24時間オチないKISS

24jikan ochinai kiss

24時間オチないKISS
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×228
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
15
得点
311
評価数
79
平均
4 / 5
神率
40.5%
著者
加藤スス 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックスmoment
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801962491

あらすじ

化粧品会社デザイン部門で働く滝沢含むデザイナー陣の悩みの種は、
営業部出身のザ・体育会&リア充系上司・徳良。
無理難題を悪気なく押しつけ、飲み会では理想論を熱く語る…。
そんな徳良に滝沢は、イラだちを募らせるばかり。
しかも飲み会後、「男は全員参加! 」と
無理やり風俗に連れて行かれてイライラは頂点に。
頑なに帰ろうとする滝沢に、徳良は「セックスは大事だぞ! 」と勝手に盛り上がり
先輩風を吹かせるが、ついに滝沢の我慢も限界に…。

「そこまで言うならどーぞ教えてくださいよ、先輩」

クールな年下デザイナー×営業マン系ちょいウザ上司のスキャンダラスなオフィスラブ!

描き下ろし12ページ収録!

表題作24時間オチないKISS

滝沢 了(化粧品会社のデザイナー・部下)
徳良 匠(化粧品会社の元営業・デザイナー部上司)

その他の収録作品

  • 番外編☆

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

クールでダウナーな部下×テンション高めのウザい上司

表紙が好みドンピシャだったので購入。黒髪オールバック受けは最高。

体育会系ノリのウザキャラ上司・徳良さん(受け)がめちゃくちゃ可愛いです!!
滝沢(攻め)含むデザイナー部の皆さんからはうざがれてるのですが…。その女大好きノンケの徳良が滝沢に流されて受けになっちゃう姿がすごく可愛いです。
滝沢も普段はクールなのに、好きな化粧品のこととなるとイキイキしだすのが可愛いし、かっこ良い…。奥手そうに見えて、めちゃくちゃ強引。

化粧品会社のリーマンモノということで…メイクを使ったプレイがあってなかなかエロかったです。
滝沢が口紅を塗って、徳良の身体や顔にキスマークつけるプレイがエロい…。

徳良がシャワールームで一人えっちしているところを滝沢が偶然見ちゃって「今ここで抱かれるかもしくはベッドルームに戻って抱かれるか」を選べっていうシーンが大好きです。滝沢の台詞も最高ですがそこの徳良の表情がさらに最高。是非注目してほしいです…。顔真っ赤でほんと可愛いので。
ウザ上司がどんどん攻めに絆されて、流されて、悩んで焦って、可愛くなるっていう……、攻め視点で読むと変化や表情の差に萌えます。

当て馬?は滝沢の友人・ライナちゃん(モデル)と徳良さんのライバル・富士峰マネージャー(オカマ)なんですけど、ほんとこの2人は良い仕事してくれたなと思います。滝沢と徳良を焚きつけるのが上手かった。
ありがとうとしか言えない。特に富士峰さんは、何やかんやあって徳良に女性下着を着せるので、そこから滝沢とのプレイに繋がるわけです。萌えました。
攻めが化粧をしながら受けを攻めるという、結構マニアックな性癖に目覚める&満たされる良い作品でした。(攻めは化粧品が好きなだけであって、オネエでも女装趣味でもないです)


ほんと何度も言いますが、受けのキャラ設定が最高です。
神評価で!

4

ウザいフリして実はデキる上司

作家さん買いです。
シチュエーションは反発部下×上司モノですが読後は思っていた以上に
ハートウォームになりました。

帯にウザい上司とありますが
エエ
受はいわゆる物わかりのいい包容力のあるタイプの上司ではなくお調子者♪
でもそのキャラの実態は部下の面倒見もいいしやるときはやる!
営業のエースとしての実績もあり結局のところ要領のいい仕事のできる上司なんですよね。

攻めはそんな上司に気を遣うどころか静かに反発する部下ですが
仕事を黙々とこなしそれを上司もちゃんとわかっている関係。

ひょんなことがきっかけで急接近する二人が表面的にはわーわーいいながらも
お互いに惹かれてゆくさまが純粋でとてもかわいかったです。
ふたりだけの世界だけに終わらず周りの同僚たちの存在も大きく
そしてストーリーをテンポよく盛り上げてましたね。
BLとしてはもちろん化粧品開発に情熱をかけるお仕事マンガとしても楽しめる一冊でした。

モノローグや表情でキャラの心情を丁寧に描写されており、読者として置いていかれることなく
その部分をじっくり感じ取ることができました。


これからますます加藤ススさんの作品が楽しみになりました。

2

笑えてキュンキュンできる最高オフィスラブ!

