usamomoさんのマイページ

レビューした作品

女性usamomoさん

レビュー数0

ポイント数2

今年度1124位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

挿絵に飲み込まれた感じがしました。

内容は可愛らしいというか健気な感じでしたけれど、挿絵があまりにも可愛くてその印象が強く残ってしまいました。

実はこのシリーズ一度この本だけ購入してフェイドアウトしたんですけれど、後になってすっごく評価が高いシリーズになってしまったので、思い切って再購入しました。

灯璃は可愛くて女の子みたいだけれど、結構心は強いですね。
辛い境遇に立たされながらも頑張っているところが健気で良かったです。

いろんなキャラが出てきてこれからがすごく楽しみですね。

日本でいう遊郭になるんでしょうね。

桃源郷の設定もいい感じだし、中華風だから衣装も素敵♪

これからの展開が楽しみです♪

フラッター コミック

天禅桃子 

切ないところも、キュンキュンなところも楽しめた。

あ~!!もう素敵でした。
今回はカッコイイんだけれども、可愛くて素直じゃないのに弱い♪もうすっごくツボにはまりました。

ただ問題は途中どっちが攻めなんだ?と悩んでしまいました!

だって浅田とだったら絶対受けだろうけれど、観月の思い人の先生相手だとどう考えても攻めだろうし・・・。
思わず二人のシーンをガン見してしまいました。

いつも会社の近くで見かけるスタイリッシュでカッコイイ男性がいる。
いつか自分もあんな風になれたらなぁ~と憧れの眼差しで見ていた浅田でした。

同じ会社に努めているのだけれど、部署も名前も知らなかったのですが、新しい企画で、
一緒に仕事をすることになりました。


もちろん最初は男として憧れて恋なんて気持ちはなかった?んですが、指輪をしていた観月をみてちょっとがっかりというか何とも言えない気持ちになってしまった浅田。
『結婚しているんですか?』と聞いたら観月は笑うだけでした。

その話を部署の女性と話していた所実は、観月はゲイだと!!教えられます。


大人同士のお話なんだけれど、もう中身はすっごくきゅんきゅんするお話でした。

観月には付き合っている人がいたんだけれど、別れを告げられてしまう。
街で涙を流している観月を見てしまう・・・。

もうこの時はすでに浅田は観月の事を好きになっていて、彼の弱い所をみてどんどん好きになっていきます。


この二人のお話はすっごくきゅんきゅんで優しい気持ちになるのですが、
元彼の先生と観月のお話はすっごく切なかったです。

お互いに大切に思っているけれど、罪悪感に囚われているのか?すごく切ない関係でした。


天禅さんのお話はん~?なんだろ?すごく線が細い?っていうか感情面がとても丁寧に表現されていて大好きなんです。
今回のお話はいつもとちょっと違った受けでとても気に入りました♪

次は新刊買うぞ~!!

すっごく可愛いお話でした。
挿絵をみて可愛い♪って思ってコミック出てるかな?と調べてみたらその月の新刊だったんです。
ちょっと新刊を購入する勇気は出ずに古本待ちだったんですが、やっと手元にやってきました♪
H自体は全然濃いくないので、そのあたりは初心者向けって感じでしたけれど、お話は良かったです。
4作のっているのですが、結構どれも気に入りました。次はちゃんと購入しようかな?

『君には言えない俺の悩み』
攻:裕(EDに悩む青年)×受:慎(幼馴染)

表題作です。半年ぐらいEDに悩んでる裕。
彼女に振られるたびに向う先は紅茶を作って優しく迎えてくれる幼馴染の慎の家です。

こんな悩みは言えないし・・・。早くどうにかしないといつまでも慎に迷惑がかかる!!
ある時一人エッチを試みている所に慎がやって来て、慎を抱き締めた所勃った!!

心よりも体が正直なんでしょうね~♪
可愛い顔してSッ気のある慎が良かったです♪


『四六時中恋してる』
攻:和晃×受:蓮

このお話好き♪
どっちも可愛いです。きゅんきゅんしていて良かったです♪

和晃が気に入った!何?乙女?ってぐらい可愛い。
両思いだと分かるや否や野獣?ではないですが、Hなスイッチが入っちゃう所が良かったです。

でも眼鏡でそんなに変わるって詐欺ですよ!!



