王国物語 1

oukoku monogatari

王国物語 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
40
評価数
9
平均
4.4 / 5
神率
55.6%
著者
中村明日美子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
集英社
レーベル
ヤングジャンプコミックス
発売日
価格
ISBN
9784088910291

あらすじ

紫の瞳のアーダルテ。青い瞳のアードルテ。一人は優しき皇子として光に包まれ、もう一人は幽閉の身として暗闇に潜む。別々の道をたどる双子の宿命を描く「アードルテとアーダルテ」シリーズの他、英雄とうたわれる美しい王と、彼に仕える謎めいた男の因縁を描く「王と側近」シリーズを収録。はるか異国を舞台に綴られる、大人の寓話ファンタジー。

表題作王国物語 1

レビュー投稿数1

美というもの

美しい。とにかく全ページ美しい×100。勢いで神にしたいぐらいなんですが、1巻が???なところで終わってしまったので、悔しい、神を付けられないです。ちら読みしてしまったら、もう止まらず、つい購入してしまいかねないので、ご注意ください(私だ)。お話も「うわーーーーーーー」と叫びたくなるような、せつなさ?虚しさ?たっぷりなお話で、中村先生お好きな方にはたまらない本ではないでしょうか。
非BLですが、双子や主従での愛憎が交錯する内容なので、萌え滾ります。ただお話の行方が見えない。余韻たっぷりすぎるけど、この後どうなるのか分からない部分があって、すぐにでも続きが読みたいのだが、1年以上待つかもな・・・なので、ご注意ください。

全部で以下3つお話が入ってます。舞台的には、一応銃が出てきますが、剣、馬が主力っぽい。
砂漠もあれば森もあり、王はミナレットなどがあるような宮殿で生活している、そんな世界です。
1.アードルテとアーダルテ 
  2011年「web連載空間ぽこぽこ」掲載分+ウルトラジャンプ2017年掲載分
  王家の嫡子として生まれたおそらく双生児(瞳の色だけ違う)。
  生まれた時から片方が隔離されていたのだが、ある日二人が出会い・・というお話。
  切ない?空しい?双生児ならではの葛藤?双子もの好きな方はひれ伏しちゃうかも、です。
2.王と側近 
  2011年「マンガ・エロティクス・エフ」掲載分+ウルトラジャンプ2017年掲載分
  「王はもうすぐお亡くなりになる。私が毒を盛っているからだ」という衝撃の告白から始まる、王の側近のお話。これはどうなるんだろう??と思ったところで3が始まります。
3.シャオとダオ ウルトラジャンプ2017年掲載分
  ハン族で16歳を迎える双生児の話。
  何かの儀式を行わなければならないといったあたりで1巻は終わり。もだえるー
 
1と2,3のつながりはよく分からないです。タイトルから考えると一つの王国で時系列が離れているのかな・・?2と3は繋がってそうなのだけど、それが分かる前に1巻が終わってしまった(涙)
2巻で関係性が分かるかもです。

共通しているのは「ウマ」と言われる生物。二足歩行、前足はなく退化した翼があり、しっぽが長い。ジュラ〇ックパークの映画に出てくる恐竜の鱗なし版みたいなものなのですが、いたってお利口。
昔は空を飛んだというこの子たちがなにかキーを持っているのかもしれない。気になるー。
と悶絶して良ければ1巻を是非是非手に。美しさにかけては個人的には文句なし、ここ数年読んだすべての本の中でのベスト1です!!!すごいもの読んだ。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う