コミック

  • The Sexy Live Show-憧れのえっちなお兄さんと5日間-

The Sexy Live Show-憧れのえっちなお兄さんと5日間-

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作The Sexy Live Show-憧れのえっちなお兄さんと5日間-

愛叶,大人気AV男優,α
宇喜田大地,27歳,冴えないオタク,α

あらすじ

お風呂も、トイレも、セックスも、全部が撮影されている!?

セクシー男優が一般人と一緒に暮らすWeb企画に当選。
ただのバラエティ番組じゃ終わらない、ヒミツだらけのシェアハウス
 AV界の貴公子×鈍臭い庶民

体の火照りが止まらない濃密な4泊5日
コミュ障・ソバカス・恋愛経験0、なんの取り柄もない底辺男子・宇喜多大地(うきただいち)。
毎日の生活に息苦しさを覚える彼の元に、一通の手紙が届く。
それは心のオアシス、AV男優・愛叶(あいと)とおくる同棲企画への当選通知。
憧れの人のそばにいられるだけでも夢見心地なのに、
「君は自分の魅力に気づいていない」と愛叶に押し倒されてしまいーー!?

昨日までは童貞処女だったのに、昼も夜も愛叶の洗練された性技に腰砕け
スタッフやカメラの死角で繰り広げられる、スリル満点のラブライフ、スタート!

作品情報

作品名
The Sexy Live Show-憧れのえっちなお兄さんと5日間-
著者
蜂巣 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
ISBN
9784865893571
3

(57)

(8)

萌々

(7)

(23)

中立

(15)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
10
得点
152
評価数
57
平均
3 / 5
神率
14%

レビュー投稿数10

ギョーカイものエロBL

「オメガバース」を謳っていますが、実際のところはその設定はあってもなくても良い一冊でした。このシリーズから出すために無理やり設定くっつけました……という感じ。

だからがっつりと「オメガバース」の世界を期待して読むと、肩透かしを食らうかもしれませんが、そういうの関係なく、「セクシーな男優」と彼に憧れるパッとしないヲタクくんのエロティックラブコメと捉えて読むと、普通におもしろいと思いますよ。

ソバカスで自信なさげな頼りない青年が、抱かれることで艶っぽくなっていく様子はなかなか良いと思いました。

5

オメガバース設定を活かしてほしかった

α同士のカップルというのはオメガバース漫画としては珍しいので期待したのですが、その設定が全然活きていませんでした。
αなのになんの取柄もない凡人の大地。憧れのAV男優・愛叶との同棲企画に当選。一緒に居られるだけで嬉しかったのに、愛叶の方が積極的に迫ってきて…というお話。
あまりにも予想通りの、ある意味少女漫画的展開。攻めがAV男優だから少々エロい場面が多い以外は引っ掛かりのないシンプルさ。
なぜ愛叶は大地に執着するのか、説明は一応あるけど、あまり納得いかず。その部分をもっと掘り下げてもよかったと思う。または、同棲期間中に愛叶が大地に惹かれていく場面を十分に描写するとか。全体的に説得力がないんですよね。
あまりにも上手く行きすぎの関係なので、続編がもし期待できるなら、「魂の番」(もしくは圧倒的な魅力のΩ)の登場で、この二人の関係を揺さぶってみてほしい気はする。

4

オメガバース?

お話自体は悪くないと思います。
でも、本当にオメガバースの設定が何も活かされていないです。
せめて、α×Ωで運命の番の方が良かったのではないでしょうか?
α×αはただでさえハードル高いですからね…

お互いに惹かれる理由はなんとなくわかったし、大地の背中を押した友だちもとてもいい子たちだったし、オメガバースでなければ十分納得できた内容だったと思います。

結構あっさりくっついてしまったので、もう少し盛り上がる部分があったら尚良かったのではないでしょうか…

1

冴えない童貞処女αだけど、えっちなお兄さんに愛されちゃって…

αなのに、学業もスポーツも苦手でコミュ障、
顔はソバカスだらけで、恋愛経験もなく童貞処女。
そんな冴えないα・大地の癒しといえば、AV男優の愛叶くらいでした。

ある日、大地の元に一通の手紙が届き、
愛叶との5日間の同棲企画に当選してしまいます。

ずっと焦がれてきた愛叶との対面に緊張する大地だけれど、
目の前に現れた本物の愛叶は地味な大地にも笑いかけてくれ、
二人でごはんを食べ、デートをして、たくさん話をして、
同じベッドで眠り、大地を優しく抱いてくれました。

一緒に過ごせば過ごすほどに愛叶を本気で好きになって
いってしまう大地ですが、残酷にも期限の最終日がやってきてしまい…

冴えない主人公が憧れの王子様に見初められ、
愛されるというシンデレラストーリーでした。

親や周囲から背を向けられ、ずっと自分に自信のもてなかった
大地が愛叶と出会い、愛されることでようやく自分の居場所を
見つけることが出来てよかったです…

物語としてはややすんなりいきすぎているような感じがしたけれど、
二人が再会し、夕焼けを背景に抱き合うシーンはロマンチックでした。

ただ、先行レビューの指摘通り、このお話がオメガバース
である必要性はあったのかなというのは私も感じました。

大地と愛叶は互いにα同士ですが、だからといって、
特に二人がポジションを争うというわけでもなく、
Ωの当て馬が登場するでもなく、α同士の恋が障害に
なるわけでもない。

主人公がαなのに冴えないというギャップ付けとしてでしか
オメガバースの設定が物語の中で活かされていないなぁ…と。
最悪、オメガバなしでも成り立ちそうな世界観に思えてしまいました。

1

オメガバースの設定は必要あったのでしょうか?

キャラクターの設定が面白そうだし、蜂巣さんの1冊目が絵も綺麗でエロくて面白かったので期待して購入したのですが、全体的に話の展開が唐突なせいなのか、読んでいても作品の世界観に浸ることができませんでした。
オメガバースプロジェクト作品なので楽しみにしていたのですが、設定が全く生かされておらず、台詞だけで強引に入れている、といった感で残念でした。
あと、絵が1冊目と比べてだいぶ荒くなったような気がします…。そのせいか、エロシーンもあまりエロを感じなかったです。

期待値が高すぎたのかもしれませんが、それだけに残念な1冊でした。

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP