泣き虫なリトル

nakimushi na little

爱哭的天使

泣き虫なリトル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌13
  • 中立10
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
14
得点
58
評価数
27
平均
2.6 / 5
神率
3.7%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784813009597

あらすじ

大学生の吉野くんは、ちょっぴりドジで可愛くてみんなから愛される純情小動物系男のコ。同級生の藤本くんは、女の子に人気があって、でも大事なことはわかって頼りになる、無愛想系男のコ。そんなふたりが恋におちたら--

表題作泣き虫なリトル

大学生 藤本
大学生 吉野

その他の収録作品

  • 秘密
  • ライカ
  • 僕は君のもの
  • 君は僕のもの
  • 花男

レビュー投稿数14

萌えの塊

 木下先生の初コミックということで、いつかは読んでみたいとずっと思いながら、なかなか手にすることができなかった1冊です。

 「泣き虫なリトル」

 小柄で、大人しくて、そしてトロい吉野のそばに居るのは、彼とはまるで正反対の藤本です。藤本は女性にももてるのに、なぜが吉野のそばから離れないのです。そして、吉野は寝ている藤本の唇を奪ってしまい、二人の関係が、友達以上だと分かってしまうのです。

 「ライカ」

 ずっと会っていなかった父が月城に届けたのは、人の形をした犬、ライカです。犬というよりは、幼稚園児くらいの人の子という感じでした。ライカが持っていた「宝物」を開けてみると、月城にとってそれは感慨深いものが出てきます。
 ともかくライカがかわいかったお話です。

 「花男」

 とても落ち込んでいて、やけになっている青年の前に現れたのは、田中と名乗る手品師で、田中は彼に、花を出すマジックを見せてくれます。
 田中は彼に手品を見せてくれるのですが、手品師を諦めたと告白するのです。
 それでもこうやって誰かを元気にすることができるという彼が好きです。

 実は、このコミック1冊通して、この中に『幾千の夜』『今宵おまえと』『愛こそすべて』などの原型があるのかな?と想像してしまうお話がいっぱいでした。どのお話もすごく短いのですが、萌えの塊があるような気がしました。

5

泣き虫なのは誰のせい?

木下さんの初コミックスですね。
ちょっとサッパリな作品が詰まってるかな~という印象。
嫌いじゃないです(・∀・)ニコ

>>泣き虫なリトル
のろくてドジっこくて眼鏡な受。
いつもかいがいしく面倒を見てくれる攻はおんなのこにも人気があって頼りになる。そんな2人の恋の始まり。
何にせよデスね、惚れたはれたを言う前から攻は受のこと好きだったんだと私は思うんだよね。じゃなけりゃそんなに優先しないし、甘くもしない。
無意識下に潜んだ何かがなくっちゃそんな簡単に優しい顔はできないもんだ。
あれ?違うかw
ドジでダメっこな。かわいいじゃないか。

>>秘密
ずっと一緒にいたけど、それはずっと親友として
隠していた気持ちはお互いにあったのに・・・・
というところで~ですね、結局結婚の話はどーなっちゃったんでしょ

>>ライカ
近未来のお話。
人の形をした犬。主人を失ってしまった犬を引き取って欲しい
でなければ保健所で殺処分・・・・!?
ウルウル~な瞳がかわいいのですが、案外簡単に懐柔されたなと思ってしまうのは私だけじゃないはず(笑

>>君は僕のもの
まるで奴隷のようにこきつかい、命令し、服従させる。
それは相手が自分のことを好きだから。
泣き虫だったアイツ。なのに今・・・・!?
なんだかんだで、好きに気づいたワガママ受が可愛かった。
ずっと自分しか見ていない。自分だけの後をついてくるものだと思っていたのに、いつの間にか大人になって、いつの間にか彼女だってつくって。
離れていくと解かったときのあの泣き顔にキュンv

と、プラスもう1本。
ガツンとくるものがないのでちょっと物足りなさはあるかも

3

今に至るテーマが見えるデビュー作

表題作が一番好きだったかな。

「泣き虫なリトル」
こういうシュッとしたモテそうな男子が男の子と付き合ってる、っていう図が好きなんですよね。
吉野はちょっと乙女すぎるようにも思うけど、自分からはっきり告白するし、別に藤本に振り回されてるわけでもなく。自分でグルグルしてるけど、ちゃんと藤本に好かれてます。

