お試し花嫁、片恋中

otameshihanayome katakoichu

お試し花嫁、片恋中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×215
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

33

レビュー数
4
得点
99
評価数
25
平均
4 / 5
神率
24%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403524264

あらすじ

市役所秘書課に勤める幸野は、総務省から出向中のエリート・伊豆倉に 無利子で大金を貸してもらう代わりに、彼の家で同居することになり……?

表題作お試し花嫁、片恋中

伊豆倉貴篤、市役所に出向中のエリート官僚、31才
幸野友彰、市役所勤務 秘書課、32才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

安定の変態紳士と美人受け


市役所職員の幸野(受け)は妹が元カレからリベンジポルノの被害に遭うのを避けるため至急大金を用意しなければならないことになります。金の工面の交換条件の場所で偶然、他部署の上司の伊豆倉(攻め)に会い、事情を知った伊豆倉に無利子での借金を提案されます。元カレから再びお金を請求された幸野は、再度借金を頼むかわりに伊豆倉の欠点を見つけるという3か月間の「お試し花嫁」になることになります。

幸野は早くに両親を亡くし、年の離れた妹の学費を払い自分の奨学金の返済もしていてお金に余裕はありません。そんな時に妹が元カレからリベンジポルノされそうになり、ただ一人の身内である妹のために借金をすることになります。
幸野はゲイですが、美人な見た目が災いして小さい時から危ない目に遭うことが多く、他人と付き合うのを避けてきたため他人との距離感がよくわからず、今まで恋人はいませんでした。むやみに笑いかけないようにと母親からのアドバイスに従っていたため無表情でいることが多く美しい容姿もあって職場では苗字をもじって「雪の女王」と呼ばれています。
伊豆倉からのことは初めから気になっていたのですが、叶うはずもない続き恋をしないようにとなるべく接触しないようにしていました。好きな人にアプローチする前に欠点を知りたいと「お試し花嫁」の申し出を引き受けるのですが、伊豆倉の人となりを知るにしたがってどんどん好きになってしまいます。

伊豆倉は世が世なら次期藩主で父親は元大臣、自らもエリート官僚で今は市役所に出向中です。幸野のことが気になっていてアプローチをかけていましたが、全く気付かれていません。
鳥谷さんの攻めの定番の変態紳士で幸野のものを「乙女百合」と呼び、言葉のチョイスが独特です。

両片想い状態なのですが、幸野視点しかないため伊豆倉が何を考えているかはわかりにくいです。
実際には、申告していた好きな人というのは幸野のことで、同居しているときも結構わかりやすくアプローチしていますが、何せ好きな人がいてその人にアプローチする為に自分の欠点を知りたいなんて理由をでっちあげているので全く気が付いてもらえません。
結局、お互い相手に好きな人がいると勘違いしたまま話が進み、お互いを想いながらも片想いだと勘違いするまま関係を持つことになってしまってもどかしいです。

全体的に両片想いのお試し新婚生活は甘々だったと思います。が、私は両想い後の甘々が好きなので少し不満です。ほぼずっと片想いしていると思い込んでる切ない状況が続いたあげく、残り2割になってやっと伊豆倉の本心が聞けたと思ったら事件に次ぐ事件で、慌ただしく終わってしまいました。確かに最初のフラグの回収だったり、すれ違うための布石だったりと必要ないとは言わないけれど、
全体の配分をなんとかならなかったものか。

ちゃんと両想いになってからなんて1割しかない。
それに、当て馬くんと妹の元カレは伊豆倉があっさり撃退してくれて流石スパダリつて感じでしたが、どんな報復をしたのかはわからないままでとても気になりました。
私としては前半の姉妹都市計画の全容とかいらないから彼らの末路が知りたかったし、二人のその後の生活がもっと読みたかったです。

