魅惑仕掛け 甘い罠

miwakujikake amai wana

魅惑仕掛け 甘い罠
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神53
  • 萌×258
  • 萌24
  • 中立11
  • しゅみじゃない15

--

レビュー数
16
得点
580
評価数
161
平均
3.8 / 5
神率
32.9%
著者
ねこ田米蔵 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784799732359

あらすじ

必死で考えた企画にダメ出しをするドSな上司・蜂鳥は、
通りすがりの女子が三度見するほどの男前で、仕事では超絶有能、
愛車は高級外車と、とっっっても嫌味な男なのだ。
…が、雨深は知ってしまった。蜂鳥がオネェだということを。
負けん気で反抗しながらも、蜂鳥のエロい手練手管に雨深の体は反応しまくり…! ?
このままじゃバックヴァージンが…やばい!

表題作魅惑仕掛け 甘い罠

蜂鳥心(オネェ) 32歳
雨深わたる 25歳

その他の収録作品

  • 今夜はパジャマパーティー★★(描き下ろし)
  • キャラ図鑑(描き下ろし)
  • バッグの中身拝見(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

斬新な設定だけどこの先の展開次第かな

これは続くのでしょうか?ここで終わりなのでしょうか?

続き次第で評価が変わる気がする。

斬新な設定でした。女子が三度見する美形のドS上司が実はおネエで。いつも厳しくて企画はゴミ扱いしてきて。
でも本当のところは?

策を何重にも弄してますね。そうやって計画的に標的(受け候補)を翻弄して掌の上で転がして。
攻めに愛情を感じればこういう手管を使うのも全然ありなんですがね。策略ばかりでどうにも。

受け候補の雨深はホモ嫌いなんですが蜂鳥はなぜか平気なようで。いっそ入れてくれ!ってところまで落とされて。振り回されてちょっと気の毒です。チョロいですね。

あとがきには続きが書きたいとのことですが三年前なのでどうなのかな?

0

チョロ過ぎる雨深がもはや不憫…。ただただ不憫。

あ。でも、これ続編待ちなんですね。そうなんですね。そうじゃないと、あまりにも…。雨深くんが不憫過ぎますし。いくらオネェのドS攻めとは言っても、このままではハッチこと蜂鳥が性悪過ぎる‼︎ イケメンだけど!いい匂いがするイケメンだけども!色っぽいけども!ルックスだけなら褒められるとこいっぱいあるけども!流し目もいいし!
…ここでは、雨深くんが差別的なまでにホモ(ゲイ)を怖がっていますが、学生時代に襲われかけるなど、トラウマ持ちになっているという背景も見え隠れしていて。強引に押さえ込む蜂鳥には、その辺のケアが全然無いんですよね。ただ、雨深は快楽には弱いので、とってもチョロい。正攻法でもきっと簡単に堕ちるのに、蜂鳥は会社の取引先まで巻き込んで、騙して騙して、罠を仕掛ける。哀れ…雨深くん。そして、そのルックスから捨てるほどモテる蜂鳥が何故、雨深にそこまで執着しているのかも謎。まぁ、雨深はゲイバーのトミ子さんや、二丁目を道行く男が思わず振り返るほどのゲイホイホイの可愛いルックスっていう、設定みたいですが。次はぜひ、そこら辺も明らかになることを期待したいですね。石神社長の普段やらない(普段は風呂に入るのも面倒くさいらしい。という設定。)キラッキラのイケメンぶりももっと見たい。

0

受けが大暴走

ねこ田先生の描く超絶イケメンのオネエって!?と思って読んでみましたが…。
「萌」は正装時の石神さんのイケメンっぷりに捧げます。
メインcpはどちらも好きになれず…、無念。

受けがわたしにはわんぱく過ぎました。
これまでの経験でホモフォビアなのは仕方ないとしても、社会人としてあり得ないレベルに失礼。
さらに攻めに簡単に落ちちゃうのもイタイ。
もう少し抗って、攻めをやきもきさせてほしかったです。
感情表現激し過ぎて蜂鳥さんに構ってほしいのが丸分かりで、逆に攻めに余裕を与えてしまうダメツンデレっぷり。
ブラックホールと呼ばれるほどの男でも落とせないのか!?という焦らしが見たかったなあ。
結局さすがブラックホール兄貴っすねー(棒)という展開に物足りなさを感じました。

受け大暴走の結果、策まで練って雨深くんを落とそうとする攻めの気持ちが「単なるゲーム」に見えてしまうんですよね。
BLではノンケがゲイに走る≒感情として好きになる、が多いと思うのですが、雨深くんも感情で落ちてる。惚れた方の負けを地でいってる。
さらにトミ子さんの「最近じゃノンケをとっちゃ食い」発言が、雨深くんだけが特別なわけじゃない要素に…。
そのせいで蜂鳥さんの行動も全部「ホモフォビアのかわいこちゃんを落としてみたい」という風にしか見えなくなってしまいました。
会社に顔出す回数増えたとかの雨深特別視説の情報もあるものの、「面白いゲーム」のためならそのくらいはするよね、と思えてしまうし、最後までしないでじらすのも「もうちょっとこのおもちゃで遊びたい」という風にしか見えず。
というわけでわたしには手練れのブラックホール兄貴のゲームにハマって本気になっちゃったノンケくんが哀れにしか思えなかったのです…。
ひねくれてるのか、自分。

