その兄弟、恋愛不全

sonokyoudai renai fuzen

その兄弟、恋愛不全
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×255
  • 萌32
  • 中立8
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
21
得点
444
評価数
125
平均
3.7 / 5
神率
19.2%
著者
鳥谷しず 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
Ciel 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784403523526

あらすじ

心療内科医の真紘には、想い続けている男がいる。義弟である外科医の智佳だ。親同士の再婚で家族となった幼い日、「けっこんして」といったのは智佳だった。なのに、美しい男に成長した智佳は、そんな過去など忘れた顔で、進学を機に家を出て以来、音信不通だ。義弟への叶わぬ禁忌の恋に悩み、EDになってしまった真紘だけれど、ある日突然、智佳が家に戻ってきて……? 義兄弟たちの特濃ヘルスケア・ラブ♡

表題作その兄弟、恋愛不全

智佳,変態外科医の義弟,29歳
真紘,美人心療内科医で義兄,31歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数21

タイトルより軽い

出会った日にプロポーズしてきた義弟への恋心を拗らせEDに!義弟が治療してくれることになって大変大変!素っ気なさすぎる義弟の思惑が図れず右往左往する女王様義兄が切ない…お互い募らせた思いが通じあったら甘くて大変!

じりじりした分、後半のインパクト凄い。
何が凄いって、クールな義弟が執着攻めだったってのは想定内でしたが、パンツ愛が人一倍な変態!!!パンツ変質者も登場するわ、主人公家族もパンツの拘りあるわでパンツパンツパンツ!ヒリヒリもだもだ切ない拗らせ物語と思ったのにパンツに全部持ってかれました。特注のおパンツプレイも義弟のこだわりが伺えて…すごい。義兄を好きすぎるからか、変態すぎるからか禁煙の口寂しさを紛らわす飴の代わりにタマを舐めるってのもしつこくて、しつこくて。タマ舐め描写が変態的に丁寧で、個人的にめちゃくちゃ悶えたのでストーリーは萌ですが、萌萌評価になりました。

義兄弟といっても血は繋がっていないし、兄弟として生活している期間や描写もほとんどないので背徳感少なめ、執着変態攻めの奇行、なんだかんだと流される強気受けを軽く楽しめました。

0

パンツパンツパンツ!

パンツ祭りですね(笑)
義弟の智佳が残念イケメン過ぎた。
クールで気のないフリを装っておいて、実は変態溺愛攻めだったという;
兄の真紘のパンツを盗んだり被ったり……
電子限定書き下ろしでは、禁煙で口寂しいからって真紘の玉を舐める始末^^;
なかなか面白かったです。
ただ、兄達を「あんた」と呼ぶところは、ちょっと不快だったかな。

真紘は〝女王様〟と呼ばれる病院一の美人医師。
ツンツンもクールビューティーもEDも別にいいんだけど、心療内科医のくせに患者に八つ当たりする所は最低だと思いました。
真紘に辛くあたられた「パンツ先生」は、どうなったのかな?
その後、全く出てこなかったので気になりました。

拗らせた義兄弟間の恋愛なのですが、二人の両親、兄たち、兄嫁たちのキャラがとても良かった!
特に、兄嫁二人が楽しそうで羨ましかったです^^

1

パンツ仮面(かっこいいのにかなりの変態攻め)

あらすじから、ED治療と称したエロが中心のお話なのかなぁと思ってたら、ED<<<<<<<パンツだった。
こんなに「パンツ」という単語が登場する小説もないんじゃないかな。

前半は義弟(攻め)に叶わぬ思いを抱くあまりEDになってしまった受けの切なさもなかなか良かったんだけど、なんといっても途中から明かされる攻めの変態性がインパクト強すぎ。

同居してた頃は週一で受けのパンツを盗み、今や受けの使用済みパンツをかぶるほどの立派な変態へと成長した攻め。
受けの脱いだ使用済みパンツを、こっそりスンスン・スーハーしてマスクする姿を見ても幻滅するどころか、許してしまう受けの懐の広さ(?)は、割れ鍋綴じ蓋としか……。

