さあ恋におちたまえ(2)

saa koi ni ochitamae

さあ恋におちたまえ(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
65
評価数
19
平均
3.5 / 5
神率
15.8%
著者
大和名瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
シリーズ
さあ恋におちたまえ
発売日
ISBN
9784877243838

あらすじ

本当は、もう落ちかかっているのかもしれないと思う。結城のアタックは相変わらず激しくて、…時々優しくて、ハッピーエンドまでは秒読みなのかもしれないと…そんなことも思う。だけど。だけどさ。やっぱりあいつはお坊ちゃまで俺はただの庶民だ。住む世界が違う。そんな事実を再確認させるような事件が起こってしまった。結城…お前、俺のプライドまで奪うつもりなのかよ!?

表題作さあ恋におちたまえ(2)

お上品学校に通うお坊ちゃま・結城尚也
お上品学校に通う庶民・坂下のぼる

その他の収録作品

  • おまけまんが「キスマーク」「交換日記」
  • ドラマCDアフレコレポート&インタビュー

レビュー投稿数9

CDが聴きたくなりました。

収録されていたアフレコレポートを読んで、
「持って帰りたくなるくらい可愛い双子」の声が聴きたくて。
CDが激しく欲しくなりました。

結城の熱烈なアタックに、落ちる寸前ののぼる。
端から見たら充分、もう落ちているのに。
最後の足掻きでジタバタしているのぼるの姿が可愛いですね。

お金に対するのぼると結城の価値観の違い。
貧乏だけど施しは受けない、真っ当な感覚を持つのぼるが男前で清々しい!
結城ものぼるの考えに共感し、自分でお金を稼ごうとする姿勢が立派です。

この作品はラブだけではなく、
労働や家族との日々の暮らしの大切さを教えてくれます。
笑ってほっこり、ラブも満載で大満足の2巻でした。

6

もう恋に落ちてます

大和名瀬さんの作品の中で、好きなランキング上位に入る作品です。庶民とお坊ちゃまとの格差萌えと、のぼるの弟たちのチビッ子萌えが味わえる、ラブコメの第2弾です。今回も相変わらず、結城のキザでクサいセリフは健在です。でも、今回はのぼるに振り回されて、ちょっと可哀想です。

結城に恰好をつけたいと頑張った実力テストで、のぼるは学年5位を取ります。そのことで、皆の見る目が変わって、女子生徒たちが近づいてくるようになります。断るのは悪いと思って、誰にでもいい顔をするのぼる。極めつけは、結城と約束していた日曜日まで、女子生徒との約束を優先させるのです。おまけに、ボロが出ないように一緒に来てくれと頼むのです。

ホント、結城が不憫です。「僕は君の王子様じゃない」の一言が切なかったです。その後、和志の言葉に目が覚めて、はっきりと断った時には、ほっと安心しましたが…。
やっと恋に落ちたと自覚したのぼる。結城に負けないキザなセリフを言うのぼるにニヤニヤしました。

3

お坊ちゃま、かなりできる!!

庶民であることを隠してお金持ち学校に通う受け様と、そんな受け様に夢中のお坊ちゃまな攻め様のラブコメディ!
今回もとても面白かったです!!

しかも、お坊ちゃまがかなり出来る方と判明。
バイトのエピソード、必見です!!
大和先生の作品にしては珍しく、見目麗しいけれども残念おバカキャラ(←褒めてます)・・・ではなく、見目麗しいうえに、優秀で格好良いキャラです。
1巻の時点では、このまま実は残念おバカキャラになっていくのかなぁ・・・なんて勝手に想像していましたが、2巻になってもおバカの片鱗もなく、ますますスペックの良さが際立っていく感じで・・・
なんだかんだ言っても王子様キャラ認定で良いのではないかと思います。(攻め様は自分は王子じゃない・・・とおっしゃっていますが・・・)

1

気持ち溢れて。とうとう落ちる。

相変わらずキザ坊の結城に振り回されるばかりののぼる。
けれど、結城の様に恵まれた家庭では無い。自分の学費の為に生活も困窮しているのぼるは結城との違いを意識するにつけ、卑屈な気持ちになって行く。
所詮住む世界が違うのだ。
本作はのぼるが生活費の為に学園で禁止されているバイトをしたり。その事で自分でお金を稼ぐという事を初めて結城が理解してみたり。ちょっぴり道徳的なほのぼのさも見られる展開。
道徳っぽさを逆に吹き飛ばしたいのか、結城がガツガツと雄っぽさを出してみたり。
エッチの方も進展しちゃいます。

