恋愛時間

renai jikan

恋愛時間
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
50
評価数
10
平均
5 / 5
神率
100%
著者
木原音瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
紺野キタ 
媒体
小説
出版社
のはらの星
レーベル
Ripika novel
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「貴方が好きです」有田学はある日突然、会社の後輩・広瀬明弘から告白される。仕事は遅いが、裏表がなく素直で真面目な広瀬と友人づきあいを続けるうちに、有田の心は少しずつ動いていく。しかし、有田には同性同士の恋愛を受け入れられない事情があり…。

表題作恋愛時間

同時収録作品恋人時間

広瀬明弘・会社事務員・28歳
有田学・会社員、課長・30歳

同時収録作品兄の恋人

広瀬明弘・会社事務員・29~30歳
有田学・会社員、課長・31~32歳

同時収録作品海岸線

広瀬明弘・会社員・30歳
有田学・会社員、課長・32歳

レビュー投稿数3

男同士のリアルな恋愛と心理描写

1997年、2002年とイラストを変えながら新装されてきた作品ですが、今回は電子限定での配信です。
『嫌な奴』に続き、古い木原作品を現代版に改稿していて、
amazon kindle、楽天で配信されているのを確認しました。

それほど癖のない大人の男同士のラブストーリーなのですが、
リアルな心理描写は流石で、物語が進むにつれ次々と移っていく視点の変化が面白いなと思います。


懐いていた後輩・広瀬に突然、「好きです」と告白された有田。
その後、有田が広瀬にとった行動は強い拒絶でーー…

まずは有田視点で展開されていきます。
どうしても男同士の恋愛を受け入れられない有田は、
広瀬を軽蔑し、無視し、辛く当たります。
有田を密かに見つめる広瀬の視線にさえイライラし、
その怒りを広瀬にぶつける有田の理不尽な態度には呆れてしまいました(;´д`)
あんなに可愛がっていたのに、
告白された途端そこまでするかーーと。

ただ、有田には男同士を拒絶する理由があります。
それは弟が男と駆け落ちしてしまい、
そのせいで家族がギクシャクしてしまったこと。
気持ちをつっぱねるかのように広瀬に辛く当たるものの、
広瀬は自分の恋心を抑えて有田のために尽くします。
そんな広瀬を思うと苦しくなっちゃうんですけど、
広瀬の言動は、いつしか有田自身の気持ちも解かしていきーー

要領が悪く、何事にも時間がかかる広瀬が有田への恋心に気付くのには6年かかりました。
1日が30時間も必要なくらいのんびりした広瀬に対し、
仕事も人間関係もうまくやれる有田。
広瀬が6年かかって自覚した気持ちを、
有田はたった半年で自覚してしまうのです。
自分自身への違和感や苛立ち、両親・弟のこと……
様々な思いを抱えながら、抗えない気持ちにどうしていいか分からないという有田。
そんな有田の気持ちを思うと息苦しくなります(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

広瀬が研修のために1年間東京へ出向してしまい、
ここでストーリーは広瀬視点にかわります。
今まで見えてこなかった広瀬の気持ちが明らかになっていくのですが、思っていた通りとても一途。
ただ、ちょっとウジウジ^^;
有田に気持ちを確かめる勇気がなくて距離を取ったり、
勝手に落ち込んだりする姿にイラついてしまったのも事実。
広瀬視点だからなのか、有田が変わったのかは分かりませんが、
ここでの有田はとても良い先輩であり、良い男に見えました^^

広瀬を思って嘘をついた有田を追いかけて、
ようやく結ばれた2人ーー
ここで終わりかと思ったら、なんと次は広瀬の弟視点で展開していきます。

弟視点というと、池玲文先生の『兄ちゃんの話』を思い出すのですが、こちらは兄の恋を応援する弟の話。
しかし広瀬の弟・友晴は、兄を男の恋人と別れさせたい姉・美和に協力させられるーーという立場。
姉が怖くて言いなりになる中で、兄の一途な想いを知り、
本当にこれでいいのか?と思い悩む友晴。
この姉弟には、すごくイライラさせられました(。 >﹏<。)
もうやめて〜って何度も思いました(汗)

結果的に、友晴は別れの危機に陥った兄の背を押します。
兄に男の恋人がいる事を打ち明けられた家族の葛藤がリアルで、
温かく見守る長男もいれば強く否定する姉もいる。
現実問題、そういうものなんだろうなーーと思うとやるせない気持ちになりましたが、物語としてはドキドキして楽しめました。
正直、有田の両親が知ったらもっとキツいと思うな……


