御影さんのマイページ

レビューした作品

男性御影さん

レビュー数0

ポイント数5

今年度459位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

アルファとオメガのカップリングが普通だけど

大学の学食でバイトをしている正太郎は、いつも素うどんを注文する学生、蓮のことが気になっています。蓮はいつも素うどんばかり注文するので、こっそり揚げ玉をサービスしているのです。
 正太郎はオメガの診断を受けていますが、大学生になってもヒートが来ず、本当にオメガかどうか調べるために、同じ大学内の理学部を訪ねます。
 蓮が正太郎の相手をするのですが、正太郎のことが好きなあまり、蓮は自分がベータにもかかわらずアルファだと嘘をつくのです。
 蓮は嘘をついていますが、それ以上に正太郎が明るくコミカルで、あまり気にならなかったです。
 オメガ作品はアルファとオメガの番が一般的ですが、このお話はヒートや番よりも好きな気持ちが強くて、アルファ、ベータ、オメガの区別をあまり感じさせないところが良かったです。
 後藤くんが間違って渡してしまったラブレターがきっかけで古川くんとの交流が始まる『古川くんのとなり』もコミカルで面白かったです。 

良い人たちの輪

 フォトグラファーの冬吾とデザイナーのすばるとのお話です。すばるは生まれつき脚に麻痺があり、車椅子を使った生活を送っています。すばるは、友人でもある方からずっと憧れていた冬吾との仕事の依頼を受け、そこで初めて冬吾と顔を合わせます。
 すばるは車椅子生活のため、自分にブレーキをかけてしまうところがありましたが、冬吾と出会ったことで、やりかたったことに近づけたことがとてもよかったと思いました。
 冬吾は、大切な人は写真で表現していますが、写真が何よりのプロポーズだと思いました。

これまでとこれから

このお話は、七原さんご自身が経験されたことのお話で、絵はつきづきよしつきづきよし先生が描かれています。
 小さな時に女の子っぽいことを理由でいじめられたり、クリスマスプレゼントには魔法のスティックが欲しかったのに、親から男の子らしい無線セットを親からプレゼントされたり、髪を伸ばすことを反対されたり等、読み始めて数ページで胸が痛くなりました。
 今は当たり前になったことでも、当時は周囲、社会の無理解があり、生きづらさがたくさんあったことがよく分かります。
 七原さんご自身の体験の中で「まず自分が自分で認められない」との体験を書かれていましたが、それは今現在悩んでいる方への温かいアドバイスのようにも感じました。
 多様性を認める社会や思い込み等、どんどん世の中が変わっている中で、七原さんが体験された辛い体験ももうしなくてもよい時代になってきた感じもします。読んで良かったと思いました。

眠ることから始まる恋愛

 不眠気味のデザイナーの小都は、同じ会社の総務の雨宮が昼休みにぐっすり寝ているところを見て、うらやましく思います。
 雨宮は寝ることが上手で、かつては女性とも添い寝をしていました。雨宮は小都とも添い寝をするようになり、小都の睡眠の支えになります。
 落ち着く場所、安心できる場所や睡眠、人間の欲求そのものがテーマのお話で、ゆっくりしたいときにぴったりの一冊です。

身分差と世継ぎ問題

 鞍掛家の八緒は捨て子でしたが、鞍掛家の公卿に拾われ、 鞍掛家が使えている九尾狐家の焔来の世話役を務めています。本来なら八緒は焔来と一緒に翰林院には進めなかったのですが、焔来の意向もあって一緒に翰林院に進学します。
 焔来の世継ぎもあり、焔来のお相手を探す時期になりますが、焔来が好きな八緒はお相手の候補に名乗り出るのです。 
 焔来は狐で由緒正しき跡継ぎ、八緒は猫で捨て子、身分差が大きなカップリングで、狐と猫なら跡継ぎが残せない問題がありますが、最後に八緒の秘密が明かされます。いつの時代も世継ぎはいろいろ狙われて大変です。

やはり「かけること」は嬉しい

 後輩のクマの家で居候になりながら、漫画家のアシスタントとして働き出したアキですが、連載打ち切りのショックもあってか、アシスタントとしても、漫画家としても自信をなくしかけています。

