悪い大人になりまして

warui otona ni narimashite

悪い大人になりまして
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
66
評価数
21
平均
3.3 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784796411394

あらすじ

彼女にフラれ、住む場所もなく友人の家を転々としていた夏乃。そんな時同級生の結婚式でかつての親友、宇井と再会する。なんとしてでも宇井の家に転がり込みたい夏乃だが、なんと宇井は事故による後遺症で、夏乃のことを全く覚えていなかった!そんな宇井についはずみで「俺とお前は付き合っていた」と嘘をついてしまった夏乃。すると宇井が「恋人だった証拠にキスしてみせて」と言い出し――?

表題作悪い大人になりまして

宇井かおる,初恋を拗らせたゲイ
夏乃,家無しサラリーマン

その他の収録作品

  • 口は災いの元

評価・レビューする

レビュー投稿数6

嘘から出た実

黒岩先生の新作だー! と即買いました。
作家さんが大好きで今回はどんなお話なんだろうな、と思いながら読み進めていくとこれは・・・

タイトル通りの作品でした。

大人になって色々と悪知恵が働いちゃいますよね。
主人公(受け)の夏乃くん。嘘に嘘を重ねていくけど、引けなくなってしまう。
宇井くんは事故の後遺症で覚えていなくて
この後のストーリーどうなるのかな? と引き込まれました。

最後は最後でこういうことか! と納得し、それをよく表現されたなと作家さん凄いと思いました。

エロは少なめだけど、悶々と悩む受けの子が見たい方にはお勧めします!

0

宇井くんが好き。

作家さん買いです(*^^*)
チハヤ先生の絵柄が大好きです。

(攻 )ちょっと バサッとした黒髪 、寡黙なメガネくんがちょ~好みでヨダレもの(//∇//)
宇井くんを見てるだけでご飯三杯いけますわ。

ストーリーは 宇井くんがず〰️と好きだったノンケの夏乃くんを振り向かせるお話。

夏乃くんが、宇井くんを好きだと自覚するまで、なんだかんだとありますが、両思いになり濃厚なシーンもありますし、ハッピーエンドで良かったね(^^)っと安定の王道ストーリーでございます。

夏乃くんは仕事はしてるんですが、家無しで 知り合いの部屋や宇井くんのところに宿借りして回ってる設定は、おばさん かなりイラつきました!!
「いい大人なんだからしっかりせーよ!!」
でも、宇井くんのビジュアルで許す。
敗北感がハンパないけれど、好きなものはしょうがないです(T_T)。
まぁ、そんな作品もあってもいいんじゃないかと。

ただただ、黒髪 メガネ好きな方!!堪能してください。

0

読みやすい

楽しく読める一冊。きゅんきゅんするところはあまりなかったけれど、さらりと読んだ。楽天koboで読んだけど、修正が甘めでよかったわ!

0

恋の駆け引きに萌える

作家買い。

黒岩さんは絵柄が超絶にきれい。体つきも綺麗だし、tnkの描き方に至ってはトップクラスのエロさとリアルさを誇っているのではなかろうか。そんな黒岩さんが描く「悪い大人」とは…?とテンション高く読み始めました。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。








主人公はリーマン・夏乃。
彼女の家を追い出されたことで家なしになった、という若干残念な男性。彼は旧友の結婚式で高校時代の友人・宇井と再会するも、宇井は事故の後遺症で夏乃のことをすっかり忘れている。

高校時代、宇井に告白された過去を持つ夏乃は、自分のことを忘れていたということのショックと、さらに家に泊めてほしいという理由も相まって「自分たちは恋人だった」という嘘をつき宇井の家に泊まらせてもらうが…。