他に1つと表題作の番外編が載ってありました。

私は感想みて、一目瞭然でしょうが、2つ目のお話がすごく気に入りました。

表紙だけじゃなくて中の絵もそのまま可愛くて、良かったです!

次はちゃんと新刊買ってもいいかな?

ちょっと入り込めなかった・・・。

今回はちょっと内容が難しいというか、中々入り込めないんだけれど、先が気になってしまう。
アラブもので、しかも記憶喪失もの!
記憶喪失だから謎が多いし、どうしてそうなったのか?前の二人の関係は?って気になってドンドン先に進んで行くんだけれども、そのせいなのか?私の理解力が足り無いのか、中盤あたりはあまり覚えていない。

ただイドリースのハルへの想いだけがすごく苦しくて切なくて、っていうイメージのみ残っています。


怖い夢を見ていて目が覚めたら豪華な部屋で眠っていた・・・。
腕には点滴が刺さっていて、それを外して立ち上がろうとしたけれど、立つことも出来ない・・・。
それに気付いた、部屋の主が『ハル』と話しかけてくるけれど、
それが自分の名前なのかも分からない・・・、そしてまた眠りに付いてしまった。


記憶喪失ものなのですが、何か事件が起きてそれに巻き込まれてしまったハルは、その後2年もの間、眠り続けていたのです。

2年も眠り続けていたのだからもちろん体力なんてものはなく、自分で立ち上がる事すら出来ないです。
すべて世話をしてくれているイドリース。
彼はハルの友達だといいます。
一日の半分以上は眠っているのですが、外に出てみようと扉に触れた時に、鍵がかかっていて出れなかったのです。よくよく部屋を見て見れば、鳥籠のような部屋。

もしかして自分は監禁されているのだろうか?と疑心暗鬼になるハル。
そう思っていると、食事に外へ連れて行ってくれるイドリース。
庭に食事を用意されてその日からは、外で食事をすることになりました。


監禁されているわけではないけれど、毎夜みる怖い夢と過去に起きた出来事が関連していることは分かる。
そしてイドリースのことを信じきれないハル。

そしてある日イドリースにキスをされてしまう。

イドリースはあまり感情を表に出さないタイプみたいなので、余計にハルの事を思っている気持ちが切なくて苦しく伝わってきました。


イドリースの国では同性恋愛は罪とされていて、かなり思い罰を受けるみたいです。
そして彼は王子なのです。その事を聞いたハルは余計に彼の思いを受け入れる事は出来なくなりました。
記憶も戻っていなし、自分を助けてくれたのはイドリースだろうとは思っているけれど、恋愛とかそこまでの余裕はないハル。


てな感じでなかなか記憶が戻らないし過去の事件のキーワードはチラホラ出てくるものの核心がつかないで、ラストが気になって気になって、ゆっくり読めなかったのが正直な感想です。


今回は、なんとなく入り込めにくい雰囲気というのかな?でも原因が気になる。
だから先を急いでしまうっていうか悪循環にはまってしまいました。

でもイドリースの気持ちって言うのが、切なくてイドリースの乳兄弟が眠っている間のイドリースの行動や、
最後の手紙なんかはすごく愛おしく感じました。


自分も頑張らなきゃ!って思える読了感!

すごく素敵な作品でした。
心の描写が丁寧にされているし、主人公が病気を持っているのですが、ウジウジ?するのではなく、かと言って前向きでもなくて・・・。

最初あらすじを見た時に感じたお話の予想はまったく外れてしまっていたのですが・・・。どんな予想をしてたんだよ!って感じなのですが、現代のお話だとは思わなかったんですよね~♪

受けが高校生・攻めが小学生という出会いからを書かれていて二人の、成長過程や、心の葛藤などがすごく丁寧に書かれています。
暗いお話?なんだろうけれど、脇キャラが割りと明るく盛り上げているし、攻めも元気いっぱいと言う感じなので、暗さは感じず、ただ、ただ素敵なお話に収まっています♪

なんだろ、自分も頑張らなきゃ!って思える読了感でした!


