月への吠えかた教えます

tsuki eno hoekata oshiemasu

月への吠えかた教えます
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×222
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
239
評価数
60
平均
4.1 / 5
神率
40%
著者
イーライ・イーストン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
麻々原絵里依 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
ISBN
9784403560347

あらすじ

人生に挫折したティムはひとりマッドクリークにやってきた。
新種のバラをつくることで負け犬人生をやり直そうと。

ところがその街には秘密があった。
人間に変身できる力を持った犬たち(クイック)が暮らす 犬の楽園だったのだ。

よそ者にも優しいその街で、
鋭い眼差しでティムを見つめる保安官・ランス。
彼はティムがマリファナ栽培に関わっているのではないかと疑っていた。
そこでボーダーコリーの姿になり、彼の車の前に飛び出し
ティムの家に潜入する。

ティムの誠実な心に触れたランスは、
翌朝犬がいなくなったことに傷心のティムを見て、心がうずく。

一方、ティムの種は一向に芽を出す様子がなく、
ティムは希望を失いかけていた。
そんなある日 心配するランスは
それに母親が関わっていることに気づいたーー。

傷ついた心に寄り添う犬たちの街、
マッドクリークで繰り広げられる犬と人間の交流。
「月吠え」シリーズ第1作。

表題作月への吠えかた教えます

ランス・ビューフォート、保安官でクイック31
ティム・ウェストン、町に越してきたワケあり青年23

レビュー投稿数15

犬好きなら

堅物わんこの大好きっぷりがほんと犬

あらすじには惹かれなかったんですがレーベル買いです。
狼じゃなくて犬。人狼ならぬ人犬……ぱっとしないよ
と思ってたんですが!
本当に人に愛されて愛した犬は人に変身できるようになる──という種族、クイックが暮らす町が舞台。
攻は堅物な保安官。ボーダーコリー。自らの幸せよりも町の群の仲間を守ることが生きがいで最優先な性格。人に飼われたことはない。なので人間のことはちょっと下に見てる。ザ保安官。
一方の受は、外から引っ越してきた訳あり人間。過去に虐待された影響でコミュ障気味。ゲイだけど屈強な男が怖くて苦手なのでネコなのに逆の経験の方が多い。クズに搾取されてきた人生。緑の指。
攻から受への第一印象はマリファナの匂いをつけた怪しい男。怪しい奴。この町で勝手なことはさせない!
受から攻への第一印象はイケメンだけど強そう怖い近い近い。
攻は怪しい受に潜入捜査。という理由で犬の姿で怪我を装い近づく。
堅物わんこがどんどん相手を好きになる過程が和みます。怪しいという印象が、怪しいが悪い奴じゃないに変わり、万が一この人が犯罪してたらどうしようと焦るに至り、更にはもうそんなの関係ない守る俺が守る!守る!となってくので。
こじれて不本意に受を傷つけちゃって嫌われるんですが、これが攻ザマァにはならない。わんこ可哀想。すごくしょんぼりする。しょんぼりしてるからその辺にしてあげて!となる。
「俺はお前を一生裏切らない」という台詞は人が使うと陳腐なのだけど、犬が言うとほんとだなーて思うのね

9

ゴールデン・ベル

■ランス(保安官)×ティム(移住者)
面白かった!勢いでどんどん読めました。
ミステリ要素がある小説で、BL的にはよくてもミステリ部分がどうもな〜って作品が多い中、こちらは楽しく読めて大変嬉しい。

主役2人がどちらも魅力的だったのも大きい!ランスみたいな真面目な男が、恋によって規律を破ってみたり、優先順位を変えたりするのが大好きで。ティムみたいなタイプは自分にとっては好きか嫌いかの瀬戸際のキャラクターなんですが、過去のトラウマはそこまで掘り下げすぎず、しかしランスに強い印象を残すには十分。おどおどはしていたけれど、なよなよと言いなりになるのではなく、自分のポリシーをしっかり持っているところにも愛着が湧いて、終盤すっかり好きになってました。