イチオシは石神さんのビジュアルですが、ごついトミ子さんが乙女で可愛い。
受けにオムライスをふるまうシーンのケチャップがじわじわ面白かったです。

続きがあるなら、ぜひともブラックホール兄貴に焦ってほしいなあ。

3

イケメンオネェ攻めエロいです

もう最高です。
続きまだですか???待ち遠しすぎます。

過去の経験からゲイ嫌いの雨深くんですが、
蜂鳥さんにあれよあれよと言いくるめられ、
結局は蜂鳥さんのいいようにされちゃうとこがおもしろかったです。
しかもだんだん無自覚になついて行ってる(笑)
この1冊では蜂鳥さんの「エクスカリバー」が雨深くんに貫通することはなかったのでエロ度少なめ表示なのかな?
最後までやらないだけで、なかなかエロかったと思います!
じわじわじわじわと攻めていくんですけど、
その描写の臨場感が素晴らしかったです!

普段は超イケメンで、イケメンの姿のまま攻める時にオネェ言葉に変わるのですが、
それがまたセクシーでオネェ攻めが好きな方にはオススメです!

2

オネエ系イケメン攻め×(vs?)小動物系受け

 ねこ田先生の描かれる、好きなのについ受けをいじめてしまうドSな攻めは基本的に好きなのですが、今回の作品は、苦手なオネエ系女装攻めだったことと、受けをいじめる攻めが、ただからかってるだけで、受けのことが好きでいじめているという感じがあまり伝わって来なかったので、評価は『中立』にさせて頂きました。
 イケメン攻めと可愛い小動物系受けのビジュアルは申し分ないので、もし続編があるなら、いじめるにしてももう少し気持ちの読める展開を期待してます。

1

新たなギャップ萌え

大好きなねこ田先生の新作をようやく読んだのでレビュー。いつも通り絵はとても綺麗で、エロシーンの構図も凝っているところがとても良いです。

カップリングは、実はオネエないけすかない上司×過去の体験のせいでホモ嫌いなおバカといったところ。
普通だったら、オネエな攻めがたまに見せる雄の姿にギャップ萌えみたいなのをよく見かけるのですが、この作品は逆で、普段受けに厳しいムカつく上司が実はオネエという新たなギャップが斬新だなと思いました。

1巻では最後までは致さず、そこは続編へのお楽しみなのですが、それを抜きにしても攻めから受けへの愛情がイマイチからかってるだけのような感じで伝わって来なかったかな、と思いました。

1

神×2、つけたいくらい好き

今年読んだコミックの中で一番好きでした!!!
ねこ田さんの作品は白ブリーフてお馴染みのシリーズなど読んだことはありますが、これが一番好きなキャラですね。三度見されるくらいのイケメン、長身、乗ってる車もベンツの四駆だし、身だしなみもクールに決めてるのに、スイッチがOFFになるとおネエ言葉!!しかも、ノンけの後輩に狙いを定めて大人3人がかりで落としにかかるという。
あまりに好きすぎて、レビューがなかなか書けませんでした。

受けのノンけ、雨深は、過去に何度も襲われそうになっていてホモが大嫌いなのですが、実は素直で可愛い子。攻めのハッチにも絶対に靡かないぞ!と心に決めつつも体はとろとろになってしまったり、トミ子ママのケーキをパクパク食べたりする様子が可愛くて、ゲイじゃなくてもこねくりまわしたいですね。

2

スパダリなオネエ

アプリゲーム開発会社に勤める受け。その会社にアドバイザーとしてやってくる攻めは、受けの元カノを寝取っていったこともあるし、企画はこてんぱんにこき下ろしてくるドS鬼畜。
気に食わない相手だと目の敵にしていたが、受けはひょんなことから、攻めがオネエであることを知ってしまい…。


昔から男に好かれ、えらい目にあってきた受け。そのため、ゲイフォビアという感じではなく、自分に害をなす存在としてホモを毛嫌いしています。
攻めはイケメン長身で、高級車を乗り回す超絶モテ男。受けが勤める会社にも来ますが、本業は別にあるそう。有能で、受けの企画案を罵ってボツを出す、受けの天敵です。
そんなある日、受けは、攻めがオネエだということを知ってしまいます。

ホモが嫌いなあまり、攻めのことも、攻めの友人のオカマのことも罵倒する受け。きゃんきゃん吠える小型犬のようで、最初は嫌いではないけどイラっとするキャラでした。でも存外素直で、裏表のない性格と騙されやすいおバカさ加減に、途中からちょっと好感わいてきました。
攻めは長身有能超イケメンというスパダリながらオネエというキャラ。女装するわけでもないし、バリタチのゲイなのですがオネエ。オネエ要素は身だしなみに気を遣っているところと口調くらいでしょうか。

