花嫁くん

花嫁くん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
54
評価数
17
平均
3.3 / 5
神率
17.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832282841

あらすじ

艸田家代々のしきたりによって、男同士で結婚させられることになった慎二。やって来たお嫁さんは、同じクラスの美少年、葵だった!男となんて結婚したくなかったのに、健気な葵に想いを告げられて…!?初夜編・新婚編に描き下ろし出産編も加えた、甘~いウエディングラブストーリー。(カバーより転記)

表題作花嫁くん

艸田慎二,艸田家の次男,高校生,18才
苧野葵,クラスメート,高校生,18才

同時収録作品花婿さん

公一郎
艸田律,艸田

同時収録作品すべてにかえて

上條彰尋,学生,社長息子
笹木美幸,警備役,24才

同時収録作品いつでもお逢いできるなら

公成,坊ちゃん
夏いろ,男娼

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

か、可愛い!

表題作シリーズと表題作カップルに関連しているカップル、そして同時収録の短編が2作品収録されています。
星野さんが描かれる受け様は外見も女の子の様に可愛くて、性格も健気な子が多いと思うのですが、今回もそんな感じの作品でした。
タイトルからも想像できると思いますが、表題作は花嫁モノで、舞台は日本のようなのですが…。
艸田家という名家では、「長男に跡継ぎの男子が授かった時は、次男以下は男と結婚しなければならない」というしきたりがあって、長男に男子が生まれることにより男性と結婚しなければならなくなった次男に結婚話が持ち上がって…というお話。
とんでも設定と思うのですが、花嫁になった葵がそれはもう健気で。
乙女で女の子みたいなので好みが分かれるかもしれませんが、私にはただただ可愛いとしか見えませんでした。
攻め様も綺麗系なのですが、性格は男前。徐々に葵に惹かれていく過程がよかったです。

関連作の『花婿さん』は同じ艸田家なのですが、表題作とはタイプの違う花嫁モノです。
年下ワンコで男前な花嫁さんというのがちょっと笑いました(決してギャグではありません)。
婿殿は年上美人のおそ続きらく艸田家の次男(?)。

同時収録の短編は主従モノと遊郭モノです。

0

高校生同士の爽やかなお話

自分的BL黎明期に読んで印象的だった作品の一つです。当時は個人的に「BL」と「結婚」(夫婦関係) とが結びつかなかったので一体どんなブッ飛んだ内容かと思って手に取ったのですが、ちょっと変わった仕来りのある家の、普通の高校生同士の爽やかなお話でした。

主人公の慎二(攻)は旧家である艸田家の次男坊。長男に男の子が生まれた場合、将来の家督争いを避けるために次男以下は男性と結婚すること――という仕来りのあるお家が舞台です。艸田家って何屋さんなんでしょう。スピンオフの「花ムコさん」を読んだ感じ、造り酒屋さんかな?

花嫁さんとして慎二の前に現れたクラスメートの葵は、妙な仕来りに振り回されているのに楽しそうで、慎二は思わずイラッとしてしまいますが、葵はただただ慎二のことが好きで、喜んで嫁いできたのでした。

健気な葵がとにかく可愛い作品です。「花ムコさん」に二人の名前もチラッと出てくるので合わせて読んでほしいなと思います。

1

素敵なしきたりでした

星野リリィさんの作品の中で、一番好きなお話です。
何といっても、花嫁くんの葵が健気で可愛いんです。

艸田家では、長男夫婦に男の子が生まれると、次男は同性と結婚するという(何て素敵な)しきたりがあるのです。そして、慎二もしきたりで結婚することになったのは、同じクラスの葵だったのです。

男同士なんて報われない、側にいるだけでいいと泣く葵。1回だけでいいから抱いてほしいと言う葵。花嫁になりたくて、選ばれるように特訓していた葵。もう一つ一つにキュンキュンします。

