愛がしたたる一皿を

ai ga shitataru hitosara wo

愛がしたたる一皿を
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
7
得点
62
評価数
17
平均
3.8 / 5
神率
35.3%
著者
Si 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
葛西リカコ 
媒体
BL小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥689(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784778126353

あらすじ

フレンチシェフの水崎には、十代の頃、母が殺人鬼に食われたという凄惨な過去があり、そのせいで人との接触が苦手だ。ある日、水崎は新規の客に自分の血が入ったソースを出すという最悪の失敗を犯す。だがその客、フードライターの桐谷は料理を大絶賛した。優雅だが強引に距離を詰めてくる桐谷を、苦手にも好ましくも感じる水崎だったが、彼が例のソースの「隠し味」――水崎の血の味に魅せられていることを知り……。

表題作愛がしたたる一皿を

桐谷貴洋、フリーランスのライター
水崎侑也、フレンチシェフ、30

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

猟奇的で官能的

これほど“食べること”が“性的”に感じたのはこの本が一番でした。
シェフのお話なので勿論調理シーンや食事シーンが多数でてくるのですが、その際の表現がねっとりとしっとりと、そしてどこか少し猟奇的でそれが物凄く官能的に感じました。

ネタバレは控えたいので簡潔に済ませますが、あらすじにも書いている通り、主人公が血の入ってしまった料理を誤って出してしまうわけです。

一滴の血から魅せられてしまった男性と、自分の母親の「食人家に食べられる事件」とその他諸々の出来事が重なり、終盤には「自分の体液は美味しくて魅せてしまう」と信じてしまっているところも狂っていて、そこが良かったです。
比喩表現をそのままの意味と勘違いしていたことがわかった時も可愛すぎました笑

また母親の事件の話が解決するので、サスペンス要素もあって続きが気になり一気に読んでしまいました。
本当に引き込まれて気づけば少し泣いてしまいました。笑

しかも最後のシーンがまた究極に愛が溢れていてしかもすごく官能的で……たまりません。

主人公の愛についての考え方が、そういう愛の表現があることが素敵で感慨深かったです。
また、2人が大人なので当然なのですが感情の起伏が激しくなく読みやすかったと思います。

他の方も言っていますが、ある意味究極の愛、まさにその一言に尽きます。
本当にクセがあると思うので、食人などの表現が苦手だったり猟奇的な表現が得意でない方は少し控える、または心構えして読んだ方がいいのかなと思いました。

2

食べること、愛すること、殺されること

激しく猟奇的な匂いがしますが、ある意味、究極の愛のお話と思いました。
『身も心もひとつになりたい』と思うってこういうことなのかも。
怖さにゾクゾクしながらも、ラストの落ち着き先は「愛だね」としか言いようがない。本当に不思議な手触りの物語です。
よく言う『奇妙な手触り』のお話が好きな姐さま方はご一読をお薦めします。
「ゾクゾク、うひゃ~ぁ」と思いながら読んで、事件が解決してホッとした後に「ゴゴーン!」と来る感じ。

水崎は料理人だった母を人肉食の目的で殺されています。
あまりにもショッキングな出来事だったので、そのことに対する記憶が曖昧になっているんですね。
成人してシェフになり、自分の店を持った水崎は度々母の夢を見るのですが、この夢の内容が凄い。食材の鳩になった自分が母の手の中で、調理される為に首に針を刺されようとする夢なんです。

これが何度も繰り返し作中に出て来るんですが、フードライターの桐谷と愛し合う様になると、夢の中で母は桐谷に変わります。
この夢がなんとも言えずエロティック!
物語の中には激しい濡れ場があるのですけれど、その全ての濡れ場が束になってかかってきても負けないくらい、エロティックなんです。

水崎の料理を絶賛し、足繁く水崎の店に通い距離を詰めてくる桐谷に水崎はどんどん惹かれていくのですが、桐谷が絶賛した料理とは、誤って水崎の血が混じってしまったソースを配した一皿だったんですね。
おまけに彼は水崎とキスをすると、我を忘れた様に水崎を噛んでしまうんです。
……母の死因を考えると、これ、かなりヤバイでしょう?

でも、事件以来、人に触れることが出来なかった水崎が初めて触れることが出来た人であり、独りで調理だけを喜びとして生きていこうとしていた水崎にとって、桐谷は『ただ一人の人』なんです。
彼との関係に填まってしまった水崎の前に、母の事件を匂わせ、今度は自分がその標的になるかの様な不穏な出来事が起き始めます。

この辺の組み立てがねー、上手いんですよ。
サスペンスとしての『ゾワゾワ、ザワザワ』と同時に、寄る辺ない水崎が必死に桐谷に縋ろうとする孤独感や、死んでしまった母に対する強い思慕の想いが交錯してとても読みごたえがあります。

何と言っても、水崎の周りで起きていた事件が解決してからが凄いのです。
って言うかこのお話のキモは、尺にしたら1割程度の最後の展開ですよ。
凄いだけじゃなく、エロい。
やっていることがエロいと言うよりは、その心のあり方がエロいんですよ!

