仁コルさんのマイページ

レビューした作品

女性仁コルさん

レビュー数0

ポイント数2

今年度684位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

またもや、、、

前作と引き続き、座裏屋先生の2作目も東京都から不健全図書に指定されてしまいましたね。エロいけど前作より愛のある内容で、指定されるほどでもないように思いましたが、目をつけられたんでしょうか(笑)
ストーリー・描写力は天才的なので今後も作家買いします。

攻め喰い男子 コミック

是非シリーズ化を・・・

こういうの待ってましたwww
他のBLを買うついでに購入したんですが、当たりでした。
帯の「調子に乗ってるボーイズをぶち犯せ!」、
大好きな言葉です(笑)
正直好みではない作品もありましたが、大満足です。
他社のR18やドS・変態など散々読んできた中でも最高でした。こういうのが読みたくて色々漁ってたんだな~と思いました。読み応え抜群で何度も読み返しています。
攻めが犯されるのがお好きな方には是非おすすめしたいです。

攻め喰い、シリーズ化を望む一人です。

B.S.S.M. コミック

井戸ぎほう 

一冊で終わるのが勿体ない。

危なっかしい話でした。
でもずっと読んでいたかったので、最後急ピッチで終わったような気がしてちょっと残念でした。やまちょー先輩と日車さんは一体何だったの?先輩(お爺さんにしか見えないが)にヤクみたいなものを渡されていましたが、あれはどういう意図でだったのか、とか。ああいう裏社会の人に一度関わったら簡単に逃してくれるのかな、とか。気になるところは多々ありました。お気に入りの一言で片付いているのに驚きました。犯罪者ホイホイな受けだな~と思いました。BLだけどその脇キャラのほうが存在感があって気になりました。
主役の二人がくっつくかくっつかないかをダラダラと繰り返して2~3巻続いても、買ってました。この独特な空気感に浸っていたいと思わせる作品でした。

神、とは、、、

こんなに評価に悩む作品は今までなかった、、、ある意味、すごい作品です。五作品の短編集ですが、この並びで収録されていることがセンスがあると思います。真ん中の箸休め的な「昨日の話と今日の話」で一息ついて、また危険な話になります。この話があるのと無いのとでは大違いだと思います。後半になるにつれだんだん犯罪指数が上がっているのではないでしょうか、読者が少しずつ作風に慣らされているようで読みやすかったです。
ただ読み終わったあと、何かのどに詰まったような気分になってしまいました。。。この後味の悪さは確かに癖になりますね。自分が如何に凡人かを思い知る作品でした。
裏表紙にも帯にも「神漫画」「ネ申作品」とあります。そんなに神押しされてしまう作品、神とは何か、、、論ずるべき作品ということなのでしょうか。
書き下ろしは1話目の「よろこびの先鋒」の後日談ですが、他が強烈で書下ろしを読むころには1作目の内容が飛んでました。
評価が分かれそうな作品ですが、一読の価値はかなり有りだと思います。

新進気鋭の実力派!!(笑)

担当さんが書かれたんでしょうか、裏表紙のあらすじに「新進気鋭の実力派」。まさにそう書かざるを得ない作家さんです。
短編集は好みが分かれてしまうのですが、これは全部良かったです。
表題作は雑誌では「恋をしていた」というタイトルだったんですね。
どちらでも合ってますが、まあコミックスのタイトルにするにはありきたりだから変えたんでしょうか。
話の内容も特別な物はありませんが、キャラが生きているように感じるし、話の流れが自然です。自分はこれを第一に求めているので、出会えてありがとうといった感じです。
先輩後輩の話もくっつくのに時間というか間があるのがいいです。ハッテン場でばったり会ったにも関わらず、それを話題にしない探り合いのような間ですね。良いです。変態プレイDVD(笑)をクローゼットから冷蔵庫の裏に隠し場所を変えたのも起承転結が綺麗で読みやすかったです。
先生と元生徒の話は、破天荒な元生徒が先生を翻弄していく、、、というか、先生が受なんですけど普通にそのへんにいる「高校教師」という感じが良いです。てゆうか、弁当wwwwに使用済みパンツとウインナーと卵二つwwwwwやばいこれは地味に忘れられそうにありません。
元生徒は破天荒にも程がありますが、最後に母校に制服姿で先生を待っている姿が印象的に描かれていて、上手い作家さんだな~と思いました。

