moment

moment
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
25
評価数
7
平均
3.7 / 5
神率
42.9%
著者
一穂ミチ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL小説
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「キス」番外編。
本編後、2人がバーに行くお話です。

表題作moment

雑賀明渡、苑の恋人で起業家
蛇抜苑、明渡の恋人でマッサージ師

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

「キス」その後 距離を手探りする明渡と苑が微笑ましいです

「キス」本編→あとがき→noteのこばなし、の続きです。
苑は、仕事終わりまで待っていた明渡に戸惑いながらも、以前城戸に連れられて来たバーに明渡を誘います。

静かなバーで話しているうち、苑は、明渡と上京した日に飲んだビール、明渡を置き去りにした夏の夕方、父の葬儀の後に体を重ねたことを思い出し、心が揺れます。期待したくないのに、明渡の傍で声を聞くのが嬉しい、でも苦しい、これからどうなるのだろう、と。
別れ際、駅の改札前で唐突に苑に口づけた明渡は、「おやすみ」とあっさり帰っていきますが、いつの間にか苑のバッグに自分の連絡先を入れていました。

明渡と苑が、まるで付き合う寸前の恋人同士のようで、読んでいてドキドキします。明渡は苑に態度で「好き」と伝えてきますが、以前のように強引ではなく、苑を待っている感じがします。苑も、明渡が好きだけれど、どうしようかと迷っていて。気持ちは向き合っているのに、距離を手探りする二人が、微笑ましいです。恋をやり直しているのだなあ、と思いました。
もどかしいけれど、二人はまた必ず結ばれるのだろうな、と予感できるお話でした。ぜひ、幸せな二人も同人誌で書いていただきたいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