人気料理研究家×婚活男子の、おいしい★おとなりラブストーリー!

婚活男子のおいしい初恋

konkatsu danshi no oishii hatsukoi

婚活男子のおいしい初恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
54
評価数
16
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784041065181

あらすじ

色気より食い気な地味リーマンのハジメは、最近婚活を始めたばかり。ある日、マンションのゴミ捨て場に倒れていたイケメンを介抱すると、彼は実は隣の住人で、人気料理研究家の綾羽根政親だった。お詫びにと夢のような朝食で饗され、感激するハジメ。彼は偶然にもハジメが参加する婚活パーティの特別メニューを担当していて、「失恋中でアイデアが浮かばない」という政親の頼みで、ハジメは恋人の振りをすることになり…!? 初めての恋は甘くて切ない☆おとなりラブ!

表題作婚活男子のおいしい初恋

綾羽根政親、失恋でスランプ中の人気料理研究家
寿喜ハジメ、三人の姉を持つ末っ子で社会人三年目

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

リス的小動物がお好きな方にはオススメかも。

ごはん物♡と期待して購入。期待通り食べ物記載はとってもウキウキです。
攻め受けとも好きなタイプではなかったので萌は↓、最後の方にあるエッチシーンはピンク色~ という印象なので、BL的評価では中立よりの萌でお願いします。
本編のみ210Pほど+先生のあとがき です。

お話は、婚活パーティの前夜、恋愛運が上がるという神社に願掛けに行った後、受けが自宅マンションのごみ捨て場に転がるイケメン♡を拾って自宅にお持ち帰りする所から始まります。翌朝起きたイケメンは実はお隣さんで、お詫びにと激うま朝食を作ってくれたのですが、受けは婚活パーティに行かなきゃ!と飛び出し・・・

登場人物は
料理人攻め(恋愛体質らしい↓ イケメン!)、リス的小動物な受け(会社員)、攻めの従兄弟(イケメン実業家)、受けの姉ちゃん×3、母等 です。

********************** 以下は内容に触れる感想

攻めが拗らせた恋を終わらせたばかり なはずなんですけど、可愛らしい子リスに惹かれはじめちゃうのが、好きなパターンではなかったです(泣)いや、小リスに惹かれてもらわないと話になんないのですが、そもそも可愛い子リスが特に好物という訳でもないので、余計に納得いかず(笑)。
ハジメ君(受け)、いい子なんです。いい子なんだけどなー。萌えるかと言われると・・・・・。

イケメンは王子かと思いきや、最後は野獣気味。イケメンが小リスに襲い掛かる感じなのがお好きな方にもいいんではないかと思いますが、それは最後の方だけなので、楽しみに読み進めていただけばと思います。

料理は美味しそうだったし、イケメンの暴走気味なところも良かったし、姉ちゃん3枚ブロックも笑えたんですが、やっぱり恋愛の発端部分が自分として腑におちなかったのが、残念でした。うーん。

1

エロが大変萌えます

エロが好みだったのと、出て来るお料理が美味しそうでした。

デビュー作が好みだったので購入です。
しかし、今回はすごくルビー文庫さんらしい作品だと感じました。

レーベルにも当然個性がありますが、ルビー文庫さんは絶対冒険しないイメージです。大ハズレが無い代わり、判で押したような型通りで無難な作品といった感じで。もちろん安心して読めるという面はあるのですが、作家さんの個性を殺してるように感じるのもしばしば。
今回は、かわいくて読みやすく、ツボもちゃんと押さえられた作品です。でも、デビュー作で読んだような個性は薄れちゃってるように感じました。


内容です。
婚活中のサラリーマン・ハジメ。ある晩、ゴミ捨て場で泥酔しているイケメンを発見して介抱しますが、なんとそのイケメンは、隣人で人気料理研究家である綾羽根政親で-・・・。

ハジメがお詫びにと、政親から手料理を振る舞われ、二人は親しくなります。更に失恋したばかりで、周囲のお節介が煩わしい政親が、ハジメに恋人のフリを頼んできて・・・と言った所。ここに、政親の従兄弟のイケメン実業家・政直が絡みます。

先ほども書いたとおり、すごく読みやすくて可愛い作品です。
餌付けするイケメンに、ちょっと天然、素直で真っ直ぐでお人好しな受け。イケメンな攻めからは、美味しい料理を振る舞われるだけでは無く、高価な時計やお洒落な服をプレゼントされ、プロデュースの下見として、豪華クルーズにも連れて行かれる。
シンデレラストーリーも楽しめるんですね。

二人の心情もしっかり追ってあり、政親の失恋相手に気付いたハジメが、自分の事のように憤り涙を流すシーンには心を動かされます。

う~ん・・・。でも没個性。面白いけど、深く心に響くものが感じられないというか・・・。もうひとつ、キラリと光るものが欲しいです。

あとですね、最後になっちゃいましたが、エロが大変萌えました。個人的に天然な受けが、その言動で攻めを煽っちゃうというのが大好きなのです。攻めが興奮しすぎて暴走気味なのにも萌えました。「フーッ、フーッ」と理性を総動員して、落ち着こうとしてる政親には笑わせてもらいました。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