君のいる世界

kimi no iru sekai

君のいる世界
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

263

レビュー数
3
得点
32
評価数
10
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥689(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784062869515

あらすじ

サッカー部のエースだった涼介は怪我のため競技生活を諦めなくてはならなくなる。傷心の涼介をマネジャーに誘ったのは部長でキーパーの龍だった。いつしか涼介の心に淡い恋心が芽生えるが、その想いを胸の奥に閉じ込めるしかなかった。
高校三年の夏休み、龍は涼介の目の前で事故により急逝する。龍の死を受け入れられない涼介は、龍の運命を変えるためタイムリープを繰り返す。

表題作君のいる世界

堂島龍、サッカー部のレギュラー 高校生、18
今井涼介、サッカー部マネージャー 高校生、18

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

タイムリープBL

両片想いのサッカー部の男子高校生2人が、とある超常現象に巻き込まれる中、想いを確認し合って結ばれるお話です。


とある超常現象というのがタイムリープ。タイムスリップとは違い、何度も同じ時を繰り返すタイムリープです。
マネージャーの受けと部長の攻めで、攻めが初っぱなに事故で亡くなってしまいます。その後想いを寄せる親友の死に絶望する受けがタイムリープに陥り、何度も攻めの死を経験することになる展開。

タイムリープによって攻めの死を回避できるかもしれないという希望と、でもどう行動しても回避できず何度も攻めの死を経験する絶望とで焦燥していく受け。そんな中、攻めもまたタイムリープをしていることが判明します。
攻めか受け、あるいは攻めの妹いずれかが死ぬ以外のルートが見つけられないまま、同じ1日を延々繰り返す攻めと受けですが、そんな追い詰められた状況で両想いに。精神的極限状態に、キスしたり照れたりエロいことしたいと迫ったり、そんなほのぼのとした萌えがぶっ込まれてきます。シリアス一辺倒じゃなく、やっぱり男子高校生だなぁという感じが可愛かった。

個人的にSF小説やラノベなんかも読んだりするので、タイムリープ設定は読み慣れているのですが、結構きっちり作り込まれていました。BLだからとこういう箇所がおざなりにならないのは高評価ポイントでした。
初エッチが暴発で、まあ経験なしの高校生らしくて微笑ましかったことは微笑ましかったんですが、暴発後の再チャレンジがなかったのは残念でした。その理由が作者さんのあとがきにて判明しまして、まあそれなら仕方ないか、いや高校生物のBL出すからには腹くくれや、などと色々思うところもありました。まあ、そのおかげで三年後の2人の様子(エロ含む)が見られて、結果オーライな面もありましたけど。

1

時をかける少年

純愛とかタイムリープもの大好きです。
内容は、ほぼ『時をかける少◯』(アニメ版)だと思います。あ、でもどちらかが遠い未来からやって来たとかではないです。

そう簡単に未来は変えられないと知りつつ、何度も何度も時間を巻き戻す二人がものすごーく健気です。途中で、相手の命をもう諦めようかと迷ったりもするのですが、それは自分の為ではなく、相手に辛くて痛い思いをこれ以上させたくない、という優しい心からでした。

ほぼ神評価に近かったとはいえ、個人的にはもう少し泣かせて欲しかったような気もします。さほど緊迫したシーンがなかったので。タイムリープする前の攻め視点とか、何度巻き戻しても同じ事を繰り返す苛立ちとか、タイムリープの回数制限とかあっても良かったかな、と思ったり?

1

未来は自分で勝ち取らなきゃね!

心に響く、感動のストーリーでした。長編アニメ映画をみたような読後感です。

内容なんですが、タイムリープものです。
元サッカー部エースで今はマネージャーをしている涼介は、親友でサッカー部部長の龍に淡い恋心を抱く日々。しかし、夏休みのある日、龍が目の前で交通事故により亡くなってしまいます。現実を受け入れられずにいる涼介は、龍の形見の腕時計でタイムリープ出来る事に気付き、運命を変えようとしますがー・・・というお話です。

タイムリープものでありがちなのですが、何度タイムリープを繰り返しても、運命を変える事が出来ないのです。実はそこには、涼介の知らない別の事実があったりするんですね。わりと早い段階で、この事実が明らかにはなるのですが、そのへんはネタバレなしで。

何度も死を繰り返すというと重く切ないストーリーに思えますが、このあたりは涼介の回想という形でさらりと書かれているので、多分そこまで辛い印象は受けないと思います。
心を動かされたのが、二人一緒に「生きよう」と、精一杯足掻く事。
何回も繰り返してもう駄目だと弱気になったりしながらも、二人で生きる世界を諦めないのです。互いを想い合う気持ちが、何よりのパワーになるんだなぁ(T-T)
愛する人の為を思うなら、「死ぬ」んじゃなく「共に生き」なきゃね!

ラブの方ですが、こちらは高校生同士の初々しいピュアな恋愛が楽しめました。真面目で堅物っぽいのに意外とグイグイ来る龍に、強気なのに恋愛面に置いては初心な反応を見せる涼介。もう、初々しいキスシーンにキュンとします。
ところで、「ホワイトハート」さんでは高校生同士はーという制約があり、エッチシーンはギリギリ本番直前まででした。
作者さんの熱意で、「三年後」という章がねじ込まれており、こちらで(最後までの)エッチは読めます!先生、ありがとうございます!!( 〃▽〃)

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