箱庭の人形

hakoniwa no ningyo

箱庭の人形
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×28
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
46
評価数
12
平均
3.8 / 5
神率
8.3%
著者
野萩あき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784796411646

あらすじ

カフェ勤務の恵は、常連のサラリーマン・ひとしと恋人同士。
優しくて魅力的で、大人なひとしとは喧嘩ひとつしたことがない。
時には夜景の綺麗なホテルのディナーを堪能して
セックスでとろとろに溶かされる。
幸せいっぱいのはずなのに恵にはひとつだけ不安がある。
それは決してひとしの家に招いてくれないこと。
しかしある晩、初めてひとしの家へ行き、
彼の異常な嫉妬深さを知った恵は――?

表題作箱庭の人形

菅谷ひとし サラリーマン
杉沼恵 カフェ勤務

同時収録作品素直になんてなれない

羽賀 / 八尋(共に大学生)
八尋 / 坂内(共に大学生)

同時収録作品素直になりなよ?

佐々木、坂内のバイト先の常連
坂内、大学生

その他の収録作品

  • あなたの愛で溺れる前に
  • ふさわしい愛のかたちは
  • 描き下ろし 愛を紡いで

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

執着

表題作の中編が1つ、他にオムニバスの短編が2つ入っています。

カフェ店員のかわいい恵。いい子です。恋人のひとしさんは、とにかく甘えさせてくれる大人。けれど、段々と自分に執着する姿が見えて怖くなる。
ひとしさんのトラウマを知って、葛藤しながらもそれを全て受け入れようとする恵。お互いに大切な人を見つけられて良かったな、というお話でした。

もう1つは、大学生三つ巴のお話。男らしい羽賀が好きかも、と八尋に相談された坂内も、実は八尋が好きだった。それを隠して、自分も羽賀が好きなんだ、と嘘をついて、結局二人を結びつけることになった坂内。当て馬役ですが、ちょっと切ない。

その坂内が、ハッピーになる短編もありました。バイト先のバーで、しつこく口説いてくる年上の男性。粘り勝ちで、臆病な坂内も根負け。

あと、全体に結構Hでした。やっぱりGUSH?

0

良かったです

野萩先生のスーツ男性好きです
今回も表題作の攻めがスパダリ
しかも訳あり
非常に面白かったです

完璧すぎる彼氏の秘密は箱庭
そこで終わらず関係を作り直していく2人が良かった

そして、それ以上に同時収録のお話が好みでした

同級生3人グループで、本当に好きな人と同じ人を好きになることで近づいていく主人公
複雑だなぁと思いながらも、それでもいいからという気持ちが繊細に描かれてます

最後はその切ない彼にも出会いがあって全てがハッピーエンドで終わるのですが、それがちょっとあっけないかな

0

愛されすぎて怖い…を地でいく展開

大きく2つの物語の収録。

「箱庭の人形」
「あなたの愛で溺れる前に」
「ふさわしい愛のかたちは」
この3編は全て同じカップルの恋愛について。
カフェ店員の恵(けい)は、店の常連のひとしさんと恋人同士になり、同僚の鈴さん(女性)からいつもラブラブで羨ましいと言われていた。
ひとしはよく恵を迎えに来てくれて、喧嘩1つしたこともない。
しかし恵にはひとつ不満があった。それは、ひとしが家に入れてくれない事…
…という設定。
この話は急転直下、ゾッとする展開がやってきます。表紙の色合いがなんか暗いな〜と思ってたけど、こういう事か。
ひとしの二面性、というか子供時代に受けた心の傷、そこに端を発するひとしの少し歪んだ愛情に初めは硬直していた恵だけど、ひとしの心に寄り添ってその歪みを正せるようコミュニケーションをとる恵と、それに応えて少しずつ行動を改めていくひとし…
完全に「治る」とかそういう終わり方ではないから尻切れのようになってしまっているけど、何気ない2人の仲の良さの裏に実は攻めの妄執があって、しかし受けの優しさと愛情でそこを正していく、という流れなので、読後感は悪くないです。
エロは意外と生々しい描写。

