愛に溺れそう

ai ni oboresou

愛に溺れそう
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×212
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
117
評価数
29
平均
4 / 5
神率
31%
著者
本庄りえ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784832290099

あらすじ

二人きりの部室で自慰行為を「視る者」「視られる者」という
歪んだ関係を経て、篤と新延は晴れて恋人に。
大学一モテてカッコ良くて優しい元友人・篤に大切にされ、
もったいないくらい幸せ。
なのに、元彼コーチにまるで飽きた玩具のように捨てられた
トラウマのせいで自信が持てない新延は──…


元遊び人×愛され方を知らない水泳青年
セクシャル純情ラブストーリー。
描き下ろし入り。

表題作愛に溺れそう

大貫 篤(大学生)
新延 水輝(大学生・水泳部)

その他の収録作品

  • おまけの時間
  • カバー下(四コマ漫画)

レビュー投稿数4

ウジウジ受が大丈夫ならとってもオススメです

「愛に嬲られる」の続編で、攻めの大貫と受けの新延が既に付き合っているところから話が始まります。
前作を読んでいなくても、作中にこれまでの経緯が少し出てくるので全く話がわからないということはないと思いますが、できれば前作から読まれることをおすすめします。
また、「愛に嬲られる」と「愛に溺れそう」は「好きになるとは何事だ」という作品のスピンオフでもありますが、こちらはちょっとだけ関係する人物が登場するだけなので読まなくても全く問題ありません。

受けの新延は既婚者である元コーチと不倫関係→あっさり捨てられた過去を持ち(前作で描かれています)愛されることに慣れていないためとにかく自分に自信がなく、攻めの大貫と付き合いだして幸せを感じながらも相変わらずウジウジウジウジしています。彼のウジウジっぷりをうざいと感じるかどうかで、この作品の評価が大きく分かれるんじゃないかなと思います。私は全然大丈夫でした。むしろ新延大好きです。
そして大人しい顔をしてけっこうエロい人です。前作ほどの変態性(いい意味で)はありませんが、なんだかんだでノリノリなのが可愛かったです。

一方、大貫は元々は人を愛せないタイプの遊び人だったのですが(これも前作の話)、新延と付き合い始めてからは一途に新延を甘やかす素敵な彼氏に変身していました。新延の面倒くささと付き合うには大貫位の彼氏力が必要なんだな~と妙に感心しました。
ふたりがすれ違ってしまった時も、自分なりにけじめをつけて乗り越えていたのが好印象でした。若さやまともな恋愛経験の乏しさ故に最初は失敗することがあっても、しっかり成長して同じ失敗は繰り返さない人だろうなあと思います。

途中から新延の元交際相手だったコーチが登場して二人の仲をひっかきまわしていきます。ほんとに最初から最後までイヤな奴だったので、ためらうことなく憎めました(笑)。

コーチのせいで二人がすれ違ってしまった時も、誤解が生じるわけじゃなく、互いに事実がわかった上で感情が追い付かない、という感じだったのがとてもよかったです。漫画を読んでいて登場人物が互いに誤解をする(読んでいるこっちは誤解だとわかっているのに…)のが個人的にすごく苦手なので。
最終的にコーチとは上手く縁が切れるのですが、もっとコテンパンに痛めつけてやってもよかったのに…とちょっと思いました。

すごく面白くて、もっと続きが読みたいなと思える作品でした。
もしあったら、もうちょっと甘えられるようになった新延とますます彼氏力に磨きがかかった大貫のラブラブなところが読みたいなー。

3

扉絵の美しさよ…

この作品、何と言っても扉絵が美しいんですよ。
表紙も巻頭カラーイラストも良いのですが、3〜5話の扉絵が秀逸です。

ただ今回読み返したら、「萌」でした。
初読のときのわたしは、扉絵の美しさに見惚れて「萌2!」の評価をしたんだろうなあ。
結構ツッコミどころが満載でした。

水泳部に所属するノベ(新延水輝)と、同じ学部の大貫の話です。
既婚者であるコーチとの不倫の関係が終わったノベに、告白してきたのは親友の大貫。
学内でも有名な女たらしだった大貫への不安が拭えないノベは…。