ラストは、広瀬姉弟の策略で危機に陥ったあとの広瀬・有田のターン。
美和を広瀬の浮気相手だと思っている有田ですが、
それでもいいと思うくらい広瀬がいないとダメになっていて……
広瀬のことが大好きな有田にキュンとしてしまいました(*/□\*)
どうしたって一緒にいたい、思い悩み苦しんで、それを繰り返すと分かっていても離れたくないーー
そんな思いが伝わってきて、胸が熱くなりました。
いつの間にか2人の気持ちが釣り合っていたんですね。

視点が変わることで、有田と広瀬の気持ちがダイレクトに伝わってきます。
モヤモヤしたり苦しくなったり、登場人物たちと思いを共感しながら進んでいくストーリー展開がとても好きでした。
挿絵もしっかり入っていて、それもまた良きです。

3

切ないけれど、何度も読みかえしたくなる

初版の後に文庫化され、絶版になっていた作品でした。ずっと読みたいと思っていたので、今回の電子書籍化は本当に嬉しいです。スマホでは文字が小さくて、パソコンで同期させて読みました。
木原さんのツイートによれば、現代寄りに少し手直しされたとのこと。スマホやSNSが取り入れられています。木原さんの作品にときおり描かれる乱暴な描写や病的な執着はない、ノンケの普通のサラリーマン二人の切ない恋模様です。

仕事は遅いけれど真面目で素直な広瀬は、自分を見捨てず仕事を教えてくれた先輩・有田に片思いをします。飲み会の帰りに「好きです」と告白してしまうところから物語が始まります。有田には男と駆け落ちした弟がいて、同性愛を嫌悪していたのですが、広瀬の裏表のない穏やかな優しさに触れるうち、いつの間にか恋に落ちてしまいます。

「僕は人よりも生活時間が長いんです」という広瀬は、恋愛もゆっくりで、有田への気持ちが恋だと気づくのに6年もかかりましたし、後に有田が恋愛感情から触れてきても好かれていることが分かりません。驚くほど鈍いですが、告白で嫌われているのを承知で体調の悪い有田を気遣ったり、性格の悪い同僚の窮地に手伝いを申し出たりする、そういう見返りを求めない優しさがあります。
一方、有田はそんな広瀬の優しさにきちんと気付いていて、コツコツ仕事をする誠実さも認め、落ち込む広瀬に「お前の仕事が遅いのは愛嬌だよ」なんてユーモア交じりの慰めが言える思いやりがあります。

二人ともうわべでない人柄の良さがあって、だから余計に、二人が家族のことや世間体で悩んだり泣いたりするのが、切なくて悲しいです。
すれ違いの末にやっと恋人同士になっても、有田は「家族には言わない」と涙し、広瀬が家族に打ち明ければ妹が反対して、二人を別れさせようと弟を巻き込んで横やりを入れてきます。広瀬がどんなに有田を好きか知った弟が、妹に「僕らが壊しちゃいけないんだ」と言うセリフに救われる気がします。

広瀬の転勤にかこつけて、有田が広瀬にキスを許す場面は、まだ恋の始まりで、読んでいてドキドキしました。素直に自分の気持ちが恋だと認められない有田が「餞別に欲しいものを言え」と強気に誘い、もっとキスしていたくて広瀬の袖口をつかんだり、広瀬がいなくなってからはどうしていいか分からず地団駄踏んだり。恋に戸惑う有田が可愛らしくて。作品中で一番好きな場面です。

二人で積み重ねていく時間が、いつか二人の涙を払ってくれたらいいなと思いました。
浮気を疑った有田にマンションを追い出された広瀬は、ある朝、有田を海辺に連れ出します。二人で歩いた足跡が波にさらわれて跡形もないことに有田が目をとめる描写が印象的です。二人で過ごす時間も、消えてしまった足跡のように目に見える形では残らないのでしょう。「恋愛」、「恋人」の先のステップは二人にはないからなおのこと。一緒に食事をし、一緒に眠る、そんな日常の積み重ねが、二人の心に確かな時間を刻んでいくよう、信じたくなります。二人の楽しいエピソードもいつか読んでみたい気がします。

紺野キタさんのイラストも素敵です。少し寂しげなトーンの表紙絵は、二人の恋の雰囲気をよく表しています。二人並んで広瀬の郷里の海を眺める挿絵は、穏やかな雰囲気でホッとしますし、満員電車で有田と密着して困る広瀬の表情がとても可愛いです。

読後は切ないけれど、すれ違いやときめき、悩み苦しみも含めて全部が広瀬と有田の恋なのだろうと思いました。繰り返し読んで味わいたくなります。

1

色褪せないBL小説

SNSにて先生ご自身が初期作品で心に優しくストレスなく読めるのではと勧めてくださったのでkindleにて入手しました。
私はBLビギナーなので知らなかったのですが最初の出版は97年とのことでもう20年以上前の作品とは驚きました。現況に合わせて多少改訂しているとはいえストーリーは色褪せていません。

