りょあちんさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性りょあちんさん

レビュー数58

ポイント数502

今年度63位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

楽しかった!

やっぱりこの2人、楽しくて可愛い……!
当て馬も登場しましたが、絶対にわからないという安心感があったので楽しく読めました!

スス先生のキャラクター造形が本当に素晴らしく、脇役まで残らず魅力的なので、ラブパートはもちろんコメディパートももっと読んでいたくなります……!

特に良かったのは社員旅行かな〜。
指一本触れない!のはずが、潮吹き→中イキ→顔射って、フルコースじゃないかい!笑
エッチなシーンのはずがつい笑ってしまいました。

またこの2人に会いたいな〜と少し寂しい感じはありますが、とても楽しい作品でした!
スス先生の他の作品も全部読んでみようと思います(^ ^)

面白い!

ダウナー部下×ウザいけど有能な上司
『いけにえもんぜんばらい』でハマったので、加藤スス先生の作品を読んでみようと思い、手に取ってみました。

最初はとにかく受けがウザくてウザくて笑
読み切れるか不安になるぐらいウザったいキャラクターだったんですが、最後には可愛くて可愛くてたまらなくなりました!

そしてなにより攻めが良い〜〜〜!
ダウナーなのに、コスメのことになると目がキラキラするのが可愛くて、嫉妬深くて押しが強くて……ギャップにやられました。可愛い〜〜〜!

とにかくワチャワチャと楽しくお話が進み、テンポよく読めました!!脇役もいい味を出していて楽しかったです!

私の中で一番のオメガバース

何となく再読したので感想をば。

私が初めて商業で読んだオメガバースがこのシリーズ。
Ωとして生きる辛さ、どの性別でも性別に振り回されてしまう理不尽さ、そういったオメガバース特有の世界観がキッチリ書き込まれていて大好きなシリーズです。

以下はこの巻というよりβ編全般の感想です。

どちらのカップルも本当に辛い思いをして、でも幸せを掴もうと足掻いていて、切なくて愛おしくてたまりません。

烏丸の体質は……なんかもう……どうにかしてくれ、神様。と言う気持ちに。それでも高羽がいてくれれば、大丈夫かなと思えます。高羽の包容力がすごい。ここの2人の結末を見るのは、怖いですがとっても楽しみです。

そしてβ編のメイン、うとすみ。
ずっと、ずっと辛い〜〜〜( ; ; )正直最後もスカッとしたハッピーエンドというより、少し影を残して、それでも笑えている……そういう大人なハッピーエンドで。この幸せがなるべく長く続いてほしいなと心から願っています。

総じてとっても大好きな作品です。
多分これからも何度も何度でも読み返すと思います。
続編が楽しみです(^ ^)

やっぱりいい

もうすぐ続きもCD化されるな〜と思ったので再聴。

野島健児さんの少し意地が悪いけれどやっぱり可愛い(ものすごい可愛い)受けの素晴らしさが、もう……。

そして江口さんの普段は覇気がないのに、いざってなるとキッチリ怒るし男前だし!本当に素敵。

そしてそして、杉山さん!何を考えているのかよく分からない人っぽさが滲み出ている演技でお上手です。

何度聞いても、どこをとっても大好きなCDです。
色っぽさもあり、コメディっぽさもある。上質なラブコメだなと改めて感じました。

あっま〜〜〜い!!!

展開が秀逸で、何かが足りない大人たちが恋愛に発展していく様子がとっても好きだった上下巻。
再も読むのが楽しみで、その期待にぴったり沿ってくれた内容でした!!

私は倫理的に何かが欠落している人間が大好きなので、天獄が人間になっていく様子をすごい寂しく感じてしまうんですが、それでもひよこが大人になって飛び立っていくのを見守っている感覚でとても愛おしく感じられました。

青鬼のお母さんとのお話は、すごい胸に刺さりました……許さなくていい、許さないで、と言える天獄がよかった。子供が歳を取ったら親が丸くなっていて、というのは私自身にも降りかかったことなのですごいジーンときました。

現実のカップルを「推しカプ」と形容するのは何となく嫌なので、同僚の女性があの時友達に報告しなかったのは素敵でした。。。

総じて前作より好きだったかもしれません。とっても甘かった…………………。よかったです。
そして続編決定!!!!!!!おめでとうございます!!!!楽しみです(´ ꒳ ` )♡︎

ドキドキ!