自分の気持ちを伝えていません。
伝えてないけど、体の関係ありまくり、調教めいたこともしまくりです。
この状態、どうなの?って思いませんか?
主にモノローグで語られるのは、
ノベ→気持ちを伝えなきゃ…。でも元カレたちのように、あいつも最後は女を選ぶんだ…。
大貫→初めての本気の恋で分からないことだらけだけど、両思い目指してがんばろう!
なのですが、そしたら今はセフレ状態ということでよろしいでしょうか。
告白してきた相手に返事は保留しつつ、どういう流れでセフレ状態になったのかは不明です。
でもヤリまくりです。
ここに引っ掛かると気になって仕方なくなるので、ここは引っかからない方が萌えます。

さらにノベの元カレだったコーチが参戦してくるのですが、このおっさんの気持ち悪さが無限大です。
既婚者でありながら同性の教え子に手を出す時点で十分気持ち悪いのですが、手酷くフッたらしい相手の誕生日の行動を、練習記録で把握する辺りも怖い。
誕生日を一緒に過ごさなかったというだけで、鬼の首を取ったかのように「お前、彼氏失格ー!」と言ってくるおっさん。
自分だって付き合っていたときは祝ったこともなかったのに、別れたあとにハピバメールを一通送っただけで勝ち誇るおっさん。
どうですか、こんなおっさん。

大貫の家庭事情に関しても、中盤からいきなりぶっ込んで来たという印象。
「その設定、いる?」と思ってしまった次第です。

初読のときは、つらいことがあると水で窒息しそうになるノベのイメージが素晴らしいなあとか、大貫のスパダリ加減、イイね!とか、誕生日のすれ違いが切なすぎる!とか思った記憶があるのですが、いかんせん今回は前提部分に引っかかってしまったせいで萌え切れず。
「告白の返事は保留でも、セクシャルな関係になったっていいじゃない」という気持ちでお読みください。

0

一途なあまあまカップルに変貌!

『愛に嬲られる』の続編。
前作で友達から恋人になった二人、女たらしだった大貫は態度を改めて新延にひとすじ。新延も大貫のことが好きなのに、不倫や大事にされなかった過去がトラウマで、大貫に好きと返せず…

大貫が女友達を介抱してる現場を新延が目撃してしまったり、新延の元不倫相手に揺さぶられたり、すれ違いもあるけれど、大貫は本気の気持ちを信じてもらおうと努力してるし、新延も遠慮がちだけど実は大貫のことで頭がいっぱいで、二人ともお互いを一途に想っているのが伝わってくる、あまあまな一冊でした!

綺麗な絵で、一途なあまあまカップルを堪能できます。
すれ違い時の二人の心情を水に溺れていく絵で表してるのが本当に綺麗で見とれました!
エロシーンも本庄先生にしては多めな気がするんですが、絵が綺麗すぎるせいか、私はエロさはあまり感じなかったかな…
官能シーンは難しいですね。

電子購入。ピアスのような蛍で修正は甘めです。
2016年発売の花音コミックスはでっかい白丸で絵をつぶしまくっていて、編集部に本気の殺意を覚えましたが、2017年発行は紙本と同じようになったんですね。喜ばしいです♪
(でも2016年発売の大大大好きな作品の絵はつぶされたままなのがやっぱり悔しい!)

4

前作を読んでからの方が楽しめますね

途中まで読んでいて、この作品が続き物で前作があることを知りました。なので、これまでの人となりや前カレとの関係性など深くわからない部分もありました。あくまでもこの作品を読んだだけの感想となります。

まず、初っぱなから攻めにイタズラされて焦らされているシーンから始まり、これまでの事がわからないので、俺様系の攻めと、脅されている受けなのかと勘違いしてしまいました。けれども、読み進めていくうちこれはとんだ勘違いで、こういうプレイに萌える変態チックな受けでした。

ストーリー全体としては恋人同士の二人が元カレやモブの女の子の出現で自信をなくしたり、決意したりと言うもので、控えめな水輝が少しずつ本音を言えるようになり、会えなくて寂しかったと言えるようになったときは良かった良かったと子供の成長を見守る母親の気分でした。大貫が元カレから水輝をさらうシーンの水輝の嬉しそうな笑顔にはやられました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う