庶民なので学力のみの特別枠で入学した位、のぼるは勉強は頑張れる子。実力テストで学年5位の成績を納めたのぼるは途端に女生徒たちの注目に。
元々はお嬢様目当てだったのぼる。その事を知っている結城は嫉妬して、堪らなくなって。乱暴にのぼるを抱こうとしてしまう。お坊ちゃんの結城も必死なんです。
お邪魔虫、結城の従兄弟・和志に指摘されるまでも無く。のぼるも自分の気持ちに気付いている。もう、お嬢様なんて関係無くなってて。自分も結城の事が好きなのだと。
めでたく両想いになる二人です。
でもまぁ、結城はいっつものぼるの可愛らしさに堪らなくなりがち。結城の家でヤる分には良いんですけど、学園の校庭や敷地内でのぼるのことをひん剥き過ぎ!誰かに見られてるんじゃなかろうか⁈ と、ヒヤヒヤします。直ぐ脱がされてしまうのぼるの服どうなってんの⁈
抱かれてるせいか。のぼるが可愛いだけじゃ無くてどんどん色気増し増しになってます。

6

相変わらずのおもしろさ

1巻で見事結ばれたキザなおぼっちゃま結城と庶民なのぼる。
2巻ではのぼるがバイトをすることでまた波乱が訪れますw

のぼるがバイトを始めたのを知って結城もバイトしちゃうわ、和志にバレて学校にチクられるわ。和志は相変わらずお邪魔キャラでしたw
そしてのぼるのテストの成績もよくのぼるの人気も急上昇。前とは違い、のぼるに声をかける女子もでてきました。それに結城の気分は良いわけがなくw弟達にも彼女はできたのかと聞かれて、結城とのぼるの関係がちょっとぎくしゃくしてしまいます。
でも進展もありました。1巻ではキスまでだったんですが2巻はエチありですw

弟達もおもしろかったw
四男と五男の双子のかけるとはずむが本当に可愛かったです(*´Д`)
あと、ドラマCDもでているということで、最後には声優さんのインタビューも載っていました☆

5

貧富差愛♪Part2

おぼっちゃまの結城にだけ貧乏なヒミツを打ち明けたのぼるが
結城の前だけでは他の友人達と全然態度や言葉が違って
心許してるんだな~と言うのが解ります^^

おぼっちゃまだから上品に責める結城に
どんどん落とされていくのぼるが
自問自答している様子はいいんだけど
案外あっさり落とされてくのがちょっと残念。
もうちょっと結城を悩ませて欲しかったな(笑)

この作品では、結城のいとこである結城家本家の跡取り・和志が登場。
和志は結城をいじめたくてしょうがないだけなんだけど
この情けない姿がまた見ものですw

5

ようやく…

シリーズ2冊目です。
1巻で積極的な勇気に押されながらも、はっきりと結城には気持ちを伝えていなかったのぼる。
この巻では八方美人なのぼるに更に結城が振り回されます(可哀想…><)。
今までずっと優しかった結城ですが、のぼるのはっきりしない態度にそろそろ我慢の限界が…。
上品で表情を崩さない結城にちょっと怒りや焦りの感情を感じられた巻でした。
王道のストーリー展開なので、意表を突かれるようなことがないんですが、逆に言えば安定しているというか、安心して読める作品だと思います。
のぼるの弟たちも相変わらず可愛いです。

1

なんか普通なんですよね・・・←すみません。。。

お金持ち・結城尚也×庶民・坂下のぼる高校生ものです。

2巻目です。
1巻では両思いになり、今回はいよいよ結ばれるんですが・・・

おそらくこの作品はBL初心者さん向けだと思います(ノ∀`;)
ホントに王道のオンパレードだったので、申し訳ないんですが、
私には非常にモノ足りませんでした・・・( ゚ω゚;)

奨学金で学校に通っているとはいえ、一般庶民がお金持ちの学校に行くというのが
なんか、「花より○子」を思い出すんですよね( ゚ω゚;)
雑草魂で頑張る!って感じで・・・

そもそも結城と両思いになったんだったら、お嬢様をゲットできないから
学校を辞めて普通の一般高校に行きながらバイトした方がいいんじゃね?
って普通に思ってしまいました(´・ェ・`)

2

んー

絵はすごく丁寧でキレイで可愛くて凄いなと思います。
お話もソツのない感じ。
双子の弟たちはめっちゃ可愛い。

ただ、一巻に引き続き、二巻もやっぱり王道テンプレまんさいで、しかもあんまり私の好きじゃない方向性の王道テンプレでした。
受けのためを使って「お金を出す」と言ってくれる攻めに、ただ反発する受けがイヤでした。
プライドがあるのは分かるんだけどさ、拒絶するにしてもそこは礼儀として一応お礼を言っておく場面じゃないかなって思いました。
断れなくて女の子とデートの約束するのも、ナンダカナァ…と。
全体的に、攻めが受けに惹かれるのが納得いかないんだよね。受けが攻めに惹かれるのは納得いくんだけど。
そういう意味で、昔の少女漫画っぽいなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う