「秘密」
ノンケへの10年愛、という木下けい子先生のテーマがすでに登場していますね。

「ライカ」
SF。ファンタジー。人の姿の犬(型ロボット?)が登場します。
怒ってばかりの月城のライカの扱いがまるで幼児虐待的?に読めてしまうけど、反発していた父親への想いが溢れて…短編だから結論が早すぎるかな。もう少し長い話で読みたい。

「君は僕のもの」「僕は君のもの」
わがままなお子ちゃま、ひーちゃんと、包容力男子、司。
こんなわがまま男でもちっちゃい頃からず〜っと好きなんですね。恋は盲目?
木下けい子先生の描く片想いって、必ずしも相手が素敵素敵なだけじゃなくて、なんでこの人?みたいな欠点込みの恋、ですね。そういう所、非常に感銘を受けます。

「花男」
BLってわけじゃないけど。手品の存在価値を再確認しました。
種明かしはいらない。うわーすごい!って楽しい気分になるだけでいい。それがパッパッて目の前に現れる花束なら、もっと嬉しい。

3

泣いてる顔、一番かわいいかも

かわいくって、悶え死ぬかも…

表題作、小リス系の吉野君に、
「どうしたらいいのか、わからないくらいに好き」になられたら、
「いまどき、女の子でもこんな可憐な反応しない」くらい、真っ赤な顔でうつむかれちゃったりしたら
図々しい女子にうんざりしている藤本が、「かわいいな、こいつ…」って思うのも無理ないよね
ここには、女じゃなくて男を選ぶ理由と根拠がちゃんとある。

繊細で柔らか、ふんわりテイストの木下作品。
初コミックスは、キスにすらたどり着かない作品もあるけれど、このじれったさも含めて、この作品集にあるような淡い作品は、BL的ファンタジーの原始の基本形だと思っている。

2

ほのぼの可愛い

どのお話もほのぼの~とした可愛さがありました。表題作も素敵でしたが、「僕は君のもの」「君は僕のもの」が一番好きでした。

小さい頃は泣き虫で自分の後ろを付いて来た攻めが、自分よりもずっと大きくなり、知らない内にモテてるとか・・・なんだよってつまらないと、モヤモヤとしている、俺様のツンデレのひーちゃん(受け)が、すごく可愛かったです。
でも、攻めはひーちゃんしか見てないとかね・・・お約束かもですが、すごい好きです。(^////^)それに全然気づかなくて、はじめて迫られてびっくりして・・・!

攻めが寡黙な感じで、格好良くて背が高いのに、「ひーちゃん」ってどこか穏やかで甘えた感じの呼び方が可愛いです。昔からの後ろを付いて歩く姿が目に浮かぶ(笑)

次に「ライカ」が好きです。これはBLでは無いですが、心がポっと温まるような、ちょっと切なくて優しい気分になれました。2人の今後がすごく見たいです。

木下先生の初コミックスだったということで、これが原点なのかな~と楽しく読むことが出来ました。

2

BL風味

木下先生の初コミックスだそうです。
初期の頃から絵がお上手なのですね!

個人的には表題作より、「ライカ」と「花男」の方が好きでした。
なぜかとても印象に残りました。
BLかと言われれば首をひねりますが(人間ドラマに近い?)、一応キャラクターはみんな男性の作品です(笑)

他の作品もBL風味のものが多いです。
私は好きですが、がっつりBL作品を読みたい方には向かないかもしれません。

濃いBL作品の後のお口直しにどうぞ♪

1

萌えの一歩手前

木下先生のデビュー作、やっと読めました。
短編4つに2話構成のものが1つ収録されています。

【泣き虫なリトル】
この表題作のみ描き下ろしだそうで。
木下先生の描く小動物的可愛さの受けの原点がここに!と思って読みました。
高身長イケメンでモテる藤本と、ちょっと鈍臭くて小さい吉野。
あらすじに書いてあるキャラとは2人ともちょっと違うような。
藤本は「大事なことがわかって頼りになる」と言うより、自分の気持ちに無自覚で、大事なことを言葉にしない子に見えて、吉野は「みんなから愛されて」いるどころか、とろくて面倒と思われてるキャラでした。
吉野の泣き方は可愛いけど、藤本の無自覚さが意地悪に見えて、そこまで萌えず。

