ホントはちゃんと「オレのもん」って言いたい。

五十嵐くんと中原くん (5)

igarashikun to nakaharaun

五十嵐くんと中原くん (5)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
26
評価数
7
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
五十嵐くんと中原くん
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041074800

あらすじ

想いが通じ合い交際することになった五十嵐と中原。 「家族」「友人」――避けられない周囲との関係に独り悩む五十嵐を受けとめたいと中原は願う。しかし偶然2人が抱き合っている場面を同級生に見られてしまい!?

表題作五十嵐くんと中原くん (5)

五十嵐 桜(高校2年生→3年生)
中原 冬吾(高校2年生→3年生)

その他の収録作品

  • 新年初デート
  • 兄/弟
  • 悩める昇太郎
  • 離れ
  • 五十嵐家
  • カゾクのかたち
  • あとがき
  • キャラクター紹介 五十嵐 葵
  • キャラクター紹介 都築 賢
  • 「五十嵐くんと中原くん」女↔︎男装編

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ムズキュン♡はまだまだ止まらない‼︎ 「愛しぬく事」神籤引きたい♡

待望の第5巻‼︎ はい、まだまだです‼︎ 中原くんでさえ、自分の気持ち(=きゅんきゅん♡)を、『ムズムズ…?ワクワク…?する感じ、未だに慣れねぇな⁈』などと思ってます⁈
それに、これもぅBLじゃないかもー⁈ な展開です。二人の周りを取り巻く人間模様を丁寧に描いていて。家族との関わり方、これからの未来。友情。BLを越えて、普遍的な人の在り方、拠り所、そして若者たちの悩みや恋愛以上の愛について、描かれていく様な気がしています。

新年を迎え、二人のお付き合いは順調に見えたが。
いつもつるんでいる友達には嘘をつきたく無い、大事な友達には付き合っていることを話したいという中原くんに、「悪意に晒されて傷つくかも。中原をそんな目に遭わせたくない。」と反対する五十嵐。ところが、直ぐにその危機はやって来ます。たまたま昇太郎に助けられて危機を回避するのですが、中原くんも「大事なモン…見せびらかすだけじゃ駄目なんだって…」ということがよく分かったと言い、しばらく二人の仲は秘密に。学校ではこれまで通り、友達。イチャつくのは二人きりの時だけ。という約束をします。
五十嵐が、中原くんにさり気ないデザインのピアスを贈ります♡ この男はこういうの好きですねー。元カノにもお揃いのリングあげてたし。(それを別れてからも後生大事に持ってたことを根に持ってるよ、私は‼︎ )この件で、いい仕事をした昇太郎は、わだかまっていた気持ちを初めて五十嵐に話すことも出来て、五十嵐は部活に戻れることになります。中原くんとの二人の時間は減ってしまうけれど。

中原くんは、自分では気づいてないけれど。五十嵐の心の鎧をどんどん解いて行ってあげている。弟の葵への気持ち。葵は葵で、自分には野球しか無い、と焦る気持ち。それはかつて、五十嵐が、親の期待に応えられず、進学を失敗して、空っぽだと絶望した頃のように、ということを知る。きちんと弟と話すことも無く過ごして来た五十嵐が、中原くんのおかげで、話すこと、分かりあえることが出来る。この巻の終わりで、葵には危機が訪れるが、それは次巻へ持ち越される。ああ、葵くんはとっても良い子なので、どうか、どうか、無事であって欲しい‼︎‼︎

あ、中原くんが、葵くんと初めて会った時、「初めて会った時の五十嵐に似てる‼︎」と思うんですけど、それは無いです⁈ 初めて会った時の五十嵐は、そもそも今と別人なので。ゴツかったし。

昇太郎も中原くんを好きになっちゃわないかなぁ。って、ちょっと期待してたんですが、それは無さそう。もぅ、これね、BLじゃなさそげですし。
カケルさんに隠し子疑惑⁈ とか、五十嵐の冷たい家族関係(父は警察官僚)とか、家族のカタチや在り方を問う物語にもなっていて。このまま、非BLになりそうな勢いですが、楽しみに待ちます‼︎

二人の行った神社の御神籤が可愛い。『恋愛 : 愛しぬく事』なんて、見たこと無いよ。
けど、これはこれからの中原くんを暗示してると思う。きっと、何があっても大丈夫。中原くんは愛しぬいてくれると思うんだ。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