社畜マンさんのマイページ

レビューした作品

女性社畜マンさん

レビュー数5

ポイント数33

今年度131位

通算--位

  • 神5
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

神が神で神だった

読んだ人にだけわかる社畜の第一の言いたい感想
「わいも剥きてぇ〜〜〜〜」
(なお爬虫類好きにしか共感が得られませんことをご注意ください)


タイトル通り神です。
神と生贄です。神でした。

人外好き社畜にはたまらん最高作品でした表紙からもうこれは面白くないわけないやんわいが嫌いなはずないやん買うけど??!!?!となりかいました最高でした。

生贄高校生受けくん、生贄として優秀だけどあほ。お家柄代々生贄捧げてきたから生贄の英才教育されてた。生贄になるために精進料理しか食ってこなかったし床入りもマニュアルに沿って勉強してきたって何????何?????

一方攻めの神はあまりにも現代に馴染み過ぎた巨人な実はクソでかい蛇。うろこもりもりある。普段はデカめの人間。爬虫類苦手なひとはダメかもしれんけど絵は見れるわって人なら大丈夫かも。でも人外好きな人が爬虫類ダメとかない気がしているのでこれが人外だ!!!!やった!!!みたいな気持ちで買った人は間違いなく大満足していることであろう。いい趣味してんね。(※あくまで人の形をかたどった人外(角程度など)が好きな人的にはがっつり蛇の体でやってるのでダメかもしれません。)
蛇なので脱皮するとこがありました。受けくんが剥きます。でかい蛇なので剥き甲斐があるししっぽのとこのポコって取れる快感、皮が裂けずに剥ける快感、羨ましすぎる(普段YouTubeで爬虫類の脱皮なども見る社畜)

話の流れとしてすごくバラバラで話してしまったのですが生贄?時代錯誤にも程がねえ?帰れ!って言われてた受けが帰るおうちないので俺を食べてくれ!って言われて迫られるも死にたくない的な欲がなさ過ぎて(贄になる気あり過ぎて)魂不味そうだからくわねぇよとか言っていくとこねぇならまあ部屋貸してやるよって同居して高校も通わせて受けが食ったことないラーメンとか食べさせてなんやかんやしてたら食べるがえっちな方向でたべるみたいな話になって、ちょうど攻め蛇神の母上も孫がみたいってうるさかったしそっちで行くか!ってなって食う食わないなんやかんやします。(雑)
蛇神素直じゃないとかも最高でした。

アッ途中で転要員として攻め蛇神の兄ちゃん(白蛇イケメン)がきます。うるわしい破廉恥な服きた兄ちゃんでした。

人外好きと蛇好きは読んで間違いはないとおもいます!!!
いつもはストーリーに沿って感想を認めるのですがあまりに良過ぎて思ったことをそのまま書いてます。
簡単に言えば最高。
絵柄もめっちゃ好き。ススさんまったく知らなかったので、チェックしてみます。最高でした。
人外っていいね…

神としかいえない

話の構成がえも過ぎて一冊の本でここまですっきりきれいにまとまってる作品はあんまりないように感じます。

なんといっても人外!!!!!三ツ矢先生の漫画、全部は追えてないと思うのですが、シロップ然り人外の幅が豊富で性癖に刺さる刺さる刺さる
なんかもう人間が考えうる定番の人外を余すことなく大体出してくれてていうことがない。最高。
加えて絵がいい。なんもいうことない。

さてお話はニューワールドという人間以外の人種の動物園的なところの飼育員さんになる主人公のお話。
人外に好かれる主人公がなんやかんやえろいトラブルに巻き込まれ、最終的にインキュバスの攻めとくっつきます。でもインキュバスとくっつく前に植物触手にいっぱつ苗床にされました。そのあとその治療で人魚にやられました。
単一CPしかダメな方はだめかもしれません。

