大丈夫だよ。俺はずっと槙のそばにいるから

ケモミミ彼氏~ただし神様~

kemomimi kareshi tadashi kamisama

ケモミミ彼氏~ただし神様~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
5
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784576180908

あらすじ

姪を引き取り途方に暮れる槙の前に現れたのは、見た目中学生のケモミミつき美男子!? 
四足獣のもふもふ神様×二十歳にして子持ちになった大学生の溺愛ラブ!

二十歳にして四歳の姪を引き取った大学生の槙。アパートを強制退去させられ途方に暮れた矢先、突如現れたのは見た目中学生の美男子スクナ。
かつての飼い犬の面影を感じ泣いてしまった槙だがそれもそのはず、彼の頭には動物の耳が! 
四足獣の神だというスクナはその後驚異的なスピードで成長し、神様の財力総動員で槙を愛で、後見する。
昔、槙の姉夫婦から助けられた恩返しのため…以上に、槙への庇護欲で――。
溺愛&甘やかしケモミミラブ!

表題作ケモミミ彼氏~ただし神様~

スクナ・ヨナユイの総領
志生野槙・大学生・20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

キャラが多様

こちらも表紙買い。
表紙もインパクトが強くて好きですが、口絵が美しくて、お話を完読した後に見ると更に内容が際立ちました。
いつも思うのですが、絵がとても綺麗な先生です!

お話の方、攻めが一族のトップとはいえ、もう少し受けの彼と結ばれるのに障害があってもよかったかと思います。
困難や不幸はあれど、スパダリな攻めがすぐに解決してくれるので
平和な溺愛ストーリーがお好みな方にはオススメです!
登場人物がどのキャラも際立ってたのはとてもイメージしやすかったです

3

和風ファンタジー 王様神様の恩返し

ケモ好きなので購入。思ったほどもっふもふシーンは無くて最後の方にあるぐらい。モフ目当てで購入すると、ちょっと違うと思うかもしれません。(耳しっぽは普段から出てることが多いですがそんなにアピールしてこなかった) 本編のみ310P超+先生のあとがきでした。くそったれな大人が最初の方に少し出てきますが、それ以外地雷はあまり思いつかないです。攻め受けが今一つ好みのタイプではなかったので中立。

お話は夏休みのある日、20歳の槙(まき)がレンジでパスタを温め、4歳の美紅(みく、♀)と昼ご飯を食べるシーンから始まります。美紅は槙の姉の子供ですが、姉夫婦が事故で亡くなり、引き取ることになったのです。ただ住んでいた部屋の契約は一人暮らし専用、お子様不可な物件であったため、1か月後、たたき出されてしまい・・・と続きます。

登場人物は
イチ:スクナの従者。何でもできちゃう有能さん!きりきり働く。
オキナ:スクナの父の一の従者。何千歳かわかんないほどの年寄。
あと、槙の義兄の実家関係者少々、神様なんだけどちょっと仲悪い関係者少々。
神様系の名称が少々カタカナで出てきます・・・
それから挿絵の先生、私は初めて拝見したのですが、すごく絵がキレイでした。思わぬ出会いで、すごくラッキーな気分です♡


*************以下は攻め受けについて

攻めさんが狗神か妖かと思いきや、四本足の獣の長たる神様 と、まあ大きく来ました!
まだ修行中というか成長中で、最初は中学生ぐらいなサイズだったのにずんずん大きくなります。
ただ精神年齢?がやや幼い。短絡的。よく言えば一直線w。そして超王様。
わんこは好きですが、もうちょっとお利口なわんこがいいかなw。
方や受けさんも所詮20歳の大学生。両親に続いて姉も亡くし、一人ぽっちになって寂しいし頼りないのは分かるけど、もうちょっと考えて。頭使おうよ と思ってしまったので、今一つ萌えきれませんでした。二人でいるとケンカップルっぽくて、可愛いんですけどね。

あと、冒頭出てきた義兄の実家関係者が、超くそったれな方々で、なんでそんな理不尽にくそったれなのというところについて腑に落ちなかったのが残念です。なんか理由あったら納得したんですが(読み飛ばした???)あんな方々もいるのだろうか と不思議でした。
美紅ちゃんも今一つ絡みきれなかったしなー。家族形成話というテイストもあまり感じなかったし。
もふっぽさは少な目な和風ファンタジー といったところです。

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