大好きな作品なので、電子でもレビューしたのですが、こちらにもレビューさせて頂きます。
書き下ろしも読めて更にニヤニヤ度UPでした。
この作品の良いところは、化粧品メーカーという設定が上手くストーリーに活かされていて、お仕事物としてもあるある!と楽しめるところです。
クールで常にローテンションだけど可愛いところもあるイケメン年下攻めにツッコミっぱなしの上司受けが面白くて、テンポ最高!
普段は女好きでTHE体育会系営業ノリな上司が年下くんに良いようにされちゃうのもまた萌えます!!
暑苦しい上司だけど、仕事出来るし、部下思いなところもあるし、私はとても好きです。
仕事仲間の周りのキャラも良い味出してます。
そして何と言ってもクールなテンションから放たれる攻めの発言に何度も胸を撃ち抜かれました。
特に「あなたにある選択肢は2つです。今ここで俺に抱かれるか。。」ってセリフ、何度読んでも、キャーーー!ってテンション上がります。
化粧品好きゆえにたまに攻めのアブノーマルな一面も出てきますが、笑いと萌えのバランスが最高なので、ぜひたくさんの方にオススメしたいです!!

2

キャラと笑いが最高!

キャラ同士の掛け合いが凄くいいです。強烈なインパクトの帯に負けずに劣らず、中身も濃い。滝沢さんが、ほぼほぼクールなとこしか見せないところとか、徳良さんがけっこうあっさり体を受け入れちゃうところを笑いながら読めてしまうという珍しいタイプの作品だと思います。段々、あのウザい上司の徳良さんがかわいく見えてきます。

1

これでオチないわけがない!

デザイナー達の不評を買いつつ、
無駄に面倒見のいい元営業の化粧品企画部マネージャー・徳良は
無愛想だけどデキるデザイナー・滝沢が女性と性的関係になるのを苦手だと知り
好みのタイプを紹介してやろうと思ったのですが…!?

とにかく徳良が本当にうっざい!!www
何かあっちゃ飲み会っていうのも正直迷惑ですし(酒は好きですけど)
酔って「コスメっつーのはな」みたいに語り始めるのも
絶対毎回の事に決まってます…。
でも、「優秀なプランナーとデザイナーが揃ってるからな」って言うあたり、
部下を信頼してるからこそなんでしょうけども。
とはいえちゃんと期限の事とかも考えてあげて欲しい…ww
頼られると力になってあげたくなるとかチョロいところもあったりで
憎めないんですけどね!

そんな上司をいわゆる下剋上かましてくれた滝沢、
お陰様ですっきりしました!!
というのは半分冗談ですが、この滝沢のギャップが非常に愛おしかったんですよ…!
コスメが本当に好きで、リサーチなどの努力を怠らない、まさにデザイナーの鏡!!
そしてコスメの事を語ると心底楽しそうな表情……。
ノンケで女好きな徳良がうっかりほだされてしまうのも仕方ない!

嫉妬も独占欲もスパイスのうちで、
根本的にかみ合わない二人が
それでもお互いがいいって思うのが恋愛だなぁってときめきました♪
全体的にハイテンションながらも、クールな滝沢の表情で
妙にバランスがとれていたような気がしますww
上手い具合にメイクを絡めてくるあたり
何重にも楽しませていただきました♪
個人的にチークブラシプレイはもう少し長めを希望でしたが
加藤ススさんの作品で一番好きなコミックスとなりました!

4

ウザ上司を下剋上してみたら、意外にカワイイ♪

加藤先生の前々作『5時にはおワンナイト!』のぶっとんだコミカルさとメンズラブが両立してるのが大好きで、あらすじも読まずに作家買いしました。

一冊まるごと、部下×上司のリーマン下剋上ものです。
スーツ着てればリーマンみたいな空想ファンタジーも多いけど、加藤先生の描くリーマンものは、お仕事あるあるに頷けるとこいっぱいでリアリティーがあります!

