乳親

chichioya

乳親
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
4
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「ちちうえの乳は想像よりも甘うございます」宮緒 葵が「濃厚乳」を引っさげ登場! 敬愛する親友。赤子から育てたその息子。二人から『乳』を求められ…! ラスト1ページまで目が離せない禁断愛をどうぞ。
※本書は電子配信中の「小説ビーボーイ 溺愛しすぎる特集(2017年冬号)」に収録されております。

表題作乳親

董親(幕府の目付役)/幸董(董親の息子)
朝幸(董親の幼馴染の下級旗本)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まさしく『乳親』なんです

電子書籍で読了。挿絵有り(お武家様が月代でないのがちょっとがっかり)。

いかにも宮尾さんらしい執着責めと、絡め取られちゃう薄幸美人受けです。
今回の攻めは『犬』と言うより『蛇』ですね。それも二匹で親子蛇。子蛇の方はちょっとだけ犬の匂いがしますが、その本質はやっぱり蛇でしょう。
蛇系のお話だった「悪夢のように幸せな」と、構造は似ている様に思います。私は『犬派』なので「大好き―っ」とまでは行かなかったですが。
なんと言っても『乳付け(生まれたばかりの子どもに母乳を飲ませること)』をこれだけ曲解しちゃって、違和感が半端ないのに、それでも尚、お話を破綻させずにグイグイ読ませちゃうのがスゴイ。
これぞ宮尾さんの力だよなぁ、といたく感心いたしました。
タイトルに「ん?」と思った執着好きの方は、是非ご一読を。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