人外好きの社畜的には最高でした・・・・・・・

最後えもかったのはおそらくシロップで出てきてるショクヨウの子が出てきてるのと、高井さんです。
読んだ方にはわかると思われます。
(ショクヨウの設定はシロップからの設定で、こちらの作品に出てきた子がシロップの方で出ていたかはわからないです!念のため)
三ツ矢先生、本をまたいで同じ世界線で別漫画のキャラをちょろっと出す系好きなんだな!!!最高です!!!!!!
えっちなところも最高に申し分ないです。人外好きは神評価以外を押す気がしないくらいには最高です。

ーーーーー

実は三ツ矢凡人先生、15年位前から好きなのです。
先生が当時発行した同人誌を中古屋で手に入れていて、今までずっと持ってる
ツイッターで見たときはは?!!?持ってるけどそれ三ツ矢先生だったの??!?!?!???!?!?となりそれから大好きです。絵もどんどんうまくうるわしくえっちになってってて今後も買い続けます。
とりあえず買ってない本がたぶんあるのでチェックしないと・・・
(追いつけてない)


人外好きは買って損はないと思います!!!!!!!!!!!!

すち・・・・・・・・・

あほで最高だった!!!!!!!

あほくそビッチ素行くそ悪な(くそ2回いった)服役中の羽賀君Ωと
根は真面目エリート出世コースを地道に勝ち取ってきたはずだった看守部長α浪川君のはなしです。

羽賀くん歯フェチとかいう特殊性癖。とにかく最高な歯を求めて適当に服役期間を過ごす。そんななか最高の歯の浪川君登場!!!歯が見えないマスクしとる!!
歯ぁみせろこの~~~~~~~で浪川君にめっちゃけしかける羽賀君。

羽賀君めっちゃビッチなのに実は処女。
何回か襲われてたら羽賀君が自分のこと好きだって勘違いしてしまった浪川君。違う、君の歯。

歯がメインなことが分かってショックを受けて羽賀君には構わずちゃんと仕事しよ・・・・・と思ってたら羽賀君恨み買ってたやつとそいつに乗せられた看守部下に襲われてた!!!!!おいこらふざけんな大丈夫か羽賀!!!!!と浪川君は助けていい感じになります。

浪川君と一緒に配属された女α上司に出所したら手出してもいいんだぞと言われ数年生殺し待ち。
出所後、後日・・・・・とかじゃなく出所なうで告白。女α上司ゲラ笑い。早すぎ草。

いい感じになってからは浪川君の方がネジ外れてて両方あほで最高に良かったです。

絵がめっちゃきれいでマッチョで麗しくめっちゃおっぱいすごくて
デフォルメの絵の口がかわいくてかわいくてかわいくて
普通の絵とデフォ絵のギャップもまた良い。

えっちなところも最高でございました。

羽賀君と服役中につるんでたΩ友達がΩ×Ωもいける両刀だったようで食ッと伽よかったとか言ってたので、見たかったなあというのと、スピンオフでそっちの話がでたらいいなあ~なんて。

むきむきマッチョとかわいいデフォルメ絵が混在するあほえろ最高まんがでした。
さきしたせんむの本、こちらが初めてなので他もチェックしようと思います。

ヒョーーーーーーーー!!!!!って声が出た

行き倒れのイケメンを受けが拾います。

受けは彼氏と別れてしばらくたってたのでさみしく、
攻めの顔がよすぎて拾って持って帰ってしまいました。

囲って衣食住を世話してくれるならさみしいの紛らわしてあげるよと
いっぱつやっちまってヒモと一緒に暮らし始めます。

攻めも受けもお互いちょっと思い出したくない過去があり、
攻めは親の借金の肩代わりで芸能界入りしたそうですが、その芸能事務所の
裏の顔があり、餌食となってしまいそうになります。
それを助けたときの受けのセリフが

「愛している」

ドストレートでかっこよすぎてヒョーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
って言いながらマンガをバンバンたたいてしまった(大事に扱え)

最後は結婚という形で最高ハッピーエンドでした。

絵柄の癖はすごく強いので好みが分かれるかなという感じですが、
エッチなところももうしぶんないですし、ストーリーもありがちな感じはしますが
しっかりしていると思います!
おもしろかったです。

身長差!!!!!!!!!!!!