変態なくせに、「プロポーズするときは花も捧げたい」とか「あんたの人生の騎士になりたい」とか、「あんたと手を繋いで海辺を歩くのが、夢だったんだ」など、純情ロマンチストな言動を時々するところが妙にかわいくてキュンとさせられる。
中身はド変態なのに。

cielさんのイラストが美しくてウットリしました。
パンツ被ってる挿絵はさすがになかったけど。

0

ちょいちょい引っ掛かって萌え切れず

タイトルの兄弟に惹かれて読んでみた作品。ストーリーは面白かったし攻めがイケメンなのに変態というのも微笑ましい。ただいくつか読んでいて、ちょっとなあ、と思う部分があり、萌えと萎えが交互に来るような感じ。

まず、序盤の再会直後のふたりはなぜあんなにギスギスしているのか…。仕事に私情を挟んでキレる受けも嫌だが、その後、受けが攻めにフォローされてるのが更に嫌。フォローされるべきは患者の方じゃないのか。
身内のものだろうがなんだろうが、下着泥棒も微妙に笑えないし、三度目のプロポーズで、お母さんが大事に育てていたマリーゴールドを引っこ抜いて…というのもイラッとした。なんか受けはずっといっぱいいっぱいで自分のことしか見えてないし、攻めも受けのことしか見えてないのがなあ…。

そしてこれが一番の萎えなんだが、子どもの時からずっとお互いのことが好きだという設定なのに、普通に女性と付き合ってたり、攻めも他の人と経験済み、っていうのがね。
これ、BLではちょいちょい見かけるけど、理由があったとしても、そんなに何年も好きで好きで忘れられない人がいるのに、他の人相手に済まそうとか付き合おうっていう発想になるかな…。
お互いに相手を大事に思ってるから手が出せなかったり、はっきり言えない、っていうのはわかるんだけど、それ以外の人間への感情や扱いが雑だと萎える。
受けのことは大事にするのに、他の人は性欲処理だけのために抱くのか、って思うし、この話の受けの元カノなんてさらっと書かれてるけど普通に可哀想だよ。
こういう設定で他の人と関係を持つ気になれなくて、童貞を貫いてたキャラって、めっちゃ萌えるんだがなあ。
初エッチの時の攻めがあんなに自信満々なのも、好みとはちょっと違った。

ところでこのふたり、血が繋がってないとは言え、兄弟感は皆無。弟、一度も兄ちゃんって呼んでない。
タイトルに兄弟って入れるんなら、エッチの時だけとか二人きりの時だけとか限定的でもいい。ちゃんと兄ちゃんって呼ぼうよ。それがなかったら義兄弟ものって、小さい頃から知ってる幼馴染みと変わらないからね?
この兄弟は会わなかった期間が長いから、家族っぽくもないし。兄さん呼びが一度でもあったら、萌えも爆上げだったのに…。なんかいろいろ残念だったが、エッチの時に玉を責めていたのが萌えだったので、この評価で。

1

すれ違いからのあまあま

大好きな作家さんの作品でわくわくしながら手に取りました。
ストーリーは、苦手な誤解からのスタートでやや萌えきれず。しかし、相変わらずの鳥谷さんの変態、エロっぷりがあふれた作品で、肩肘張らずに楽しめました。

義兄弟のお医者さんカップル。お仕事はそれほど全面にでてきませんが、プレイに色々活かされています。:-)
子供の頃から結婚の約束を交わした二人。男っぽい義弟と、超絶美人義兄のカップル。しかし思春期に誤解が重なり、いったん離ればなれになります。
再び同じ病院の勤務医として再会した二人ですが、お互い大人になってからの関係ということで、恋心はそれぞれの胸の内にしまったまま、衝突ばかりしています。

しかし、いずれ種明かしされて、ハッピーに。
と、割と他愛もない展開。

しかし!ここにパンツをかぶってしまう変態仮面(本物の変態に加え、なんと攻めがパンツ仮面!)や、ED治療と称して受けにありとあらゆるいたずらを尽くしてみたり、SSでは飴という名のアレをしゃぶってしまう攻め。。。

その残念すぎる感じが振り切れてて面白かったです。

0

トンチキ好きには必読の書

電子書籍で読了。挿絵あり。あとがきあり。電子版書き下ろしあり(ただし、内容は特典ペーパーのあらすじのものでした。「同じだったら『書き下ろし』ではないのでは?」と思ってしまったんですけれども)。

