夏蜜柑◯さんのマイページ

レビューした作品

女性夏蜜柑◯さん

レビュー数2

ポイント数61

今年度242位

通算--位

  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

次回作も読みたい!

軽快ですらすらと読みやすい文章で一気に読み終えることができました。
また物語序盤の濡れ場はじわじわと官能が高まるような湿度が感じられる描写で引き込まれる。
あと年下の攻めがいい味出してましたね。綺麗な顔のイケメンなのにニキビできてオロナイン持ってるし、受けが誤解した時にはその誤解を解こうと髪ボサボサにして息きせき切って駆けつける、人間味のある可愛いキャラクターでした!

その後のストーリー展開には引っかかるところもありましたが、デビュー作!ならば否定的なご意見は声高に叫ぶ必要はありません!次回作も読みたい!それに尽きます!

山場はどこ…?

いつか殺すべき人を、愛した。
嘘だと知りながら、愛された。

こんな素敵な帯がついていたので、思わず購入しました。あらすじを読んでみてもいい感じ!嘘と偽りにまみれた切なく甘いラブストーリーは大好きですからね!…と意気込んで読んでみたんですがあまりにも盛り上がらない!!!例えば大きな壁を乗り越えるために前段階として小さな障壁をクリアしていく、なんて言うのは物語のセオリーですが、今作は小さな障壁の連続で山場がなく、全く盛り上がらなかった。物語の道筋もそのためかよくわからないまま終わりました。私としてはそんなにシリアスでもないしむしろ都合良く進んだ、という印象です。

その原因はいろいろあると思うのですが、まず設定が活かしきれていないのでないかと思います。
兄二人に犯されている受け、そして媚薬を盛られて帰ってきた。その受けに断りもなくキスする攻め…え〜デリカシーなさ過ぎでは?まあ受けも嬉しそうにしてたのでいいのですがその時点であまり性行為というものに受けはトラウマは持っていないのだな、と。その後もあまり葛藤もなく自分から体を売ろうしたり…だったらこの設定いるかな??って思ったり。あと王政打倒を掲げ、受けを裏切ってきた攻めですが、その肝心の王政打倒もほとんど描写なく呆気なく終了してしまい、んー!?山場どこ??ってなってしまいました…

納得できないことが重なってこの評価になりました。

攻めのキャラがいまいち掴めない

攻めはいい人ですね。受けのことが初めから大好きだし紳士だし、優しいし。でもそれだけなんですよね…キャラ立ちがイマイチというか…。いい人キャラが上滑りしていて中身がないように感じてしまいました。
また受けもいい子ちゃんキャラすぎますね…
衝撃だったのが「親バカさん」って言葉…。これはないよ〜。あざと過ぎだし狙い過ぎ…ここで一気に冷めちゃいました…。
カップルどちらも好きになれませんでした。申し訳ありませんが中立〜趣味じゃない評価です。

カム トゥ ハンド コミック

 

恋愛における対等

最高でした…。
教師と元生徒、年上、年下、恋愛における経験の差…この2人って色々デコボコカップルだと思うんです。けれどどこまでも対等な恋愛の形をどこまでも優しく描いてくれたな、と思いました。教師と元生徒というのも恋愛を始める枷となるのではなく出会いの場としての要素として光っていました。この一冊どこをとっても優しいんです。それはなぜか考えたのですがすれ違いがないんだと思いました。恋愛の物語を描くにあたってすれ違いは物語に緩急を付けるためだったりよく使われると思います。しかしその過程ってストレスに感じてしまう事もありますよね…。でもこの2人は大きなすれ違いがない、それはこの2人が変なプライドもなくちゃんと言葉に出せるからであり、2人がどこまでも対等な関係に思えました。とても純粋でキラキラな恋愛模様ほんとうに素敵。私の2020年後期のベスト10入り間違い無いです。

お腹いっぱい!でももっと聞きたい!

