• 電子書籍【PR】

表題作てんしくん「黒!」

天使 承太郎(19歳・生徒・幼馴染)
長谷部 裕司(30歳・高校教師・年上の幼馴染)

あらすじ

生徒にはナメられストーカーに悩まされる地味な高校教師(ゆうちゃん)の前にキラッキラな高校生てんしくんが現れて★「やっぱ俺、ゆうちゃんとまた出会うウンメーって感じ!!!」

てんしくん「黒!」(1) 43ページ
てんしくん「黒!」(2) 33ページ
てんしくん「黒!」(3) 43ページ

作品情報

作品名
てんしくん「黒!」
著者
星名あんじ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
シリーズ
てんしくん
電子発売日
4.1

(6)

(4)

萌々

(1)

(0)

中立

(0)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
2
得点
24
評価数
6
平均
4.1 / 5
神率
66.7%

レビュー投稿数2

天使(あまつか)家にはもっと兄弟がいてほしい!

『てんしくん』は兄の柳太郎、『てんしくん・黒』は弟の承太郎の話です。
作者さんがツイッターで兄弟だよって明かしてるだけで、兄弟の接点はありません。

裕司が教師をしてる男子校に、昔の幼馴染のショウ(承太郎)が転校してきて、全力で「ゆうちゃん大好きー」と言ってくる。
裕司はストーカーに悩まされていて、守ってくれるってショウに甘え、恋人もショウが初めてだから、だんだんショウにハマっていって…
そして、ブラックな結末が待ってます!

トータルだとブラックでシリアスなんだけど、ジャポ●カちんこ帳とか、伊勢海老入りの段重ね弁当とか、吹き出しちゃうシーンもあって、3話しかないのにコミカルさとブラックさを両立させちゃってるのにシビれます!

ぶっとびまくってる天使(あまつか)兄弟が大・大・大好きだ!
天使家にはもっと兄弟がいて、このシリーズが続いてくれたらいいのに。
というか、星名先生の作風の振り幅にビックリさせられます。
このぶっとびまくってる話と、生死をテーマにした繊細な『希うオリゾンテ』を同じ作者さんが描いたとはとても思えない…
これからも星名先生に振り回されるのが楽しみ♪

2

どんでん返しのラストにびっくり!

てんしくんと、てんしくん黒。性格や愛情表現が正反対のてんしくん兄弟のお話でした。てんしくんのお話はお兄ちゃんで、てんしくん黒のお話は弟です。

とにかく二人とも破天荒でクレイジーなんですが、お兄ちゃんは博愛主義で楽観的、弟は偏愛主義でブラックッッッ!黒がどのように終わるのか楽しみにしていたんですが、ラストに驚かされました!!えええ〜っとゾクゾクしました!

てんしくんはえっちなシーンが魅力的、黒はストーリーに読み応えがありました!

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP