エッチするならパパ穴で

h surunara papa ana de

エッチするならパパ穴で
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×212
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
99
評価数
26
平均
3.8 / 5
神率
23.1%
著者
名原しょうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784815500337

あらすじ

ファザコン腹黒息子×過保護な義父
オ♂ニーを教えるはずが…お尻いじられてる!?

雄一郎(ゆういちろう)は、ちょっとおバカな元ヤンのアラサー。
尊敬する先輩の忘れ形見である彰人(あきと)を引き取ったシングルファザーだ。
可愛い彰人にメロメロで、ついつい過保護になりがちな雄一郎。
一方、高校生になった彰人はエッチなことにも興味津々♪

「最近ここ腫れちゃうんだ。こういうときどうしてる?」

ひとりHの仕方を教えているうちに、歯止めが効かなくなって――!?

表題作エッチするならパパ穴で

彰人(義理の息子・親友の忘れ形見)高校生・生徒会長
三鷹 雄一郎 (義父) 工場勤務

その他の収録作品

  • モンペ上等‼︎元ヤンパパ子育て奮闘中
  • AV鑑賞会は危険がいっぱい
  • 開けてビックリ☆誕生日プレゼントは×××
  • もしかして病気?ドキドキむずむずが止まらないッ
  • ボンノー撃退★プロジェクト
  • 「最後まで責任とってもらうから」
  • 特装版限定描き下ろしマンガ

レビュー投稿数4

タイトルに腰が引けていましたが

タイトルが斬新すぎて手が出なかったのですが、腐友さんににすごく面白いと教えてもらって読んでみました。




主人公は雄一郎。
亡き先輩の子を引き取り、男手一つで息子・彰人を育てているシングルファーザー。
やんちゃをしていた若かりし頃、先輩の子である彰人が生まれその可愛さに悶絶。それ以来品行方正になり彰人を愛でてきた。

が、先輩夫婦が事故で急死。
一人残された彰人を、当然のごとく引き取り、そして育ててきた。

その彰人も高校生。
何歳になっても可愛い自慢の息子だが、最近彰人からのスキンシップが激しくて―?

血の繋がりこそないものの、息子×父というCPのお話ではありますが、シリアスさは皆無。非常にコミカルに進むストーリーです。

なぜか。
それは父親である雄一郎がアホな子だから。なんです。

彰人を溺愛する親バカぶりをいかんなく発揮しながら、息子にお願いされればどんなことでも受け入れてしまう。身体をまさぐられ、イかされ、でも彰人にお願いされちゃうとすんなり受け入れちゃう。

一方の息子の彰人はかなり腹黒さんです。
雄一郎を愛するがゆえに、あの手この手を使って手に入れようとする。天使のような可愛いビジュアルでありながら、いやそれゆえに一層、と言っていいでしょう。怖いくらいです。

が、雄一郎のアホな子っぷりも、彰人の腹黒さも、どちらも相手を愛するが故。
それがきちんと読み取れるので読んでいて不快感はありませんでした。

タイトルでかなり腰が引けていましたが、内容としては王道と言っていいでしょう。
コミカルさも、エロさも、恋愛要素も、どれも非常にバランスよくミックスされていて面白かったです。しいて言うのであれば、タイトルをもう少しマイルドというか手に取りやすいものにしてくれていたらもっと早くに読んでいたのにな、という感じはしました。ちょっと斬新すぎる感があったように思います。

電子では12話完結を迎えていますので、ぜひとも2巻目を紙媒体で刊行していただきたいと切望しています。

1

未完と言えるので…

電子連載で追いかけていたこの作品。
完結まで読みましたが、やっぱり単行本としてまとめて読みたいと思っていたので、無事単行本化されて嬉しく思っています。
しかし1巻には6話までしか入っていません(12話で完結)。割ときりのいいところで終わってはいますが、彰人の本領発揮はここから!