私の鳥谷しずさん体験は「契約に咲く花は」から始まりましたので、忍ぶ恋の切なさが切々と描かれる始まり部分を読み進めながら「あれ?私の期待していたのとちと違う。いや、良いのだけれども。切ないのだけれども……」と思っていたら、お話の2割程度の部分で「あれ?これは?」という匂いが漂って参ります。
いや、確かに泌尿器科は外科系なんだろうけれどもっ!男性器の病気(真紘が患っているEDもしかり)は泌尿器科の担当なのだろうけれどもっ!
そして、洗濯物ドロですよ。
猿か、いやいや鳥か、って……(そういえばこの頃、野生の獣が住宅地に現れて騒動になるという話題が沢山あったような気が)
もう完璧に『なにやら可笑しい鳥谷ワールド』に引きずり込まれておりました。

イケメンと美人の義兄弟の切ない恋愛と、変態さんという、振り幅の大きさを「前半のトーンが変わって残念」とするか「わーい!トンチキだぁ~っ」とするかによって、評価は変わるお話です。
王道好きの姐さま方にはお薦めできませんが、「トンチキ大好き」姐さまは必読の書です。

0

いろいろ楽観的

まさに官能小説ですねー。官能BLというジャンル分けがあるならど真ん中でしょう。
エ/ッ/チ/シーンでも、セ/ッ/ク/ス/シーンでもなく、「濡れ場」という表現がぴったりw
とはいえ、実は官能小説ってちゃんと読んだことは無いんですが…そうだと分かる知識を自分が何処で得ているのかが謎。

これを言っちゃうと身もふたもないのですが、自分がBLに求めているのは「官能」ではないんだという事を逆に認識してしまった本です。お好きな人は申し訳ない。
でも変態性の凝り方は感心しちゃいますw

1

パンツに持ってかれるw

意地っ張り×意地っ張りの義兄弟ラブ。

誤解し合って拗らせたまま"こちらから連絡するもんか"で十数年ε-(´∀`; )
ある意味忍耐強く、一途な兄弟愛でもあります。

拗らせた過ぎた結果、 勃起不全となった受け。
その治療を攻めがするーーというシチュは萌えました(∩´///`∩)
メジャー巻いてtnkの状態を測ったり
いろんな角度で写真を撮ったり…(^w^)
あれ?これ絶対オカズにするヤツじゃない?と思ってたら、その通りだったので爆笑ww

こちらの作品は途中から雰囲気がガラリと変わります。
真面目に淡々と治療をし、受けの切々と心境を語る描写は切ない寄り。でも端々に香る変態臭…。
ギャグBLって認識いいのなぁ?と戸惑いを覚える。。。

アホアホなノリは好きなので楽しく読めたといえばそうなのですが、
前半の切ない片思いのトーンが一気に吹き飛んだのは残念です。
余韻に浸る間がなく 急に舵を切られてしまったので、振り落とされそうに…(´-ω-`;;


攻めはすごくカッコよくて、前半はクール。
が!とにかく中身が残念すぎるのが面白かったですw
読後の余韻が「パンツ…」しか残らないw
受けのパンツを愛する攻めの変態っぷりと開き直り方に笑わせてもらいました。

受けは・・・うーん。
自分の正当性ばかり主張して悲劇のヒロインに浸る姿が好みでなく。
女王様扱いをされるのを嫌がってたけど言われても仕方がないような。
30歳になるキャラクターに言う言葉ではないですが、しおらしさと可愛げが欲しかったです。
また、医師としても中途半端なのがゲンナリしました。

cielさんのイラストは眼福でした(∩´///`∩)
どれもカッコよくて美しくて惚れ惚れします!
特に窓際でデコチューしてる幸せそうなイラストはキュンキュンしました。

話の舵きりや受けの性格はちょっと残念でしたが、
イケメンなのに変態全開の攻めを楽しませてもらったので評価は萌えです。
cielさんのイラストがカッコいいから余計に「この顔がパンツ…」というギャップがハマりましたw

1

急展開すぎ?

攻めがいきなり告白してしまうので、切ないモードに浸りきれなかった。
また、俺様すぎることと、受けの恥じらいが少ないので、全体的に上品さに物足りなさを感じた。

2

パンツください

絵がとても綺麗で、二人とも男前なのは眼福でした。
子供の頃、智佳がお花を差し出しながらプロポーズしたシーンは可愛くて萌えましたが、私の中ではそこがピークでした。
全体的にエロや変態要素が多めで、初恋の思い出は霞んでしまってましたね。お互いに好きなのは分かるけど、快楽の方が勝ってる気がしてならないです。患者よりも自分の方が辛いと、相手の立場で考えられない真紘にも、エッチのときにやたら自信満々でパンツに異様な執着する智佳にも感情移入することができませんでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う