許可証をください!

許可証をください!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神45
  • 萌×213
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
18
得点
301
評価数
72
平均
4.3 / 5
神率
62.5%
著者
烏城あきら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
文月あつよ 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
シリーズ
許可証をください!
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784576032009

あらすじ

中小化学薬品製造業・喜美津化学の品証部に勤務する阿久津弘は初の四大理系卒のホープとして期待されている身。そんな弘が社命でフォークリフトの免許を取ることに。慣れない乗り物の操作に難儀する中、指導係として遣わされてきたのは製造部の若頭・前原健一郎。弘と同い年であるにもかかわらず同僚からの信頼も厚く、独特の迫力と風格を持ったこの男に、弘はとある出来事がきっかけで苦手意識を持っていたのだが、意外にも前原の方は――。
それなりに平和な工場ライフを送っていた弘を襲う前代未聞の“男×男”関係、ガテン系濃厚ラブ!

表題作許可証をください!

前原健一郎/喜美津化学製部 頼れる若頭
阿久津弘/喜美津化学品証部 理系大学卒

その他の収録作品

  • クレーム受けます!<前編><後編>
  • 消火訓練デー

レビュー投稿数18

1ページ1ページ、見慣れない製造業の描写が続く活字の羅列が こんなに苦にならないのもめずらしい。

中小化学工場で繰り広げられるBL
とにかくお仕事メインで、工場がどのように動いて
どのように働いているのかを懇切丁寧に説明してあるのに
うっとおしくない!
島城あきらさんの説明は、おしつけがましくなくて
わかりやすんだよね。本当に素晴らしい。

4大卒のインテリ品証部の阿久津と
高卒、製造部の若頭の前原と
互いに尊敬しつつ競い合い仕事をして
恋に発展していく。

ふたりともノンケ。
男同士がプライドと汗にまみれ、まわりはおやじ多しw
それでも物語が若々しく、工場という閉鎖された空間に
こんなドラマがあるのか!と、ただひたすら楽しんで読めた。

インテリで仕事はできるのに、どこかおひとよしで
かわいい印象の阿久津が、前原の男性的魅力に惹かれていくのはわかる。
前原は、女には不自由しない感じの要領良し。
ひととおり女は知っていても、目の前に現れた男の阿久津に
振り回されながらも、ものすごく強く自分の意思を通していくw
それもSっ気があるとかまで強引じゃないんだよね。
根底にライバルって認め合ってるから、我慢するところは我慢してて!
阿久津のシャワー中、辛抱たまらん状態で、おあずけしてる前原が
個人的に非常にツボでした。
あの描写がなかったら、前原が自分勝手な強引男に見えてしまったかも。
細かい部分で、きちんと心情のフォローがあるのもよかった。

10

お仕事BLの神

「お仕事BL」大好きな私が一番好きな小説

久しぶりにシリーズ通して読みなおして、やっぱり面白いなぁと心から思いました…


こんなにも「仕事」と「恋愛」を絡めて両方ガッツリ楽しませる小説は他にないのでは?と思います。

大卒でインテリだがどこか間の抜けた品証部の「べっぴんさん」阿久津弘(受)と

高卒でガテン系製造部の「組長」年長者からも一目おかれる前原健一郎(攻)


立場の違う二人が
お互いに意識し合い
時に、競い合い
惹かれ合い
労働基準法の就労時間をぶっちぎりながら(笑)
工場の危機を乗り越えていきます。



1巻では、同い年だが職歴が長く同僚からの信頼に厚い前原に、苦手意識を抱いている弘と

そんな弘にあらぬ感情を抱いている前原(笑)



同じ職場にいながら距離のあった(弘が避けていたから)二人が、仕事+前原の肉食系アプローチで急接近します(笑)



未読の方にはぜひ、読んで欲しいシリーズ。





現在未発表のまま

6巻発売から3年半の月日が流れましたが…

最終7巻を…心待ちにしています!!!!

