俺の可愛いムチムチ天使☆ 溺愛ヘタレな編集×豊満ボディの元水泳選手

ゼリープール

jelly pool

ゼリープール
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
38
評価数
12
平均
3.3 / 5
神率
8.3%
著者
再田ニカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
ISBN
9784040699363

あらすじ

スポーツ雑誌の編集者・赤池と元・競泳選手の陣は、
雑誌の連載がきっかけで知り合い、紆余曲折ありつつも
ラブラブな恋人同士になった。

ある日、陣の実家であるスイミングクラブへ見学に行くと
アルバイトとして来ている学生水泳選手の潮に出会う赤池。

しかし、突然2人の間を阻むように
赤池は潮に睨まれてしまい――…!?

「フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL」の人気作
『メロウブック』の続編が登場!


現地ガイド×植物学者の旅するジャーニーBL
『トワイライト・ガイド』を同時収録★

表題作ゼリープール

赤池 スポーツ雑誌の編集
陣 元競泳選手

同時収録作品トワイライトガイド

カロ ガイド
ヨルン 研究者

その他の収録作品

  • メロウブック
  • アフタープール
  • アフターガイド
  • あとがき

レビュー投稿数3

作家買い

大変良い雄っぱい。
元水泳選手の陣さんが、どっちかというと水球選手じゃないかと思うくらい肉感的で格好良い。何を着てても隠せない重量感が素晴らしい。

大型わんこな陣さんも可愛いが、最初からずっと誠実で陣さんのことを思ってる赤池さんも好感が持てて良かった。
赤池さんが陣さんから告白されたとき、自分もゲイだし陣さんのことが大好きだけど、編集者として支えると決めていたため断るところがいい人だなと思った。

1~3話で、陣さんがずっとクローゼット(ゲイを隠して生きてること)だったことが分かっているので、水泳一筋で生きて来ておそらく初めての告白+カミングアウトする陣さんの心境を考えると、赤池さんOKしてあげて!!!と凄く言いたかった。

時系列的にも出版年的にも最初に来るはずの「メロウブック」が4話に来ているのは、上記の効果を出すためかなと思った。


同時収録の短編「トワイライトガイド」も言うまでもなくムッチムチの雄っぱいで申し分なかった。

1

豊満ボディで可愛いのはズルイ!

いやー…………。
先日読ませていただいた『マンチ!』が良かったので
こちらも購入致しましたら
なんですかこのあてられっぱなしな感じは…!!ww
『メロウブック』が二人のなれそめ編というか付き合い始め編ですけど
表題作が先の収録になっていても問題ありませんでした。
むしろこんなラブラブな二人なのに
赤池さんが陣くんを振っちゃったことがあるの!?と驚いたので
そこも読めて満足です。
とぉにかく陣くんのムチムチっぷり!!
現役時代より少し太ったとかそんなの気にしないでそのまま赤池さんを包んであげて!
赤池さんは誠実で小柄だけど頼れる男だし
陣くんは大きな体躯のわりに素直でちょっと泣き虫さんで可愛いったら…。
受けが泣き虫なのは得意じゃなかったんですけど、陣くんはいいなぁ。
愛想のない(でもいいコ)潮くんの登場は二人の間に波乱を巻き起こしてしまうのか?と少し期待しちゃったんですが
ただ単に二人の想いを再確認的な、まさにばっちり当て馬枠で可哀想だったなぁ。
潮くんもどなたか素敵な男性と出会えたらいいなと願っています。

陣くんパパの愛も深くてうまくいき過ぎ感は無くも無いですが(どっちだ)
だって陣くんのお父さんだからね…と納得です。優しい。
そうなると赤池さんの親御さんはどうなんだろうと気になりましたが多分大丈夫でしょうね。

同時収録の読み切り『トワイライトガイド』こちらも好きー!!!
異国のガイド・カロ×植物研究員・ヨルン、どちらもナイスなガタイで眼福!!
“最初のうちはぶつかったり色々あったけど”という、そこ重要!!!読みたい……(泣)
ぶつかり合ったのにHするまでの仲になるのって最高じゃないですかぁ…。
でも離れたくないと泣くヨルンも(受けが泣き虫なのh)褐色の黒髪で頼もしいカロも幸せそうで良かったです。
あ~~~もう可愛い!!!

1

筋肉!雄っぱい!!!

なぜこの作品に発売から2か月も経ってレビューがないのか不思議です。

固定のファンの方も大勢いらっしゃる作家さんだと思うのですが…。

読み終えて、全体で言えば




甘酸っぱい可愛らしい雄っぱいBL






ですかね…w

もにょもにょとした雰囲気もあるのですが、攻めの赤池君(体格小)の漢らしさ、受けの陣君(雄っぱいちゃん)の可愛らしさ。

そして潮君…彼は中々に今後の妄想させてくれるおいしいキャラでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う