自動ドアさんのマイページ

レビューした作品

女性自動ドアさん

レビュー数0

ポイント数10

今年度929位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

花嫁の水着 同人R18 コミック

佳門サエコ 

エロエロ

いや~今回もエロかった。ピアス並みにエロエロでした。
エロを読みたかったらすごくいいかも。
でもストーリーを重視をするならいまいちかもしれません。
話的には何も障害もなく、ただただエッチしちゃってるだけなので、私的には、ちょっと物足りなかったです。
最後の話で悠宇が裸になってエッチするのかなって思ったけど、やっぱり水着を着てエッチしてました。最後に悠宇の生乳首が、すごくエロかった。
とにかく読み終わっての感想は、とにかくエロかったです。

直也がいい。

エロい小説大好きでエロかったけど全然萌えなかった。なんか永岡が本当に感じて喘いでいてるんじゃなくて騙すために感じてるふりをしてばっかりだったのが嫌だった。凌辱とか結構萌えるテーマなんだけど、「やめろ」ばっかりだったりは嫌。なんか今回はあまり萌えなかったです。
あと私は永岡とは直也とくっついてほしかったです。直也とのエッチシーンがほとんどだったので攻である望月の魅力がわからなかった。
でもエロばっかりでもストーリーはすごくしっかりしてたのでよかったです。

兄弟 小説

丸木文華 

可愛くない

受を全然好きになれなかった。
ガチ兄弟なのでワクワクしながら読んだけど読み進めていっても受のことが好きになれなかった。
なんか性格ひねくれてるし無気力だったので全然魅力がなかった。「兄弟」はなんとか最後まで読んだけど「兄弟ー夏ー」は、好きな展開って思ったけど、でもやっぱり受に全く魅力を感じなくて途中で断念しちゃいました。
受に魅力があったら最高な作品なのになぁ~って感じです。
この話の前に夜光花さんの「堕ちる花」がすごくよかったので兄弟ってタイトルに惹かれて買ったけど失敗でした。

姉にイライラする

読んでいて受の姉にイライラしちゃいました。
私的にはBLでは主人公より女が幸せなのはイライラしちゃいます。受の姉が攻の弟とくっついて受が代わりに攻の花嫁になるんだけど終盤まで攻が受に対する態度が冷たすぎて可哀想でした。
なので姉が幸せそうに買い物とかしてる場面でイライラ。原因が自分にあるのに被害者ヅラしてるのにもイライラ。かなり腹黒いって感じで登場するだけでイライラ。
BLでは女性は引き立て役だけでいいと思う。
あまりにもでしゃばられたりしたらその時点でイライラしちゃいます。

物足りない

すごく切なくて、いい話なんだけど終わり方がすごく物足りなかった。
攻の気持ちが気の迷いで受とエッチしてるのか好きって気持ちでエッチしてるのかわからなかった。なんかこれって攻は受のことが好きでいいんだよねって思いました。
もっと攻の受に対する気持ちをちゃんと書いて欲しかったです。
なんかモヤモヤした最後ですっきりしなかった。
これがしっかりしてたら神評価だったんだけど。

受が不憫で、攻に近づいてくる女と結婚式まで話が進むから、終始イライラ。
だからもっと攻が受を好きって気持ちを書いてくれてスッキリ読み終えたかった。
本当にそこだけが残念です。
続きがあるならすごく読みたい気持ち。
受の吃音の症状がよくなるのか気になるし、柏原のことも気になります。

エロエロだけど

エロエロ小説なんだけどBL要素が少ないのであまり萌えなかった。これは別にBLじゃなくてもよかったんじゃないかな。
両性具有って時点で、私的にはBL感が半分に減っちゃうんだけど、これはほとんどエッチしちゃってるだけ。そこには恋愛感情は全然なくてモブとただただエッチしてるだけ。
本当、男性向けエロ小説の主人公に男性器が、おまけについてるだけな感じがして、読みたくなくなってきました。
もう腐女子はこんな話を望んでない。こんなただ犯ってるだけの小説なんか望んでないって思っちゃいました。
まだこれが両性具有じゃなかったらエロ小説って考えて読めるんだけど、度々、女性器を意味する言葉がでてくるから、その都度にBL感が薄れてきて読むの嫌になってしまいました。
両性具有がすきでエロだけを重視したいって思う人はいいかもしれません。

超執着攻

受に話しかけるだけで、殺意を持ってしまう攻。執着攻は好きだけど、ここまで凄いと引いちゃいました。でも受に話しかけるのが女性だったらいいって、、、受がゲイならわかるけど、ノンケなのに本来だったら受に寄ってくる状況にも敵意を見せてもいいのに、それは別にいいの?って不思議でした。

ストーリー的にはエロエロなんだけど、なんだか濡れ場がエロく感じませんでした。なんて言ったらいいのかわからないけど、とにかくエロいシーンなのに、エロくかんじませんでした。

あと私のイメージする攻と挿し絵の攻が違いました。挿し絵の攻はクールで俺様な感じがしました。

でもあまり萌えなかったけど、途中で読むの飽きないで早く続き読みたいってかんじでした、

狂ってる

完全に狂ってます。今まで、こういう感じの話は何回か読んだけれど、ここまで狂ってる話は初めてです。一番まともだったと思っていた父親でさえも完全に狂ってました。
攻めの達也が、すごく恐ろしかったです。
幼児言葉も最初は違和感を感じてましたが、読むにつれて、違和感じゃなくて達也の恐ろしさが増している感じでした。
もうサスペンスの域でした。
ただ私としては終わり方が、ちょっと・・・って感じでした。
でも終わり方がそんな感じに思ってたけど、神評価になっちゃいました。
またこんな狂った話よみたいです。

好きなカップル

ワルいことシリーズの新カップルの話楽しみにしてました。
今回は元生徒会長の紅城×香坂の話です。七生も色っぼい感じがしたけど、香坂もなんたが色っぽい感じがしちゃいます。シリーズでは久遠×七生のカップルが一番好きだったけど、紅城×香坂も一回読んだだけで七生カップルに並ぶ勢いで気に入りました。
紅城が香坂の乳首を舐めてるシーンは、なんだか凄くエロかったです。乳首を攻められて恥ずかしがってる香坂はエロくてフェロモンが出まくって最高~。
また紅城×香坂の続き読みたいです。香坂と弟の関係もすごく気になるし、弟以外にも当て馬が出てきて、揉めて、もっとラブラブな関係になってほしいです

泉水が健気

今回はマリクの話。
今までのいとう先生の話はなかなかうまくいかない話ばっかりだったから最初の方でラブラブになるなんて珍しいなって思いながら読んでいてら、読んでいくと、気持ちが通じ合わなくなってきちゃった。
マリク、ひどいです。こんなにも泉水が一途に思っているのに、佳紀の身代わりって言ったり、泉水を一人残して首都に帰ったり、ひどすぎます。前作ではファハドよりマリクの方がいいんじゃないの?って思ってたけれど、ファハドの方が全然いい人でした。
とにかく泉水が健気で、すごく可愛かったです。