あとがきにて作家さんが電子連載の続きを案内されているので、1巻発売時点では2巻発売が予定されているということでもなさそうで…今後次第なのでしょうか。もう結構経ってるけど…。
このお話の本番は彰人が雄一郎の庇護の下ではなく大人になってからなので、ぜひそちらも単行本化シてほしいと思います。
私にとって、年下ハイスペック腹黒攻めの中ではトップクラスにかっこいい彰人。
受けの雄一郎は年上で元ヤンで父親で、という威厳もあったもんじゃないトロトロぶりを見せてくれるので、男くさい見た目とのギャップがいいです。

それにしてもなかなかインパクトのあるこのタイトル、海外版では「DADDY HOLE」となっているそうで、日本語ならではの表現の面白味を感じます。

0

タイトルがセンセーショナル過ぎるけど、フツーに想定内なエッチな話。

あらすじには「ちょっとおバカな」とありますが、相当おバカです。けれど、親戚でも無いのに未婚のまま、亡き先輩の子供を育てる、なんて、それほど重くは描かれて無いけど、並大抵の事では無い。よく考えないような、素直な雄一郎だからこそ。そんな素直で流されやすいパパをたぶん幼い頃から一途に想い続けた彰人は、天使のようなルックスのまま優等生として育ったが…。高校生になり、とうとうそのリビドーを持て余す。じゃなかった、小出しにするつもりが、爆発させてしまう‼︎ パパの貞操危うし⁈ とにかくパパがお人好しのおバカさん。彰人を愛するがあまり、どんどん流されて行っちゃいます。「誘っているようにしか見えないよ。」と、彰人に指摘されるまでも無く、その表情は直ぐにトロットロ。何がエロいって、パパの顔がエロい。
エチ先行型ではあるけれど、結局彰人の想いの強さが成就するラブい物語でした。このタイトルは無いかなぁー。センセーショナル過ぎるよ。

3

「興奮を高めるためにする大事な行為」のような作りの本

 「パパ穴」というパワーワード、このタイトルでなければ手に取らなかったでしょう。

 ごめんなさい、きちんと確認しない私が悪いのですが、彰人の性格がやや苦手でした…一途な所とか、好きな部分もあるんですけれどね。純粋と見せかけた腹黒小悪魔系男子は、ジャンルを超えて苦手で…。
 
 そんな息子に度が過ぎた親バカっぷりを発揮する雄一郎もちょっとウザい時もあるかも…、反面笑えるポイントでもあり、だからこそ簡単に流されてこの話が成り立つんですけれどね。

 しかし、高く評価したい部分もあります、エロです!雄一郎がアホアホなせいで、毎回彰人の策略にハマり、最後はHな事をするハメになります。
 最初は抜き合いから始まり、69に玩具と素股、乳首責めや自慰プレイなどを経由し、6話目からやっと挿入。

 何が凄いかって…上記の流れを見ると解ると思いますが、散々エロエロしているくせに挿入が最後の回まで無いんですよ!AV鑑賞の回で雄一郎が前戯について彰人に説明していましたが、この本の作りがまさにそんな感じ。
 
 もどかしい「挿入無し」プレイの数々はまるで愛撫のよう、焦らされる事により挿入シーンに至った時の満足感を高めてくれるのです!この本の作りのせいで変に興奮してしまったわw

 彰人が雄一郎に告白をしてからやっとお待ちかねの挿入シーンがあります、この告白が飾り気無く真っ直ぐな彰人の気持ちそのもので、そうだ、そうなるよな、と頷ける納得の内容。真剣な表情での告白がカッコ良かったのと、Hの後に雄一郎を気遣う場面に成長を感じました。
 
 描き下ろしでは、彰人が幼い頃から雄一郎を想い続けてきた事が解ります。そんな気持ちにさせてしまったのは雄一郎が親としてたくさんの愛情を注ぎ続けたからなのでしょうね。そして、そうさせる理由となったのも赤ん坊の彰人との出会いが雄一郎の人生を変えてくれたから…。
 
 お互いに対する感謝と幸せの記憶がこの結果を生み出した、形は違えど実は最初からお互いに対する愛が溢れています。

 私にはあまり向いていなかった感がしますが、読む人が違えば萌えとHを楽しめるエロカワな一冊だと思われます、ギャグ部分も面白かったです。カバー裏にはこの作品で恐らく一番の常識人、尾田先生の悩みが…。

 後書きから解るのですが、作者さんは滝行のシーンを描くため実際に体験したそうですね、こういうのを見ると尊敬します。漫画家さんってアクティブで勉強家じゃないとなれないんだなぁと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う