「素直になんてなれない」
「素直になりなよ?」
友人同士の3人。ゲイを公言している坂内と元々ノンケの芳賀は、2人とも優しいタイプの八尋が好きで牽制し合っていた。
しかし、何も知らない八尋は、坂内に芳賀の事が好きになったんだけど…と相談してくる。
坂内は八尋に男同士のエッチのやり方を教えるが…
3Pでサンドイッチプレイが繰り広げられるのですが、どうやら坂内の誰にも言わない切ない想いが隠されていました…
2つ目の短編は、そんな坂内の救済編。
自分も誰かから愛されたい、と後悔に苦しむ坂内に、彼を愛そうという大人の男性が現れます。
ひとまず良かったね、というところ。

「愛を紡いで」
ひとしx恵の描き下ろし。
ひとしのスーツから知らない香水の香りが…嫉妬を覚える恵と、不安解消のための焦らしHのエピソード。感じすぎてしまう恵がエロいです。

0

気持ちを言葉に…

メインストーリーと描き下ろし、もう一作とアナザーストーリーという内容。

メインの(箱庭の人形):カフェ店員の恵は常連客リーマンの ひとしと恋人同士。優しく魅力溢れる紳士なひとしに恵はトロトロに溶かされる。
十分幸せな筈なのに何故か彼は恵を自分の家へは招いてくれない。しかしある晩 初めてひとしの家を訪れた恵は彼の異常なまでの嫉妬深さを目の当たりに…
と、話としてはかなり惹かれる内容だった。
両想いならストーキングや嫉妬も愛されているというバロメーターになる訳だが…要はどれだけソレを許容できるか?という事だろうか。
少なくとも恵は一度は怯んだものの ひとしの全てを受け入れ自らの中に取り込んでいく。愛されているという事を強く感じたのだ。
欲を言うなら ひとしの嫉妬加減が恵に受け入れられたことによって落ち着いてしまったことに違和感を覚える。恵の部屋を完コピし、本人そっくりの人形まで作る位の執着を見せていたのに以降は普通の嫉妬に終止している。もう一捻り位欲しいものだ。

同時収録されている方が物語としては凝った作りになっているように思う。
所謂3PだがAB→Cと見せかけてその実はB→Aという事を最中にCだけが気付く。元々ゲイであるBがずっと芝居をうっていたという訳だか…
完全ネタバレになるが、後の話で恋人が出来るからすべてにおいてハッピーエンドなのだが。

SEX描写に至っては自分にはソコソコという程度でドぎついまではいかないが ソフトではない事は付け加えておかなくてはいけないかw
ある程度BLやヤオイを見てきた人ならスルー出来るレベル。

野萩あき というこの作家さんは初見だ。
綺麗めであっさりとした絵で抵抗はないが…
最後まで少し馬〇なのがどうしても気になって仕方がなかった(笑)
書庫には並ばないが機会があれば一度読んでみてもいいと思う。

1

「気持ちを言葉にする」と言う事。

タイトルの通り「気持ちを言葉にする」と言う事が大事、と言うのがこの1冊のテーマでした。



表題作【箱庭の人形】と、そのシリーズの同時収録【あなたの愛で溺れる前に】【ふさわしい愛のかたちは】

【箱庭の人形】
攻めが、表面上大人で優しい恋人→嫉妬深いヤンデレだとわかり受けが怖気づく。

【あなたの愛で溺れる前に】
攻めの病的な愛情には原因があるのだと思い、態度で愛されてる事は理解できてるから、きちんと言葉でも理解したいと攻めと向き合う。

【ふさわしい愛のかたちは】
受けの気持ちを聞き、独りよがりではいけないと考えを改めハッピーエンド。



同時収録【素直になんてなれない】と、そのスピンオフ【素直になりなよ?】

【素直になんてなれない】
仲良し3人の三角関係片想いモノ。気持ちを言葉にした2人はハッピーエンド、気持ちに嘘をついた1人は連結3Pでカラダだけでも…なメリバエンド。

【素直になりなよ?】
上記作でメリバだった子が、バイト先の常連でずっと口説いてくるオッサン?に、「本気の愛だとわからせて」正直に言ってみたら収まるとこに収まってハッピーエンド。


どのお話のセックス描写もグッチョグッチョでエロかったです。
連結3pも良かったです、ご馳走様でした!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