双海王と運命のオメガ~二人のアルファに愛されて~

soukaiou to unmei no omega futari no alpha ni aisarete

双海王と運命のオメガ~二人のアルファに愛されて~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784576180915

あらすじ

運命を感じてみろ、那月――

この世に運命の番(つがい)は一人だけ――しかし、那月は出会った二人のアルファに、喘ぎたくなるほどの甘い匂いを感じてしまい…

遠い島国で、固有の果実から作られる抑制薬によって平和に暮らしていたオメガの那月は、陳情団の船とはぐれ黒獅子船団のアーロンに助けられる。
大事な薬を失い、八年ぶりの強烈な発情と他人の手による吐精を経験するも、那月は彼の助力で王太子エミリオとの謁見を果たす。
ところがエミリオからアーロンと同じ甘い匂いが。オメガであるがゆえに、強いアルファに否応なく惹かれてしまう――。
那月は疼く体を律し、エミリオのもとに留まるが…。

表題作双海王と運命のオメガ~二人のアルファに愛されて~

アーロン、ガラン公国の客将で黒獅子団の長・α
那月、辺境の島・アカツキ島の薬師見習いでΩ、20

同時収録作品双海王と運命のオメガ~二人のアルファに愛されて~

エミリオ、マリアーノ王国王太子でα
那月、辺境の島・アカツキ島の薬師見習いでΩ、20

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

僕たちはもう、どうなろうと揺るがない。

攻めさん(アルファ)2人×受けさん(オメガ)ものを読むのは初めてで。
3Pものが苦手な自分にとって、
最近ハマってるオメガバースだからと
苦手ジャンルがあっても構えて読んだ本でしたが、
面白かった~!!!

那月はオメガの発情をコントロールする薬を作れる島の出身。
運河の開放をお願いしにマリアーノ王国のエミリオ殿下に会いに
航海に出た船が難破し、『黒獅子船団』に拾われる事に。
その船に乗っていたアーロン卿と出会ったことで突如発情した那月は
アーロン卿に触るだけの慰めをしてもらう羽目に。
無事にマリアーノ王国に着きエミリオ殿下に会うことが出来たが
アーロン卿と同じ匂いを纏ったエミリオ殿下にまたしても発情し…

と、『え?どゆこと?』となかなか先が読めない展開でした。
いやもう、設定がすごい綿密で。
エミリオ殿下とアーロン卿に隠された関係。
隠された秘密を知らずにいた殿下と、
王族から捨てられる事になってしまったアーロンの闇。
運命の番が2人いた事に戸惑い、
どちらかを選ばなければいけないと分かっていても選べない那月。
もう何もかもが話を構築するのに大事な要素で、
気付いてみたら最後まで読み進めていました。

3Pシーンもありますが、純愛ものです。
なので苦手な方も読みやすいものではないかと思うので、
是非読まれることをオススメしたいです!!
強いて言うなら、最後の最後に子どもが出来た~で終わってしまうので
その後の子育てに翻弄する攻め2人を見たかった…(´;ω;`)

3

海洋冒険ファンタジー+オメガバース!!

こちら、海洋冒険ファンタジー+3Pのオメガバースものになります。
真宮先生の作品は、エロエロな複数ものを何作か既読で、今回もエロ特化を想像しておりました。
が、これが冒険ファンタジーとしてもとても面白く、まるで映画を見たような読後感。
ドラマチックなストーリーに、数奇な運命に導かれた3人の邂逅、思わずニヤリとくる痛快な展開と、とても楽しく読めました。


内容ですが、オメガバースでは珍しい3Pものです。
オメガが平等に扱われる辺境の島国で、平和に暮らしていた那月。
陳情団の一員として航海に出るも、嵐に巻き込まれ、黒獅子船団のアーロンに助けられます。
彼の助力を得て王太子・エミリオとの謁見を果たしますが、共にアルファであるアーロンとエミリオ。
運命の番はたった一人のハズなのに、何故か二人同時に強烈な吸引力を感じてしまい-・・・と言うものです。


こちら、アルファ二人にオメガ一人の3Pものであり、三角関係ものになります。
運命が重なり合う二人と言うことで、タイトルからもアーロンとエミリオの正体は想像つく方が多いんじゃ無いでしょうか。

で、面白いのがファンタジーとして血湧き肉躍る痛快なストーリー。
王としての器の大きさを感じさせる明朗快活なエミリオに、やや強引で強気な、元海賊の船団を率いるアーロン。
数奇な運命を辿った二人が、これまた運命に導かれるようにして那月と出会う-。
王妃の陰謀に、海の上での激しい戦闘。
九死に一生を得たアーロンとエミリオが、那月を挟んで初めて邂逅し-・・・と言った感じで、次々と起こる面白い展開で読ませてくれるんですね。

また、オメガバースの設定がしっかり生かされており、王妃の陰謀の裏には、これまでの通念を揺るがす意外な事実が隠されていたり、オメガに対する根強い差別を変革してゆこうと言う那月の強い意志も、ストーリーのベースになっています。
那月がですね、本当に芯が強くて頑張り屋と、好感の持てるキャラなんですよ。

あとこちら、しつこいようですが、たった一人の「運命の番」がキモとなるオメガバースでは珍しく、3Pものです。
そんなワケでエロ多め。それぞれ1対1のエッチに、3Pが2回です。3Pではお約束(?)の二輪差しもしっかりございます。
なのですが、実のところ、エロより三角関係の部分がより面白いのですよ。
二人のアルファに同時に惹かれてしまい、混乱する那月。
が、この二人、先にも書いたように元々因縁があります。
実は深い部分で繋がっていて、恋仇ではあるのですが、男同士の熱い絆もまた感じさせる・・・。
那月を巡って剣を合わせたりもするのですが、その「絆」が前提にあるためか、妙に萌える。
ラブも大変よろしいのですが、男同士の熱い絆と言うのも、また大変よろしい!!と言う事で。



と、三角関係や、ファンタジーとしての面白いストーリーのみならず、男同士の熱い絆と言う部分でも萌えました。
あと、終盤のあわやと言うピンチでの、機転の効いた痛快なオチにも思わずニヤリと。こう来たか!!

評価を迷ったのですが、こちらファンタジーとしては凄く面白いのです。しかし、BL的萌えだったりキュンキュンと言う部分では少な目なんですよね・・・。そんなワケで「萌」です。
が、本当にストーリーとしてはとっても面白いので、ファンタジー好きの姐さんにおすすめです。


6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