10

ガテン系お仕事BLシリーズ1作目です

前原健一郎(喜美津化学製造部 若頭 周りからの信頼が厚い)×阿久津弘(喜美津化学品証部 理系大学卒の期待のホープ)

国立大学工学部を卒業し、化学薬品製造業・喜美津化学に入社して3年目になる阿久津は、工場で初めての4大卒入社という期待のルーキーですが、ある日工場長に呼ばれフォークリフトの講習を受けて来るよう指示を受けます。しかし実技の結果が散々だったため製造部の前原に操縦法を習う事になりますが、阿久津にとって前原は苦手としている人物で……

お仕事BL小説としては有名なシリーズですが、気になりつつもずっと読み逃していて、購入後も未読本のエリアに長らく置きっぱなしになっていた作品だったのですが、何故もっと早く読まなかったんだ!私!!と激しく後悔するぐらいとても面白い作品でした。いつものごとくちょっとだけ…と思いつつ読み始めたら、途中で辞めるなんて無理な話で寝不足覚悟で一気に読んでしまいました。

まずはお仕事BLとして本当に読み応えがあって抜群に面白かったです。製造業の工場で働く人たちといういかにもなガテン系な部分(製造部)と、品質管理のため検査などを行いトラブルの原因を探っていく頭脳系な部分(品証部)の連携があって成り立っている職場という中、それぞれの部署の代表(若手のホープ)が主人公の阿久津と前原ということになっているので、おのずと恋愛だけでなく仕事上でも良きパートナーになっていく過程も読めて2倍楽しめるのも良かったです。

それから登場人物のキャラも魅力的でした。本来はすごく仕事ができる人なのに度々ちょっと残念な行動をしてしまう阿久津に何度笑ったことか…。とりあえず似ている芸能人のあだ名を付けるのはいいけど、それを口に出さないように注意してもらいたいものです(笑)前原は若いながらも周りの人望が厚く、自分の仕事を黙々とこなしていくというガテン系そのもの!!って感じで普通にカッコいいお兄ちゃんです。BLドリームのありえない男前というよりは、実際にいそうなタイプの男前という感じでしょうか。何かHのときもあまりスマートではなくむしろガツガツしているんですが、そんなところもキャラに合っていて良かったです。
(その他脇キャラも実際にいそうな感じの人たちなんだけど、ちゃんとそれぞれに個性があるのも◎)

恋愛に関してはHはしつつも、まだお互いはっきり「好き」と言い合っている訳ではなく、特に阿久津はかなり意識はしていてもそこまでの気持ちにはなっていないので、甘い雰囲気が楽しめるのはまだだいぶ先におあずけかなという感じですが、まぁその辺はゆっくり楽しんでいきたいと思っています。

9

こんな傑作を読み逃すところだったとは。

主役二人が、責任感と誇りを持って働く姿が大変好ましいです。
こんなふうに、自分の仕事を大切にできたらいいなと、憧れながら読みました。

私の全く知らない、工場の現場のことがわかりやすく描かれているところも、興味深く楽しめます。

もちろん恋愛描写も感じがよく、萌えます。

お仕事BLの面白さには、うえだ真由先生『ロマンスの黙秘権』で開眼していましたが、このシリーズのことも、烏城あきら先生のことも全く存じ上げていなかった私は、運が無ければ読むことはなかったでしょう。

教えて下さった方に、感謝してもしきれません。

9

ソイラテ

むぼちさま、はじめまして。突然のコメント失礼します。どうしてもお礼を申し上げたくって。。。
貴方様のこのレビューおかげで、烏城あきら先生と、さらにはうえだ真由先生に出会うことができました!おかげさまで毎日が楽しいです。7巻出るまで死ねない!本当にありがとうございました。

むぼち

snowblackさん、コメントありがとうございます。

この本は、他の方もおっしゃる通り、恋愛と仕事のバランスがばっちりで、あまあまBLが大好きな私でも、十分満足できました。

まだこの一冊しか読んでいませんが、これから主役二人が、仕事を通してどんどん愛と絆を深めて行くんだろうな、と想像するだけでよだれものです。

snowblack

むぼちさま、こんにちは。

そうなんです。これは、ものすごく面白いお仕事BLなんです。
甘さ第一のお好みの方にはどうかな?と思うけれど、
お仕事BLお好きという方には是非手に取って頂きたいです。

私も出会った時に一気読みしたのですが、残念ながら未完……
早く続巻が出るのを、ご一緒に心待ちに致しましょう!