化粧品会社のデザイナー・滝沢は、自分の好きなことができればいいクールでマイペースなタイプで、テリトリーにグイグイ入ってくる奴が嫌い。

で、上司の徳良がまさに滝沢の苦手なタイプ!
コミュニケーション力があり(チャラいとも言う)、仕事への情熱も熱く(ウザいとも言う)、社外や上層部からの評価は高い。
でもその評価は部下に無理をさせてきたからで、滝沢をはじめデザイナー達は徳良の無理進行にブチ切れ寸前。

そんな時、滝沢は徳良に強引に飲み会に参加させられ、さらに風俗にまで連れていかれてしまう。
滝沢が「女の人とそうゆうことが苦手で」と帰ろうとすると、徳良は滝沢の悩みを聞いてやらなくては!と自宅に連れ込み、「女はいい。恋愛はいい。セックスは大事だ」とウザ理論を展開して…(ほんとウゼェ)
キレた滝沢は「そこまで言うなら教えてください。女性の気持ちになってみましょうか?」と、徳良を襲ってみると、イイ声あげるし、感じやすいし、なかなかよかった様子♥
(ムカつく上司を襲うのになぜフェラから?って疑問は残るけど、着衣のまま、襲われてる徳良がはだけたシャツを必死に押さえてるところがカワイイ♪)

その後、シレッと悪びれてない滝沢がイマドキ!
しかも「女性は化粧を武器に惑わせ、煙に巻いて素顔を隠す」的な考えを持ってる滝沢ってヒネてるなーと思う。
で、徳良はウザいけど、それって人情派ってことでもあり、意外とこの二人ってお似合いなんじゃないの???

二度目のはずみのようなエッチで、吸い寄せられるようにキスしちゃうシーンがすごくイイ!

後半は当て馬ちゃん登場で引っかき回されたり、徳良のライバル登場でお仕事に萌えたり、加藤先生らしいバタバタ感に笑いつつ、滝沢と徳良の関係が仕上がっていくのがよかったです。

描き下ろしの本音ぶちまけは、ウゼぇ上司とクール生意気部下がこんな関係になるなんてとニマニマしちゃいます。
滝沢にはS気質があって、徳良を翻弄するのを楽しんでるところが私的な萌えツボです。
読み始めは徳良がこんなにかわいく見えるようになるなんて想像もできませんでした。
意外な組み合わせに見えて、実は相性が良い、そんなお話をコミカルに楽しめる一冊です。

3

大好きな加藤スス先生のマニアックなお話!

作家さん買いです。いやー好きなんです加藤スス先生の作画が。今回も攻めがかなりいい感じのつり目+並行眉がものすごく最高にそそられて、一コマ一コマじっくり楽しみました。
加藤スス先生の終始テンション高めの運びも散りばめられるギャグとか掛け合いのテンポの良さもちょうど良くてツボなんですよね。モブ女子も大体必ず登場しますが、みんないいキャラしてて全く不快じゃない。今回もデザイン部女子二人がいいスパイス効かせてて最後まで楽しく読めました!
特に攻めは今時のダウナー系男子なのに全く暗くならなくてイイ!

一方、他の方も書かれていますが物語の柱となる攻めの性癖の背景とかモデルの女友達の意味深な発言とかもそうですが、攻めはいつ受けのこと抱くスイッチが入ったのかが気になってやや不可解なまま終わりました。。だって女装攻めはよくあるけど、女装なしのメイク攻めwって結構コアだし。そこまで深い意味を求めずラブコメとして楽しめばいいのかな??しかしキャラも設定も濃いからこそ意味を求めてしまうじゃないですか。とどうしてもツッコミを入れたくなります。
とはいえ勢いがあって楽しかったので萌2つです。次回作も楽しみにしています!

3

ウザイ上司の対処法♪

帯が目を引きます。

【Q:ウザい上司の対処法は?】
【A:抱く。(26歳・男性・デザイナー)】

抱く?抱く…抱く…。
「「「 抱く 」」」!!(゜∀゜)ヒャッ

購入を迷ってたんですが、
新刊コーナーで一瞬フリーズしてソッと手に取りましたw
帯通りの内容でとても面白かったですヾ(*´∀`*)ノ


受けの上司はホントウザイです。
外面の良さで仕事をガシガシ進めるけれど、そのしわ寄せは全て部下。
何度もリテイク出すくせに、
「バーンと」「キラキラして」「良い感じに」とふわっと指示ばかり。
絡み酒、付き合い酒、口にする言葉だけはご立派。
実際にいたら嫌われる要素ばかりを詰め込んだ典型的な上司。

最初は”なんじゃこいつ”って感じなんですけど、
そこで登場するのが帯びのアレ「抱く。(26歳・男性)」w

男の部下に翻弄されて気持ち良くなっちゃうウザ上司が
もぅもぅ!可愛くて可愛くて!!∑(゚◇゚///)ドキュ-ン
最初っから喘いでてポテンシャルの高さを見せつけてくれます♪
回を重ねるごとにグズグズ度も増してめっちゃ萌えました////