私を悩ませたのがリリー…ほんと、ランスの言葉が全てでした。ティムがホームレスになるほど思い悩んでたというのが苦しい。和解してましたけど、みんな心が広すぎる。

そんななんやかんやの発端が全てランスに集約するっていうのもうまい構成だな!と、この作品の大好きポイント。仕事を、自分の責任を全うするためにやってたことが愛する人を傷つける結果に…彼が生き方を見直すきっかけの一つになったことが伝わる。

ローマンをガッチガチのおっさんで想像してたの完全に失敗です。まさか続編の主役とは笑

6

クイック達が魅力的

友人からお勧めされてシリーズ3冊購入しました。

翻訳なので独特の文章と、海外らしい表現を楽しみました。
麻々原絵里依先生の挿絵も美しくて、ランスはそのままのイメージでした。

ランスの母親のリリーは登場時のイメージと読了後のイメージでは、自分の中でかなり好印象に変化していました。

対人関係が苦手なティムと頭の硬いランスがお互いに好意を持ちながらも、タイミングの悪さと全てが裏目に出てすれ違って行く様子にハラハラしながら読みました。

それでも常に寂しかったティムが段々とランスと周りに絆されて行って、最後にはランスの正体を知って歓喜する様子は読み応えありました。

そしてティムのかつてのビジネスパートナーがマッドクリークに現れた時に、群れの一員となったティムを守ろうとする仲間たちの行動にスカッとした最後でした。

続巻もこれからゆっくり読みたいと思います。

3

あのシーンは萌えの連続

びっくりするほど面白かった!これはシリーズ全部追いたい。
設定は犬に変身できるらしい、ということだけ分かっていれば問題なく読める。人と心を通わせ愛し愛されるとその能力?に目覚めるらしい、ということも頭に入れておくと切なさも楽しめるかも。序盤から物語に引き込まれ、あっという間に読了。

街と群れを守る保安官のランスと訳アリっぽい移住者ティムのお話。出会いから誤解が絡まりティムのコミュ障っぷりも加わって、物事の上手くいかなさが堪らなくもどかしい。

と、少々悶々としていたら、ニヤニヤが止まらない萌え展開に。犬姿のランスとティムのシーンは萌えの連続だった。堅物だったあのランスが……!とランスの元々のキャラが萌えを倍増させている。
ティムは犬の正体を知らないので本音しか話さない。これがまた良い。こういうシチュエーション大好き!犬の本能に抗おうと葛藤するランスの心理描写も読み応えがあって好き。

事件を含むストーリーもすごく面白かった。引き起こしたことは重大でも、リリーもランスも誰かを想って行動した結果が裏目に出たことなのが切ない。解決への流れもとても良かった。その後のランスの誠実さとエピローグの爽快感が嬉しい。

期待していたランスの正体がバレるシーンには驚いた。変身シーンがあんなに詳細に描写されるとは思わなかった。グロくはないが痛みが伝わってきそうでビクビクする。なんかすごい……と圧倒された。

犬に詳しくなく犬種ごとの性質はさっぱり知らないが、そこもキャラ設定に反映されてるんじゃないかな。犬好きだとさらに楽しみ方も増えそうだと思った。

哀しみと切なさを醸し出していたローマンは気になるキャラだったので、彼がメインらしい次作への期待が高まる。
現実の犬が苦手な私も大好きになれた作品。

2

犬好きには絶対的なおすすめ本

最新作を読んでやっぱりこのシリーズ好きだ〜と一作目から読み返してレビューを書く事にしました。

個人的に、正体を隠して好きになると言う話が大好きなので、一作目から大好物でした。

ティムを怪しむランスが、犬のチャンスとなりティムに甘やかされて、どんどん惹かれていく様は萌の宝庫でした〜

ただリリーのくだりはいかがなものかと。
ティムが可哀想過ぎて、心が痛かった。
ごめんテヘって感じでしか謝った感じがしてないような気がして、もやもやしました。

読んでると2作目、3作目といろいろ話が繋がっていく事を感じさせるつくりになってた事に気がつきました。

0

シリーズ一作品目

私の大好きなシリーズですが改めて再読。
海外の翻訳版です。文章がそのため海外作品を読んだことがない方は最初は戸惑うかもしれませんが、何よりお話が面白いのですぐに気にならなくなりますよ!特に動物好きな方には読んでほしいです。

主人公ティムはクイック(人間に変身できる力を持った犬)たちが暮らす特殊な町とは知らずに移り住んでくるのですが、これまた不幸な生い立ちから幸薄そうな子で。攻めのランスは保安官のため、外からきた主人公を怪しんで険悪な関係に……
早く良い雰囲気来て〜!ともやもやしてました(笑)ひょんなことから犬=ランスと気づかないまま関係を築く過程がたまらないです



0

攻めの内心にニヤニヤが止まりません!!