カバー裏まで最高ですね。ホント、隅々まで丁寧でありがたいです。
後はエロがもう少し魅了するような感じだともう、BL界を盛り上げる作家さんになるでしょうね。

いいものを見せて頂きありがとうございました。と言いたいです(笑)

がっかり・・・

すみません、もうがっかりしたとしか言いようがありません。
表紙が好みだし、ギャグものみたいだしこれは買いだな、、と思って手を出したのですが、想像通りすぎて期待外れでした。読まなくても良かったな、、、と思ってしまいました。
なんだか終始描き手の心理状態を見せられているような気分でした。
ここ面白いでしょ?と問いかけられているような、、、
マサルさんネタを浴びせられているような何とも言えない感覚。
高評価の中、申し訳ありませんがBL以前に漫画として好みではありませんでした。ギャグ大好物なんですけど、これはだめでした。
自分が特殊なんでしょうが、こういう意見もあるということで(笑)

ラスト、心臓が高鳴りました。

他の方のレビューにもありますが、既婚者・・・ってどうなの?と思い、長い間手を出せずにいました。
期待せずに読んだ後、あまりにも良作でもっと早く読めば良かったと後悔しています。
こういうギャグ大好物です。妄想ですがちゃんとエロいです。
御門からの一方通行のセクハラだったのに、芹沢の○○ピアスあたりから雲行きがあやしくなってきました。アレ、どういうこと?と思いながら読んでいたら、衝撃のラスト!!
あれは現実か、妄想か、謎のまま終わってしまって、、、でもその終わり方が斬新で良かったです。一方が既婚者なので曖昧にしてあるほうが良いのではないかと思いました。

良い出会いでした。

ちるちるさんのレビューを読んで購入しました。
中立の方もいらっしゃったので、自分に合わなかったらどうしようと思いましたが、がっつり合いました。
最近かわいい系の受けが苦手だったのですが、本作の受けは大丈夫でした。
むしろ、終始かわいい~と口走りながら読んでました。
かわいい受けも良いものだな、と思わざるを得なくなる作品に出会えて感謝しています。
萌え転げるとはこのことだと思いました。

思いだしてみれば、左京 亜也 さんの作品を初めて読んだ時と同じくらいの満足度です。

ハ、ハイ、背ずり!?

レビューせざるを得ないです。

 淫魔憑いてます!
淫魔だからですか、
背中使うなんてすばらしい事を思いつくのは。
背ずりなんて初めて聞きました。
肩甲骨で出来るものですか?
肩甲骨って閉まるものですか?
驚きを通り越して唖然としてしまいました。
こういうの大好きです。

ちるちるさんでは常識的なことだったらどうしようと思ってます(笑)
正直、話の内容がすっとんでしまいました。
背ずりしか覚えていません。
もし、これを見て背ずりにご興味がある方は是非読んでどこのページかご確認ください。
そんなことも知らないの?と思われた方は、心の中で笑ってスルーして頂ければ嬉しいです。

マリアボーイってすごいネーミング

表紙の子は誰だろうと探りながら読み始めたんですが、中盤まで誰か理解していませんでした。皆同じように見えてしまって・・・話には入り込めるし、面白いんですが、なぜか髪の色でしかキャラが判別できませんでした。
お兄さんがシュウの事を知っていてセフレになったとか、弟のバッグに盗聴器しかけたり、元彼に暴行を受けるところが病んでて好みです。
マリアボーイでお兄さんメインの話はいまいちでした。弟とシュウがくっついてあぶれたお兄さんを救済って事なんでしょうが、相手がまた高校生って・・・アラサーのお兄さんをどうしたいのか。と冷静に考えてしまいました。

カバー下すごいですね!びっしり文字で埋まってました。読み応えありました。漫画で読みたかったです。作者の意気込みからしたら一冊でまとまる話じゃなかった気がします。