僕たちの背に翼はない

bokutachi no se ni tsubasa wa nai

僕たちの背に翼はない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
七条楓華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL小説
出版社
ゴマブックス株式会社
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

ルーヴル美術館の、自分のいちばん好きな絵の前で偶然出会えたら、それは運命の相手。
二十世紀初頭、パリ。貧乏画家テランスは金のために名画の贋作を描いていた。犯罪に生きる罪悪感に苦しみ、孤独な生活を送る彼の前に、謎めいた美少年が現れた。それは身を焦がす熱情の始まりだった。「愛して失ったとしても、愛を知らずに終わるより良い」。狂乱の時代の香り漂う耽美系小説。
小説投稿サイト「トークメーカー」にて開催されたゴマブックス新人賞の最終候補作品賞受賞作品。

表題作僕たちの背に翼はない

テランス・ソワイエ・画家
アスティ・詐欺師の弟子

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

オム・ファタール

一言で行ってしまえば、ファム・ファタールのお話です。
お話全体は暗くて『行き止まりの路地裏』感……全くもって救いがない。
洋書の雰囲気を出すためかもしれませんが仕様が横書なのも、慣れるまでは戸惑いました。
大変失礼な言い方ですが、こういう純文学風の味付けに『中二っぽさ』を感じて鼻白む方もいるかも、と思うんですね。後味も最低だし、誰もが面白いと思う本じゃないんじゃないかと。

ただですねぇ、ファム(正確には『オム』ですが)・ファタール役のアスティが、光り輝く部分があるんですよ。
全体のトーンが暗いから、その対比で此処が異様にきらきら見える。
きらきらしているのはとても短い時間なので、その後の闇がさらに深くなるといった具合なんです。
私はそれに魅せられちゃいました。

エコールド・パリの時代、画家の卵であるテランスが食べるために贋作を行ない、その縁で「詐欺師の弟子」と名乗るアスティと出会います。最初はただの使いっ走りの子どもだと思っていたテランスですが、アスティの洗練されたふるまいや、美術に対する造詣に目が奪われる様になります。
画家仲間の1人がパリ王立美術協会の賞を取った日、絶望に喘ぐテランスは自分の一番のお気に入りの絵の前に行きます、そこでその絵を観るアスティと出会い、自分がこの少年に恋をしていることに気づくのです。
その直後、テランスは高熱で倒れます。
アスティはテランスの看病をした後、忽然と姿を消してしまいます。
テランスは心をこめてアスティの肖像画を描きます。
それはテランス渾身の一作となるのですが、取引をしている詐欺師から「アスティは犯罪に関わっているので、その絵を売って欲しい」と強く言われてしまい……

冒頭にも書きましたが、本当に救いのないラストなんです。
「ガーン!」ですよ、もう。
『June』時代の耽美小説みたいな匂いです。
作者は多分お若い方だと思うんですけれどねぇ。
時代は1回廻ってまた同じ処まで戻ったんですかね?
当時の小説がお好きな方は、ひょっとしたら好きかもしれないと思いますです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