最初は戸惑っていた慎二も、幼馴染にはっきりと宣言したりして、かっこ良かったです。

最後の、赤ちゃんを間にイチャイチャしている二人にニヤニヤしました。

4

かわいいけど

受である花嫁くん、
かわいいし、健気だけど、
あほっ子ではないから、読めちゃいます(笑)

家のしきたりによって、男性の嫁を貰うことになった慎二ですが、
嫁にきたのは、高校の同じクラスの葵だったのです。
実は葵は、もともと慎二のことが好きだったので、
嬉しいものの、慎二は、嫁に来るのはきれいな葵ということで、
混乱→ひともんちゃくですが、
基本的にあまあまなお話です。

また、短編の出産編が、何ともかわいいのです。
義理の子を抱いて、親になった2人を満喫していて、
いちゃいちゃしている様が、
本当にごちそうさまでしたという気分でした。

1

設定がうまくできている

星野リリィさんの作品の中には「これはBLでなくてよかろう」と思う物も多々あるのですが、この本には「BLらしいよさ」を感じます。

次男なので後継ぎ争いを避けるために男の嫁を呼んでくる、というのもある意味わかりやすい理由で、実際にありそう感もかなり漂う感じ。
その「嫁」こと葵が嫋やかなのもいかにも嫁という感じがします。普段のリリィさんの受けには「これは男か?」と疑問に思う所がいっぱいですが、このお話の場合はむしろあまり男性っぽさを前に押し出さない方が自然なので。

あまり男の泣き方では見ないメソメソ泣きでも可愛いし、嫁だから許す!と思えます。女の子の嫁を貰うのとあまり感覚的に変わんないような。

2

形から満ちてゆく恋情

家のしきたりで、男同士で結婚をなんて
現実ではまずあり得ない設定も、
リリィさんのロマンチックストーリーで
あら不思議、全く違和感なかったのですよ。

艸田(そうだ)が結婚するお相手は
高校のクラスメイト、宇野でした。
おかしいだろ、と反発する艸田ですが、
宇野の涙ながらの告白にくらっときてしまいます。
ここ、宇野がきれいと言われて頬染める姿が
それは美しいのです。

2人とも恋愛するより先に結婚となるので、
前から好きだった宇野に対して
流されただけのような艸田でしたが、
実はすっかりメロメロになっていたのでした。

結婚してようやく両想いになった彼らは、
学校で友人からの疑いや義妹の反抗などの障害も
乗り越えて、もうラブラブです。
一途な宇野の想いに言葉と態度で応える艸田も、
パートナーとしての風格が出てきましたね。

できたら、学校生活編をもう少し読みたかった気もします。
宇野に詰め寄ってきた友人とのその後が気になるよ。
まあ、どんな問題もきっと愛の力で乗り越えてしまうんだろうな。
お約束(?)の赤ちゃんまで、きっちり押さえてい続き
確かに、言われればそんな気がしてしまうのが、もう不思議です(笑)

3

この設定はこのまま飲み込め

後継者争いを避けるため
男同士で結婚するしきたりの家でのお話。

この設定は、このまま飲み込みました。
そしたら「うおー、なんだこれ、きゅんきゅん来る」が味わえました。
久しく読んでない少女マンガ的感覚、懐かしい種類のきゅんきゅんデシタ。

花嫁くん(葵)の表情がコロコロ変わる。
泣いたり微笑んだり、怒ったり。
それが押しが強い風に仕上がってます。
亭主を立てながら、しっかりと自分の思い通り。

自分から誘っといて、いざの時に絶妙な拒み方!
分かってらっしゃる。
そして無意識に煽ります。
これ全部天然でやってますから、男は放っておけませんよね。
天性の花嫁ですよ、葵は!