こちら、人狼ならぬ「人犬」が主役の新シリーズになります。
実は最初、このレーベルの人狼シリーズの新作と勘違いしちゃいまして。
だって翻訳者さんも一緒、イラストレーターさんも一緒、タイトルまでそれっぽい・・・。
作家さんの名前の方が間違ってんじゃないの?的に。

で、当然気になってチェックしたのですが、これが面白かったんですよね。
翻訳者さんがお上手と言うのもあるのですが、翻訳ものでは群を抜いてBL的萌えや要素が強いと申しますか。
明らかに海外のMMとBLと言うのは別物でして、BL的萌えを期待して読むと戸惑う事が多いと思うのです。
それがMMの良さがありつつ、BL的萌えが多分に感じられる作品だったんですよ。

また、設定が超好みでして!!
この二人、最初からかなりの誤解があるのです。
個人的に、マイナスからスタートする二人が、交流する中で誤解が解けて本当の姿を知っていく-。
で、当初は嫌っていた受けへの仕打ちに罪悪感を覚えてオロオロしたり、素顔を知るにつれ、愛しさを覚えて動揺したりする攻め、という描写に萌えて萌えて仕方ない!!
これぞまさにBL的萌えじゃないか!!!
いや、MMはMMで大好きですけどね。


内容ですが、マッドクリークと言う町で繰り広げられる、「クイック」と人間のラブストーリーで「月吠え」シリーズの第1作目となります。
人間に変身出来る犬「クイック」達が暮らす町・マッドクリーク。
町の保安官で、ボーダーコリーのクイック4代目であるランスと、町に越してきたばかりのワケあり青年・ティム。
ランスはティムが違法にマリファナの栽培をしている事を疑い、警戒心を解く為にボーダーコリー「チャンス」の姿で彼の家に入り込み-・・・と言うものです。

実は、私はこのレーベルの「人狼」シリーズが大好きだったりします。
現在進行形でめちゃくちゃハマってて、人狼と言う単語だけで猛烈にときめいてしまう。
で、こちらの作品ですが、この人狼シリーズがお好きなら、かなりの確率で好みに合うと思うんですよね。
なんてったって、ガチのワンコ攻め!!

このクイックですが、人間が犬に変身出来るようになったのでは無く、元々は犬の存在が人間と深い絆を結ぶ事により、人に変身出来る「火種(スパーク)」を手に入れた・・・。
で、クイックの子供はクイックとして生まれて来る。
そんなワケで、人間でありながら犬としての特質を色濃く持ってるのです。
ゴールデンレトリバーは人懐っこく、軍用犬は超忠実と言った具合で。
そして、ランスの特質は、群れをまとめて守る本能なのですね。

そんな彼の前に現れた、如何にもワケありで怪しい青年・ティム。
彼は彼で、酷い雇い主から逃げて来てと、ちゃんと事情があるんですけど。
で、町を守ろうと、犬の姿で偵察の為にティムに近付くランスー。

ここからが面白くてですね、犬の姿で近付いたらティムが、とても心優しく健気な青年だと分かる・・・。
早々にそんな彼に絆され、こんな騙すような事をしてと、罪悪感に苛まれてオロオロするランスにニヤニヤが止まらないんですよ!!