古い作品だからか・・

得点が低いのですよね
絵柄も自分の好みであるのに通年で検索してもでてこないこの作品・・・
どこぞで質問検索したところこの作品にいきあたり読んでびっくりしました
いろんなBLよんできて、今のところこれ以上の作品はありません
受け視点が中心ですが攻め視点も巻末に結構なp数載っていますし。
文体もすべて言葉で説明するのではなく読者に想像させる(エロ面では
ありませんよ)書き方がとてもうまいです。
その想像した分が攻め視点の描き下ろし部分で解消される感じですね。
いや、もう
読み始めは受けの魅力はいまいちでしたが、お仕事描写が面白いのと攻めが
かっこいいのでどんどん引き込まれます
で、2巻以降は受けもどんどん格好よくなっていきます
も~~~~
たまりませんっ
神レベル超えてます!

8

むぼち

ぴろしさん、私のレビューがきっかけで「ロマンスの黙秘権」と出会われたなんて、ものすごく嬉しいです!ありがとうございます!

この本もそうですが、ランキングベストテンに入っていても不思議ではないほどの傑作なのに、得点やレビューが少ないですよね。

そんななか、ぴろしさんの、両作品に対する高評価レビューを見つけて大喜びしていたところでした。

続編が待ち遠しいですね。

攻めも受けも素敵すぎっっ♪



いわゆるガテン系作品と言われてるが、表紙を見ても解るように、そんなにブルー労働者には見えない。
かといって、リーマンものともびみょーに違うような気はする。

とある工場での物語り。

攻めは学歴は無いけど仲間の信頼も厚く、仕事のこなせる努力の人。
受けは学歴はあって、工場でも入社初日から期待の新人。素直で実直。

このふたり、初めはお互いが誤解をしててチグハグだけど、だんだん仕事を通して結びつきが強くなり、
尊敬の気持ちが恋に移行していく。。。。

と語るとなんてこと無さそうだが、その描写が見事!!!
えちシーンもちゃんと濃厚にしてるし、しかも仕事の描写も工場の事を知らなくても、なるほど~と感情移入できる。

騙されたと思って初め、ちょっとだけ読んでくだされば、あとは怒涛のごとくに読めます。
続きが気になるので、一気読みがお勧め。

でも!!!肝心の5巻の続きが出てません。
まぁ、一応5巻まで読めば、まとまってはいます。

でも!続きが見たいです。
先生お願いします。ここで話題に乗せて『続き書いて♪』運動したいなぁ・・・・

6

可恋

ともふみさん、はじめましてvv
コメントありがとうございます♪
だいぶ前に読んだ作品なのですが、派手な作品ではないですが、
とってもかっこ良すぎる二人が紆余曲折しながら愛情を深めるさまは
何度読んでもホントあきませんよねvv

IOS取れたんでしょうかね?続きが読みたくて仕方ないですvv
続き出して運動♪賛同ありがとうございます~先生自身お忘れになってないだけ良かったです。

ともふみ

はじめまして、可恋さん。

レビューを読んで、むくむくと読み返したい病が発生。
積読書を横目に思わず2冊一気読みしてしまいましたよ…!
ほんとにこの攻めも受けも二人とも素敵ですよね。
面白さはもちろん、私の中ではそれ以上にものすごく好き度が高いシリーズです。

>『続き書いて♪』運動
賛同しまっス \(ハ ̄ー ̄イ)/
HPでは、許可証をください!6『放水開始!』を執筆中、と書いてらっしゃるので、首を長――ーくして待っております。
無事ISOは取得できるんでしょうかね?わくわく

力いっぱい拒否ってるのに~!がみそ

笑えるBLが好きな方にはぜひお読みいただきたい作品です。笑えるのにえろいんだ。この作品!
苦手意識を持っていた相手からの突然のちゅーvはありきたりですが、そこからはじまる受けのまさかのエロ素質!はじめてなのにv
筋肉がしっかりついた男らしい攻めのエッチは読んでるこちらが腰砕けになるほどです。受けは筋肉が無わけではいないですがガテン系の筋肉にかなうはずもなくなされるがまま・・・きゅんきゅんしてまいますう!

