酒処ぬくみ屋 ただ今営業中

sakedokoro nukumiya tadaima eigyouchu

酒処ぬくみ屋 ただ今営業中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
28
評価数
7
平均
4 / 5
神率
14.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
道玄坂書房
レーベル
MIKE+comics
発売日
価格
¥666(税抜)  
ISBN
9784866250335

あらすじ

外食チェーンの営業・佐波は「食」に興味が持てず不向きな仕事に追われストレスを抱える日々。
そんなある日、佐波がふと立ち寄ったのは何故か「恋愛禁止」の張り紙といつでもカウンターの
一席に予約席の札がある一風変わった小料理屋「酒処ぬくみ屋」。
気さくな店主シノさんの料理に触れて、佐波の世界は変わりはじめうる。
だがそんな居心地の良いぬくみ屋に、突如存続の危機が訪れる。
打ちひしがれる佐波だが、更にシノの昔の男まで現れて…。

ようやく見つけた憩いの場所と大事なものを思い出させてくれたシノを守るため、佐波が選んだ手段とは…?!

今回も大人気作家による萌えコラムを掲載。

表題作酒処ぬくみ屋 ただ今営業中

篠宮辰巳 居酒屋店主
佐波春馬 フードプランナー

その他の収録作品

  • 6食目(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

豚汁が食べたくなりました

サラリーマンでフードプランナーの佐波(受け)は、仕事で義務のような食事を続けるうち、食べることを義務としか感じられなくなっていた。しかし、ある日入った居酒屋で、店主・シノ(攻め)に出された食事を美味しく思って泣いてしまい…。


食べることが苦痛なフードプランナー受けと、居酒屋の店主の攻めのお話です。
仕事のストレスから摂食障害気味の受けは、ふと立ち寄った一見の店で店主に出された豚汁を飲んで泣いてしまいます。びっくりして恥ずかしさに逃げるように立ち去るも、詫びをせねばと思って再び立ち寄り、以後常連に。
攻めはサバサバした感じの、いかにも居酒屋の店主っぽい気のいい兄ちゃんです。母の遺した店を1人で切り盛りしています。

行儀がよく、失礼をするときちんと詫びに立ち寄る受けも、受けが美味しく料理を食べるのをニコニコ眺めている攻めも、なかなか好感の持てる良キャラでした。恋愛の始まりも無理がなく、キューピッド役のおかまの美登里ちゃんなど脇キャラも楽しくて良かったです。
攻めの元彼は、存在はともかく、昔やらかした事件がちょっとヘビーで、作品のカラーに合ってない気はしました。それを含め、ちょいちょい「ん?」って箇所がなくもなかった。
ですが、トータルではいい感じだったと思います。描き下ろしで攻めが受けに指を吸われ、不味かったのかぺっと舌で押し出されるというエピソードがあって、それがやたら可愛くて萌えました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