また、こちら両視点で書かれてまして、ランスの威圧感に怯えを覚えながらも、その男らしさに惹かれていくティム。
そして当初の目的はどこへやら、犬のチャンスとしてティムに愛され可愛がられる事に深い喜びを感じるランス。
当然ティムは、ランス=チャンスとは知らないので、チャンスに向かってランスへの恋心なんかを語りかけてしまう。
そしてチャンスのまま自分への好印象を聞き、内心で大喜び。尻尾をちぎれんばかりに振るランスみたいな!!
思わずクスッとさせてくれるウイット富んだ文章でして、こうコント的な面白さがあったりするのです。

また、ランスの本質は守護本能の強いボーダーコリー。
これまでの人生で、人から深く傷付けられ続けて来たティム。
彼を守りたいと強く心を震わせるランスの姿が、何だかスゴく健気でキュンキュンさせられるのです。
いやもう、犬派はイチコロ。
チャンスでは無く、ランスとして何とかティムと親しくなりたい彼の、不器用過ぎる好意の示し方にもキュンキュンしちゃったりして。

で、こちら、そんな主役二人の関係やキャラにも萌えるのですが、ストーリー自体もとても面白いのです。
マッドクリークで新種の薔薇を育てて人生を立て直したいティム。
しかし、何故か一向に芽を出さないタネ達。
そしてランスが懸念している余所者のマリファナ栽培-。

エンターテインメント性がとても高い作品でして、飽きさせる事なく面白い展開で読ませてくれるのです。
とりあえず、二人の仲を散々引っかき回してくれるランスの母・リリー。
何だか彼女も憎めない存在で、楽しませていただきました。
まぁ、良かれと余計な事をしちゃうタイプですかね。

そんな感じの、クイックと傷付いた人間が心を寄り添わせていく不思議な町・マッドクリーク。
この雰囲気までとても好みでした。

あと、海外ものだと多いのですが、エロが超即物的。
ちょっとこのへんで抵抗感を持つ方がおられるかもしれないので、ご注意下さい。
長々と失礼しました。




13

犬!犬!犬!

翻訳ものは苦手なのですが麻々原先生が挿絵みたくて購入。4冊まで出ている模様で続きの翻訳を楽しみに待ちたいと思います。くすくす笑えたしちょっと涙するし、そして何よりリアルの犬萌えで、萌2です。犬好きじゃない方はどう評価するか想像できない、ごめんなさい(涙)以下、良かった点3点です。

1.カラー口絵はないですが、冒頭にカプのキャラ紹介図が2P、モノクロ挿絵も6Pありました!裏表紙にはかっこいいランスの保安官姿!!!麻々原先生、やっぱり大好き♡
2.とっても読みやすかったです!ミドルネーム乱発やアメリカ文化に基づいた表現等が少なかった(と思う)ので、混乱も少なく、助かったー。
3.これが一番大きい。犬好きな方には超絶おススメ。登場人物の推定9割がリアル犬に変身するし、犬の心情がすごーーーーーーーーーーーーく嬉しいくらい記載されています(笑)ほんとの犬の気持ちなんて分からないのかもしれないですが、人間の犬に対する愛情と同じように、犬の人間に寄せる愛を記載してくださって、うあーーーーーーー犬抱きしめたいーーーーーーーーと悶絶。

のっけから大興奮で申し訳ありません。
舞台はマッドクリークという地味な町。そこになぜか引っ越してきたティモシー・トレイナーを保安官であるランスは気にしています。というのも初めて会った時にマリファナの匂いがした上に、立ち寄ったダイナーで「園芸用品店が近くにないかな」と尋ね、何かを育てる様子だったため。クイック(活性)となった愛すべき仲間、人間に変身できる犬たちが住むこの小さな町を、薬物取引等の巣窟にしたくないと考えたランスは、ティモシーが何を育てようとしているのか偵察をはじめ・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は、多いです。でもミドルネームや階級呼びが無かったので無問題!
リリー(ランス母、ボーダーコリー、無敵)、ローマン(♂、元軍用犬)、マーシャル(人間、ティムの元共同経営者)、ジャニーン(♀、弁護士、ラブラドール)、レニー(ティムの元に来た子犬)、ビル(獣医?ww)等々。リリー最強であることと、ローマンがすんごくいいです!犬好きな方にはこの本だけで号泣寸前かも。このシリーズの2冊目はローマンみたいなんだよな、ああー読みたい(涙)

良かった点は上に書いたけど、攻め受けの雰囲気を。
攻め:硬派。父の代からの保安官で職務に一生懸命で色事が無かったことを母に心配されている。the犬!という性格。
受け:マーシャルに手酷い目にあわされ人間不信気味。とっても優しく、緑の指を持ってるみたい。薔薇の品種改良結果が当作では分からず、続きに出てくるのかな。読みたいなー
ランスが犬になった時の名前がチャンスなのですが、チャンスは犬の本能に忠実でティムがだーーーーーーーい好き!その本能がすっごく愛おしいです。そしてティムも心が定まった後は、とても積極的に愛し合うので、前向きに感じられてとても良かったです。

長文になってしまってすいません。とにかく犬好きにはぜひぜひぜひ!!!!!