【秘密】
長い付き合いの友人同士。
片方の結婚が決まって…というストーリーですが、むむむ?
冒頭から乱丁?ページが抜けてる?というような、急に話が飛ぶ印象。
このあとどうなるのかが気になる2人でした。

【ライカ】
この話がよく分からなかった…。
5歳の誕生日に、妻子を捨てて男の恋人と出て行った科学者の父が亡くなって、遺産として「亡くなった恋人の代わりとして作った人型の犬」が月城に残されて…。
ライカ(わんこ)は可愛い。
だけど、父の恋人の代わりとして作られたというのが、どうも引っかかって。
その設定と、首に下げていたもの(おそらく家を出た日に渡せなかったものと推測)が結びつかなくて、「恋人の代わりにつくった」という文言がなければ、良い話。

【君は僕のもの】【僕は君のもの】
生徒会長のひーちゃんと司は幼馴染み。
いつも自分の後ろについてきた司の変化が気に入らないひーちゃんは…。
横暴な俺様と、そんな俺様の言いなりになる家来かな。
明かされない部分がちらほらあって、もやっと感がものすごく残りました。

【花男】
最悪な出来事に憤慨しているところを、マジシャン志望の田中に元気付けられた青年。
それから田中と青年の交流が始まって…。
恋になるかならないかの瀬戸際な感じの話でした。

どの話も「もう少しで萌えそう」というところでほわっと終わります。
表題作は藤本の熱量不足で萌えず、2番目は「構成が巧い!」としか思えず、3番目は「恋人の代わり」というワードが必要以上に気になって、2話構成は彼女がいると思わせたのが司の策略だったのか不明なのが気になって、最後はラブより篤い友情っぽくて。
決定打のない、曖昧な感じが好きな方にはいいかもしれません。

1

きゃー!

初単行本ならではの初々しさでいっぱいの一冊です。

「泣き虫なリトル」…受けが眼鏡で、小動物のようです。かわいい。ホント、よくヘタレて泣きます。ほのぼのキスどまり。

「秘密」…短いのが本当に残念!リーマン(黒髪)×リーマン(茶髪)。黒髪の片思いが実は両思いでした~という流れです。いい設定なのに…短い…残念です。

「ライカ」…メガネスーツ×ショタ犬(擬人化)。木下さんがこういう作品を描くとは意外でした。とっても新鮮!もしかしたらショタ×メガネかも(笑)

「僕は君のもの」「君は僕のもの」…高校生(黒髪)×高校生(茶髪)、学園モノ。嫉妬しまくる俺様受けです。ある意味一番BLらしい作品です。

「花男」…におい系BLです。においさえもあまり感じられないかも。


萌える話もあったんですけど、ここは辛口に中立で(苦笑)

4

短編集です

短編がいっぱい。
どれも面白いには面白かったんだけど、少しずつ物足りなかった感じでした。
あと、表情作が私にはダメでした。ああいう見た目も行動もガキっぽい純粋オトメ受は苦手だ。痒くなる。
オトメが嫌いというわけじゃなくて、意外性があるなら好きなんだけどねー。たとえば「見た目が怖いのにオトメ」とか。

3

お初

古い物とは知っていましたが、後書き読むまで初単行本だと知らず…
とてつもなく初々しいw


表題作泣き虫なリトル。タイトルセンスはすごくいいのにーーってかんじです。
あ、くっついたのかなっと思ってたらまだくっついておらず、引っ張るなあと思いました
先が読める展開で、最初のほうから乙女すぎでわ…ないかと


秘密。は片思い長すぎーーーー!短い話だけにちょっとそこはもう少し甘くしてあげて欲しいという密かに思いましたね

ライカ。は一番私的にグッとくるキャラとシチュ。
わーすっごく展開気になるーって思ってたら
……ええっ!もう終わり??
短すぎました、blじゃないでしょう(泣)

君は僕のもの、僕は君のもの。は一番BLっぽかったけど
受け君をずっとひーちゃんと呼び続けるのはいかがなものかと…へたれっぽかった

花男。こういう組み合わせ、話、スキなんですけどBLなのかーーー?


全体的にもう少し長くてラブがあれば萌えなんだけどなってかんじでした。
まあ初期作ってことでw

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う