学校でも(2人は学生)お弁当でかわいい奥さんを発揮。
葵の幼なじみ登場で艸田の嫉妬心をしっかり煽り、グッとキョリを縮める2人。

でも艸田の妹(三咲)だけがまだ認めてなくて、
嫌がらせが始まりますけど、結果オーライです。

それにしても葵さんよ、泣きすぎじゃないかね。
乙女より泣いてますよ。(ん?乙女って何?)

とにもかくにも、感情豊かな葵だからこそ
きゅんき続きゅんなお話でした。

《花婿さん》
艸田慎二の兄の子供(次男・律)が結婚するお話。

慎二&葵の甥っ子です。

律がもらうのは年下の花嫁、公一郎。
花嫁が攻めで花婿が受けです。
公一郎、若いからなー。
律のこと好きすぎて突っ走っちゃうのよね。
2人は夫婦になれるのかは、続巻の《花ムコさん》で。

《すべてにかえて》
24才が学ラン着ます。
警護する人なのに守ってあげたい感じ。
ナイフ持って襲ってくる女子がスゲーっす。
BL的感想じゃなくてすいません。
ナイフ女子の装備がスゲーっす。

《いつでもお逢いできるなら》
遊廓もの。
リリィテイスト着物かわいい。
女の子にしか見えないけど、この本1冊通して見りゃ
これが1番大胆なアングルエチ。

《花嫁くん・出産編》
《花婿さん》に登場した律のお兄さん、“節”が赤ちゃんの時の風景。

とっても自然すぎて、2人の子供かと錯覚しちゃいました。
なんか、本当にがんばればできそうな気がしてしまうんだな、この2人。

4

キュンキュン悶えました

キュンキュンしました。
ドラマCDが面白かったので、原作を読んでみることに。
原作も良かったー。
登場するキャラみんな、ほんと可愛い。

『花嫁くん』
花嫁モノで性別受け気味で、私の苦手シチュエーションなのに、萌える萌える、死ぬほど萌える。
星野リリィさん最高です。
受けの一途さがツボど真ん中でした。

『花婿さん』
表題作よりこっちのほうが好きです。
ワンコ系の年下攻めが大好きで、萌えのドストライクにズバーンと入っちゃった。
続巻の『花ムコさん』ではメインキャラになってて嬉しかった。

『すべてにかえて』
主従萌えー。
ベッドシーンまで読みたかったです。
寸止めに涙。

『いつでもお逢いできるなら』
男遊郭のお話。
完全な性別受けなんだけど、萌えたー。

星野リリィさんの作品を読むと、自分のなかで培っている「苦手」が根底からガラガラと崩れてしまいます。
アラブ描いてくれないかなー。星野リリィさんが描いてくださったら、苦手ナンバーワンなアラブものも、好きになるかもしれんw

1

土地の名士って、秘密がいっぱい?

花嫁モノは何冊か読んだことがあるのですが、星野リリィ先生の本は初めて読みました。

まず、設定がイイ。『長男に息子が生まれたら、次男以下の男児は相続争いを避けるために“男”の嫁を迎えること』 これだけで、“名家って…ヘン?“という思いと同時に、”どんな子が男嫁に…”という期待を抱かせてくれます。
話の筋立ては他の方が書いてくださっているので、割愛させていただきますが、同時収録されている「花婿くん」の今後が気になりますね~。続刊、あるのでしょうか?
と、書いたそばからよく見たら、続刊があるとのこと。自分的には、「花婿くん」のカプの方が好みなので、近いうちに読みたいです。

2

設定に妙に説得力が(笑)

星野リリィ先生の絵ってすごく綺麗で、少女マンガ家さん、という感じなのであまり読んだことありませんでした。葵君とかきれいすぎで女の人に見えちゃうのがどうも。。。(それが星野リリィ先生なんでしょうけど)私は綺麗な容姿の中にも男性的なところが見えている方が萌えるので、同時収録の律さんと公一郎のカプの方が好きでした。(てことで「花ムコさん」は萌えですv)