受けも攻めも先生です。

攻めはちゃんと表記されてないようですが180センチくらいの寡黙イケメン
受けは生徒にもちっちゃいと小馬鹿にされがちな166センチの可愛いひとです

現実世界で166というとヒールを吐いてしまえば自分よりも下手すれば
小さいなとなってしまうくらいの小ささなきがしますが、マンガの中です
かわいいしかない。

同僚飲みで酔って告白、キスまで行くかと思ったらバットで気絶させ間一髪
お試しで付き合うスタート
なんやかんやあり好き同士になります
話の内容自体はありがちさっくりめですが、絵柄がとてもよいのと
エッチなところも申し分なかったので神評価といたします。

身長差スキーさんは絶対好きかなと思います。

別タイトルのやくざのインテリ取り立てにやられてしまう大学生のお話も
とても面白かったです。
500万かえすのにいっかい生で処女くれたら130万くらいチャラにしてあげるよって
この話全然一冊分として広げていただいてファンが喜ぶやつなきがしました

ななつの航さんの本はこの本が初めてですが絵柄も設定もとても良かったので
ほかの本もチェックしようと思います。

めんどくさい性格だなあ~~~~となった

※作品としては十分に面白いのですが、内容やキャラの心情や発言に社畜が切れまくっているので口が悪い表現が多々ありますすみません。いい作品でした!悪い意味ではないです!!


受けは無口不愛想眼鏡くん
思ってることと口から出る言葉が真反対タイプ
彼氏と別れたばっかりと言っていたので、もともとゲイだと思います。
攻めは受けの上司
受けが新人の時に後輩可愛いなあという感じでかわいがっている
ノンケです。

受けの性格がひたすらめんどくさい感じです。
めんどくささに加え攻めが付き合うことを切り出してきたのも半分冗談
(かわいいなあ~というきもち)だったので、受けはムカついて
「いいですよ付き合っても」と返事します。
冗談で言ったことが分かっている受けは態度で険悪さを表しますが、
攻めもいった手前引けず、しかも受けは怒っているため週末に野球観戦に誘ったり、
帰省でのお土産を渡したりとしましたが、如何せん受けの態度は変わらず不愛想・・

そこから1度ホテルに誘う受けでしたがいざとなると攻めは引き気味に無理だ
といいます。(言葉やモノローグでの表現はありませんでしたが男同士はちょっと・・・・という感じで視聴者社畜はここでめちゃくちゃむかついた)
形だけの付き合いだったし本気ではないのだと思った受けは
冗談だったんだと傷心し、さらに不愛想が加速します。
そんな状態が続いて3年が経ちます。(なっっっっっっが
3年めになり、攻めが職場で残業中の受けに「俺たち付き合って3年目だからな」
と言ってケーキを持ってきます。

そこで受けが
「指一本触れてこない男も抱けない根性のないインポ野郎に
付き合ってもらうほど落ちぶれてないです」
と言ってマジで全くその通りだな3年何してたのこいつ?????
となってたのですがこの時に攻めが逆切れします。
「お前に本当に悪いことをしたと思って・・・今までさんざん気ぃつかって
遠慮してきて・・・・・」
と・・・・・・・は?????とおもいました。
お前やん???????

