ラベルド・タイトロープ・ノット【BLCD】

labeled tightrope knot

ラベルド・タイトロープ・ノット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

90

レビュー数
7
得点
88
評価数
26
平均
3.6 / 5
神率
38.5%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
脚本
有島ちはや
原画・イラスト
緋汰しっぷ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
CROWN WORKS
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4560317789433

あらすじ

同級生の結婚パーティで再会したのは10年前に告白され振った男、榛臣。
嫌いだったわけでも 男同士に抵抗があったわけでもなく、ただ自分のヨコシマな考えを
知られたくなくて逃げたのだった。
榛臣の様変わりした見た目と挑発的な言動に戸惑いを隠せないでいると、嫉妬する資格もないくせに、
自分の知らないところで会っていたという友人・雁屋と榛臣の距離の近さに苛立たしさを感じてしまう。
その上、二人に「ある場所」に連れてこられた夏生は、初心だと思っていた榛臣の淫らな姿を見せつけられて――?

表題作 ラベルド・タイトロープ・ノット

加々美夏生 → 白井悠介

瀬田榛臣 → 増田俊樹

評価・レビューする

レビュー投稿数7

大人の恋を耳で楽しむ

原作既読です。
榛臣(受)が想像以上に優しく色っぽいお声でした(^^)夏生(攻)も落ち着いていて素敵です!

こじれた両片思いを引きずりながら大人になった2人が、遠かった距離が近ずくにつれて甘く切なく愛おしくなるんですが、まさにそれが耳で楽しめます!!うまく表現できないんですが、原作よりも穏やかにゆっくりとした時間の流れを感じました。

榛臣の"夏生くん"がすっごくイイんです(*´ω`*)ただ呼んでるだけなのに引き込まれるのは、増田さんのお声が優しくソフトで妖艶な感じだからなんですかね!色っぽい艶っぽい魔性っぽい!!
私の白井さんのお声のイメージは、芯が通った力強いお声だったんですが、夏生の強いけど掴めないふわっとした感じがすっごく出ていて、声優さんって凄いなと感じました!!

素敵な作品でした(^^)

1

榛臣が色っぽくて好きです。

続編を聴いたのでこちらも聴き直しました。やっぱり…増田さんの榛臣が好みでした。人気のある声優さんとあって、各所でお声を聴きますが、ワタシ的にはこの榛臣が一番ぐっときます。淡々とした感じというか、感情が表に出にくい、一見落ち着いた様子の榛臣くんがとっても良いです。色っぽさが凄いです。
夏生くんの白井さんは、最初は拗らせていた部分を強く受けるので、冷たい雰囲気がビシビシきました。そこがまたいいんだよな~と悶えておりました。
皆様も書かれてますが、原作を完全にそのまま、ではなくドラマCDという媒体に合わせて分かりやすいように工夫されていると思います。なので聴きやすいです。
そして、今後のお二人の活躍を願っております。

2

シットリとした良作。

場所によって酷評されているCDですが、特典CDを含めてここ一年発売の中でも「買ってよかった」と思えた。
お話+キャラ+演者の組み合わせ+脚本+BGMのバランスに一つでも歪な感じがあると、作品を聞き終わったでとき印象が全く変わりますが、メインの演者を存じ上げなかった自分としては、お二人ともキャラにあっている、、あっているだけでなくキャラに寄り添って演じてくれていると感じました。

最近派手でインパクトがある作品が多いですが…この作品に関しては、スルメのようにいつまでも楽しめる。
もちろん、一番素晴らしいのはお話です、この作品を聴いていて、増田さんはビッチとか危なっかしいとかハマり役、白井さんは自分ははじめましてでしたが「増田さんとの声の相性がいいな」。と、感じたので…。
年一くらいでじっくり作品を選んで、二人で出て欲しいな…できれば乱発じゃなくて…と勝手に妄想してました。

3

ドラマCDとしてよく生きていたと思う。

最初キャストを見た時は2人がどんな風に演じるのか想像が出来なくて増田さんの方は榛臣も感情を表に出さずにいるタイプなのである程度は想像出来たのですが白井さんの方が想像が難しく聞くまでモヤモヤしていました。
けれど聞いてびっくり、2人ともしっかり榛臣と夏生で化けてる…!ってなりました。原作を読みながらCDを聴くとキャスティング天才だなとしみじみ思いながら繰り返し聴いています。
私的好みでもあるのですが高い声でキャンキャンと喘ぐ系の声優さんが苦手なので増田さんの控えめなぐっと堪えている喘ぎ声が凄く素敵でした。白井さんも増田さんも作品を超える度に上手になっているのがこの作品にはよく出ていると思います。
また、ストーリーの作りも丁寧で原作なしでもわかりやすくなっていると思います。
これからも2人に大期待です。

6

演技も脚本も丁寧で、ドラマCDとして良作だと思う

さんざん言われているように、確かに絵と声のイメージは違う。
原作片手に聴いていると混乱するほどに。

白井さんにキレイで線の細いイメージはない。

増田さんのビッチ誘い受けは意外と悪くない。
普通に喋っているだけで煽り力が高い特性が生かされている。
冒頭の雁屋とのシーンは、自前SEが下手すぎて、
フェ○していると伝わらなから
台詞で補完したほうがいいと思うレベルではあるが。
そして通常シーンが絶妙に棒だけど、濡れ場との落差とも感じられるので、
今回に限っては棒もアリっちゃアリ。

最初の絡みの最後、口でされて達する間際
「やめて」でふいに声が低くなるのがよかった。
増田さんの成長を感じる。ちゃんと緩急がある!

