独身寮の雄(アルファ)たち~孕ませ~

dokushinryo no alphatachi

独身寮の雄(アルファ)たち~孕ませ~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
46
評価数
13
平均
3.7 / 5
神率
23.1%
著者
西野花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
國沢智 
媒体
BL小説
出版社
竹書房
レーベル
ラヴァーズ文庫
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784801916562

あらすじ

一流企業の独身寮『宇佐木(うさぎ)』。そこの責任者である千坂映史(ちさかあきふみ)は、アルファの身体が、突然オメガに転性していると告げられる。アルファ専用の寮の中に、ひとり放り込まれてしまったオメガの映史は――。

「いつも厳しい寮長がオメガだったなんて、最高にそそる。さあ、雌になる時間だ」

あらがっても、心と身体が惹かれ合う。アルファたちから与えられる淫らな快楽に、溺れるしかない。

アルファたちの甘い愛撫は、今夜もきっとまだ終わらない…。

表題作独身寮の雄(アルファ)たち~孕ませ~

佐久間和嗣、人事部部長でα、33
千坂映史、一流企業人事部で独身寮の責任者・Ω

同時収録作品独身寮の雄(アルファ)たち~孕ませ~

永野隆史、営業部課長でα、30
千坂映史、一流企業人事部で独身寮の責任者・Ω

同時収録作品独身寮の雄(アルファ)たち~孕ませ~

志村隼人、宇佐木寮に住む新入社員
千坂映史、一流企業人事部で独身寮の責任者・Ω

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

エロ主体なので、苦手な方はくれぐれも手を出されないようご注意を!!

こちら、西野先生でオメガバースでラヴァーズ文庫なので、もう超エロエロです。
ちゃんとストーリー性なんかもありますが、いかにエリートのお堅い美人を陵辱しまくるかみたいのが作品のテーマとして感じられると言うか。
あと、攻め3人×受け1人の4Pものなので、ラブの部分ではちょい物足りない印象。
一対一じゃない分、一人一人のラブがどうしても軽くなっちゃうんですよね。複数ものの難しい所ですけど。
まぁでも、いい男3人がそれぞれ牽制しあったり手を組んだりして受けを狙うのも萌えるなら、お堅い美人が散々陵辱されまくって雌堕ちするのも萌えると言う事で!

こうひたすらエロエロエロな作品が苦手な方は当然合わないと思いますが、そんなワケで個人的にはとっても楽しく読めました。
エロ主体なので、苦手な方はくれぐれも手を出されないようにご注意下さい。


内容ですが、オメガバースで4Pの複数もので雌堕ちです。
αのみが入る一流企業の独身寮「宇佐木」。
αで寮の責任者でもある千坂の仕事は、寮での月に一度のレクリエーションにΩの社員を送り込む事。
そんなある日、倒れた千坂は自身がΩに転性してると告げられます。
まだ事態を受け入れられないうちに、寮でのレクリエーションが始まってしまいー・・・と言うものです。

で、寮でのレクリエーションですが、対象となったΩをαの社員達が嬲り者にして性的欲求を満たすと言うものです。

とまぁこんな調子ですので、もう最初からエンジン全開でエロエロ。
これまでエリートとしてΩを見下していた千坂ですが、今度は自分が社員達に犯されまくると言う転落系と申しましょうか。
輪姦に人前プレイに複数プレイ、電マに射精管理に緊縛、そして潮吹きと、もうエロが凄い事になってます。
本編の3分の2くらいはエロじゃないでしょうかね。

また、陵辱の限りを尽くされる千坂ですが、彼は即雌堕ち!!
あっという間に気持ち良くなっちゃってるので、痛々しさなんかは感じられないんですよね。
個人的にはあくまで抵抗して苦悩する受けと言うのも好きですが、これだけエロ主体の作品なら、楽しんじゃってるのもまた有りだったりします。
まぁ、彼はΩでヒート中ですしね!!

で、そんな彼のお相手となるのがそれぞれエリートでいい男達3人。
人事部部長で包容力のある佐久間に、営業部課長で軟派な永野。
そして新入社員で千坂に懐いているワンコの志村になります。
それぞれ千坂を手に入れたいと思っていて、牽制したり手を組んだりて感じでしょうか。
まぁ4Pなので、最終的には皆で仲良くに落ち着いちゃうんですけど。

あとですね、当初の千坂はΩを見下してると言うか、憎んでいると言ってもいいんですよね。
恋人を「運命の番」と言う事でΩにアッサリ奪われた過去が関係してますが。
で、Ωの社員に身体を提供させと酷い事を強いてきた・・・。
その事により、起こるある事実ー。
あっ、そうだったのねみたいな。
これ、個人的には千坂を陥れた相手の方に同情しちゃったんですけど。
こっちの二人が主役でも面白かったんじゃないかなぁ。


千坂がですね、改心するのが早過ぎて若干不自然に思えたりするんですけど。
あと、攻め3人に絆されるのもちょい疑問だったりする。
こんな目に遭わされて、なんでこの男達にトキメクのかよく分からん的に。
愛される歓びを知ってもらう為に輪姦させるて、ちょっと強引にもってき過ぎじゃないのかなぁと。

とは言え、安定の西野エロでの複数ものですので、個人的には楽しく読めました。


12

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