年下部下攻めも非常に良い。
寡黙で淡々としてて、イマドキのローテンション男子。
な・ん・で・す・が!
上司の周囲に女の存在が匂うと、ヤキモチ焼いたりイライラしたり。
時折 表情が崩れるのが可愛くてキュンキュンしました。
態度は年下らしくないのに、年下らしい可愛さを出してくるの反則だよ~!
はー…ニヤニヤが止まらんわ…(∩´///`∩)

そんなこんなで身体先行でなし崩し的に始まるのですが、
ノンケ上司が「男相手にナイナイ」と思いつつ意識しまくってる姿が中々可愛かったです。

また、オフィスラブということで、
仕事面も描かれているのが萌え度を上げてくれます。

職場でスーツに身を包み 髪をパリッと上げてる上司が、
ベッドで髪を乱すギャップってイイですね!!!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

他、プレイ的なものは…
・年下部下がメイクした顔で攻める
・目かくしして化粧筆でサワサワ乳首責めるプレイ
・スーツの下に女物の下着
とエロエロを堪能できて、非常に美味でございました♡♡

ちなみに修正はグレートーン。
モノによっては筋が見えるような削りが入ってました♪

2

ウザいノンケ上司を抱いてみたら…

上司の徳良がほんとウザいです。
仕事はできるけどグイグイと強引でガサツで、時々無神経発言かまして、女好きで、彼女いても風俗行っちゃうような男。
だけど「徳良さんじゃないと…」「頼ってしまった…」なんて言葉に弱いチョロさや、隙があるところが少しはかわいいところなのかもしれない。

まぁそんなウザいノンケ上司が最初はギャーギャー言いながらも、やがて自ら男に望んでハメられるようになるという点は非常〜においしいです。
周囲のキャラも生き生きしてるし、あれこれ笑わせてくれる描写があってコミカルで面白いです。
一番笑ったのは、上司という立場を忘れて言って欲しいと迫る滝沢と、俺は無理…と頬染めながらも顔を背ける徳良が自分をコントロールできねぇ&今は余裕がないと走り去った理由が、まさかの女物の下着を履かされているからというシーン。
何度読んでも笑えます。
でもそんな屈辱的な条件をのんででも、滝沢を手放したくなかったというまでに気持ちが至った徳良にニマニマしちゃいます。

ただ意味ありげに描いてある伏線のようなものが回収されていないので、そこもしっかり描かれていたらもっと良かったなぁ。
攻めの滝沢は女が苦手なのでてっきりゲイなんだとばかり思ってたら、過去に本気で付き合った人は「女一人、男三人」とのこと。
女が苦手なのにコスメが好きな理由として、化粧という仮面の下で「本当の自分を隠せるなんて羨ましい」と言ってたので、滝沢の本当の自分=ゲイ・つまりクローゼットゲイかと思ったら、本気で付き合った女性がいるんだーと。お試しではなく。
この本気で付き合った女性に何か酷い事をされて、女性不信になっちゃったのかな?と思うのだけど、一切そこが描写がないので想像するしかないのがちょっとだけ不満です。

あと徳良が仕事の出来る上司となってるんだけど、化粧品会社勤務なのに自社の高級ラインのネイルが2000円(デパートコスメにしてはお手頃だと思う)、チークブラシが5000円(これもそこそこお手頃だと思う)という値段に高い!に驚いているシーンがあるのだけど、元営業のくせにそんな事も知らないの?!って思ってしまいました。
自社ブランドの商品名の把握は無理だとしても、価格帯くらいは把握してて欲しいなぁと。

でも加藤ススさんらしいコミカルさ、そして色々うまく化粧品を絡めたストーリーでオススメです。

2

受けの変化に注目!

かなりな女たらしだった受けの徳良さんが不本意ながら男の滝沢とえっちぃ事をいたしてしまってからの葛藤が可笑しくもかわいい!
…全部ウザ絡みした自分のせいなんだけれどね笑。
女相手には同じ部署とか冗談じゃないと思っていた筈なのに男の滝沢は手元に置きたい手放したくない!と思ってしまっている己に悶々としてしまう有様。
いろいろ悩んだ挙句、腹括って気持ち認めて付き合う過程が驚くほど自然で所謂BLファンタジーではなくてすごいと思った。
最初はウザい上司だった徳良さんがどんどん可愛く見えてくるマジックwww
攻めの滝沢の普段ローテンションなくせに仕事モード(好きなこと)になるとアガる感じとかエッチの時の強引な感じとかのギャップも良き。
無自覚に徳良さんがらみで女友達に嫉妬しちゃってるのも可愛かった。
リーマンBLの醍醐味である互いにお仕事に真摯なところも格好良くて全体的にバランスよろしい良作だと思います!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