なんていうんだろうな。
ザ・王道、とでもいえばいいのか。
はたから見たら両片思い、というのは透けて見えている。先の先まで、する~と見通せる展開。

なのですが、彼らの恋の駆け引きが非常に良かったです。

二人とも、はじめは自分の恋心には気づいていない。
夏乃は家に泊めてほしいから。
宇井は、嘘までついて家に泊まろうとする夏乃をからかってやろうと思ったから。

そこからスタートする二人なのですが、結局、お互い相手が好きで。
特に宇井の恋心に萌えました。

告白し玉砕した高校時代。
今は、夏乃を忘れるために遊びまくった遊び人へと成長している。
そんな彼がどうしても忘れることができなかった想い人。

自分で「悪い大人」になったつもりだったのかもしれないけれど、夏乃も宇井も、自分で仕掛けた罠に、自分が落ちちゃった。
そんな二人がめっちゃ可愛かったです。

最後の、どちらが攻めをやるか、という攻防が面白かった。男同士ならではの闘いだよね。
彼らにはぜひともリバっていただきたいなあという願望を抱きつつ。

今回の黒岩作品も非常に綺麗なエロを堪能できました。

2

そんなに悪くはない大人かと

絵柄が好みなので作家買いしてます。
今作も美しい絵柄で、軽いノリで読めました。

家無しの受けが、友人の結婚式にて学生時代の親友と再会。
しかし親友は事故にあったせいで記憶喪失になっていた。
当時受けの事を好きだと言ってたくせに…と腹立たしい気持ちもありながら、親友の部屋に住まわせて貰うべく「自分は元恋人だ」と嘘をつき同居させて貰うことに。
実は親友は受けの事をしっかり覚えてて…。

受けはノンケなんですが、なんとも自然に攻め(親友)の事を好きになっていくんですね。
キスはしてるとはいえ、親友だったからとはいえ、さほど葛藤も無く攻めを好きになるのに違和感感じました。

タイトルの「悪い大人に…」とあるので、腹黒かと期待してはいけません、
確かに嘘はありますが、悪い大人かと問われたら違うように感じます。

エロは最後と書き下ろし。
電子(シーモア)購入しましたが、真っ白ではなく何が描かれているかぼんやり分かるような修正っぷりでした。

一冊丸々表題作なので読み応えはあるかもしれません。
しかしながらアッサリサクッと読んでしまったので「萌」評価です。

2

重なり合う嘘

【お前が俺を利用するなら、俺もお前を利用してやる】(帯より)

正直なところ、表紙の雰囲気や帯に踊らされた感はありました;
駆け引きなどのダークさはなく安定のチハヤ作品だったな、と。

あと、帯に”腹黒ゲイ”と書かれていたのですが
個人的には腹黒さはほぼなかったように思いました。
(解釈は個人差がありますので、あくまで私感です;)


ゲイ×ノンケ 同級生の再会モノ。
学生時代は親友でしたが、高校卒業後は疎遠になっています。
受けの夏乃は現在家無しで泊めてくれる人を探し中。
しかし、再会したかつての親友 攻め・宇井は記憶喪失になっていて…。

夏乃は、忘れられたショックと家に転がり込む口実作りが重なり、
「恋人だった」「元彼なのに忘れられて悲しい」とつい嘘をついてしまいます。
しかし、宇井も嘘をついていてーーーと始まります。


序盤で判明しますが、大きめなネタバレすみません。
宇井の記憶喪失が「嘘」になります。

記憶喪失がこれ幸いと嘘の関係を口にした夏乃。
忘れられない過去の恥ずかしさから逃げようと記憶喪失と嘘をついた宇井。
重なり合う嘘から次第に発展していくお話です。

でも腹の探り合いといった暗い雰囲気はなく、
カラッと明るくコミカルにモダモダしている2人が見られました。
変に嘘をついてしまったばかりに距離を取りあぐねる関係に萌えます♪

個人的に一押し萌えは、
付き合っていないのに毎朝キスするやり取り…!大好きシチュ!
”記憶を取り戻すため”と口実を作りキスしてる萌える(^///^)
1回のキスにじっくり3P使われてる場面では舌が絡み合うエロさよ///

宇井が腹黒と帯に書かれてるけれど…うーん?
中学の時からずっと夏乃が好きで、離れてても忘れられなくて。
再会して夏乃がとんでもない嘘をつくから乗せられてしまっただけのような…。
今でも夏乃のことがすごく好きなんだな、というのが伝わるので可愛く見えました。


表紙の雰囲気のようなお話を期待してしまったので
少し肩透かしされた気分ではありますが、普通に面白かったです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