毒の林檎を手にした男

doku no ringo wo te ni shita otoko

毒の林檎を手にした男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
4
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
価格
¥870(税抜)  ¥940(税込)
ISBN
9784344842632

あらすじ

オメガであることをひた隠しにしてアルファに偽装し、名門男子校の教師となった早川拓生は、実直な勤務態度を買われ、この春から三年生のアルティメット・クラスの担任に就くことに。大学受験を控えた一番の進学クラスであるクラスを任されひたむきに努力を重ねる早川だったが、悩みの種が一つあった。つねにクラスの中でトップグループに入る成績のアルファ・中臣修哉が、テストを白紙で出すようになったからだ。中臣を呼び出し、理由を尋ねる早川だったが、「いい成績を取らせたいなら、先生、俺のペットになってください」と強引に犯されてしまい…。

表題作毒の林檎を手にした男

中臣修哉・高校3年生・17歳
早川拓生・高校教師・32歳

その他の収録作品

  • 愛の果実を手にした男たち
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

2009年掲載小説の大幅改稿

苦手なんだけど克服できないかと挑戦継続しているオメガバースもの。当作は前半本を握りしめてしまいそうになるくらい、(怒)だったのですが、後半、「おお、これが先生生徒ものの良いところなのかも!」と目覚めた心地でしたため、(萌2+中立)/2で萌にしました。「本編160Pほど+二人が幸せを確固たるものにする続き60Pほど+先生のあとがき」です。割合エロエロだと感じました。唯一「げ」と思ったのが、後の本編後日談の方の一語「授〇」。絶対ヤ という方はご注意ください。2009年リンクスさんに掲載された「生徒が野獣」というお話にオメガバースをぶっこんだとのことです。

お話は、都内の名門私立男子校の職員室で、早川が担任をしているアルティメットクラスの生徒の2年間の成績データを眺めて考え込むシーンから始まります。アルティメットクラスに3年連続で選考されている中臣という生徒がいるのですが、成績にムラがあるのと、早川が教えている現代国語のテストで4回白紙提出されていて・・・と続きます。
オメガが最下層であること、ベルトや抑制剤でヒートを抑えられること、アルファ×オメガから生まれるのはオメガが多い・・などの設定です。

攻め受け以外の登場人物は
攻めの父親、受けの婚約者(♀)、保険医ぐらいかな。

****個人的に好きだった箇所

オメガバースに関する云々より、前半「ありえん!」というほど酷いクズ状態だった攻めが、やはり高校生、心を開いたら「あら可愛い」と思えた点が好きでした。
超優秀な父親に虐待されている攻めさん、喘息あるわ、暴行受けるわ、ごはんは家で家政婦が作ったものを一人で食べる生活だわで、なかなか悲惨。そんな子が、これまた家庭の事情がよろしくない32歳の教師になついて素直に心情をさらけ出すところに、なんだか希望を見いだせる心地で良かったです。

「授〇」という記載は、「げ」でしたが、三人で穏やかに幸せそうに未来を見ているシーンは、ああよかったなあとしみじみ思えるので、±0よりプラスよりでした。
しかし小説にもオメガバース増えましたよね・・頑張って慣れなきゃな。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