そこで逆切れして受けを襲ってしまうのですが、受けはこの3年間不愛想に接してきましたが本当はご飯に誘ったり話しかけたり話したときにもっと愛想よく返事すればよかったとかぐるぐる考えてました。

なんなの。

そしたらこれをきっかけに残業するたびに2人でやってました。

はなしはなんやかんやあって結局二人はわかりあえてハッピーエンドなんですけど
何だこのめんどくせえカップルは???!?!!!?!?!!?!
どっちもめんどくさいしどっちもめっちゃ好きだしもっと声と態度に表したらどうだね?????!!?!?!??!?!?!
という感じで5話までそんな感じでしたのでさすがに荒ぶらざるを得なかった・・・
春泥さんという作家さんが帯を書いておられるのですがそこに
「ああっもおっじれったい!!」とかいてありまさに。

エッチなところは申し分ないでございます。
猫田リコ先生が巻末でおっしゃっておりましたがエロが足らねえな私の本は!!!
ということでエロが多くなるように描いたさくひんだそうです。

ふるやちるこ先生の 地屋くんはじょうちょふあんてい
が好きな方は楽しめる作品かもです。

表紙に騙されました!(3Pだと思った!)(悪い意味ではないです!)

タイトル通りうっかり3兄弟の楽しい感じの3Pえろえろ漫画なのかなと
思っておりました。(3Pは趣味ではないのですが表紙がかわいかったので購入)
表紙に騙されたからと言って基本的には何でもいけるのであらそうなの?くらいの感じで悪い印象はないです!

3兄弟の名前はミキ・スー・ラン
ランが長兄、ミキが次男、スーが末っ子になりますが社畜は某ZONEー○○的な
マンガでミキスーランの登場人物の印象がありそこでまず混乱(私事)
異国の血の入った種違いの兄弟なので名前がカタカナでさらに混乱
3人を覚えるまでに少々時間がかかりました…

ランミキは受け、スーは攻めです。

見た目の推しは末っ子スー、自分のことをスーといい長兄ランをにぃにと呼ぶ
ぽやぽやポジションでした。
最初が長兄ランと幼少期のある出来事があったときに居合わせた攻めアイのお話、
次が次男ミキと数年海外に行ってた幼馴染の攻めルイのお話、
最後が末っ子スーと上の2兄弟の担任も務めたことがあるスーが通う高校の
英語の先生(受け)のお話です。

パット見推しはスーで、表紙からてっきり3P攻め君だと思ってたので
長兄の話では完全にほぼしゃべらないモブ扱いだったのでえっもしかして
出番なし?!?!???とがっかりしましたが全くそんなことはなく
しかも攻めでした。褐色長髪好きだったのですが途中髪を切ってしまい
ショートに・・・・2巻をチラ見したところどうやら少し伸びて
セミロングくらいになってたのでほっとしました。笑
話的には次男ミキの話がいちばんよかったです。

絵の密度も文字の密度もテンションの高さもボリュームがあるので
加えて人物が全部カタカナなので最初はとっつきにくかったですが、
おもしろかったです。
人の名前はカタカナだと難しいな、とおもいました。

エッチなところは3兄弟分あるので大変申し分ないでございました。
わたなべあじあさんとノリとテンションが似ているような印象なので
あじあ先生好きな人は好きかもです!(個人の意見)

3Pものはあんまり趣味ではないのですが!!!これは!!!

3Pものはちんちんが余るのがさみしくてあんまり好んで買わないのですが
なんとまあ表紙とタイトルがあほすぎて購買意欲をそそり・・・

お金に困った大学生佐藤くん(受け)が長年の付き合いのインテリ眼鏡
石井くん(攻め1)と学部が一緒の金持ちイケメン幡くん(攻め2)の
BL研究の犬になってもらおうじゃないか!!!!
といった内容です。
BL研究というのが、最近巷の女子はBLが好きらしいというニュースを見た
インテリ眼鏡石井君が昨今の経済を支えてお金を落としているのは女性だとし、
女性がはまっているBLを題材としたゲームを作って売れば金になる!!
として、BLを研究するために実験材料としてお金が4万足りない佐藤君を
2時間4万で釣ります。
お金が欲しい佐藤君はまんまとついていき乳首をつねられちんちんをしごかれ
あなるに指を入れられ・・・・
1時間でイってしまったので、半額の2万円しかもらえませんでした。