内容紹介にもあるように会社の先輩と後輩の一途な大人の男の恋愛の話で4章に分かれています。

「恋愛時間」
後輩の広瀬が先輩の有田に告白するところから始まり有田が広瀬の気持ちを受け入れるまでの苦悩や葛藤が有田視点で描かれています。
 
どうしても広瀬に感情移入してしまうので同性に告白され困惑する有田の思考や行動に慨嘆してしまうのですが有田の立場でよく考えてみるとわからなくもないところがあります。一途で健気というのは配分間違えると場合によっては嫌悪感になるなんてことは現実ではよくあることだし、有田の弟はゲイばれした後家族が揉めた過去があるわけだし。。だけど広瀬の人間性の魅せ方が絶妙でグイグイ引き込まれます。。無意識に有田の意地悪ー!!ってなります。
時の流れととも有田の心情にも変化が表れ『仲の良い会社の先輩と後輩』以上『恋人』未満?の関係になっていったのがとっても心に優しかったです。

「恋人時間」
広瀬が1年間の東京本社での研修中のお話で広瀬視点で描かれています。

広瀬は真面目で堅実だけどちょっと鈍いところがあるので本社での研修でもすんなりいくはずもなく案の定同僚と揉めます。
研修に来る前にやっと有田との距離を縮められた事もありステップアップとはいえ不本意だった広瀬は着任早々辛い日々を送ることになります。
広瀬への気持ちに気付いた有田はこの章では積極的なのに対し臆病で有田の気持ちを確かめることができない広瀬にモヤモヤさせられます。
同僚とのもめ事も研修の事も恋愛の事も結果的に有田にサポートしてもらってます。でもこれらを機に広瀬は大きく一歩を踏み出し成長するので有田との関係が成就した時は心から嬉しかったです。

「兄の恋人」
広瀬が本社での研修を終えて地元にもどり有田と同居し始めた頃の話を広瀬の弟の視点で描いています。
広瀬が実家で同性の恋人との同居をカミングアウトするところから始まるので正直この章が一番重くて辛かったです。
家族に受け入れられないだけでなく広瀬を慕う妹から猛烈な反対にあいます。まだ高校生の弟としても到底理解できるものではなく気の強い姉(広瀬にとっては妹)の言いなりになって二人を分かれさせる手伝いをさせられます。この別れさせる方法というのが幼稚でアナログなんだけど有田と広瀬の受けるダメージが弟の視点であるにもかかわらず強烈に伝わってくるので読んでる私も思わずこの妹への怒りでカー!っとなってしまいました。
ここでヘタレ気味の弟が有田を偶然みかけたときの様子や広瀬との会話で気持ちに変化があり姉の言いなりになっていた罪の意識に苛まれ兄の背中を押すのです。ちょっと遅いよって突っ込みたくなりましたが…。
この章で唯一男前だったのは広瀬家の豪快な長男さんですね。最終的に妹を言い聞かせ広瀬を見守ってくれたのですから。。ほんとこの長男さんに救われましたよ。

「海岸線」
最後は広瀬の妹の策略で有田が広瀬に別れを告げ追い出した後、弟に背をおされ広瀬が戻ってきた時のお話を有田視点で描いています。

いつの間に有田がこんなにも広瀬を愛していたのかと思うと涙が出そうになるほど切なくなりました。広瀬が浮気なんてどう考えたってありえないじゃない!って読み手は思うけど有田はそうじゃなかったんですね。。広瀬と同居しているから家で泣くこともできず一人映画館で泣いたり苦しんだりしていたなんて。。。理不尽な出来事に巻き込まれ、追い出した広瀬が突如早朝に戻ってきて海岸に連れ出され、抱きしめられ心のこもった気持ちを告げらて、、やっぱり広瀬なしでは自分はだめだと有田は泣きながら受け入れるんだけど、、すごく切なかった。。だって誤解が解けた後じゃないからこれ(涙。

ハッピーエンドではありますが広瀬も何の理由もなく理不尽に追い出されただけに誤解が解けた後の二人が見たかったな。。
でも優しい二人だからこの妹弟の気持ちも理解して苦しんだりしちゃうのかな。それは辛い。絶対ないけど有田の家族へのカミングアウトとか考えるだけでも胃がキリキリしちゃう。

っというわけで先生がおっしゃるようにストレスなく…というのは私のように糖度高めの作品ばかり愛読している新参者にはまだまだ難しく、、修業が必要のようですが心に残る神作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