9

犬の、犬による、人間のためのお話

以前「ホントに鳥だった」というようなレビューを書いたことがあるのですが、似た様な書き出しです。
まず最初に書いておきたいのは「ホントに犬だった」ということ。

ちなみに、私は大の『犬馬鹿』でございます。
『ホントに犬』の話を読んだりしたら、目が曇るに決まっています。
愛する者を見つめる犬の澄んだ眼差しについて書かれちゃったりすると、もうそれだけでメロメロになっちゃうんですもの。おまけに大型犬、それも使役犬なんですよ!「BLとして面白いか?」なんて、全く解りません。

お話の特徴は、前に書いて下さった皆さんのレビューに詳しいので触れません。
私が感じたのは「流石、犬大好き大国で生まれたお話だなぁ」ということ。
保安官がボーダーコリーで、退役軍用犬(ジャーマンシェパード)を臨時雇いするとか、ブルドッグがお人好しであるとか(元々は闘犬の為の犬なんですけれど、愛玩犬として品種改良された歴史があるんです)、犬好きであればニヤリとしちゃうエピソードがてんこ盛りです。

犬って、飼い主に対して無償の愛を注いでくれる生き物だと思うのです。
本気になれば、私の喉笛を簡単に噛み切れる能力を持っていながら、決してそんなことはしない。
私が沈んでいれば察知して側に寄って来てくれるし、弾んでいれば「一緒に走ろう!」と誘ってくるし。
心を寄り添わせることにも、フィジカルにじゃれ合うことにも大変積極的。
このお話のBLとしての面白みも、そこにあるのだと。

なので、たとえ犬好きでなくとも、家族を愛し、それ以上に恋人に対して誠実で、自分の全てをかけて守ってくれる様な攻め様を希求する姐さま方にはドンピシャリのお話ではないかと思いました。

これ、犬愛を叫ぶだけの文章だわ。
レビューになってなくてすみません。

6

犬なのに人間臭い不器用さ

2018年刊。
モノクローム・ロマンス文庫ならまずハズレはないだろうという位の考えでまだ何冊か積んでいるが、この一冊は『犬の楽園』というあらすじの誘い文句に惹かれて買ったものだった。

マッドクリークという田舎町では、何世代かの血筋を引き継いだ犬達、もしくはかつて飼い主の深い愛情を注がれた結果、種火(スパーク)を経た犬達が"クイック"として人間の姿で生活していたのだった。
そんな町の秘密を知らずに、トラブルの末に会社を辞めて見知らぬ地で再起をかけて引っ越してきたティム。
口下手で何やら隠し事がありそうなティムの様子に、保安官のランスは怪しいもの感じてしまう。
ランスが元のボーダーコリーの姿になってティムに接近、彼の懐に入ってみて速攻にマリファナ栽培の疑いの誤解は解けたのは良かったのだが…

周囲から堅物な性格を心配されていたランスだが、己の内に秘めた犬の本能がティムに射止められたのを直感で感じ取ってからはそうやって彼に言い寄ろうか迷い、結局は毎夜犬の姿で通い続けるのだった。
ティムも不器用な性格だが、どうしてランスも犬なのに人間並みに不器用なんだ!?といった不思議な微笑ましさがあった。

ランスの母親・リリーも面倒見が良くて頼もしいのだが、お節介が災いしてトラブルになるし、新入りのローマンもランスの後輩として有望なのだが、SWATに混じってのマリファナ密造犯の特攻で手痛い失態をしてしまった。
まぁクイック達も万能ではない。
むしろ人間臭さが漂うところに親近感が湧くのだ。

文章については翻訳もの特有のクセは感じるかな。
ティム目線、ランス目線、犬のチャンス目線、稀に他キャラ目線と頻繁に切り替わっているうえにウィットに富んだ会話が挟まれているので、読み易いかどうかは人それぞれだと思う。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う