 アキがクマに「キス位してやろうか」とけしかける場面がありますが、それを本気にしてしまうクマは本当にアキのことが好きなのですね。
 毎日状況が変わる中で、それでもアキと一緒に居たいクマが、「じゃあ毎日答え合わせをしましょう」と言った台詞が印象に残りました。
 アキの描く漫画、クマの書くラノベ、「かくこと」の辛さも楽しさも見えてくる一冊です。

分かる人には分かる

 小さな頃から柔道をやっている佐倉と女性のような顔立ちの木村とのお話です。佐倉は周りに可愛い物が好きであることは隠していますが、今日のお供の小さな人形を拾ってもらったことをきっかけに距離が近くなっていきます。
 佐倉はかわいいものが好きなのに、父親の影響でそれを周囲に話せないこと、ひとりでコラボカフェにいけないこと、家でも堂々とグッズを出せないことが気の毒だと思いました。木村と一緒にいったコラボカフェでは、念願叶ってかわいい限定グッズが手に入りましたが、お気持ちはとても分かります。
 木村はかわいい、かわいいものには興味がないので、猫のことは豚、カワウソのことは鈴カステラ等と言う始末ですが、これはかわいさが分からない、気にしない人のあるある言動なのでしょうか。
 木村の母はコミックの中に登場しませんが、ずっと女の子が欲しかったのに、男の子が4人だったので、家族の中でも少数派で大変だったと思います。
 佐倉が木村の家にお泊まりに行ったときに、木村はTシャツと下着姿で出てきましたが、木村の母はどう思っているのかが気になりました。

着物男子の美しさ

 イケメンの茶道家涼輔と、大学生のゆづるとのお話です。ゆづるは、大学の先生からお茶会の手伝いを依頼されて、そのお茶会で涼輔と出会います。涼輔は、家元の次男なのですが、茶道に関わっています。
 ゆづるは小さな頃に茶道を体験しただけでお稽古はしていませんが、涼輔といっしょにお茶碗を見たり、掛け軸の意味を考えたりと、茶道に親しみを覚えていきます。
 涼輔の所作、佇まいがきれいなのがとてもよかったのですが、ゆづるの自分の性的指向が分からない悩みがとてもリアルだと思いました。何となく感じていた疑問が輪郭を帯びてきた感じだと思いましたが、人の感じ方や向かい合い方はみんな違うことがよく分かりました。

期待と不安の旅行

 佐賀県出身の美容師のトーリと、北海道出身のITエンジニアのテツは、トーリの家族に自分たちのことを紹介するべく、北海道から佐賀までを旅行します。新幹線や飛行機を使えば一瞬ですが、ふたりは電車、JR最長の片道切符の旅をします。
 テツの鉄道好きから、最長の片道切符の旅が実現するのですが、駅弁、電車の名所、旅人との出会い、風景など、見所がたくさんあります。
 この旅はただ楽しいだけではなく、これまでのテツの生き方、後悔、これからトーリ、トーリの家族とどう付き合っていくのかに答えを探すための旅でもあって、テツの人生を考えるシーンにジーンときました。
 自分の性的指向を家族や周囲に伝えているトーリとは反対に、テツはオープンにしていません。トーリの家族の迎え方は、読んでいてとてもよかったです。
 JR最長の片道切符の旅は、まとまった日数、お金が必要ですが、一部の路線に限定すれば追体験ができます。ふたりがどんな気持ちで通り過ぎたか、どんな駅弁を食べたのかと想像するのも楽しいです。

きれいな天使

 ある日コウキの前にやってきたきれいな天使ですが、最初に天使がやってきたのはなぜなのかなと疑問ばかりでした。
 コウキは顔が強面で、天使と並んでいることも不思議でしたが、コウキが天使を見捨てたりせずに、天使がこの世であったことと、やり残したことを一緒に探していく当たりからは物語がよく分かりました。
 コウキがかつてはイマジナリーフレンドを作っていた子どもであったことは意外でしたが、悪い人ではないのですね。
 天使、タカシが言った「開き直っちゃえばいいのに」が一番心に残って、開き直りは強いなってしみじみ思いました。