設定の「長男が男の子を授かったら次男以下の男児は後継者争いを避けるため同姓と婚姻を結ぶ」という艸田家のしきたり、「後継者争いを避けるため」ってのがなんか説得力があります。なんか本当にありそう。

花嫁モノ(?)ってあまり読んだことがなかったんですが、ちょっとはまりそうです。

2

幸せでこわい

初めて読んだ星野リリィ作品。
ファンタジーなイメージの強いリリィさんだが、魔法が使えなくてもある意味かなりファンタジーテイストでは・・・と言うくらい、本作はぶっ飛んだ設定だった。

舞台は旧家の艸田(そうだ)家。
「長男夫婦に産まれた子が男の子だった場合には次男以下の男子は同性と結婚する」というしきたりにのっとり、艸田家・次男の慎二が同級生で分家の葵を花嫁に迎えるお話だ。
この手の花嫁もので今まで読んだものと言えば、その殆どが男嫁というありえない設定にもかかわらず、割とすんなりその状況を受け入れているものばかりだった。
葛藤するのはふたりの恋愛部分ばかりで、嫁設定への違和感や疑問点はまずなかったような・・・。
もちろんそういう突き抜けたものも好きなんだけども、この作品に関してはちょっと違っていた。

艸田側の慎二にはしきたりへの反発心が相当あり、冷めた態度で葵に接する。
しかし貰われた葵は慎二対して超熱烈。
なので序盤はその辺りの互いの温度差が切なくて、うっかりのめり込んでしまった(。´Д⊂)
それに旧家ならではのレトロな屋敷に、縁側、障子、石畳。
パジャマじ続きゃなくて浴衣だったり、ベッドではなく布団というセレクトも個人的に非常に好みだった。
なぜ葵が慎二に対して熱烈なのかいうのは、まあ幼い頃から抱いていた恋心があったからなのだろう、ということで説明はつく・・・かな?
やや葵が女性ぽくて(見た目もそうだが、とにかくベソベソとよく泣く)その点は気になる方もいらっしゃるかもしれないが、そこはリリィさんテイストと言う事であまり気にされないように(笑)

その他では、慎二の甥にあたる律とその嫁・公一郎の話も収録されている(20年は先の話になるだろうか)。
彼らは次作「花ムコさん」の主役たちとなる。
これまた叔父カップルとは違った苦悩・葛藤があるのだが、それは別の機会に。
男の花嫁なんて馬鹿らしい!読めるか!と思われるかもしれないが、読み終われば何だか意外としっくり馴染んでくるぞ?という気分になること請け合い。
あれだけ当初は葵を毛嫌いしていた慎二が、自分の気持ちを確信した瞬間から、ベタベタの甘々男に変化する様は少し笑えるくらいだ。
そしてその気持ちに思わず葵が泣いてしまうのも仕方ない事で・・・・・・きっちりラブストーリーを読ませてくれるリリィさんの手腕をとくと堪能してほしい。

6

甘~い

 甘~いお話です。ちょっとこちらが気恥ずかしくなっちゃうくらいです。
とにかく葵がよく泣きます。最初、正直いえばうざいなアと私は思っていたのですが、結婚相手である慎二には真剣な気持ちとしてちゃんと伝わっていましたね。
読み始めは、どうなの?この設定と思いましたが、葵に勘定移入し始めたら当初の疑問も陰を顰めて楽しめました。
律と公一郎の恋の行方も気になります。

2

ラブラブ

ここまでラブラブ幸福感絶頂の作品ってあまり見当たりません。
見ているこっちがはずかしいぐらいのラブです。
リリィさんはBL以外で読むことが多いですが、
生意気で活発、だけどトラウマのあるお姫さまキャラ、
従順で泣き虫、健気な大和なでしこなキャラ
を描くとピカイチです。
今回は、女性以上といえる「花嫁くん」うのくんの健気な人柄に
萌えます。
ここまで、よく恥ずかしげなくってところがよいです

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