カッコウの夢【BLCD】

kakkou no yume

カッコウの夢
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

20

レビュー数
2
得点
95
評価数
24
平均
4.1 / 5
神率
66.7%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
鈴木 潤一郎
脚本
小早川 淳平
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
CROWN WORKS
シリーズ
カッコウの夢
収録時間
枚数
2 枚
ふろく
ブックレット 描き下ろしショートコミック掲載
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4560317789464

あらすじ

大学生の名塚は、高校からの親友・白島に4年間片思い中。
しかし、眩しく完璧な白島を汚せないと告白できず、破裂しそうな恋心を抑えるために、
白島の代わりとしてセフレの瀬野を抱いている。
ある日、瀬野のバイクと白島が事故に遭い、白島は意識不明に。
一方、目覚めた瀬野は「俺は白島だ」と言い出した!
本命の魂が抱きなれたセフレの体に入ったことで、名塚は「この身体なら白島に触れる」と思ってしまい――

表題作 カッコウの夢

名塚省吾 → 斉藤壮馬

瀬野有滋 → 松岡禎丞

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

松岡さんの演じ分けに感動しました!

少しネタバレしてます!

原作コミックスが行く本屋の数店でやたら推されていたので気になって読みました。

切ない話しが大好きな私にはクリーンヒット!
最後の方は瀬野くんが可愛くて可愛くて…。
そんな思い入れある漫画がCD化、しかも瀬野くんは松岡さん。
感情の表現が凄かったです…。
コミックスでのこの表情や動作を良く見られてるんだなぁって感動しました。
何よりエッチシーンの演じ分けが凄い。3パターン(入れ替わっちゃう系の話なので)も!
2パターンはほかの役者さんでも良く聞きますが1つの作品で3つも演じ分けられるなんて
瀬野くんが松岡さんで本当に良かったです。

でもこの話は3人揃って初めて成り立つお話し!
名塚くんのクズからの安心感、白島のなんでも包み込んでしまう抱擁感
声優さん皆さん原作で感じたイメージまんまでした。

一緒に入っていた漫画が可愛くて可愛くて!
是非その後の3人で1枚CD聞きたいです!

1

瀬野がかわいい

原作が大好きなのでドラマCDも購入しました。
コミックスの内容のネタバレ含むのでコミックス未読の方はご注意下さい。

原作も割とレビューの評価が分かれていたので、登場人物の誰かに共感できないとこのお話はしんどいかな?と思うのですが松岡さん演じる瀬野が健気でかわいいです。
コミックスを読んでいる時はそんなにクズだとは思わなかった名塚は、斉藤さんの演技がお上手なのみかコミックスを読んでいる時以上に最初瀬野に対しては酷い奴で本当に嫌悪感さえおぼえるほど、瀬野に対する態度と白島に対する態度が違いすぎてコントラストが際立ってました。
白島演じる小林さんはちゃんとしてるようで、実は時々無自覚に残酷な白島がたんたんとしていてさすがでした。

絡みは何回かあるのですが、最初の方名塚と瀬野は本当にただのセフレだったので雑な感じで、名塚と白島になりすましていた瀬野(名塚は白島だと思ってる)の時は名塚が瀬野の入れ物の白島だからと好き勝手していて少しだけ甘さも出てきました。最後は瀬野を瀬野として愛していると認識してからのHはひたすら甘いし、何度もセフレ時代から身体を重ねていたはずの瀬野もちょっと照れちゃってかわいくて、子の時の松岡さんの瀬野がとってもかわいいし色っぽいです。

物語自体に入り込めないとCDも辛いかなとは思いますが、個人的には瀬野がかわいいのが最高です。

名塚も最初は本当にどうしようもない感じだったのが、瀬野のことを知っていくうちに本当に瀬野のことが最後は好きになるので、前半と後半の瀬野への接し方の違いにも注目です。
白島は意識が戻らない期間があるので、出番は少な目ですが、名塚の恋心に気づいていなかったせいで無意識に名塚を傷つける残酷さがあるのですが、どこか憎めないところが魅力かもしれません。

キャストトークはトラックの最後に収録されていて、斉藤さんはこの作品が初攻めかも?みたいなことおっしゃってて個人的には斉藤さんの受けの演技が好きですが、攻めも有りだなと思いました。
少し短めでしたが、3人仲良さそうで楽しく収録されたみたいなので良かったです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