゲたりしている中で腐れ縁のように挿入なしの抜きあいをするのが当たり前のふたり。
どちらもモテる男のようで、ドライな関係性でアダルトなお付き合い?と思いきや、片方はそんなことをしてきたのに好きかわからないとか言うし、もう片方は青春時代の抜きあいをきっかけに恋をしてゲイになっていまでも片想い…なんて高校生か?というピュアぶり。いや、しっかり脱童貞はしてるんだけど、精神的にピュアすぎだろ…
この作品の私的萌えポイントはやっぱりリバです。きちんと男(ちょっとおっさん)として描かれている画風に惹かれて購入して、すっかりゲイの方が攻めだと疑わなかったのですが、まさかの初挿入が受け!イイ!
そのあとノンケが心を決めてリバーシブルに。
エロはドロドロ汁っ気があるわけではないけど、表情が大人の色気を感じます。
ピュアな大人二人の青いラブストーリーでした。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