やっぱり世界観が良いな〜……ミステリアスで少し怖くてとても魅力的です。

ストーリー性もバッチリ。いつか全ての真実が明らかになる時が来ると思うと、ワクワクが止まりません。
誰かに話したくてたまらなくなる気持ちも分かりますが、これは誰かと一緒に熱く語りたい作品だと思います…!

そして美麗な絵柄に、1巻よりもパワーアップしたLパートが本当に素晴らしかった。
キュンキュンしちゃって困っちゃうぐらい。

ただちょっと駆け足気味に、展開が恐ろしく早く進むので、もう少しゆっくり読ませて欲しい……とも思ってしまいました。
すぐに場面が変わってしまうので追いつくのが少し大変でした。

とはいえ、ファンタジーとしての面白さとBLとしての面白さを兼ね備えた素晴らしい作品であることには間違いありません!
次は春…?続きが読める日が来るのが今から待ち遠しいです!

なんとも言えない

β×Ωもちょこちょこ読んできましたが、なるほどな……。
ちょっと、αが可哀想すぎて、メインの2人が霞んじゃいました。

蓮さん自身はもうまほろさんを忘れて、心を預けられる女性と子供に恵まれて幸せなんだろうから、まほろさんと東馬がくっつくことで話として万々歳なのはわかります。

だけど、一番感情が持ってかれて考え込んでしまったのが蓮さんで、その後の2人の成就を素直に祝福できなかったのは、BLを楽しみにしていた者としては少し微妙に感じられてしまいました。なので萌2で……。

ただ、オメガバース世界が持つ本質としてのグロテスクさや悲しさが描き出されていたのは、とても素晴らしかったと思います。
お話としてはとても、悲しくて、切なくて、面白かったです。

黒い犬 コミック

カモ 

こえ〜

前作も好きだったので読んでみました!
前作もなかなかでしたが、今作はより攻めが怖かった……!!!

執着攻めが外堀を埋めて籠絡するBLは大好きで、骨格自体はすごい好きでした(^ ^)

攻めの真っ黒い瞳と、受けのキラキラした瞳の対比がいいですね……!攻めの怖さが倍増していました

ただちょっと、なんだろう……一生の思い出となるべき部活での活躍を奪って泣かすのはちょっと可哀想すぎて、萌えていた心がシュン……となってしまいました。よって、神ではなくて萌2で……。!

きみの春花 コミック

有馬嵐 

ひぃん( ; ; )

『君は僕のお気に入り』を読んだ勢いでこちらも購入。

良すぎて( ; ; )( ; ; )
あんまりDKモノが刺さることはないんですが、この作品は性癖に刺さるというより単に面白くて好きというか。

じっくりと恋愛のステップを一つ一つ上がっていく2人の様子が描かれていて、どんどん2人のことが愛おしくなっていきました。
先生もコンセプトに挙げられていましたが、特に大きな事件も起きないお話なのに何でこんなに面白くて愛おしくてたまらないのか…。

きっと、ひとえに純恋と卓さんの可愛らしさゆえなんだろうと思います。本当な素敵なキャラクターたちでした。

はじめてを迎えた時の、「卒業せんでよ」はズルイ……ここで今まで封印していた方言を出してくるのはずるい……あぁ本当に卒業してほしくないんだなという切実な思いがビシビシと伝わってきました。

とても素敵なお話でした。
今、先生が連載していらっしゃる他の作品がコミックスになるのが楽しみです(^ ^)

くぅ〜……

KindleUnlimitedにあったので手に取ってみました。
すごい好きだったので永久保存版として紙本も買いました。

メインは大学の陽キャと陰キャ的な出会いを果たした2人。
も〜やられた。攻めがやばすぎました。もともと、吊り目黒髪パーマのルックスが好きすぎるのですが、中身もヤバく好きです。

ストーリーも面白く、攻守がひっくり返る気持ちよさもさることながら、全てが明るみになった後の攻めの人間らしさ・不器用さに絆されていく受けの可愛さもたまらなかったです。

あの大学の友達はどんな感じ…?などちょっと気になるところもありますが、蛇足的になってしまうので省かれたのかな?と納得しております。

こちらの作品がデビューコミックスなんですか…?すごい綺麗にまとまっていて、読みやすいし面白いしで素晴らしかった……。
作者様の他の作品も読んでみます(^ ^)