榛臣の家でするときの絡みが、増田さんの原作再現度が非常に高い。
テンカウントの立花さんと同じくらい。
吹き出しの形まで再現するようにピタリと一致する。
息も入れてあるし、ちゃんと色っぽい。
成長を感じる!

若手対決なので、演技は中盤から落ち着いて、聴けるようになる。

猪塚さんと対峙するときの白井さんの演技は迫力があってよかった。
役とリンクして、超えていた。

「夏生くんは何か勘違いしてるんじゃない?」の表現は増田さんならでは。
煽り力が高くて、聴いている全員が榛臣と同じ表情になったことでしょう。
こちらも役にピッタリ。

声質こそ絵と異なるが、役の捉え方は、
ここまで聴けば違和感は消えている。
演技も脚本も丁寧で、ドラマCDとして良作だと思う。

告白する白井さんは、温かくて、悪戯っ子のようでもあり、
ああ、こんな引き出しもあるんだな。等身大の魅力だな。
白井さんの演技に包容力を感じたのは初めてかもしれない。

増田さんの告白のほうは、緊張感が早口になるタイプで、
これはこれで不安定な役なので良き。
「もう離れるのはいやだ…」涙声が上擦るのもよかった。

そのまま絡みに雪崩れ込む前に、
興奮する白井さんと感極まる増田さんの声が、クライマックス感◎

翌朝の幸福に満ちた穏やかなやり取りを引き取って、本編は〆。
いや、これは…相当いい部類。
BLCDとして絡みも適度に入り、流れもスムーズ。
話も演技もしっかりしていた。

原作描き下ろし部分のミニドラマも付く。
想いを確かめ合うような温かな後日談に濡れ場も付いて、
ダメ押しで満足度を上げてくる。
照れたような表情を、リップ音と喉声の甘さで表現する白井さんは、
さすがに場数を踏んでいるだけある。

最後、攻めがしていたゴムを外して、
中の精液を自分の手に出して飲む受けちゃんが素晴らしいのだが…
CDだとやはり伝わりづらいかな。
と思う反面、台詞が足されていてグレート。

総括。
原作片手に聴くと、CD化にあたり、細かな台詞が足されたり、
モノローグ処理したり、順番を入れ替えたり、工夫がみられる。
丁寧な脚本だと思う。
演技も繊細で、終わってみれば良いものを聴いたという充足感がある。

4

根暗イケメン×訳あり美人

原作既読。
原作を読んだ時から、ストーリーも絵もしっかりしていたので、これがCDになったら、もしかしたら良いものになるのではないだろうか?という期待感はありましたが、これはなったのではないだろうか。

夏生(攻め)は、高校時代に好きなのに榛臣(受け)を振ったことを、後悔し続けて成長しています。振った理由は、実は受けをめちゃくちゃにしたい、自分の汚さを知られるのが怖かったから...。
10年後に再会した二人は、変わってしまってはいますが、不器用に昔を取り戻そうと画策して、両片想いをこじらせます。

両片想いならではの、歯がゆさと切なさ、そして甘さがしっとりと表現されたCDだと思います。

声優さんのお話で、しらいむ×まっすーは本数も多く、マンネリになるのかと思いきや、練れているのではないだろうか(偉そうですみません)。
まっすー攻め、しらいむ受けになると、オラオラ×ビッチになりがちですが、受け攻め逆転したことで、パワーバランスがちょうど良くなって、作品の世界観を丁寧に掘り下げる結果となっていると思います。
あと、脇のたろりが上手で、彼主演の作品も聴いてみたいなーと思いました。

限定版は、とにかくボリュームがあります。これでこの値段でいいのだろうか?

フリトはエロいと思うホクロの位置と、
なんと、原作を読んでおっきくなるかどうか!!!!
いつも丁寧に演じてくれているなーとは思っていましたが、そんなに入りこんでいるなんて、聴いている姉さんにとっては、この上なくうれしい限りです。

BLを頑張ってくれる役者さんを、ずっと応援し続けよう…
そう心に決めた1枚になりました。

9

10年前との演じ分けとモノローグが良いっ!

原作を読んだ時よりも物語の切なさがダイレクトに伝わってきてすごく良かったです。原作のセリフだとどういうトーンで言ってるセリフだろう?とよくわからなかった部分が、CDになったことで合点がいったというか、ストンと納得できた部分もちらほらあったので、2回目は原作片手に聞くのがいいかもです。白井さんのセリフで、高校生時代の回想モノローグと10年後の現在のモノローグの声が重なるところがあるんですが、「うわ、上手っ!」と思いました。お2人とも高校生時と大人になってからの声の違いがとにかく上手くて、モノローグと回想が多い作品だけに、それが際立ってました。ラストのシーンと、後日談の時計をプレゼントしたいってあたりのシーンはすごい萌えますね。特にラストのラスト、翌朝のシーンは最高です。。
白井さんの攻めBLCD作品の中では1番好きかもです。
続編あったらいいなぁと、期待です。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