好きな子いじめ倒す攻めと、小型犬パワーでキャンキャン抗う受けの戦いが面白く、いざ手込めにされそうになったら感じやすくてとろんとろんになっちゃう受けがエロく、全方位で楽しめるお話でした。脇役も面白い。受けにセクハラを繰り返す取引先の社長さんの意外な顛末には声出して笑っちゃいました。

結局挿入には至らずじまいだったし、好き同士にならずに終わったし、攻めの本業が何かも出てこなかったし、もしかしたら続編があるのでしょうか。続編が出るとすれば神ですが、出ないとすればやや中途半端な終わり方かなと思います。評価は続きが出ないと仮定しての評価。


※追記
その後教えていただいた情報により続編があることが判明しましたので、神評価に訂正しました。

6

はるぽん

マイメロさま。
情報ありがとうございます!
続編あるんですね〜。楽しみですね。
続編待ちつつ神評価にしておきます^ ^

マイメロ

突然すみません!!
Twitterでねこ田先生に聞いたみたところ、
続編があるみたいですよ!(^O^)

ランキングありがとう!

ランキング上位でこのかなり目を惹く表紙は強いですね!
明らかに攻めなビジュアルのイケメンがスーツにピンヒール履いてんだもん。思わず目に止まるし、目に止まったらもう買うしかない。
ねこ田米蔵さん、なかなか自分の好みに合う作品に巡りあえなくてチェックするのをすっかりやめてしまっていたのですが、買い逃さなくて良かった〜〜〜!ちるちるさまさま!

表紙の男前オネエ〔蜂鳥さん〕が中をめくれば表紙以上にカッコよくてですね!!!
オネエ攻めって、普段オネエで攻めモードになると男が出るってのがよくあるパターンですが、蜂鳥さんは逆で攻めモードになるとオネエが出るの!
新しい!
そして萌える!
萌えるっていうか・・・普通にドキドキした(//∇//)
口元のほくろが色っぽいんだまた♡

受けの〔雨深〕はちょいと好みが分かれそう。
ゲイ嫌いの設定なので「ホモ」連発するし、びゃーびゃーうるさい。
最後まで読むと愛想笑いばかりでお疲れの蜂鳥が惚れた理由も分かる気がする裏表のないアホっ子キャラなんですが、読み始めはちょっとモヤモヤしました。
でもこんだけ小煩いキャラだと、それはそれで蜂鳥さんにエロく泣かされる日が非常に楽しみですw
受けが一方的に気持ちよくしてもらってるだけのエッチはあんまり好きじゃないので、早く2人でシテくれますように。
じゃなきゃ蜂鳥さんのガン勃ちちんこがかわいそう!(>_<)

それにしてもストーリーが面白いですね!
蜂鳥さんのキャラ設定だけでもBLとしては十分な面白さなのに、ストーリーでもグイグイ読ませてくれます。
個性派揃いの脇キャラの皆さんも楽しい面々だし、ずっと読んでたくなっちゃう!
トミ子ママのゲイバー楽しそうです!

萌えなら私はダントツ石神さん萌え╰(*´︶`*)╯♡
白スーツ姿も、パジャマ姿も、なんなら普段のモッサリ無精髭姿も、すべてが萌えなのでした♡
いっつもスマホ見てるの、趣味の虫の交尾動画を見てるんだろうか…

電子版は、別バージョンの表紙と、カラーイラスト、作者メッセージが追加収録されています。
間のカラー扉絵等は紙版にも収録されてるものなのかな?これも電子だけなのかな?
カラーページが多くて得した気分の1冊でした☆

【電子】シーモア版:修正×(白抜き/グレー抜き)、カバー下なし、裏表紙なし

4

衝撃作w

楽しかった!!
オイシイものはちゃんと熟すまで待つのですね。
わかります(≧◇≦)ノシ
ちなみに私は待てない派ですがw

お話。
昔からゲイにモテてろくなことがない受。
なぜかゲイにモテる。
犯されかけたこと数知れず。
故に「ホモ!嫌い!」のサイクル。
嗚咽さえ覚えるレベルのトラウマちゃん。
そんな受があまつさえ・・なお話なのであります。

苦しくて痛いのと
気持ちいいのと
どっちがいい?

どちらも犯される選択ってのがまた(笑
どういうシチュエーションでのセリフなんだろと
楽しみにページをめくっていたのですが、
想像より良かったです。萌え☆

美麗で仕事もできる、実はオネエなドエスな攻に掌でコロコロされる
受の姿が面白い。
正直、作中に女装しているわけでもなく
言葉遣いだけーなので、今のところ強くオネエ!という印象は攻に
感じていないのが現状私の感想なのですが、
ただただ美麗。華麗にドエス(笑
見えるか見えないかくらいの小さな口元のホクロが好き。
わーわー言いながら、なぜかドエス様にはキュンvしてしまう受も可愛い。

焦らして焦らして焦らしまくって
美味しくいただかれるところまで追いかけたい作品。
是非そのエクスカリバーを鞘に納めるところが見てみたい!
これシリーズかな。続編はよv

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