5

お仕事BLの金字塔

お仕事BLの中でも燦然と輝く「許可証をください!」シリーズの第1巻です。

1巻のテーマ
◾︎弘、フォークリフトの許可証を取る
◾︎弘と前原、クレーム対応でボルトを数える
◾︎前原視点で弘との出会い、時々辻本

このシリーズで何よりも好きな点は、やはりお仕事BLとしての完成度が群を抜いていること!中小化学工場という、正直いって自分の日常生活とは接点がない分野のお仕事なのですが、こんなにもリアリティがあると感じ、小説の中で働いている皆んなに尊敬の気持ちを持ち惹かれるBL小説はなかなかありません。
読んでいて難しいと感じず、出てくるキャラクターたちの一挙手一投足に笑える、最高の小説です。

かつ、BL小説しても格別に面白い。お仕事描写と比べると、恋愛に関してはリアルなゲイ物というよりあくまでもBL小説として萌えられるものになっている、そこも大好きです。
弘(受け)は可愛く美しく、しかし決して男性らしさを失っているわけではなく、こと仕事に関しては熱い情熱を持っています。
前原は見るからに(小説なので見えてはいないのですが)男らしく、勿論のこと仕事に一家言を持ち、そうでありながら弘には弱かったり甘かったりする。時にぶつかる2人が愛おしくてたまりません。

2

工場系、こんなに面白いとは…

 ちるちるユーザーさんからのオススメでよく挙がっていたので気になって読み始めましたが、評判に違わず文句無しの名作でした。

 ガチ中小企業で、しかも製造業系で、工場が舞台という男臭さのオンパレード。
女性には慣れない未知の領域(?)なので、読み始めた時少し心配でしたが、「製造系工場のあるある…」がこんなに面白いとは、、、。
工場で日々起こりうるちょっとしたミステリー事件ものを読んでいる様に先が気になって一気に読みました。工場で日々地道に業務に励む人達にスポットが当てられるのがとても良かったです。

 BL要素も結構ありますが、阿久津&前原コンビで未来の喜美津工業を担っていくところが何より燃えますねw 阿久津&前原コンビが生まれた経緯を知った時は不覚にも号泣しました。現場の空気が伝わるリアルなお仕事ものとしても◎な上、人情物小説としても良く出来ています。キャラクターが一人一人立っていて、心理描写も明確なので、ストーリーにとても入りやすかったです。難しい用語も使われていないので読み易いです。シリーズものなので、先が気になります。

 雑誌に掲載された本編の二編は勿論のこと、書き下ろしの「消化訓練デー」もまたまた面白くて。辻さんの怪談(?)話が面白すぎw。おじさんが絶好調活躍するのも許可証シリーズ名物で微笑ましい。阿久津の○と○の豹変ぶりは、ホラーだ…。辻さんの話が現実味帯すぎで、前原のこれからが思いやられます。
 
 BL小説は新刊も気になりますが、古い作品にもダイヤモンド級のものが紛れているので、ホント困りますね。。新刊、旧刊どちらを手に取る???永遠の命題です…。

2

ふたりのキャラが最高

やっぱり面白いお仕事BL。コメディタッチなのもよいです。

製造業の工場の日々のお仕事の様子の描写が、馴染みのない人にもわかり易く良い塩梅で書かれています。少々古い作品なので、きっとこういった業種に馴染みの深い人が今読むと「古いなー」と思う所も多いのでしょうが。(私も自分の職業に近い業界を舞台にした作品を読むと、細かい所のおかしさに気がつくことも確かにありますが、お話が面白ければ、そういった不都合は多少だったら特に気になりませんしね。)

このシリーズには、仕事上で起こるあれこれ、登場人物の心の動き、男同士であること…それらが絶妙なバランスで配合されて、全体として楽しいラブコメディに仕上がっています。登場人物も魅力的ですし。

未読の方には全力でお勧めいたします。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う