待ってました3rdシーズンのコンビネーションCD!指折り数えて発売を待っていましたよ!2枚組で総収録時間なんと2時間36分!!!大ボリューム!
コンビネーションCDはそれぞれのトラックを聞いてから最後のカップルのセックスパートを聞くとあの時言ってたやつこれだ!ってなって楽しいですね。小ネタが効いてて一つのCDとして面白いです!あぁ〜やっぱり男はじシリーズ最高ですね!ありがとうシンジャーベリー!今回も大変、大変楽しませて頂きました!特に語りたいトラックを抜粋して感想を!


track4(藍&八雲)
八雲先輩が江純のこと「ウチの」って言った!ウチの!ウチの(江純)!
かーーーーっ!堪りませんね!八雲×江純カプは結構衝突も多く、言葉遣いとか遠慮のない感じがあると思うんですけど、慣れ親しんだ相手だというニュアンスが伝わってきてこの一言で永遠に萌えてられるんです、オタクなので。最高。オタク楽しい。

track6(藍&響己)
ナナオは男はじシリーズで一番巨根だと思いますが、やっぱり挿れる時ナナオ、キツそうなんだね…!体格差ありがとうございます!上手く緩めてやりたいなんて…藍健気で可愛い〜!でも藍のこと可愛いって言う響己くんも可愛い!!

track8・track9(藍&久世)、 track24(八雲&久世)
藍&久世先輩ペアの会話すごく楽しかった!藍もはじめはナナオのストーカーしてたから久世先輩との相性いいですね。

あと響己くんのこと語る久世先輩ほんと好き。恋人の前に一ファンで、オタクなんです!そうやって神格化して自分が触れることも恐れ多いと思ってるのにその響己くんとセックスしてるんですよ!恋人なんですよ!ヤバイ!

…にしても波多野さん演じる久世先輩が本当にオタクでめちゃめちゃ笑いました(笑)なんだこれ面白すぎるでしょう。ちなみにtrack9の1:36『ここの表情!』ってセリフが一番オタク感で出て大好きです。要チェック!

track22(八雲&響己)
響己くん八雲先輩にただピアノの弾き方聞くんじゃなくて、トレーニングの仕方を聞くのほんといい子。努力家でうちの推しが今日も尊い。


全トラック聞いてMVPは八雲×江純カプですね!最高エッチ!
畳エッチも可愛かったし、耐久セックス中の足舐めで笑い合ってる2人が可愛くて可愛くて幸せだなーと漠然と思いました。この日常がずっと続いて欲しい。このカプ一生推す。2人はカプ推しです。

ただ八雲先輩が江純のことを他のトラックで色々と語ってるんですが、江純って結構自分から誘うし積極的だと思ってましたが、意外と品性方向なエッチばっかりしてるの!?って驚いてしまいました。だって江純、実は2人のセックスこっそり録音してひとりエッチしてるんですよ!?!?八雲先輩が言えば全部やらせてくれると思うから話し合って!!!頼むよ!八雲先輩S味があると思うんですがそういうプレイも是非聞いてみたいです…。でももっと色んなプレイしてみたいと思ってる八雲先輩可愛いですね。ちょっと不憫ですが…笑

今回も最高でしたがまた3rdシーズンのアフターディスクを出してください!お腹いっぱいになるほど楽しませていただきましたが、でももっと聞きたい!また3rdシーズンのみんなのドラマを聞ける日を楽しみにしています。
男はじシリーズとしては次は4thシーズンのアフターディスクでしょうかね…?なんにせよ楽しみです!男はじ大好きだ!

執着攻め

表情には出さないけど受けを絶対逃さないマンの攻めです!溺愛!
裏からあの手この手で受けを逃すまいと策略を巡らせています。終盤で実はそうでしたって展開ではなく序盤から受け攻め両視点で進むので攻めの気持ちも最初からドーンと開示されています。分かりやすく受けが溺愛されるお話が大好きなので楽しめました。
あと個人的萌ポイントは天涯孤独になった受けを攻めが引き取り育てるってところですね。紫の上系のお話も大好きなんです!ただ攻めが受けを好きなった理由がちょっと弱いかな…。尻尾触られて欲情?それだけ?結局は肉欲なの!?いや多分受けにされたからこそ欲情したって言う話だとは思いますがそれまでのエピソードが薄いのでイマイチ説得力に欠けるかなと感じました。

攻めの度量が狭い

いくら独占欲が強いからと言って大人気ない態度に出て受けを困らせる場面が何度かあり、私の中でこの攻めはなし判定です。攻めは別に完璧じゃなくていいし、そこに愛すべき部分があれば痘痕も靨になるわけですが、それがないのでマイナスがマイナスのまま積み重なってしまいました…。せめてプライベートと仕事は分けて!受けが仕事でミスしなかったからよかったもののずっとヒヤヒヤしてました。趣味ではないけど夏乃先生の絵は好きなので中立で。

攻めの感情が分かる!(耳と尻尾で!)

