痛ぇのと気持ちいいの どっちがいい?

トスカの狗

tosca no inu

トスカの狗
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
75
評価数
22
平均
3.6 / 5
神率
27.3%
著者
乃一ミクロ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784865544596

あらすじ

若頭(硬派な兄貴肌)×若頭(強気な美人)
仁義とプライドの狭間で揺れる任侠愛

関東の一部を仕切るヤクザの敵対組織、黒田組と桐ヶ谷組。
とある事件をきっかけに、両者の組は一触即発状態だった。
何としても抗争を避けたい桐ヶ谷組の若頭・仁科智也は、黒田組若頭の黒田冬史にある取引を持ちかける。
代償は自分のカラダ。
仁科は口封じのため、誘惑するようにその身を冬史に差し出すがーー。
仁義をかけた男たちの世界で、駆け引きと快楽が交差する! 

表題作トスカの狗

黒田 冬史,渡瀬 冬史(黒田組若頭)
仁科 智也,日野 湊(敵対する桐ヶ谷組若頭)

その他の収録作品

  • after story

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

お薦めです!

ストーリーも絵も良かった!!
ラノベの挿し絵も凄く好きだけど、漫画だとこんなにも良いんだと思いました。

0

再会ラブ。。。

「若頭×若頭」っていうのと表紙がどちらもドストライク過ぎてちょっと期待が高かったというのもあるけど、なんかアッサリ読み終わった感じでした。

大組織の直系である黒田組の若頭黒田は期待通りのお方でしたが、
穏健派桐ヶ谷組の若頭仁科は組長の意を継いでなんとも柔らかい感じ。
武闘派とは縁遠くだけどインテリヤクザって感じでもなく。
そもそも、すんなり黒田に股開いたのにはびっくり。。。
ビッチなわけでもないの。処女はもう少し大切にして欲しかった(?)

そして組を相手に揉め事を起こそうと企てる輩がなんともアホだった。
二人には痛くもかゆくもないレベルの雑魚感がハンパなかった。。。

あと、ヤクザモノに欠かせない入れ墨が、暈してあるのが残念だった。
なんか途中からヒョウ柄に見えてきた。


でも・・・・黒田がめっちゃかっこよかったんです。
顔が!性格が!

3

絵は綺麗なんですが、ストーリーはヤクザらしさが欲しかった…

表紙絵に惹かれて購入しました。
私はこの作品で乃一先生を知ったのですが、小説のイラストで活躍されている作家さんなのですね。
どうりで表紙絵に見とれるはずです♪


一冊まるごと、硬派な黒田と、美形な仁科、敵対しているヤクザ若頭同士のお話です。

敵対といっても、黒田が属しているのは関東大組織の直系団体、かたや仁科の組は街の秩序を守る為に任侠をやっているような穏健派で、規模が違いすぎて、抗争というより小競り合いって感じです。

ただ小競り合いでも下っ端が殺されたので、若頭の仁科自らが落とし前をつけようと乗り込むと、そこに居合わせた若頭の黒田に阻止されてしまう。

仁科は評判の美形で、刺青も入れていない綺麗な身体をしているから、黒田は複数モブレで仁科を痛めつけようとするけれど、下っ端のために耐える仁科に興味を引かれ、自分でやると言い出す。
でも後ろから挿れようとすると、仁科の背中には見覚えのある三日月形の傷があって…


その後、小競り合いのキッカケを作ったのは、仁科に岡惚れしている組内のライバル・五條だと判明する。
黒田組が本気になれば、仁科の組なんてひとたまりもない。
そこで仁科は、誰にも抱かれたことがない身体を黒田に差し出して、穏便に済ませて欲しいと頼み…

仁科は中性的な美形で気が強い、そんな仁科が自分から、黒田のものにかぶりついていくのはテンション上がります♪


そして、仁科は「オレの気が済むまでだ」と、黒田に何度も抱かれる。
そこまでして組を守りたいのかと、仁科の組への忠誠心にはグッときたけれど、仁科は顔は綺麗でも内面はそこまでお綺麗じゃない。

それは、組にとって危うい五條を排除するための、仁科の捨て身の策略。
五條が黒田を狙えば、黒田が五條を消してくれるから、仁科は仲間殺しの禁忌を犯さずに五條を排除できる。
五條はまんまとワナにはまって、黒田を刺してしまい…


五條は組内で成り上がって、仁科を自由にしたい。
組同士を不穏にし、仁科に策略を張らせる、物語を動かすキーパーソンです。

でも、大組織の重要人物を刺したら、報復されるってなぜわからない?
成り上がる組が吹っ飛ぶどころか、自分の命だってあぶなくなるよね?
しかも、あえて浅く刺したのが何故かわからない。
そのおかげで黒田は命拾いをしたのだけど、黒田の生死に関わらず報復は変わらないと思うのだけど?
五條、見た目は狡猾なのに、なんでこんなにバカなんだ???


双方の組長も良い人系で、すべて丸く収まる大円団には、ヤクザの仄暗さも感じられなかったのが残念。


黒田と仁科が別の名前だった時の忘れらられない思い出、再会してからの気持ちの動き、それは綺麗な絵で読ませてくれるのですが、ストーリー構成はもう一歩作りこんで欲しかったなぁと思います…

0

ちょっと残念かな…

初読みの作者さまでした。ヤクザもの好きなので購入しました。

描きたい雰囲気は何となくわかるんですが、さらっとしてるというか…どの登場人物も深みに欠けるというか…読んでいてどの人物にも感情移入できませんでした。
仁科と黒田はもともと同じ養護施設にいて、二人はそのときから心を許し会える友達?だったというのが、もうちょっと色々なエピソード入れて欲しかったかな…。
あと、最初の頃に出てきた黒田の組の検索係?みたいな暗い部屋にいた彼…あれしか出てこなかった、もっと絡んでくるかと思いました。

仁科くんはキレイな子っていうのは伝わるし、黒田とお幸せに、とは感じました。

繰り返しになりますが、なんとなくの描かれたい世界観みたいなのは好きなので、次回作出されるようなら読ませていただきたいと思います。なので、期待で萌にしました。

4

あっさりしすぎてた。

うーんちょっと物足りなかった。ヤクザものとも言えないような。

この作者さん刺青好きなんじゃないかな。
表紙とかすごく綺麗に描かれてたので。

で、嫌な奴が出てくるんだけどこれが頭が悪い上に容姿も悪く、性格も悪い。
そいつが殺さるんだけど、あっさりと受け入れられた。
うわ、やっちゃったよ。ぐらいな感じ。

ジーンときそうな組長が亡くなるまでのところとか大きく端折られて、いきなり墓石になってました。

登場人物が何考えてるのか今一つわからず。
受けが攻めを好きそうなのはわかったけど、攻めは受けにどういう感情を持ってるのかわからなかった。
そこに恋愛があるようなないような微妙な感じ。

全体にあっさりし過ぎてるんですよね。
悪くはないけど拍子抜けしてしまった。
とにかく何かが足りない。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