冒頭はニーナが小学生の頃から始まります。
ニーナは太陽の下で、過ごすことが出来ない身体です。紫外線を浴びてしまうと肌が焼けてしまう。
そんなニーナは小学生の頃にいじめにあい、そして、小学5年の時に不登校というよりも、自ら学校を捨てたと言う感じの方がしっくり来る感じでしょうか。

そして、高校生?のニーナと小学生の陽光の出会い。

陽光が俳優、ニーナが音楽活動をする。

そしてお互いの転機・・・。

ひとつ、ひとつのエピソードがとても大切な事を伝えているように思います。

この作品の感想をいつものように・・・、と思ったのですが、私の言葉で綴ってしまうと、何やら暗いお話だと勘違いされそうなので、多くを語らず、是非、皆さんにも読んでもらいたいですね。

二人が成長していく過程と、それに伴うすれ違いや葛藤がとても、丁寧に書かれています。
脇キャラの監督もいい味だしているし、陽光が前向きで明るいのでお話自体は暗い感じではないです。ニーナが時々吐く暴言も、スパイスが効いていて楽しい、そして心にしみる素敵なお話に仕上がっています!

野球選手!!派手なお話かと思いきや地味なお話でした。

とても良かったです。素敵なお話♪
久我さんがあとがきにもすこし触れられていますが、野球選手のお話なのに、地味でした(笑)
私は野球に詳しくなくて、あらすじの『トライアウト』という意味を全然知らなくて、プロ野球選手と書いてあったのでかなり購入に躊躇したんですけど、久我さんだから・・・、と購入したのですが、この本を読んで初めて知りました♪
でも、購入して良かったです!受けの内面が良く書かれていて、いつもの何年後の二人♪は攻め視点で、とても満足しました♪

知らない人の為に、参考まで・・・。

『トライアウト』
一般にスポーツ競技のチームに入団を希望する選手が、チーム関係者の前で自己の能力をアピールし、契約を目指す場のことをいう。スカウトとの違いは、チームが相手に“来て欲しい”と礼を尽くして頼むのに対し、こちらは希望者がチームに志願する点。
by:Wikipedia


桐野は高校時代甲子園第一回戦に出場した事があったのですが、今はプロ野球選手の桐野のいた学校とあたり負けて、それ以来野球から離れた人生を送っていました。
足が速いという事が有名だった桐野はランニングホーマ?するつもりで、もちろん自分の速さなら行けると思っていた桐野だったが、後ろからものすごい勢いの白い球が迫ってきてアウトになってしまった。

すごく悔しかった・・・。でもその球を投げた桐野がプロ野球に入った事で、自分に納得させ野球から離れました。

街で偶然、網野を見かけた桐野・・・。友人に聞くと二軍選手になっていると言われて気になった桐野は網野のいる球団の練習場に行きます。そこに網野がいたのですが、網野は戦力外通告を受けたと言う・・・。そんな網野にトライアウトがあるだろう!と何故か必死に言い募っている桐野。
機嫌が一層悪くなった網野はそのまま車にのって行ってしまいます。

かなり一方的だったと反省している桐野の大学に網野がトライアウトの誘いが来たと、だから受けると報告に来てくれます。
その時に練習に付き合う!と約束して何度か一緒に練習をすることになります。

ずっと悔しくて、野球から離れていたのに、野球に携わるきっかけを作ってくれたのが、網野っていうのが良かったですね。全身で野球が出来て嬉しい♪と体現している桐野をみて惹かれていく網野。

桐野も一緒に居るのが楽しい・・・、と考えていたけど網野に触られて自分は網野が好きなんだ!と気付きます。

大阪弁の攻めなので、ちょっと会話はコミカル?ですが、地味なお話でした。その分内面が深く上手く表現されているんでしょうね、所々ホロリとしたりと、ジーンとさせられる本でした。