繰り返しになりますが『奇妙な味(料理の話じゃないよ)』を持つ物語がお好きな姐さまには、たまらないほどの読書の快感を与えてくれる物語です。
まだの方は是非ご一読を。

3

魔性受けだなぁ。

何だろう一気に読まさせられました。

エロいエッチしてました。そこ重要ですよね。BLですもの。

でも、これサスペンス小説みたいでした。
ちゃんとエロいBLサスペンス小説です。
そういう意味でも読まされてしまったんですよ。グイグイと。
なのでネタバレは数行程度にとどめます。
美食倶楽部なる危ない部活動?の謎は残されたままに終わってしまう。
サスペンス劇場も楽しめます。

水崎って天性の魔性って感じの受けだと思いました。
桐谷は水崎の天性の魔性に抗うことなく吸い寄せられていく感じの包容力攻めって感じ。

挿絵がドンピシャでした。すごくイメージに合ってた。これ重要でした。

2

キスとは食べられることらしい

リカコ先生=マストバイで何にも下調べしなかったら、おわ、ちょっと怖かった。「血が苦手な方はちょっとだけ覚悟いるかも」な本編260P弱+あとがき。濃厚な心理的恐怖、じわじわ怖いというお話的に凄かったので萌2.料理の美味しそう記載に加えて食材に対する意識等で、お仕事話的面白さも感じましたがやっぱり怖さの方が上か。

割烹料理屋を営んでいた料理人の母を15歳の頃に殺されたフレンチシェフの水崎。事件の後遺症で軽度の接触障害が残っていたため、思い切って一人で切り盛りできる自分の店を構えています。路面店ではない等収入の面ではやはり難しい状況の中、ある週の中日、20時頃に30代前半の男女が来店し、メニューのここからここまで♡といった注文をし・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受け母(受けの思い出話で登場)、秋場(受け店のビルオーナー&ギャルソン、70代)、源河(有名な美食家)等。

**濃厚なビーフシチューのような内容について

庶民なので、ビーフシチューかレアぐらいしか思いつくものがなかったのですが、口の中にいれるとじゅわっと感じる赤み残るお肉の味。あれです。あのお肉を食べた直後に濃厚キスしたような、食欲、性欲等の本能直撃という印象のお話に、人肉食べる話が絡むので、個人的にはめちゃくちゃ怖い・・・・・ちょっとデカいお肉はしばらく無理(涙)。

殺す方に楽しみを感じているというのではなく、美味しくいただくという方向に全力を傾けているだけという記載なので、夢見悪いとまではいかず助かりました。美味しいお肉はやっぱり美味しいしね・・・そしてそういう記載はそんなに多くなく、血の味にエロティクスを感じるというのがとっても得心のいくお話になってます。甘っちょろいお話ではなく超パンチあるお話なので、そういう意味では好感度大。

ジビエ料理が好きな方とかも興味津々では。

そして最後の数行の記載がこれまた怖い。年齢的には無理だと思うのですが、まじで「え!!!まさか!!!」と一瞬疑いました・・・・Si先生、次回作も読もうと思います。

2

官能的

読み物として面白かったです。
ごはんものですが、美味しいもの食べてほのぼの甘々系とは程遠く。
食欲が性欲に通じるエロティクス。
猟奇的なエピソードもあるので、苦手な方はお気をつけ下さい。

性欲≒食欲。
料理する=生き物を殺して食べる。
それらが絡まり合って、背徳的で官能的で、読んでいてとても面白かった。
エッチシーンもエロかった。

猟奇的なネタが絡むので、バットエンドか!?と、途中で思う瞬間もあったのですが、攻め様桐谷がいい男でした。常識的。
2人は寄り添って生きていくんだなと思いました。
しかも、あっさり大団円ではなく、
あれ?と思う描写がありまして。
なにもかも予定調和でなく、一歩間違えば…を含みつつも平穏な日常を選んで生きていく感じの終わり方がとても好きでした。

手にとって良かった。
ボリュームあるので何回も繰り返し読みたい作品とはちょっと違いますが、自分的には名作だと思いました。

2

愛とスリル食サスペンス!!!

