――アイツが初恋だったなんて、俺は絶対認めない。

叔父への初恋はナシってことで

oji eno hatsukoi wa nashittekotode

叔父への初恋はナシってことで
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
23
評価数
6
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
富塚ミヤコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041072998

あらすじ

アイツが初恋だったなんて、俺は絶対認めない。

「クールでイケメンでハイスペックな准教授!」
...と思われているらしい、叔父・鷹谷の家で暮らすことになった大学生の唯。
実際は生活力皆無の鷹谷に、世話焼きの唯はついつい面倒をみてしまうが、
あまりの鷹谷のダメ人間っぷりに、苛立つ毎日。
俺は一人暮らしがしたかっただけなのに――。

生活力皆無の叔父×面倒見のいい甥の同棲BL☆

表題作叔父への初恋はナシってことで

鷹谷 誠治(鯨類研究者・准教授)
唯(甥・誠治の姉の子・大学生)

その他の収録作品

  • 「その後」(描き下ろし)
  • 眼鏡チェーン秘話「頼むから、付けてくれ」
  • あとがき。

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

男同士だとか叔父と甥だとかいう禁断感はあんまりどうでも良くなっている。

叔父と甥とかいう以前に。男同士だとか、年の差だとか。社会的な禁断感は割とどうでも良くなっていて。もぅ、唯くんが健気で可愛いから、「ま。いっか。」という気になって来る。唯くんの母の立場に立ってみれば、シングルマザーとして大事に育てた一人息子が弟にヤラレるっていうのは、どうなんだ⁈ とも、その心境を案じてしまうのだが。叔父の誠治の言葉を借りれば、「いい子には特別な権利が与えられる。」という事なのだと思う。
幼いころの唯くんが可愛くて、可愛いくて、泣けます。周りの大人に気遣いを見せて思いやる子供。
お母さんとのエピソードが一番好きです。

大きくなって、誠治と再会した唯くんは、あんなに叔父さんを大好きだった頃の記憶を徐々に思い出す。それは唯くんにとっての初恋。開けてはならないパンドラの箱。意識するともぅ、恥ずかしくてたまらない。研究バカで、家事の苦手な誠治の身の回りの世話を焼いているうちに。唯くんはまた、ほだされて行ったのでしょうか…。そして、この叔父である誠治の想いとは。

とにかく唯くんが可愛いので。こんないい子には、悪い人なんてのはそうそう登場しません。どこまでも優しく包み込むように。物語は進行して行きます。言葉の足りなさや思い違い程度の摩擦はありますが、深刻なものでは無かったようです。ふわふわとした読後感でした。
誠治には、もう少し躊躇って欲しかった気もします。…だって、いつから抱こうと思えてたんだよ⁈っていう一抹の不安…。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