そんなこんなでゲーム開発のことを伝えられ、シナリオ担当になる佐藤君は
BL勉強のために最近人気上位のBLマンガやらゲームやらを必修科目として
読む・プレイするよう指示され、全部完遂したころには
日常的に自分を絡めてBL妄想してしまう程度には
完成度の高い腐男子に出来上がっておりました。
(読んでて妄想なのか現実なのか読んでるこっちが分からないくらいには
まあまあリアルな妄想をしていた笑)

佐藤君があほでとてもおもしろいでした。

えっちなところは大変申し分ないでございます。春田大先生のえっちな
描写はたまらんでございます。しかしやはり3Pは余ったちんちんが
さみしいのでなんとも・・かといって2輪挿しはナマモノ動画で
見たことがあり絶対尻が裂けて病院送りになる・・・!という感じ
だということをたとえフィクションだとしても考えざるをえないため、
あかんだろうという思考で・・・・

これ2017年のだけど続きはあるのだろうか?
あったら読みたくなるくらいには大満足です。

秘書課うさぎの閨 コミック

椿 

せつないお話でした

基本あほエロ系がすきなのでここまで暗めな切ないものは
あまり読まないので評価としては趣味じゃないとするところですが
お話自体は面白かったので中立とします。

攻めはガタイ超いい190センチ声の営業部の人。
発注を一桁間違えてしまってやらかしてしまって
先方へ謝りたいところ切れられて謝罪すらいけねえみたいな
ところを受けの社長秘書が先方と顔なじみだから
こちらでフォローしますと色々やってくれます。
色々やってくれるというのはまあ枕して先方のご機嫌取りだったわけで
この秘書さんそういう風に生きてきて性格がひねくれまくってて
相手の優位に立つには武器くらい持ってねえとなとか言って
あちこちのお偉いさんと仲良くしてました。
そんな状況を見てしまう攻めがこんな事おかしいだろ!!!
と切れ散らかるわけですが、確かにごもっともな意見だけど
受けの秘書さんの生い立ちもまあ悲しい感じでそういう風にしか
生きていく術なかったんじゃんしょうがないだろお前に俺の人生に
口出しする権利なんて微塵もないんだよと突き放します。
この時点でその通り過ぎて攻めの出しゃばり具合にいい気は
あまりしませんでした・・・・
そこで攻め君は秘書さんのセフレの友達に
「君は彼のことをよく知らないのにそこまで言える立場なの?」
みたいなことを言われてしまいます。
返す言葉がねえ・・・・・・
まったくもってその通りだったので切ない話系の作品では
ありがちなのかもしれませんが切ない耐性があまりない社畜はオオン・・・・
となってしまいました・・・

最後の方ではいろいろなんやかんやあってハッピーエンドで終わるので
総評としてはよかったです。
切ない系好きな人は好きな作品だと思います。

分厚いので読み応えがあります。
えっちなところはもうしぶんないでございます。

イってる攻め(狂ってる的な意味で)

攻めが頭イっちゃってるパターンのやつでした(結構好き)
風紀委員で朝校門でだらしない奴の指導をしている受けになじられたくて
わざと服をだるだるにしてきて、受けに整えられて勃起する変態でした

受けもしっかり者のようで流されてしまいずっぽしやられてしまって
「精液っておしりに入れてもいいんだっけ・・・・」
などとそこじゃないだろみたいなこと考える子でした わろた

デフォルメ絵がかわいくてしかたがねえ
服がぬげないお子様向けの某絵本のちくびとへそを点でかいてめっちゃ寸胴
みたいなデフォルメ絵があまりにもかわいくてツボでした
(かわいくて写真撮って腐女子友達に送るくらい)
(送ったらなんか見覚えあるぞって言われて友人も持ってて笑ったっていう)

攻めが頭おかしくてたのしかったです

えっちなところももうしぶんないかんじでした。
山口すぐりさんの本はこちらが初めて購入したので他の本もチェックします