凄い作品だった。というのが読み終わった感想ですが、普段一気読み派のわたしですが、少し読んでは手が止まり…の連続でした。


正直、萌えたかというと萌えてません。

受けのシェフは過去に母親を連続殺人鬼に食べられているといて常にほの暗いイメージ。夢に見る食べられそうな(食べられる)鳩を自分に重ねてる部分なんてもう可哀想やら不憫やら怖いやらで…

対して攻めは至って普通の男性に思えました。こちらにも癖があるとそれはそれで…なのですが。



致してる時の噛み癖なんて普段なら素敵なエロスパイスなのにこの作品では過去の事件を彷彿とさせながら夢の暗示かとも思うし全然萌えない!!



恐らく読み返すことはないと思いますが、とても練られた作品でとても面白かったです。


「食べる」ということと「愛」が深く結びついている作品でした。


「食べる」ということでは、攻めも受けの愛と彼自身を頂いてますが、受けもまた然りではないかなーと。

サスペンスが最終的にエロティックに思えました。


それにしても、人間の食への渇望は怖いよ……!!
本当にありそうで怖いよ!!ブルブル……


葛西リカコさん目当てで購入した初読み作家さんですなぜひ前作も手に取りたくなりました。


4

怖いよ・・・! 怖すぎるよ!!

デビュー作が面白かったので購入しました。
で、めちゃくちゃ面白かったです。
こう、恐ろしいのにページを捲る手を止める事が出来ない系の面白さなんですけど。

こちら、ダーク寄りでラストも完全なハッピーエンドとは言えないんですよね。
で、二転三転しながら、予想外の方向に転がるストーリー。
奈落に落ちて、這い出たと思ったら、そこもまた更に深い奈落でしたみたいな。
まぁでも、これもまた究極の愛の形。
ガツンとやられた作品でした。

内容ですが、美食家のフードライター・桐谷×トラウマ持ちのフレンチシェフ・水崎による、ダークよりの料理ものになります。
サスペンス要素もありです。
料理に絡めつつ、ちょい残酷な描写もあるので苦手な方はご注意下さい。

母親を殺人鬼に食われたと言うトラウマから、人との接触が苦手なフレンチシェフの水崎。
ある日、自身がオーナーの店で、新規の客であるフードライター・桐谷に、自分の血が入ったソースを出すと言う最悪のミスを犯してしまいます。
しかし、そのソースの味を絶賛する桐谷。
彼は、それが水崎の血の味だと気付かず、「隠し味」に魅せられていてー・・・と言うものです。

こちら、序盤での水崎ですが、シャイでごくごく普通の青年に思えます。
始めて半年のフレンチレストランがなかなか軌道に乗らず、悩んだりしてる。

そこに現れた新規の客・桐谷。
フードライターである彼が、水崎の店を雑誌で紹介した事から、店は繁盛しはじめてと言った流れ。

で、例の隠し味が入った料理を食べた桐谷の反応なんかがですね、ちょっと怖いんですよ。
厨房まで押し掛けて、興奮しながら食い気味に「あなたの料理に感動した」みたいな。
いや、読者としては「隠し味」の正体を知ってるだけに、不気味に感じられちゃうんですよね。

ここから「隠し味」の正体を告げられぬまま、優しいのに強引に距離を縮めてくる桐谷に、惹かれて行く水崎ー。
桐谷と初めてのセックスを経験します。
すると、彼とのセックスに溺れて行く・・・。

何だろう・・・。
ストーリーがですね、二転三転するんですよ。
こう、どんどん予想外の方向に転がって行くと言うか。

そもそも、最初は桐谷に、ちょっとゾッとしたものを感じるんですよね。
「ごくごく常識的な青年」と言う水崎の視点で進むのですが、最初の隠し味に始まり、キスでも、水崎の体液に執着するような桐谷の言動にうすら寒くなると言うか。

それがですね、薄皮が剥がれるように、徐々に明らかになる水崎の「異常性」。
あれ? まともなのはどっちで、おかしいのはどっちなんだ?
と、これまた背筋が寒くなってくる展開。

もうダメなんですよ。
この時点でめっちゃ嫌な動悸がしてるのに、ページを捲るのを止められない・・・。

で、ここに絡む、母親を殺して逃げおおせた殺人鬼ー。

先にも書きましたが、サスペンス要素もありなのです。
かなりヒヤヒヤさせられ、ホッとしてからの、またゾッと来る展開。
落として、上げて、また落とすみたいな。
怖いよ・・・! 怖すぎるよ!!

で、なんとも言えないラスト。
もう、こう来たかーって言葉しか出て来ないんですけど。
でも、これが究極の愛でもあるんだなぁ。

この作家さん、デビューして二作目なんですよね。
デビュー作でも思いましたが、強烈です。
好き嫌いは分かれるかも。

ただ、こういう作風って、ここ最近の新人さんにはおられないと思うんですよ。
大御所さんだと何人も思い浮かぶけど。
これから大物に化けそうだなぁと期待しています。

13

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