ストーリーの流れとしては良かっただけに、慌ただしく終わった印象が強く、もう少し読みたいという少し残念な感じでの読了感でした。

1

やっぱり変態入った紳士と恋愛初心者のかわいい美人さん

 鳥谷先生の攻め様はいろいろな、へぇ……と遠い目をしたくなるような変わったフェチをお持ちの攻め様なので、今回はどんな、と思っていたら、へ、へぇ受け様の大事な所を乙女百合と称して愛でるのですね。

 そんな変態が入った若干残念な攻め様でも他はスパダリな攻め様。
こちらの伊豆倉さんも世が世なら若様と呼ばれる元大名華族であり、現在は政治家の家系。
自身も総務省からの出向キャリア。
性格は穏やかで紳士。言葉遣いも丁寧で他人を思いやれる、さすが若、です。
でも、毎日朝晩、幸野の乙女百合にむかってのたまう賞賛の美辞麗句の数々。
やっぱり変態入ってました。

 受け様の幸野は真面目で他人との距離の取り方が下手で職場では「雪の女王」と呼ばれていて。
でも本当は今や唯一の家族になった妹思いのお兄さんでもあり、距離の取り方が分からないだけで、本当は優しい誠実なかわいい人です。

 妹のトラブルの為に幸野は伊豆倉に助けを求めて、2人は期間限定の夫婦ごっこをする事になって。
「生涯のパートナーになって欲しい相手がいる」という伊豆倉の言葉を素直に信じているので、私からすれば伊豆倉の好き続きな相手って幸野の事じゃん、と分かる事も言ってるし、「好きですよ」とも言ってるんですが、なんでそれが自分の事だとチラリとも気付かない?と何度はがみした事か。
最初に伊豆倉が幸野のファンだと言ってるから、好きって言ってもファンだって事だよね、と悲しく思っていて。

 伊豆倉はなんとか幸野の接点持ちたくて頑張ってきたんだろうし、この機会になんとか自分を好きになってもらいたいとゆっくり優しく距離を縮めようと頑張っていて、あくまで紳士。
幸野の妹のトラブルの時や、元カレもどきに幸野が襲われそうになった時など、幸野がからんだ時だけ自分の持つ権力とか力技使って解決してました。

 読者には両思いってけっこう分かりますが、お互い別に好きな人がいるって思ってるから、すれ違ったまま、それでもゆっくり優しい関係を築いていってました。
 
 伊豆倉が政治家として出馬するなら自分は身を引いたほうがいい、と幸野は一度は別れを切り出しますが、やっぱりきちんと自分の正直な気持ちを伝えたいと、尋ねてきてくれた伊豆倉に好きだと伝えてハッピーエンド。

 2人の間をちょこまかしていたハリネズミのハリオがちってもかわいかったです。
私も死体化してるハリオを愛でて癒されたいわー。
 
 左京さんのイラストのお2人がまさに若様と初心な美人さんで、えちシーンはエロくて、目の保養でした。ありがとうございます。

2

攻めの表現力に脱帽

さて今回も、鳥谷さんの作品によく登場する変態攻めです。
イラストが左京さんであることも含め
とっても楽しみにしてました。


鳥谷さんの攻めは、受けを愛するあまり、
受けのからだの愛しい部分を
独特な慣用句や呼び名で表現しますが、
「溺愛スウィートホーム」のときのように、
今回もお花にたとえて、乙女百合と評します。
すぐ画像検索しました(笑)
なるほど、乙女百合。

攻めの伊豆倉は、
総務省のエリート官僚で父親は元大臣、
見目麗しく料理上手でペットへの愛情も深く、
元大名華族の家柄で、世が世ならお殿様だったという
スーパー攻め様に値する人物です。
でも物腰が柔らかく敬語なので、
攻め様というよりダーリンの方が合ってる気がする。
でもスパダリの域は飛び抜けてるので、
エクダリ(=エクストリームダーリン)と勝手に
命名したいです(笑)