とってもとっても可愛い作品でした!
ワンコ攻めとひと口で言ってもその種類は多岐に渡ります。まさに犬種が如く。
今回は青い目の(重要)シベリアンハスキー攻め。実際に攻めの瞳が青いわけではありませんが、つぶらな黒い瞳のハスキーではありませんよ、と作中で明言されており先生のこだわりが伺えます。そしてこの解釈めちゃくちゃ分かるな、と。
受け視点で進む作品は、攻めはここで何を考えてるのかなーと自分自身も考えながら読むのが好きで、後から攻め視点でその時の気持ちが分かるとめっちゃ萌えなんですがこれは受け視点でありながら、耳と尻尾があることによりなんと攻めの感情までわかってしまう!というなんとも楽しい作品です。攻め視点BL好きさんにも是非オススメしたい。
強面の攻めがスンっとすました顔しながら内心ではすごく喜んでいたり、受けに怖がられてしゅんとしたりしている様子が可愛くてたまりませんね。攻めのことを可愛いと思い出したらそれはもう好きな作品なのでこちらも例に漏れずといった感じです。

全く重くなくひたすら可愛いときゅんの感情に浸れますのでBLに癒されたい時にぴったりですよ。

穏やかに、緩やかに、

丁寧に好きを募らせていく作品です。

原作はまさに丁寧に恋を描いた名作で私も今年はこれ以上の本には出会えないんじゃないかと思うくらい大好きな作品です。そして読み終えた後にもっとこの2人のことを知りたいと思いました。ドラマCDになったらどんなふうに2人は会話するんだろう、どんな上司で部下で恋人になるんだろう、声のトーンは会話のテンポは…と思いを巡らせていました。しかしいざ本当にドラマCDになる、と情報は見た際は不安もありました。自分の想像と違うことが何より怖かった。作者の佐岸左岸先生が絶賛していただけに違うと感じでしまったら自分が原作を読んで感じたものが間違っていると言われるような気がしていたんですよね。思い込みですが。そのため原作ありきのドラマCDがあまり得意ではありません。
しかし聴いて良かった…ドラマCDになって良かったと心から思いました。2人の間に流れる雰囲気、声から滲み出る外川くんの優しさ、好きの感情…細かなニュアンスまでしっかり伝わってきました。あの台詞はこんなに優しい声で言っていたんだなとか原作から想像していた2人の世界観をさらに広げてくれました。ありがとう。

エロ特化の物語ではありません。会話を楽しむCDです。耳から得られる癒し、堪能しました。

(音楽CDでしたら歌詞カードに当たるものに2人の出身地、趣味、好きなもの、嫌いなもの、身長、血液型など簡単なプロフィールが載っています。出身地で悶え苦しんだのでファン必見です)

オメガバースを読み慣れた人に特にオススメしたい!

オメガバース作品は『運命の番』という大きな課題とも言える設定があり、これが作品によっては「運命だから好き」「運命じゃないけど好き」「運命だけど好きじゃない」などなど多様な形で物語を彩っています。
こちらの作品は、多分この2人も運命の番ではありますが理屈もなく惹かれあったりはしません。むしろ受けのトウマは運命だからこそ惹かれたくないと思っています。それは自分の今の生き方を尊重したいとトウマ自身が思っているから。とても自立したオメガなんですよね。だから最終的には恋人になる2人ですが番いにはなりません。これってすごく新しくないでしょうか!!!!運命でお互いに好き、だけど番わない、今までになかったパターンです!私たちが住む現実の世界もカップルの形は多様化しているし、それと同等に扱う物ではないかもしれませんがアルファとオメガのカップルの新しい形を示してくれました。最終的に番うことがゴールじゃない、というところがとても好きです。オメガバースという世界観がこの作品によってまた広がりを見せた気がします。