君と僕と世界のほとり Phrase1 ふたりぼっちクリスマス【BLCD】

kimi to bokutosekainohotori Phrase1 futaribocchi no Christmas

君と僕と世界のほとり Phrase1 ふたりぼっちクリスマス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

58

レビュー数
1
得点
54
評価数
13
平均
4.3 / 5
神率
76.9%
媒体
BLCD
作品演出・監督
伊藤裕史
音楽
ナカシマヤスヒロ
脚本
久礼野ハジカ
原画・イラスト
尾賀トモ
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
ポニーキャニオン
収録時間
88 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

PONY CANYON×GINGER BERRYが贈る音楽から始まるオリジナルBLソング&ドラマ CDシリーズがスタート!
“六花市"という同じ街を舞台に描く親友同士の恋、偶然みつけた恋、幼なじみの恋。
まっすぐ一途に、恋を諦めない彼らを一緒に影ながら応援しませんか?

「クリスマス」「バレンタイン」「卒業」というふたりの特別なアニバーサリーをテーマにした
『主題歌とエンディングのデュエットラブソング』と
『切なく揺れ動く彼らの恋心が溢れ出す瞬間から想いが結ばれるドキドキ初Hまでをたっぷりと収録したドラマ』
をお届けします。

■Phrase1 ふたりぼっちクリスマス ストーリー
上川詠司(CV:小野友樹)×小久保冬也(CV:八代拓)
冬也と詠司は5歳離れているけれど、毎日一緒に犬の散歩をし、会えない日には電話して、
誕生日もクリスマスもふたりで過ごす、まるで兄弟みたいな大親友。
なのに父親の会社を継ぐ勉強のため詠司は東京の大学に進学し、冬也はひとり地元に取り残されてしまう。
そんな彼らが迎えた3回目の冬休み。
久しぶりの再会を心待ちにしていた冬也だったが、帰省してきた詠司に突然キスをされ……!?

表題作 ふたりぼっちクリスマス

上川詠司 → 小野友樹

小久保冬也 → 八代拓

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

悩んだけど買って正解でした。

歌とドラマという新しいコンセプト、というとこでミュージカルみたいなのかな?突然歌い出したりするのかな?と思って、ちょっと買うのを悩んでいたのですが…正直に書くとPhrase3に松岡さんのお名前があり、相関図を拝見してシリーズ購入を決めました。
結果、買って良かったです。
キャスト様は言うまでもなく、ストーリーもしっかりしていますし、エッチの時は音楽がなく、お二人が歌われている楽曲は章と章の間に流れる感じです。個人的に小野さんの歌声好きなのもあって、楽しめました。楽曲は二枚目にまとめて入ってますので歌だけを聴くこともできます。
ストーリーは、小野さん演じる詠司が6歳年下の冬也に長年片想いしていたのが、ついに溢れて…という流れで、二人の出会いや過去のエピソードを挟んで進みます。八代さんは小学一年生をはじめて演じられたとのこと、かわいかったです。
冬也は純で無垢な男の子で、詠司は冬也の初オナニーを手伝ってあげた時に、自分が勃ってしまい、冬也との距離をとろうと思います。それで東京の大学を選ぶんですね。いや~拗らせてますね、わたしの大好物です(笑)
詠司の冬也に対する愛はすごくて、終始ぐいぐいきます。小野さんのぐいぐい感良かったです。
初のエッチはニセコのホテル。冬也は詠司に対する気持ちが自分でも分からないようですが、最終的には好きってことで落ち着いて、詠司良かったね、と共感しました。

最初のほうで、冬也のバイト先のパティシエに村瀬さん登場してまして、「セックスしちゃえ」とアドバイス?してくれてます。
そんな村瀬さん主役のPhrase2も楽しみです!

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