受けの幸野は、子供の頃ストーカーや変質者にあったり、
両親を早くに亡くし妹の親代わりとして苦労したせいで、
人との距離感がわからなくて友人も恋人もおらず
仕事一筋のまじめな公務員。
本人が気づいてない続きだけで、あまりの美しさと気高さに、
まわりが恐れ多くて容易には話しかけられないタイプです。

幸野の妹が元カレからのリベンジポルノで脅されて、
ネットに画像をばらまかれないために金策に走るところから
話がスタートするのですが、
とにかくこの元カレがクズで、本当に妹は見る目ない。
お金を一度渡すと、次から次へと要求されますが、
最終的には伊豆倉がいとも簡単に解決してしまいます。
さすが殿。

伊豆倉には、生涯のパートナーにしたい想い人がいて
彼にアプローチする前に自分の欠点を見つけ出すために、
夫婦ごっこをしながら欠点を探してほしいと幸野に話を持ちかけ同棲がスタートします。
この時点で読者には、その想い人が幸野のことだとわかるんですが、
幸野はもちろんわかりません。
伊豆倉のことを好きになっても辛いだけ、と悩む幸野に、
「お前のことだよーっ!」と全力でつっこみながら
読み進めました。
最初からハピエンがわかっている作品は
安心して楽しめますね。

ひとつ残念なのは、楽しみにしていた
ふたりのペットのハリネズミのハリオの挿し絵が
一枚しかなかったことです。
もっと見たかったな~。

2

本領発揮の変態攻め×初心な美人受けです(//∇//)

鳥谷先生らしい、変態フェチ攻め×クール(に見える)美人受けです!
今回はアダルト+甘々。前作のケモミミやちびっ子ネタも大好きですが、やっぱり鳥谷先生の変態攻めは最高です! 爽やかに変態行為を繰り返す攻めに、大変笑わせてもらいました(*´ω`*)

市役所の秘書課勤務の幸野(受け)は、妹のトラブル解決の為に、市役所に出向中のエリート官僚・伊豆倉(攻め)に借りを作ります。その代償として求められたのは、3ヶ月間の夫婦ごっこで…というあらすじです。受け視点です。

受けは「雪の女王」と言われているクール美人。しかし、実際は人と関わるのが下手なだけの不器用な人物。ちょっと乙女が入ってます。
攻めは政治家の家系の御曹司で、本人はエリート官僚。イケメンで仕事も出来、性格もいいという完璧ぶり。しかし、変態フェチ。

イケメン官僚と美人秘書が、甘々な同居生活を送りながら、トラブルやすれ違いなんかを乗り越えて…という両片想いものですね。

まず、表紙が素敵ですが、帯が仕事をしてません…。口絵カラーもこれまた際どいので、カバーは掛けて貰わない方がいいと思います…。

そして、個人的に続き大変萌えたのが、攻めの変態ぶり。変態攻めを書かせたらこの作者さんの右に出る者は居ないと思っていますが、今回もかなりのフェチぶりです。なんと言っても受けの性器は「乙女百合」、尿道口は「夢のように綺麗な唇」です。更に朝晩、受けの性器に話し掛けてキス。それを爽やかにやる所が凄いのです…! また、受けがその事に慣れていくのが笑えます。

そしてもう一つの萌え所が、甘々な新婚生活。
受け視点ではありますが、もうどう見ても攻めが受けに惚れているだろう事が良く分かります。気付いてないのは鈍い受けだけ。そんな両片想いの二人の、ペットのハリネズミも交えてのほのぼの&甘々な生活。ここに、作者さんらしい濃厚なエロもプラス。甘いもの好きな私は大変萌えさせてもらえました。

気になるのが、設定の詰め込み過ぎ。トラブル→解決、トラブル→解決の繰り返しで、一つ一つの事件に重みが感じられないような…?

ちょっと気になる部分はありますが、鳥谷先生らしさ全開の、アダルトで変態チックで、切なさも堪能出来る素敵な作品でした。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