娼父の館へようこそ ~ω×α トランス遊郭オメガバース~

shouhu no yakata he youkoso ω kakeru a torance yuukaku omegavers

娼父の館へようこそ ~ω×α トランス遊郭オメガバース~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
天海社
レーベル
ROSE文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

舞台は極東にある黄金の国。 この島国には、男と女というほかに体のつくりで阿族・伊族・吽族という三つの性があり、子を孕ませる力がある女や、子を産む力のある男もいた。 他の種族よりも多くの子種と大きなまら、そして逞しく頑丈な身体を持つ阿族である猩々緋鉄佐は、 子持ちの男やもめばかりが集められた妓楼『巣父館』で、一人息子の米太郎を育てながら色子として春を売り、暮らしていた。 そんな鉄佐のもとへある日、舶来品の上等な人形のような面立ちの若い男・光春が客として訪れる 。 ひと悶着ありながらも鉄佐は、儚げで美しい姿からは想像もつかない激しい魂を持つ光春に惹かれ、 光春もまた鉄佐の逞しい身体に宿った、繊細な魂に惹かれるようになる。 愛を深めていく二人だったが、鉄佐のもとに光春の許婚・薫子が尋ねてきて――。 種族や性別、本能を超えたところにある“ 愛” を求め合う二人を描いた、新感覚オメガバース作品。 【著者情報】 くもはばき(クモハバキ) 姓をくもは、名をばきと発します。 北海道小樽市出身・東京都町田市在住。五月六日生まれ。 デビュー作は『明日はきみと笑うシャラララ』(白泉社花丸文庫)。 趣味は陸上競技観戦と、海外旅行の計画を立てること 。 割合とトンデモオメガバースでしたが楽しんで頂けましたら幸いです。

表題作娼父の館へようこそ ~ω×α トランス遊郭オメガバース~

薬師堂光春・老舗薬種商の三男・21歳か22歳
猩々緋鉄佐・色子・(おそらく)26歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

こんな清々しい『オメガバースで遊郭もの』が書けるんだぁ……

最初にこの本の紹介文を読んだ時、頭の中が『?』だらけになったんです。
くもはばきさんの新刊は遊郭もので……オメガバース⁇
だって『可哀想な不憫受け』とか『運命に翻弄されるω』なんていうイメージからほど遠い作家さんだと思っていたからなんですよ。くもさんのお話の登場人物はむしろ『自分の力不足を知りつつも、苦笑しながら、困難を乗り切ろうと努力する人たち』だと思っていたんで。
そもそも『娼父』って何?『娼夫』じゃなくか?
ちょっと怯えながら読み始めたんですが……

これは、なんと‼
なんて新しいオメガバース、かつ遊郭もの!
目から鱗が落ちる様な新鮮な驚きと、爽快感を味わわさせていただきました。

版元さんのあらすじ紹介が詳しいので、私はそこに書いていないことを。
『開国直後の日本にオメガバース設定がある』という世界観のお話です。
受けの鉄佐はαの下級武家出身で、両親ともに西欧列強との海戦で命を落としています。長子の姉がωの婿を取って家督を継いだのですが家計は苦しく、10歳の時、泣く泣く女衒に売られてしまいます。一時は『お職の花魁』まで行くのですが、16歳の時にいきなりデカく、声も低くなり、おまけに遊郭に置き去りにされた子どもが自分の子であると分かります。乳飲み子(付けた名前は『米太郎』)を抱えて困っていたところ、子連れの男やもめばかりを置いている『巣父館』(余計な話ですけれど、ここ、かなりの『色物』遊郭ですよね)に拾われた、というわけです。鉄佐の年季開けはもうすぐ。そうしたら、もう10歳にもなった米太郎のために遊郭を出て、どんな仕事をしてでも学問をつさせてやりたいと考えています。そんなところに豪商三男坊のω、光春が片仕舞い(一夜買いきること)の客として訪れるのですが……

鉄佐も光春も、自分の心と体の食い違いに悩んでいます。
誰よりも強く男らしく、そして「攻めでありたい」と考えている光春は、人形のように可憐で病弱でω。
赤い打掛や可愛らしいものが好きで母性に溢れた鉄佐は、屈強な力持ちで丈夫な体のα。
それが彼らにとってどんなに意にそぐわないことであっても「そのように生まれたのだから、その通りに生きていきなさい」と世間が彼らに要求します。

おまけに、オメガバースであれば、絶対避けて通れないことまで、彼らの身に起きてしまうんです!(ここは、これから読む方のお楽しみに伏せておきますね。いつものパターンを想像されている方、たぶんそれとは違います……うふふ)

恋って何なんでしょうね?
くもさんはこのお話を通して「恋とは、たとえそれが一般的な在り様でなかったとしても『惹かれあう魂』を感じた二人が、意志の力によって成就させるものだ」と言っているような気がします。

私もそう思うんですよ。
そう思うからこそ、BL読みになっているわけで。

かなり特殊な設定ですが、その世界観も説明的ではなく、ちょっと落語の長屋話めいた(この辺、米太郎の存在が大きい。ひょっとして、くもさんは落語好きなのかなぁ)やり取りで分からせるなど、くもさんの筆はとてもお上手。
難を言えば、解決に至る部分があっさりしすぎていて「ちょっぴり物足りないかな」とは思いました。
ただし、このお話のテーマやそれを書き表すための設定、鉄佐と光春、米太郎をはじめとする登場人物の造形が、私の想像を遥かに超えた素晴らしさだったため『神』作品の評価は揺らぎません。

「オメガバースって苦手かも」という『運命』嫌いで、アヴァンギャルドかつ知的な恋物語を読みたいと思っている姐さま方、このお話はそういうあなた様にピッタリですよ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