華客の鳥

kakaku no tori

華客の鳥
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403524325

あらすじ

「あいつは俺を…恨んでる」。チャイナタウンの片隅で、ハルカはシンと同居しながら、その心のうちを掴みきれずにいる。シンの中に自分への憎しみがあるのではないかと、そう疑ってしまうのは、少年時代、二人が出会った頃のある事件のせいだった。ストリートチルドレンだったハルカが出会った、中国人形のように美しいシン。闇にとらわれたある男の篭の鳥だった彼を、ハルカは自由にしてやりたかったのだ…。バディ・アクション「HARD LUCK」シリーズの、シンとハルの出会いと、その後の物語!!

表題作華客の鳥

ハルカ・日系の元ストリートチャイルド
シン・中国系・大学生ハルカの店でバーテンのバイト

評価・レビューする

レビュー投稿数1

難しかった

「HARD LUCK」シリーズのスピンオフ作らしいですが、そちらのシリーズは未読です。
こちらの本では、主人公がスピン元作のキャラクターたちに出会う前のまだ子供時代の話と、スピン元のキャラクター達の関係性がすっかり安定した後の話なので、単独の作品としてこの本だけ読んでも大丈夫なようです。

子供時代の二人の出会いと事件を引きずって、大人になってもシンとの関係に踏み出せないハルカと、そんなハルカを待ち続けるシン。
シンに触れることのできないハルカは、少年娼婦セツに肌の温もりを求めるのですが、、、。
この作品、主人公のハルカとシンは愛し合っているのに結局最後までいきつきません。
駄々をこねるようにシンを拒んでシンを求めるハルカ。
なかなか鬱々とした展開ですが、最後の「By The Way」は野球を話題にしたちょっと軽めの話です。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