書き下ろしは前半では結構寡黙で、何を考えているのか判らなかった網野視点のお話で、9年後のお話♪9年経っても寄り添っている二人が読めるのがとても良かった。

久我さんのお話はそういうのがあるのが好きなんです♪読了感が爽やか♪というか温かい気持ちになれる終わり方ですよね♪

胸が苦しくなる切なさでした。

あらすじに惹かれて購入しました。
新人作家様です。歴女にはたまらないお話なんじゃないでしょうか♪
すこし難しい漢字とか出て来て、ん?なんて思ったりもしましたが、かなり良かったです。
すごく健気で真摯でこれぞ主従愛?なんて思いながら、読みました。
と言ってもこの主は好色なんです。綺麗もの好き。だからこの受けの秋隆に振り向く事は無いだろうって感じでお話が進んで行くので、すごく切ないです。

片想いのキュンキュンではなくて胸が苦しくなる切なさでした。


秋隆の兄は主:龍景の寵愛を受けいます。
龍景は綺麗なものが大好きで、女でも男でも綺麗で色の白いのが好みです。兄の春隆はそれはそれは綺麗なんですが、弟の秋隆は似ても似つかない浅黒い肌をしています。

それでも秋隆は龍景を慕っています。殿の為ならば、この命も惜しくはない!と言う感じですね。

殿の小姓として城に上がってからはや5年が経とうというのに殿からはもちろん夜伽呼ばれることも無く声も掛けて貰えずに、そして名前すら覚えてもらっていない状況です。それでも真摯に殿の事だけを思って日々過ごしています。

そんなある日兄の春隆は殿からの寵愛を一番に受けているにも関らず他の男女にも手を出す殿に耐え切れずに出家してしまいます。
そして殿からの許しを経て秋隆は殿の近習組に籍を置いて殿にもっとも近い親しい関係の成秋の烏帽子子となりました。
そんな秋隆に周囲の人達は辛く当たります。秋隆の容姿は殿の好みから外れているから、といって雑用ばかりさせて、殿の側には行けない感じです。それを見かねた成秋が自分がした事は最後までやり遂げなさい!と秋隆の尻を叩きます。

ようやくこれまでの功績?といっても雑用なんですけれど、殿に認められて近くにいることが許されます。段々と殿も秋隆の仕事態度に好感を持ち、夜伽の間の番(不寝番)を任されます。これは秋隆にとってはとても辛いものですが、自分の容姿を変えれる訳でもないし、ただただ殿の御身のみが大事といった感じで、夜伽が無理ならば武をといった感じです。

これだけ真摯な気持ちは無いだろうというぐらいに健気で切ない心情でした。
なのに龍景ときたら、自分の気持ちが分からないんでしょうね、しかも主としてのプライドもあるんでしょう、今までの相手と違う秋隆に対してキツイ言葉を投げつけたり、なんの気まぐれか一夜、夜伽をさせます。
秋隆にしたら幸せで・・・、でもたった一夜だとちゃんと理解している。この思いだけで一生過ごしていけるみたいな感じで、すっごく切なかったのに!!龍景ときたら、今回の戦には連れて行かないと・・・。それは武士にとってはひどい言葉ですよね。
まぁ怪我をさせたくないくらい大事なんだろう!って想像はつくんですけど、本人はまだ分かっていないというヘタレさ・・・。

そして秋隆は殿の言いつけを破って戦に着いていき殿を庇って瀕死の重体になります。
そこでやっと自分の気持ちに気づく龍景・・・。
そこからはもう甘かった♪

すっごく気に入りました!ちょっとだけ気になったのは本文中に【浅黒い肌】と何度も出てくるんです。閨の中でも、容姿がどんなでも心が大事なんだ!!って言いたかったんだと思うのですが、ちょっと書きすぎって感じがしました。特にラストの甘~いHの時はいらなかったんじゃないだろうか?

それでも他はとても素敵なお話でとっても満足しました。

遠慮がちな年下ワンコも可愛いですね♪

すっごく可愛いお話でした。
甘いし、ほのぼのって言っていいのか?分からない過去を持つ二人なのですが、それを軸にしながらも前向きな攻めを愛しいと思い最後にはちゃんと自分のトラウマも克服しようと頑張る二人が結構気に入りました。

遠慮がちな年下ワンコも可愛いですね♪

親友の弟をしぶしぶ居候させることになった日和。

なんでも親友が一緒に弟と2人で暮らしているのですが、海外出張が決まっていく先がない彼を預かってほしいと・・・。

もちろん最初は断っていたのですが、押し切られて、しかもベットまで送りつけてきました。

そして今日は来る日なんですが、家の前にいたのはものすごく好青年でした。
大学生ぐらいかと思いきや、高校生でしかも受験生ということにビックリなんですが、
なんでそんな大事な時期にこんなことに!!みたいな感じなのですが、しぶしぶ同居生活が始まります。


ものすごく気を使う朋久にだんだん苛立ちと怒りすら覚えてきてる日和。
お世話になった友人でもある雑誌の編集長の女性・敦子に愚痴でもいいたくなる気分でした。

そしてある日帰ってみるとホットケーキを作ろうとしていたところに出くわします。
何を慌てているのか?作っているところを見られたのがまずかったのか?

日和は今まで思っていたことを朋久に伝えます。
食事の量は足りているのか?と!もちろん食べ盛りの高校生に足りる量では無かったようで、こっそりパンを買ったりしていたみたいです。

そして、これからは気を使うな!と厳命します。今まで食事を当番制にしていたのも辞めて、どちらか手が空いているほうが作るということにしました。

日和は雑誌では料理を作るところを取材されてたりしてましたので、料理は得意です。朋久の焼くだけっていう料理ではちょっと物足りなさも感じながらも、仕事の忙しい時は作るのも食べるのも面倒な生活になるので、朋久と同居してから規則正しい生活になってきました。

そして月に一度の取材も兼ての食事会の時に敦子と親しげにする日和をみて、嫉妬してしまう、朋久です。
日和への好意隠す事ができなくて敦子に見透かされて、日和には幸せになってほしい敦子は日和へ彼との関係をそそのかすのですが、過去のトラウマで受け入れることの出来ない日和でした。

敦子が帰った後、昔のことを思い出して、泣いてしまった日和を慰めるつもりなのか?嫉妬に逆上してしまったのか、まずい雰囲気になってしまうのですが、親友の弟ということで、ブレーキがかかりなんとかその時はキスだけをして突き放すのですが、『好きだ』と告白されてしまうのですが、すでに日和も彼の事を好きだったのですが、親友の弟としてしか見れないと伝えます。


このままではまずいという気持ちがある日和は親友に電話してもう一緒に暮らすのは難しいと・・・、伝えているのを朋久に聞かれてしまいます。そして無理やり・・・。

って展開なんですが、二人とも過去にいろいろとあるんです。

朋久は実は親友の父親の愛人の子だったのですが、虐待にあっていました。
育児放棄といったほうがいいでしょうか。食事もろくに与えてもらえなかったのです。

そして日和には昔恋人がいたのですが、それが親友の兄だったのです。そのことが親友にバレて刃物まで出てくる修羅場だったのです。あまりその時の事は覚えていないんだけれど、好きじゃないって言い続けたことだけ覚えていて、それから好きといえなくなってしまったのです。

それで好きと言えない日和と朋久とすれ違いが出てきます。

朋久がすっごく可愛いです♪年下ワンコなんですが、ちょっと気遣いの出来るHの時は暴走してしまう、可愛いワンコでした。

この二人の何年か先のお話を読んでみたいな~♪ってすごく思いました。
プラチナ文庫さんだからサイトの方で無料コンテンツで載せてくれるかな?
なんて期待してます♪

あらビックリの展開でした!

同時発売の甘~い方です!!
私のこのシリーズは大好きなんです。もうどのカップルも落ち着いて甘い甘いだけのお話だったのですが、今回は、あらビックリの展開でしたので、かなり楽しめました。

でもちょっと名倉カップルの出番が少なかったのが淋しい・・・。
メインカップルの、ほんのちょっぴり遠恋のせつなさがいっぱい堪能出来ました。

ロスへの研修出張編です。

4週間だから頑張れる!!と寂しい思いをしながらも頑張っている敦也なのですが、
メールでまだ研修が終われないと・・・。

寂しくて眠れない夜、離れて気付いた、こんなにも愛しい思い♪

ってな内容で、すっごく敦也が可愛くてとても良かったです。

一緒に暮らし初めて1年半の間ずっと甘~い日々を送ってきたわけじゃない?
とは思いますけれど、お互いがとっても大事な人だという認識を新たにした遠恋だったのでは・・・。

クッションを抱えてゴロゴロ・ウダウダしてる敦也はとっても可愛かったです!

ただ名倉カップルがすっごく少ない出番でした。
でもちょっとの出番でもしっかり聖にやり込められている名倉が面白かった♪


攻:保坂×攻:川嶋×受:劉

この展開にはびっくりでした。
ありえない!とは思わないでもないですが、そうなるとは・・・。
結構、アダルトで好きだったんですが、川嶋も好きだし・・・、ちょっと複雑。


この川嶋の医療問題に関してはちょっと泣いてしまいました。
告訴を起している両親の気持ちも分かるし、医師としての立場も分かる。
でも川嶋は劉に叱咤激励されてか、頑張ってくれました♪

すっごく感動でしたね。これでどちらも救われるんじゃないだろうか?と思いました。


今回は2組のお話でしたけれど、甘いのとビックリなのとで、すごく楽しませて頂きました。


こんなに長いシリーズなのにまさかの展開にこれからも楽しませてもらえそうですね♪

前作に引き続き突っ込み所は多々ありました。

甘さ全開って感じのお話でした。
途中ハラハラドキドキする所もあるのですが、『ここ、説明してよ!!』ってな所もあってやっぱり突っ込みどころはありました(笑)
でも、凪が前よりも前向きで強くなっている所がとっても良かったです。
でもヘタレキングと呼ばれていたレオニードはやっぱり今回も攻めとしてはヘタレキングだったのでは?

前作でレオニードと恋人疑惑のあった渚を二人の新居?にご招待から始まります。
凪がいつも弾いているレオニードのおばあ様のピアノを気に入って演奏してくれる、渚。
その間に手料理を楽しんで貰おうと料理を作っていると、渚が包丁を使っている凪に信じられないと!!
怪我でもしたらどうするのかと!
自分と渚とのピアノに対するスタンスというか何が大事なのかという気持ちの違いを見せつけられて、戸惑う凪です。
そんな凪にレオニードは渚は渚。凪は凪だよ♪と言ってくれる。

そんな甘~い日々なのですが、コンクールも1ヶ月を切ってしまったので、渚には師の所に泊まり込みで練習に行くべきだと言われ、悩んでいた凪なのですが、実際練習してみて、思うように弾けない凪は焦ってしまいます。


レオニードに泊まり込みをお願いしようと帰ってみると、何やら大事な話をしているのですが、凪がどうしたのか?と聞いても『なんでもないよ』と教えてくれないレオニード。

でも凪が泊まりの話をすると、自分は今命を狙われていると!だから今は辞めて欲しいと・・・。

城に入るほうが危なくない!というレオニードに自分は師の家に泊まりこみするからレオニードは城に帰って欲しいというと口論になります!
話し合いにならず、レオニードは快楽で凪を落としてしまいます。


それからボディーガード付きで行動するようになってしまった凪なんですが、ちょっと最近渚の様子がおかしい!!って事で、渚の所に行った所で、二人とも誘拐されてしまいます。


まぁ誘拐犯はレオニードに恨みを持っている。
渚は自分のせいで巻き込まれてしまったわけですから、凪は怖いながらも必死で渚を庇います!!

強くなったよね~♪元々芯は強かったけれど、頑張りましたよ♪

助けてにきてくれたレオニードにも壊れて熱を出してしまった渚を先に助けるように仕向けます。

そしてまた捕まってしまうのですが・・・。


どうもレオニードが誘拐犯の婚約者を寝取って自殺に追い込んだ!!らしいのですが、その当たり詳しく知りたかったのですが、なんかあっけなくスルーしてましたね~。
渚の事にしても絶対渚はレオニードの事を好きだろう!!って感じだし、前作で絶対それらしい雰囲気だったはずなのに、なんかその当たりもスッキリしない感じで終わってしまいましたね。


捕まってしまって媚薬で好きにいじられちゃう所とかはハラハラしたんですけど、甘~いけれど、相変わらずHの時は意地悪なレオニードでしたね~♪